募集要項はこちら
Web出願はこちら

試験日程

※同日に実施するコア試験とプラス試験を
併願することはできません。

学部 法学部 経済学部 文学部 理学部 国際社会科学部
試験区分 コア プラス コア プラス コア プラス コア プラス コア プラス

2月6日(木)

試験日

緑ペン

試験日

薄い青ペン

7日(金)

試験日

赤ペン

試験日

紫ペン

8日(土)

9日(日)

試験日

赤ペン

試験日

紫ペン

10日(月)

試験日

緑ペン

試験日

青ペン

11日   
(火・祝)

試験日

薄い青ペン

試験日

青ペン

コア試験・プラス試験

コア試験

従来実施していた一般入試を指します。
各学部独自の試験問題で選抜を行います。

プラス試験

他学部のコア試験日に実施する、
2018年2月の一般入試より
スタートした試験です。
他学部のコア試験の問題で選抜を行います。(一部を除く)

プラス試験のメリット

受験機会を複数設定

1同一学部を2回受験できる!

コア試験とプラス試験を利用すれば、同一学部を2回受験することができます。2月10日(日)法学部 コア試験・法 学 科(第一志望)・政治学科(第二志望)受 験 2月6日(水)法学部 プラス試験・政治学科(第一志望)併 願

※プラス試験では全学部とも、出願は第一志望学科のみとなります。

2試験日選択の幅が広がる!

コア試験日、プラス試験日2日間の日程から選ぶことができます。(一部の学科を除く)

試験科目で広がるチャンス

1理系型学習者にチャンスが
広がる!

心理学科、教育学科のプラス試験は試験科目が理系科目なので、理系型学習者も受験ができます。

※文学部でプラス試験を実施するのは、心理学科と教育学科のみとなります。

2外部の英語資格・検定試験の成績が活かせる!

国際社会科学部のプラス試験は所定の英語資格・検定試験の成績を提出することで受験ができます。その成績を英語の得点に換算するため筆記試験は受験不要です。

プラス試験の問題

2月6日(木)

法学部
プラス試験

プラス試験 プラス試験

経済学部
コア試験

コア試験 コア試験

・法学部のプラス試験は、経済学部のコア試験と同日に、経済学部のコア試験と共通の試験問題により実施します。

・法学部のプラス試験の「地歴・公民」は地理を除きます。

2月7日(金)

文学部
(心理学科・教育学科)
プラス試験

プラス試験 プラス試験

理学部
コア試験

コア試験 コア試験

・文学部のプラス試験は、理学部のコア試験と同日に、理学部のコア試験と共通の試験問題により実施します。

・文学部のプラス試験の「数学」は、数学Ⅲも試験科目に含みます。

2月9日(日)

理学部
プラス試験

プラス試験 プラス試験

文学部
コア試験

コア試験 コア試験

・理学部のプラス試験は、文学部のコア試験と同日に行います。英語については文学部のコア試験と共通の問題、数学および理科については独自の試験問題により実施します。

・理学部数学科のプラス試験は「理科」の試験はありません。合否判定は「数学」「英語」の2科目の合計点によります。

2月10日(月)

国際社会
科学部
プラス試験

プラス試験 プラス試験

法学部
コア試験

コア試験 コア試験

・国際社会科学部のプラス試験は、法学部のコア試験と同日に、法学部のコア試験と共通の試験問題により実施します(英語を除く)。

・国際社会科学部のプラス試験の「地歴・公民」は地理を除きます。

・国際社会科学部のプラス試験の「英語」は外部の英語資格・検定試験(4技能)の成績を英語の得点に換算します( 当日の英語の筆記試験はありません)。

2月11日(火・祝)

経済学部
プラス試験

プラス試験 プラス試験

国際社会
科学部
コア試験

コア試験 コア試験

・経済学部のプラス試験は、国際社会科学部のコア試験と同日に、国際社会科学部のコア試験と共通の試験問題により実施します。

・経済学部のプラス試験、国際社会科学部のコア試験の「地歴・公民」は地理を除きます。

・経済学部のプラス試験、国際社会科学部のコア試験の英語については、問題指示文を英語で表記します。

試験科目等の詳細は以下をご覧ください。

試験科目・募集人員など

出願期間 出願期間(全学部共通)

出願期間
(全学部共通)

2020年

15日(日) → 126日(日)

15日(金) → 126日(金)

Web出願のみの受付となります。

一般入試要項は学習院大学ホームページに掲載しています。冊子の配布は行いません。

本学窓口での出願受付は行いません。

出願期間出願方法はコア試験、プラス試験ともに共通です。

コア試験

法学部

募集人員

法学科
150
政治学科
120
試験日
2.10(月)
合格発表日
2.18(火)
手続締切日
2.27(木)
教科 試験科目 試験時間 配点
外国語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II、ドイツ語、フランス語の3科目のうち1科目選択
※フランス語のみディクテーション(書き取り)を含む
90分 150点
国語 国語総合+古典B
(漢文は含まない)
60分 100点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、地理B、政治・経済、数学I+数学II+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の5科目のうち1科目選択 60分 100点

経済学部

募集人員

経済学科
150
経営学科
130
試験日
2.6(木)
合格発表日
2.15(土)
手続締切日
3.2(月)
教科 試験科目 試験時間 配点
国語 国語総合(漢文は含まない) 60分 120点
外国語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II、ドイツ語、フランス語の3科目のうち1科目選択
※フランス語のみディクテーション(書き取り)を含む
90分 150点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、地理B、政治・経済、数学I+数学II+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の5科目のうち1科目選択 60分 120点

文学部

募集人員

哲学科
60
史学科
60
日本語日本文学科
75
英語英米文化学科
80
ドイツ語圏文化学科
30
フランス語圏文化学科
40
心理学科
60
教育学科
30
試験日
2.9(日)
合格発表日
2.17(月)
手続締切日
2.28(金)
教科 試験科目 試験時間 配点
国語 国語総合+現代文B+古典B 90分 150点
外国語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II、ドイツ語、フランス語の3科目のうち1科目選択
※フランス語のみディクテーション(書き取り)を含む
90分 150点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、地理B、政治・経済、数学I+数学II+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の5科目のうち1科目選択 90分 100点

理学部

募集人員

物理学科
35
化学科
35
数学科
34
生命科学科
35
試験日
2.7(金)
合格発表日
2.15(土)
手続締切日
2.25(火)
教科 試験科目 試験時間 配点
数学 数学Ⅰ+数学Ⅱ+数学Ⅲ+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル) 90分 150点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II 90分 150点
理科 物理学科
物理基礎+物理

化学科
物理基礎+物理、化学基礎+化学の2科目のうち1科目選択

数学科、生命科学科
物理基礎+物理、化学基礎+化学、生物基礎+生物の3科目のうち1科目選択

90分 150点

国際社会科学部

募集人員

国際社会科学科
80
試験日
2.11(火)
合格発表日
2.19(水)
手続締切日
3.2(月)
教科 試験科目 試験時間 配点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II
90分 150点
国語 国語総合(漢文は含まない) 60分 100点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、政治・経済、数学Ⅰ+数学Ⅱ+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の4科目のうち1科目選択
※地理は含まない
60分 100点

※国際社会科学部のコア試験および経済学部のプラス試験の「英語」については、
問題指示文を英語で表記します。

プラス試験

法学部

募集人員

法学科
15
政治学科
15
試験日
2.6(木)
合格発表日
2.18(火)
手続締切日
2.27(木)
教科 試験科目 試験時間 配点
国語 国語総合(漢文は含まない) 60分 120点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II 90分 150点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、政治・経済、数学I+数学II+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の4科目のうち1科目選択
※地理は含まない
60分 120点

経済学部

募集人員

経済学科
20
経営学科
15
試験日
2.11(火)
合格発表日
2.19(水)
手続締切日
3.2(月)
教科 試験科目 試験時間 配点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II 90分 150点
国語 国語総合(漢文は含まない) 60分 120点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、政治・経済、数学I+数学II+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の4科目のうち1科目選択
※地理は含まない
60分 120点

※国際社会科学部のコア試験および経済学部のプラス試験の「英語」については、
問題指示文を英語で表記します。

文学部

募集人員

心理学科
5
教育学科
5
試験日
2.7(金)
合格発表日
2.17(月) 
手続締切日
2.28(金)
教科 試験科目 試験時間 配点
数学 数学I+数学II+数学III+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル) 90分 150点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II 90分 150点
理科 物理基礎+物理、化学基礎+化学、生物基礎+生物の3科目のうち1科目選択 90分 100点

※文学部のプラス試験は、心理学科と教育学科のみとなります。

※文学部のプラス試験は理数系型の試験科目となりますので、ご注意ください。
「数学」は、数学Ⅲも試験科目に含みます。

理学部

募集人員

物理学科
5
化学科
5
数学科
6
生命科学科
5
試験日
2.9(日)
合格発表日
2.17(月)
手続締切日
2.25(火)
教科 試験科目 試験時間 配点
数学 数学Ⅰ+数学Ⅱ+数学Ⅲ+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル) 90分 150点
英語 コミュニケーション英語I+コミュニケーション英語II+コミュニケーション英語III+英語表現I+英語表現II 90分 150点
理科 物理学科
物理基礎+物理

化学科
物理基礎+物理、化学基礎+化学の2科目のうち1科目選択

生命科学科
物理基礎+物理、化学基礎+化学、生物基礎+生物の3科目のうち1科目選択
90分 150点

※理学部プラス試験の「数学」「理科」は、文学部コア試験と共通ではありません。(「英語」は共通。)

※数学科のプラス試験は「理科」の試験はありません。合否判定は「数学」「英語」の2科目の合計点によります。

国際社会科学部

募集人員

国際社会科学科
20
試験日
2.10(月)
合格発表日
2.19(水)
手続締切日
3.2(月)
教科 試験科目 試験時間 配点
英語 出願時に提出する外部の英語資格・検定試験(4技能)の成績を、換算表により英語の得点に換算する(当日の英語の筆記試験はありません)。 150点
国語 国語総合+古典B
(漢文は含まない)
60分 100点
地歴公民
数学
日本史B、世界史B、政治・経済、数学Ⅰ+数学Ⅱ+数学A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)+数学B(数列、ベクトル)の4科目のうち1科目選択
※地理は含まない
60分 100点

外部の英語資格・検定試験の点数換算表

換算
得点
GTEC 旧GTEC
CBT
英検
CSE
スコア
TOEFL
iBT®
TEAP
(R+L+W+S)
TEAP
CBT
IELTS™ ケンブリッジ
英検
TOEIC®
L&R+
TOEIC®
S&W
150 1,370 1,400 1級
2,630
100 390 750 7.0 Advanced
(CAE)以上
1,300
140 1,260 1,250 準1級
2,540
70 340 615 6.0 First(FCE) 1,030
130 1,220 1,200 準1級
2,304
62 310 550 5.5 910
120 1,170 1,140 2級
2,260
54 280 470 5.0 840
110 1,120 1,080 2級
2,120
48 250 390 4.5 700
100 1,050 1,000 2級
1,980
42 210 310 Preliminary
(PET)
650

* 例1:英検準1 級合格且つCSEスコア2,510点は「130 点」に換算。
* 例2:TOEFL iBT®61 点は「120 点」に換算。

*すべて出願時に取得後2年以内のもの(2018年1月以降取得のもの)を有効とします。

学生メッセージ

受験勉強法編

受験生応援編

学習院大学の3つの魅力!

緑豊かで便利な
都心のワンキャンパス

JR山手線 目白駅から徒歩30秒。四季を感じる緑豊かなキャンパスで、落ち着いて勉強ができる環境が整っています。4年間同じキャンパスに全学部全学科の学生が通うので、毎日の授業や課外活動などで他学部・学科の友人や先輩・後輩たちと多く触れ合うことができます。勉強や将来について話し合ったり、相談したり、一生涯の友人をつくる場となるでしょう。

きめ細やかでレベルの高い
学習環境・少人数制授業

最先端の研究に携わり「その分野の第一人者」として社会から高い評価を得ている教員が行う、質の高い講義を受けることができます。知的好奇心を十分に満たすことができるでしょう。
また、約63%の授業が1クラス30名以下の少人数制授業で、ゼミや演習なども多く、一人ひとりに目の行き届いた指導を受けることができます。先生と学生、学生と学生との距離がとても近いです。

将来の夢を実現させるための
進路サポート

企業や官公庁で活躍する卒業生の協力による「面接対策セミナー」や学内企業・官公庁業務研究セミナー、公務員セミナー、マスコミ・広告セミナーなどの開催、そして個別相談や情報提供を通して、学生一人ひとりをしっかりとサポートします。これら先輩たちの協力とスタッフのサポート、学生本人の頑張りにより、「就職に強い学習院」として社会から評価されています。

学習院大学での学び

法学部

法や政治、人の行動などを広く学び
「良識ある行動人」を育成

法と政治を学ぶことは、人間と社会を理解すること。法学科では、法の理念や仕組みを学び、法を通じてモノを考える力(リーガルマインド)や、具体的な争いを解決する力を養います。一方、政治学科では、政治学や国際関係論、メディアや政策の実務を総合的に学習。国家や社会のあらゆる場面で生じる権力の構造を分析して解き明かし、リーダーシップを発揮して問題を解決できる能力を育みます。

経済学部

世の中、すなわち“経済”と”企業”の
仕組みを知り、実社会での
「生きる」学問を学ぶ

経済学科と経営学科の2学科で構成されている経済学部。経済学科では、世の中が直面している様々な問題や経済現象を推理小説のように読み解き、より良い政策や制度を考える力を養っていきます。経営学科では、複雑な企業社会の中で企業が働く人とともに成長する仕組みを学んでいきます。両学科ともに初歩から教える数学や、グローバル社会に対応するための語学カリキュラムも充実。社会で通用する、高度な分析・解決力を養います。

文学部

歴史や語学、文学だけでなく
“文化” そのものを見つめる力を養う

哲学、歴史、語学、文学、心理、教育など計8学科を持つ文学部。伝統をしっかりと保持しながら、語学や文学だけではなく、その言葉を使う地域の文化全般を広く学べる学科も擁しています。各学科のフロアは開放的で自由に過ごせるため、おのずと教員や先輩と色々な話ができるようになるのも文学部の魅力のひとつ。教員との距離が近い環境のもと、興味や関心に応じて幅広く学べます。

理学部

極めて高い研究レベル。
世界的に高く
評価される研究成果を数多く輩出

ミクロから宇宙まで、未知なる世界を探求する喜びを実感できる物理学科に、単なる計算技術にとどまらず、数と空間から真の数学の魅力を知ることができる数学科。充実した設備のもと、多くの実験を通じて暮らしに役立つ発見ができる化学科に、生命の謎と向き合って解き明かす最先端の学問を学ぶ生命科学科。4つの学科からなる理学部は、実践を重視した少人数の授業が多くアットホームでありながら、研究レベルは極めて高く、世界的に高く評価される成果を数多く生み出しています。

国際社会科学部

まじめに世界を目指す人へ。

大学での貴重な4年間を「なんとなく国際人」になるために費やすのではなく、「ビジネスの第一線で活躍できる国際人」として羽ばたくために。そんな願いのもと、国際社会科学部では、英語と専門科目(社会科学)を同時に学習するカリキュラムと4週間以上の海外留学の参加を柱とし、英語と専門知識のレベルを段階的に引き上げることにより、国際社会の現場で役立つコミュニケーション力と課題解決力を育みます。

入試に関するお問い合わせ

学習院大学 アドミッションセンター

〒171-8588 東京都豊島区目白1丁目5-1
TEL:03-5992-1083 / 03-5992-9226
URL:
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/admissions/

〒171-8588 東京都豊島区目白1丁目5-1
TEL:03-5992-1083
03-5992-9226

URL:
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/admissions/

page top