ホーム > 学習院公式ブログ

2015年度 記事一覧

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
3月のお便りが届きましたのでご紹介します。

本日をもって管理人を退職される堺さんから、最後のお便りです。

***********************************************************

奥日光の三寒四温は、春の湿った雪が表現してくれます。
すでにすっかり地面が現れた風景を昨夜の雪がひき戻し、一面、白の世界に・・・
それでも小鳥たちの声はあちこちから聞こえて・・・
すでにミソサザイの声も・・・

思い出の小屋風景を数枚。
そして、早朝の樹氷に包まれた奥日光風景をもちまして、
最後のお便りといたします。

160331_001.jpg
160331_002.jpg
160331_003.jpg
160331_004.jpg
(写真)日光光徳小屋 四季折々の風景
160331_005.jpg
(写真)竜頭の滝
160331_006.jpg
(写真)竜頭滝上
160331_007.jpg
160331_008.jpg
(写真)国道
160331_009.jpg
(写真)樹氷
160331_010.jpg
(写真)光徳街道

***********************************************************

毎月、日光の素敵な写真をお送りいただき、
ありがとうございました。

引き続き、次の管理人の方からも、
日光光徳小屋のレポートをいただける予定です。

*************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

法学部法学科の阿部ゼミナール〔国際法演習/指導教員:阿部克則教授〕が、
2月20日、21 日に行われた国際法模擬裁判大会「JILSA Cup」において、
学習院大学史上初の総合優勝を収めました!

今大会では、
「デジタル監視やサイバーテロ」に関する架空の国家間紛争において、
紛争当事国の立場からの法的主張を戦わせました。

東北大学、上智大学、同志社大学、立教大学、法政大学など、
多くの強豪校と対戦しました。

※阿部ゼミナールの大会報告はこちらから
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/news/international%20law%20moot%20court.pdf

160329_001.jpg
(写真)阿部ゼミナールの皆さん

阿部ゼミナールの皆さん、おめでとうございます!
今後の活躍を期待しています!

学習院大学法学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから
2014年度の阿部ゼミナール紹介ブログ記事はこちらから

2月23日(水)、学習院高等科で
2年生の総合生命科学入門(担当:鍋山航教諭)の授業を取材しました。

この授業では、生命科学に関する最新のトピックスを映像資料を用いて解説し、
生物分野の興味を深めていきます。

この日は3学期最後の授業ということで、
特別に電子顕微鏡の製造会社の方にお越しいただき、
走査型電子顕微鏡をお借りして、マウスの腎臓と精巣の観察を行いました。

160329_001.jpg
(写真)授業の様子

生徒たちはメーカーの方に使い方を教わりながら、
分子レベルの世界に近づく体験をしました。

また、光学顕微鏡と蛍光顕微鏡による観察も行い、
それぞれの見え方の比較をしながら、スケッチをしました。

〔観察の内容〕
①光学顕微鏡による観察:
いわゆる普通の観察です。薄くスライスした標本を平面的に観察します。
 (高等科選択生物「マウス組織標本の作製」と同サンプルを使用)

②蛍光顕微鏡による観察:
特殊な蛍光色素で、薄くスライスした標本を観察します。
蛍光色素で特定のタンパク質だけが暗闇に浮かび上がるようにして見えます。
今回は一般的なアクチンタンパク質を染色し見えるようにしています。
 (高等科選択生物「マウス組織標本の作製」と同サンプルを使用)

③走査型電子顕微鏡による観察:
今回の目玉です。生物試料をステージにセットすると立体的な画像が浮かび上がります。質感がリアルに見ることが出来ます。

160329_002.jpg
160329_003.jpg
160329_004.jpg
(写真)走査型電子顕微鏡の使い方を教わり、マウスのサンプルを観察する

160329_005.jpg
(写真)光学顕微鏡で観察する様子

160329_006.jpg
(写真)蛍光顕微鏡を使っての観察

蛍光顕微鏡は、サンプルを蛍光色に光らせるため、部屋を暗くして行いました。

160329_007.jpg
160329_008.jpg
(写真)細かいところまで観察しスケッチする

〔観察結果〕
◆マウスの肝臓

①光学顕微鏡による観察
160329_009.jpg

倍率400倍 HE染色 
写真は血液のろ過と再吸収を行う最小単位です。
a糸球体 bボーマンのう abマルピーギ小体

②蛍光顕微鏡による観察
160329_010.jpg

倍率400倍 蛍光染色
a糸球体 bボーマンのう abでマルピーギ小体

③走査型電子顕微鏡による観察
160401_001.jpg

倍率9000倍 生徒撮影の作品 
腎臓の糸球体の拡大写真 
糸球体を取り囲むように、たこ足細胞がはっきり見えます。

◆マウスの精巣

①光学顕微鏡による観察
160329_012.jpg

倍率400倍 HE染色
精細管の内部 
矢印は精子の鞭毛と頭部。
精細管の中心部に鞭毛を集中するようにして整然と並んでいます。

②蛍光顕微鏡による観察
160329_013.jpg

倍率100倍 蛍光染色
精細管が無数に観察されました。

③走査型電子顕微鏡による観察
160329_014.jpg

精巣の精細管断面 倍率1000倍 生徒撮影の作品 
中央に精子の頭部と鞭毛が無数に観察。

160401_002.jpg
精巣の精細管断面 倍率1700倍 生徒撮影の作品 
中央に精子の頭部と鞭毛を観察できました。

生徒たちは、
「はじめて電子顕微鏡を使ったが、すごくリアルに見えた」
「細かいところまで観察できるので、スケッチにも時間がかかった」
と話していました。

最後に、走査型電子顕微鏡でそれぞれが観察した部分の画像をプリントアウトし、
記念に持ち帰りました。

160329_016.jpg
160329_017.jpg
(写真)走査型電子顕微鏡で観察した写真

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院大学の高校生向け特設サイト「SakuLIFE」で、
先日行われた卒業式の動画を公開しました。

SakuLIFEギャラリーはこちらから

↓こちらからもご覧いただけます。

学習院大学ホームページはこちらから

学習院大学史料館では、2016年4月2日(土)~5月28日(土)に
「幕末京都の学習院展」を開催いたします。

160325_001.jpg

この展覧会では、学習院が所蔵する大変貴重な資料が数多く展示されます。
今回はその中のひとつである、勅額「学習院」を紹介します。

※勅額「学習院」の由来とこれまでの調査については下記の記事をご覧ください。
学習院の創立と名称について〔学校法人学習院ホームページ〕
《連載企画》初等科の勅額修復プロジェクト、始動〔学習院公式ブログ〕

◆「勅額」とは?
「勅額」と聞いても何の事なのかピンと来ない方も多いかと思います。
 そこでまず、勅額について解説いたします。

「勅額」は天皇直筆の額字、
あるいは勅(ちょく)賜(し)(天皇より賜る)の額字の事を指します。

つまり天皇直筆のものもあれば、筆の立つ臣下に命じて書かせ、
それを天皇から下賜(下げ渡す)するものもあるのです。

字を額に仕立てる文化は古代中国から渡来したもので、
日本では主に神社・仏閣等の社殿、拝殿、鳥居、門などに掲げて
神徳の発揚に努めるものに用いられています。

日本最古の勅額は、
奈良県唐招提寺の新宝蔵に納められている「唐招提寺」の額であると考えられており、
これは孝謙天皇(在位749-58年)の直筆と伝えられています。

勅額が作られる経緯には主に2種類あって、
1つ目は天皇を思し召しによって作られる場合、
2つ目は社寺等の奏請によって作られ、下賜される場合です。

勅額「学習院」は、
孝明天皇(1831-67)の思し召しによって京都の学習院に下賜されたもので、
字は近衛忠煕(1808-98)が揮毫した事が明らかになっています。
近衛家は書家としても名高い家柄です。

つまり、勅額「学習院」の場合は、
天皇の思し召しによって作られる事になり、
天皇の臣下によって書かれて下賜されたもの、ということが分かります。

◆勅額「学習院」と額「承明門(じょうめいもん)」
勅額「学習院」は、
京都御所内の承明門(京都御所の建礼門と紫宸殿の間にある門)に掛けられている額と
同じ形にされたと伝えられています。

160325_002.jpg
*写真左 勅額「学習院」
*写真右 額「承明門」(平成2年塗替)

額「承明門」は、
代々禁裏(御所)の大工の家柄である木子家によって、
享和2年(1802)に制作されました。

木子家は京都学習院の講堂の建設も担当していますので、
勅額「学習院」も木子家が手掛けたものと考えられます。

額「承明門」は、享和2年当時の制作図面が、
都立中央図書館に残っています。

それによれば題字の部分は胡粉(白い顔料)地に仕立てられ、
縦3尺8寸5分(約116cm)、横2尺7寸3分(約82.7㎝)の大きさとされました。

木製で、色は題字部分から外側に向かって、
朱(縁)、墨塗(黒)、金泥(ボタン部)、紺青、黄、緑青、
白緑(淡い緑)、胡粉、朱、墨塗、胡粉、碧青、紺青、墨塗、
紺青、碧青、胡粉、墨塗と、
とてもカラフルに着色されたようです。

勅額「学習院」は、縦104cm、横76.5cmとやや小ぶりですが、
額「承明門」の図面と比較してみると基本的な造りや配色は
ほぼ同じである事が分かります。

現在の額「承明門」は、平成2年(2000)に
元の顔料を厳密に調査した上で塗替えられました。

きっと勅額「学習院」も作られた当時は、
今の額「承明門」のような鮮やかな色彩を放っていたのでしょう

承明門の額と同じ形にされた理由や形態の意味合いについては、
今後更なる調査を重ねてご報告します。

ぜひこの機会に、勅額「学習院」を間近でご覧いただけたらと思います。

************************************************************
学習院大学史料館 平成28年度春季特別展
「幕末京都の学習院展」
開催期間: 平成28年4月2日(土)~5月28日(土)
開催場所: 目白キャンパス北2号館1階 大学史料館展示室
開室時間: 平日・土曜日10:00-17:00
閉室日: 日曜日・祝日 ※4月3日(日)と4月17日(日)は開室いたします。
※入場無料
************************************************************

「幕末京都の学習院展」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

3月7日(月)から5日間にわたり、
北海道ニセコ町でスキー教室が行われました。

学習院高等科の1年生が、
大自然の中でのびのびと活動する様子が紹介されています。

160323_001.jpg
(写真)ニセコスキー教室の様子

ブログの続きはこちらの学習院高等科ホームページ「高等科NEWS」から

学習院高等科のホームページはこちらから

昨年の9月3日(木)~11日(金)、
学習院女子大学では、「ラオス国際協力研修」を実施しました。

この研修は、開発途上国の生活を体験し、
国際協力の意味を理解することを目的として、
2004年から継続して実施されています。
今回は1年生から4年生まで26名の学生が参加しました。

160202_004.jpg
(写真)ラトゥアン村の皆さんと一緒に

毎回、ラオス国内で電気も水道も通っていない村に滞在し、
テーマを設定して活動します。

今回は、ラオス北部に位置する世界遺産都市ルアンパバンから
陸路と水路で 3 時間ほどの距離にあるラトゥアン村を訪れ、
「豊かさ再考」をテーマに研修を行いました。

学生たちは4月から5ヶ月間の事前学習を行い、
現地で実施する活動やワークショップ、調査内容等について議論を重ねてきました。

現地ではホームステイをしながら、子どもたちと交流したり、
「幸せ」について村の人々と語り合うワークショップを開き、
「豊かさ」と「人々のつながり」に関する調査を行ったりしました。

160202_007.jpg
(写真)子どもたちと折り紙でメダル作り
160202_011.jpg
(写真)ラオス語での手作り紙芝居の披露
160202_005.jpg
(写真)グループに分かれて「幸福度」の調査を実施

学生たちの調査の結果、「人間関係・家族」が「豊かさ」を感じるために
重要な要素であると感じると答えた人が最も多い結果となりました。
これは日本でも同様ですが、明らかに異なったのが、
ラトゥアン村ではご近所づきあいが密であり、
日本では地域のつながりが限定的であるという点でした。

このことが、村人の幸福度の高さにつながっていると、
学生たちは考えました。

帰国後には研修の締めくくりとして、
学生が主体となって、研修で学んだことや調査の結果をもとに、
首都圏の中学校や高校において、「開発教育」という授業を実施しました。

160202_010.jpg
(写真)授業の様子

「開発教育」とは、開発をめぐるさまざまな問題を理解し、
望ましい開発のあり方について考え、ともに生きることのできる
公正な社会づくりに参加することを目的とした教育活動です。

今年は3つの中学校と1つの高校で授業を実施しました。

その中の一つ、東京都東村山市にある明治学院中学校で
1年生の皆さんを対象に実施した授業では、
ラオスの基礎情報についてクイズ形式で紹介した後、
グループワークを行い、ラトゥアン村で行った調査をもとに、
村の人たちが何を大切にしているのかを話し合い、
村人たちの幸福度の高さの理由を考えました。

160202_003.jpg
160202_001.jpg
160202_006.jpg

この研修を通じて、学生たちは自分なりに、開発途上国の現状を理解することができました。
また、国際社会でどのように貢献できるかを考えるきっかけとなったようです。

学習院女子大学「ラオス国際協力研修2015」の報告はこちらから
学習院女子大学ホームページはこちらから

本日3月20日(日)、
学習院大学の卒業式が行われました。

160320_001.jpg
160320_002.jpg
(写真)目白キャンパス正門前
160320_003.jpg
160320_004.jpg
160320_014.jpg
(写真)百周年記念会館前
式典を前に、記念撮影をする学生やご家族の方々でにぎわいました。

160320_005.jpg
(写真)百周年記念会館正堂 式典の様子
160320_006.jpg
(写真)学長告辞〔井上寿一学長〕
160320_007.jpg
(写真)学位記授与
160320_008.jpg
(写真)総代謝辞
160320_009.jpg
160320_010.jpg
(写真)百周年記念会館前
式典後、会場から出てくる先輩方を、ゼミや部活・サークルなどの後輩たちが出迎えました。
花束や寄せ書きの色紙をプレゼントしたり、胴上げしたり、
至るところでそれぞれの惜別の風景がありました。

160320_011.jpg
(写真)南1号館前
160320_012.jpg
(写真)西2号館前
枝垂れ桜やソメイヨシノが、
この日を祝うかのように開花し、華やかな卒業式となりました。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
これからはじまる皆さんの新しい日々が、より充実したものになりますように。
今後のご活躍を心からお祈りしています。


学習院大学のホームページはこちらから

*****************************************************************

式典終了後、学長室には、
法学部政治学科の井上ゼミの学生があいさつに訪れました。

160320_013.jpg
(写真)井上ゼミ卒業生の皆さんと井上学長

*****************************************************************

3月6日(日)、学習院目白キャンパス周辺を会場に、
第19回 目白ロードレースが開催されました。

160311_001.jpg
(写真)開会式の様子

目白ロードレースは、地元の企業や団体の協力のもと、
街の活性化や地域の人々との交流を目的に、1998年から毎年実施されています。

学習院は地域・社会連携の取り組みの一環として、
第1回開催時より後援しています。

前日までの雨の予報が外れ、穏やかな天気に恵まれました。
親子レースや性別・年齢別に1.3kmから5.2kmで設定した13種目に、
豊島区在住・在勤・通学および近隣のランニング愛好家887組のランナーが参加しました。
日頃の健脚を競った当日の様子をご紹介します。

160311_002.jpg
160311_003.jpg
(写真)開会式の様子

ゲストランナーとしてご参加いただいた、
富士通陸上競技部の平賀翔太選手、油布郁人選手の指導のもと、
参加者全員で準備体操を行いました。
その後もおふたりは、レースの伴走、表彰式のプレゼンターとして
大会を盛り上げました。

まずは学習院正門付近をスタート地点に、
西門→椿の坂→南門を経由し、千登世橋中学校までの1.3kmコースで、
親子レース、小学4~6年生の部が行われました。

160311_004.jpg
(写真)親子レース スタートの様子

160311_005.jpg
(写真)学習院目白キャンパス西門前

160311_006.jpg
(写真)千登世橋中学校 スタートの様子①

2km~5.2kmで争われた中学生から60歳以上までの各種目は、
千登世橋中学校がスタート地点です。

160311_007.jpg
(写真)千登世橋中学校 スタートの様子②

学習院南門から目白キャンパスに入り、馬場横にある心臓破りの坂道を登って、
構内→正門→目白通り→西門→椿の坂→南門から千登世橋中グラウンドに戻る
周回コースとなっています。

160311_008.jpg
(写真)馬場付近を走るランナー

160311_009.jpg
160311_010.jpg
(写真)坂道を駆け上る

南門からの坂道は、クロスカントリーとも思える、コース最大の難所です。

160311_011.jpg
(写真)野球場横 給水ポイント

160311_012.jpg
(写真)東別館〔旧皇族寮・国登録有形文化財〕前

160311_013.jpg
(写真)学習院正門

160311_014.jpg
(写真)西門から学習院椿の坂へ

160311_015.jpg
(写真)椿の坂を駆け下りるランナー

ゲストランナーの油布選手が、参加者に励ましの声をかけながら伴走しました。
中学生はこの周回コースを1周、高校生以上は3周します。

160311_016.jpg
(写真)ゴール地点の千登世橋中学校

160311_017.jpg
(写真)順次ゴールするランナーたち

160311_018.jpg
(写真)サービスコーナーの様子

とん汁やわたあめ、バナナ、ポップコーンなどが配られ、
ランナーたちの疲れを癒やしました。

160311_019.jpg
(写真)表彰式

レース終了後は各種目ごとに表彰式が行われました。
内藤政武学習院長もプレゼンターとして登壇、入賞者に賞状と記念品を授与しました。

学習院からは、学習院大学の広報大使「さくまサン」のぬいぐるみと、
オリジナルタオルを記念品として提供しました。

160311_020.jpg
(写真)表彰式後の記念撮影

ご参加いただいたランナーの方々、沿道で応援いただいた地域の方々、
ボランティアとして運営に携わられた方々、
本当にお疲れさまでした!

来年は開催20年目のメモリアルイヤーです。
地域の春の恒例行事、目白ロードレースにぜひご参加ください!

特別協賛企業 株式会社デサントのプレスリリースはこちらから
学校法人学習院の地域・社会連携に関するページはこちらから

3月1日(火)に経団連に加盟する企業の採用広報活動が解禁され、
2017年3月卒業・修了予定の学部生・大学院生を対象とする就職活動が
本格的に始まりました。

学習院大学では300を超える企業の方々をお招きし、
3月1日(火)から22日(火)まで、学内企業説明会を開催しています。

160309_01_001.jpg
(写真)学内企業説明会の様子

予約不要で1日最大6社の説明会に参加できるチャンスとあって、
昨年よりも参加人数は増え、連日、リクルートスーツに身を包んだ
多くの学生たちが参加しています。

160309_01_002.jpg
(写真)お昼休みの学生ホール〔西5号館〕の様子
休憩を取りながら情報交換をする学生たちでにぎわっています。

昨年の採用活動では、
経団連の指針見直しによって広報解禁が従来の12月1日から3月1日に、
面接・試験などの選考活動の解禁は4月1日から8月1日に変更されました。

しかし、就職活動長期化への懸念から、経団連は今年の採用活動について、
選考活動の解禁を6月からと2ヶ月前倒しにすることを決め、
例年以上に就職活動の期間が短くなっています。

学習院大学キャリアセンターでは、1社1社に対して、
「学業を考慮した採用手法」のご協力をお願いしています。

学生の皆さんが就職活動期間を有効に活用し、
自分自身が思い描いたキャリアプランを実現できるよう、
さまざまなサポートを行っていきます。

160309_01_003.jpg

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

2月17日(水)、
中等科2年生のニュージーランド研修に向けて、
異文化コミュニケーションワークショップが行われました。

150314_001.jpg
(写真)中等科のマルチメディア教室にて

講師として、旅行代理店の方にお越しいただき、
慣れない海外での生活や英語力への不安を取り除けるよう、
海外での「コミュニケーション」について考えたり、
異文化の中で生活する心構えを学んだりしました。

150314_002.jpg
150314_003.jpg
150314_004.jpg
(写真)ワークショップの様子

ワークショップでは、
「こんな態度で話をしたら、相手はどう思うかな?」
「こんな人に話しかけられたら、どんな印象を持つかな?」
と、考えをめぐらせながら、生徒同士で実践しました。

英語を話すのが苦手でも、
態度や表情などから、十分コミュニケーションをとることができます。

ある生徒は、ニュージーランド研修の参加のきっかけについて、
「海外へは、小さい頃に行ったきりです。英語が苦手なのですが、
楽しいと思えるきっかけになればと思って参加しようと思いました。」
と話していました。

今年度の本研修は、3月18日(金)~3月27日(日)に行われ、
希望を出した27人の生徒が参加します。

生徒の皆さん、このワークショップで学んだことを生かし、
ぜひ、有意義な研修を過ごしてくださいね。

学習院中等科のホームページはこちらから

2月15日(月)から19日(金)までの5日間、
学習院女子高等科では、3年生を対象に「自由講座」を開講しました。

この講座は、通常の授業とは異なる内容で、
教員がそれぞれの専門分野や特技を生かして行う講座に、
生徒が自由に参加できるという企画です。
今年度は34講座が開講されました。

その中から、17日と18日に行われた自由講座の様子を一部ご紹介します。

160307_001.jpg
160307_002.jpg
(写真)「アラビア語入門」〔担当:加茂亜紀子教諭〕
通常、高校レベルではなかなか履修することのない「アラビア語」は、
抽象的で区別の難しい文字の形が大きな特徴です。
生徒の皆さんは基礎的な読み方、書き方を学んだり、
先生がアラビア文字で書いた受講生の名前を見て、誰の名前かを考えたりしました。

160307_003.jpg
(写真)「発展保育」〔担当:中村純子講師〕
選択授業で保育を履修している生徒たちが、
新宿区内の保育園・こども園で体験学習を行います。
この日はそのための事前準備で、生徒自身で保育園に電話をかけたり、
体験学習で自分たちが身につける名札を、
保育園の子どもたちにわかりやすいようにと工夫しながら制作したりしました。

160307_004.jpg
160307_005.jpg
(写真)「数学を楽しむ/自然の中の数理」〔担当:茶圓幸子講師〕
数学はただ難しいだけではなく、
実社会でもさまざまな技術に活用されていることを知ってもらいたい、
また、幾何学の美しさを伝えたいと企画されたこの講座では、
宇宙構造物の設計に使用されている「ミウラ折り」などについて学びました。

この講座に参加した生徒たちは、
「いつもとは違った視点で数学を考えることができた」
「『ミウラ折り』を実際に折り紙で折ってみて、とても綺麗だと思いました」
と話していました。

160301_001.jpg
(写真)「英語で歌おうLet's Sing in English」〔担当:古山愛子教諭〕
"Amazing Grace"や英国の愛国歌"I vow to thee, my country"、
マドンナの"Hung Up"、映画『アナと雪の女王』の"Let it go"など、
幅広いジャンルの約10曲を英語で歌いました。
最後はABBAの"Dancing Queen"を歌い、教員も生徒も大いに盛り上がりました。

160301_002.jpg
(写真)「体育演習?ドッジボール」〔担当:加藤武光教諭〕
全講座の中で最も人気のあった講座で、29名の生徒が参加しました。
ボールを2つ使った難易度の高い熱戦が繰り広げられました。

160301_003.jpg
(写真)「学習院アーカイブズ見学」〔担当:石川和外教諭〕
目白キャンパスにある学習院アーカイブズを訪問し、
学習院の歴史について、学習院アーカイブズで保存している
さまざまな資料を実際に見ながら学びました。

160301_004.jpg
(写真)「法学入門」〔担当:山下純司学習院大学法学部教授、湯川恭子教諭〕
学習院大学の山下教授による、民法についての講座が行われました。
前半では民法の概要説明といくつかの事例が紹介され、
後半では実際にあった訴訟について、
生徒が原告側と被告側にわかれ、それぞれの立場から意見を出し合い、
どのように結論を出すのかを考えました。

この講座に参加した生徒からは、
「実践的で役に立つ内容だった」
「大学でどんな勉強をするのか、イメージがわくような授業だった」
などの感想が聞かれました。

卒業を間近に控えた3年生にとって、
女子高等科で先生から教えを受けられる機会はあとわずかです。

どの講座でも、教員と生徒が一緒になって楽しみながら、
熱心に取り組む様子が見られました。

※高3自由講座の様子は、
 こちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」
からもご覧いただけます。

※学習院女子中・高等科ホームページはこちらから

3月9日(水)、
平成27年度 学生生徒等表彰式が行われました。

160309_001.jpg
(写真)表彰式の様子
160309_002.jpg
(写真)内藤政武院長より表彰状授与

文化・スポーツ活動において優秀な成績を収めた
生徒10名(高等科1名、女子中・高等科9名)に、
内藤政武学習院長より表彰状が授与されました。

160309_003.jpg
(写真)式終了後の記念撮影①
160309_004.jpg
(写真)式終了後の記念撮影②

表彰された生徒の皆さん、おめでとうございます。
皆さんのこれからのご活躍を楽しみにしています!

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

学習院大学史料館と学習院蓁々会との共同企画で、
学習院オリジナルのボンボニエールを制作しました。
3月11日(金)から大学売店にて販売を開始いたします。

160304_001.jpg
(写真)学習院オリジナル ボンボニエール

左:丸形 4,320円(税込) 右:菱形 5,400円(税込)
※金平糖はイメージです。付属しておりません。
※それぞれ300個の限定生産です。

「ボンボニエール」とは、
宮中における慶事の際に引出物として配られた、
小さな工芸品のことです。

中に砂糖菓子(ボンボン)を入れて配られたことから、
bonbonnière =ボンボニエールと呼ばれるようになりました。

大学史料館では250個余りのボンボニエールを所蔵し、
長年に渡って調査・研究を行っています。

その集大成として昨年、このボンボニエールに焦点を当てた
特別展「ボンボニエール -掌上の皇室文化-」を開催しました。

詳しくはこちらの開催レポートをご覧ください。

大学史料館の協力を得ながら、
白磁の美しいボンボニエールが出来上がりました。

1847(弘化4)年の京都開講以来、
皇室・宮家とのゆかりが深い学習院ならではの
オリジナルグッズです。

卒業や入学のお祝いの品として、ぜひご活用ください!

【お問い合わせ】
学習院蓁々会 TEL 03-5979-7767

学習院蓁々会のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院生涯学習センターでは現在、
2016年度「春講座」の受講受付を行っています。

160309_01_001.jpg
(写真)2016年度 春講座パンフレット

春講座では、
特別講座10講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」「資格試験講座」など
8分野全210講座を、4月から順次開講いたします。

受講資格は「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

また、生涯学習センターFacebookでは、
これまでの講座の様子やこれからの講座などを紹介しています。
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin

《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040

3月に入り、目白キャンパスでは、
春の訪れを感じさせる花たちが咲き始めました。

160307_001.jpg
160307_002.jpg
(写真)梅〔南3号館〕

160307_004.jpg
(写真)寒緋桜〔幼稚園〕

160307_003.jpg
160307_006.jpg
(写真)あしび〔幼稚園〕

160307_005.jpg
(写真)寒緋桜〔中・高等科〕

※写真はすべて3月6日(日)に撮影しました。

もうすぐソメイヨシノも開花し、
キャンパスが桜色に染まる華やかな季節がやってきます。

本格的な春の訪れが今から楽しみです。

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

2月16日(火)に行われた、
学習院女子中等科の百人一首大会の様子が紹介されています。

160302_001.jpg
(写真)大会の様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

「新着情報」では、その他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

1月29日(金)、
学習院中等科・高等科の標本保管室で行われた
中等科1年の生物の授業(担当:田中一樹教諭)を取材しました。

160302_011.jpg
(写真)標本保管室

この標本保管室では、
骨格標本やはく製などの「生物標本」と、化石や鉱物などの「地学標本」
合わせて7,000点以上を所蔵しています。
学習院中等科では毎年、1年生の生物の授業でこの標本保管室を活用し、
鳥の本はく製をスケッチする実習を行っています。

前回の授業で、
猛鳥類・渉鳥類・走鳥類・游鳥類・キツツキ類など、鳥の種類を学び、
今回は実際に、はく製を観察・スケッチをすることで、その学びを深めます。
鳥類は学術的な分類が難しいので、生活相をもとにした分類で授業をしています。

160302_002.jpg
160302_003.jpg
(写真)対象となる鳥のはく製をスケッチする

160302_004.jpg
160302_005.jpg
(写真)頭・くちばし・足の形に注目して描いていく

生徒たちは、6種類の鳥のはく製を観察し、
それぞれの特徴を捉えて、手際よくスケッチしていました。
気がついた点は、絵の横にメモをとります。

所狭しと並べられているはく製の迫力に、
思わずたじろぐ生徒もいましたが、
「フクロウが大好きなので、じっくり観察できてうれしい!」
「細かいところまで見ることができました」
と、満足気な生徒もいました。

学習院中等科のホームページはこちらから

昨年秋、日本評論社刊『数学ガイダンス2016』の企画による、
学習院大学理学部数学科の飯高茂名誉教授と卒業生の神田愛花さんとの対談が
目白キャンパスで行われました。

151106_001.jpg
(写真)取材中のスナップ① 西5号館前にて
左から神田愛花さん、飯高名誉教授

現在フリーアナウンサーとして活躍する神田さんは、
大学在学中、飯高ゼミに所属していました。

久しぶりに再会した2人による "師弟対談" は、
『数学科を語ろう』をテーマに、約2時間にわたって行われました。

小学生の頃からアナウンサーにあこがれていたという神田さんが、
なぜ「数学科」を選んだのか、
また、飯高名誉教授の研究活動や数学的思考の汎用性について、
さまざまな角度から数学の魅力が語られています。

151106_002.jpg
(写真)取材中のスナップ② 南1号館にて

この対談の様子は、
数学セミナー増刊号『数学ガイダンス2016』(日本評論社刊)に
掲載されます。

151106_004.jpg
(画像)『数学ガイダンス2016』表紙

3月5日(土)に書店に並ぶ予定ですので、ぜひご覧ください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『数学ガイダンス2016』数学セミナー増刊

[内容]
師弟対談 「数学科を語ろう」飯高 茂×神田愛花
鼎   談 「大学数学の学び方」川平友規×小畑久美×竹山美宏
第1部   イントロダクション大学数学
      ⇒ 大学の講義では、どのような数学を学ぶかを伝えます。
第2部   新入生のための数学ビギナーズ・ガイド
      ⇒ 数学書の読み方やノートの取り方など、学び方のあれこれを紹介します。
第3部   就職ガイダンス
       ⇒ 数学と社会はどうつながっているか、先輩の事例などを見ていきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※購入については最寄りの書店等へお問い合わせください
学習院大学理学部数学科のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
2月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

呆けたリンゴのような今年の奥日光。
しっかりと雪が降ったのは2回程度。
暖かさと雨で小道は水浸し・・・
小道脇に水抜きを作ると1日で砂利道と化しました。

キ~ン!とした空気に身を正すことなく冬が通り抜けて行きます。
斜面も土が見え始め、林の雪原にはササが顔を出し始めています。
・・・春のドカ雪だけが心配です。

160229_001.jpg
青い空の中で雪に埋もれた日光光徳小屋・・・清々しい風景です。
昨年は屋根からの落雪で本棟の積雪は屋根まで届いたのですが・・・

160229_002.jpg
早朝に「いろは坂」を上ると、うっすらと赤い空がどんどんと色濃くなり、
朝日が車を追いかけて来ました。
奥日光は朝日も夕日も素晴らしい風景を見せてくれます。

160229_003.jpg
シカ君頑張ってるね。 雪の中を食探しの足跡が続きます。
何だか重い足取りで歩いている姿が目に見えるようです。

160229_004.jpg
斜面のウラジロモミの木の下で体を休めたようで、
今年は何度か2~5頭のシカ君たちが現れました。 後ろ姿でごめんなさい・・・

160229_005.jpg
「いろは坂」からの風景。木々に凍りついた雪は重く、
遠くの山々は寒さに身をひそめながらデン!と身動きせず、
流れる雲だけがそっとそっと移動します。春待ち風景?

160229_006.jpg
中禅寺湖は冷たさに包まれながらも、
湖の色は美しく、さざ波が何かを囁きながら打ち寄せています。
素敵な風景ですねえ。

160229_007.jpg
毎年飽きずに見入ってしまう木々の作る影。
心がちょっと異次元に飛んでしまう瞬間です。

160229_008.jpg
金精道路からの湯ノ湖。
キラキラ輝く手前と違い、奥の半分は氷結しています。
うっすらと雲のかかった遠景が何とも言えず・・・

*************************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

160226_001.jpg

【Vol.7の内容】
■図書館にある学習院関係資料(学習院大学図書館 中村 丈夫)
■「学長っ、アーカイブズって結構使えますよ」
  ~東京外国語大学文書館の「広報」活動を中心に~
 (東京外国語大学文書館 倉方 慶明)
■史料紹介―山梨院長と学生―(学習院アーカイブズ 桑尾 光太郎)
■主な活動(2015年7月~2016年1月)

※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を学内外の皆様に
ご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html

学習院アーカイブズのホームページはこちらから

1月20日(水)、
高等科3年・選択生物の授業(担当:鍋山 航 教諭)を取材しました。
この授業では、1年間を通して大学の生命科学の分野に直結するような実験を行っています。

今回は、身近な生き物のタンパク質を分析する
「タンパク質電気泳動実験」を行いました。

生き物の体は、タンパク質で出来ています。
多くの生き物は、種を超えて共通したタンパク質を持っていますが、
一方で、種によって異なるタンパク質も持っている場合もあります。

この実験では、お刺身やお肉などの身近な食材をいくつか用意し、
①タンパク質を抽出し、
②電気泳動で分析することで、
種間に「共通している」タンパク質と「異なる」タンパク質を見比べます。

今回用いた食材は、
マグロ、カンパチ、タラ、サーモン、鶏もも、ブタ、エビ、イカの8種類です。

20160225_001.jpg

生物種が、近い・遠いを表す図として「系統樹」が一般的に用いられます。
系統樹とは、生物の分類を樹枝状の線で繋ぎ、一本の木のように示したものです。

タンパク質の電気泳動を行うと、
「バンド」と呼ばれるタンパク質の特徴的な模様が現れるのですが、
果たして系統樹との相関性は見られるのでしょうか?
今回は、以下の点に注目して実験を進めます。

◆系統樹で近種の生き物同士 ⇒ 電気泳動のバンドパターンは類似する。
◆系統樹で遠種の生き物同士 ⇒ 電気泳動のバンドパターンは異なる。

【実験手順】
鮮度の良いお刺身やお肉を準備し、これらを0.25cm角に切り取ります。
そして、タンパク質を食材から溶かし出す性質の「サンプルバッファー」
という青色の液体の中に入れます。

20160225_002.jpg
(写真)お刺身を切り取る
 
続いて、およそ1分間、
サンプルバッファー中で食材を懸濁(※1)し、タンパク質を抽出させます。

20160225_003.jpg

この上清を95℃でボイルし、タンパク質を変性(※2)させます。

20160225_004.jpg

さらに、「ポリアクリルアミドゲル」という特殊なゲル中にサンプルを入れ、
200Vで30分間電気泳動(※3)しました。

20160225_005.jpg
(写真)サンプルを抽出し、ゲルにサンプルを移す様子

20160225_006.jpg
(写真)電気泳動装置(泳動中)

30分後、電気泳動をストップさせ、ゲルを染色します。
こうして、以下のようなゲルが出来上がりました。

20160225_007.jpg
(図)美しい青いバンド模様が現れたゲル

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[解説]
※1 懸濁
サンプルバッファーにサンプルを加え、かき混ぜること。
この作業で、可用性のタンパク質がサンプルバッファー中に溶け出します。

※2 タンパク質の変性
タンパク質は、20種のアミノ酸が直鎖上につながった「ひも状」の分子です。
タンパク質は、生体内では通常「ひも状」の分子が「立体」的に折りたたまれて存在しています。
お刺身などは「生」の状態のためタンパク質の構造は「立体」ですが、
熱処理すると立体構造が壊れ、アミノ酸でできた一本の鎖になります。
ボイルすることで生の状態の「立体」構造から、「変性」した「ひも状」に変化させます。
こうして、電気泳動に用います。

※3 電気泳動のしくみ
タンパク質はアミノ酸でできたひも状の分子です。
タンパク質の種類によって固有の長さがあり、
「長い分子」、「中くらいの分子」、「短い分子」など様々です。
それらに電荷をかけ、ゲルの中で「よ~いドン!」させると、
「短い分子」ほどゲル中を早くすり抜けられるので、ゲルの先頭まで移動することができますが、
「中くらいの分子」は真ん中までしか移動できず、さらに、「長い分子」は移動することが大変なため、
スタートした地点からほんの僅かしか移動できません。
この移動度の違いが、バンド模様として現れます。
一本一本のバンドが、タンパク質の種類一つ一つになるのです。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

生徒たちがこのゲルを分析した結果、
「マグロ」と「サーモン」と「カンパチ」のバンドパターンが似ていること、
それらに対して「エビ」と「イカ」が大きく異なることがわかりました。
分類上、魚類に対して甲殻類、頭足類ですから、これらはお互いに遠い種になるわけです。

また、意外な結果として、
鳥類と哺乳類である「鶏もも」「ブタ」と、
「マグロ」「サーモン」「カンパチ」の魚類のバンドパターンが類似していることが判明しました。

鍋山先生によると、
「鳥類や哺乳類と魚類のバンドパターンが近いことは、
これらの生物種にとって大切なタンパク質が、種を超えて保存されているのかもしれない」とのことです。

20160225_008.jpg
(図)系統樹

実際の系統樹に今回の結果を当てはめてみると、およそ合致しました。
脊椎動物は、かなり似通ったバンドパターンになりました。

今回の授業では、出席した生徒から
「電気泳動は専門的な実験で、普段の授業ではなかなかできないので、
貴重な経験をしていると思います!」
との感想がありました。

~鍋山先生からのメッセージ~
1年間を通して、生物をとことん突き詰めて勉強してきた「選択生物②」の生徒達。
今回の授業のレポートを提出して終了となりました。
3年生のみなさんのこれからの活躍を期待しています!


20160225_009.jpg

使用したお刺身は、実験後にみんなで美味しくいただきました。

6月「PCR実験」の様子はこちらから
7月「pGLO バクテリア遺伝子組換え実験」の様子はこちらから
9月「GFP精製クロマトグラフィー実験」の様子はこちらから
10月「マウス組織標本の作製」の様子はこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

2月17日(水)、埼玉県の国営武蔵丘陵森林公園で行われた、
学習院高等科のマラソン大会の様子が紹介されています。

160224_001.jpg
(写真)マラソン大会の様子

ブログの続きはこちらの学習院高等科ホームページ「高等科NEWS」から

学習院高等科のホームページはこちらから

2月5日(金)、
目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で、
学習院初等科と学習院幼稚園の合同講演会が開催されました。

160216_001.jpg
(写真)会場の様子

これは、学習院の一貫教育の一つとして、
児童・園児の父母を対象に、
子育てについて考えるきっかけにしてもらおうと企画されているものです。

20回目の開催となる今年は、初等科元教頭で国語教育が専門の石川恵子氏を講師に迎え、
「子育てに生かすことば」というテーマでお話しいただきました。

160216_002.jpg
(写真)講師の石川恵子氏

講演では、成長段階に応じた子どもへの声掛けや話の聞き方、
親が子どもに対して言ってしまいがちだが気をつけたほうが良い言葉、
家庭での会話を通じて子どもに教えてあげてほしい言葉などについて、
教員生活の中で感じたことを、具体例を挙げながら説明していただきました。

また、家庭だけで悩まず、幼稚園や初等科の先生にも相談して情報を共有し、
周りの大人が協力して子どもたちを育てていくことが大切だと
父母の皆さんに向けてメッセージを送りました。

160216_003.jpg

最後に、親が気をつけたい言葉や行いとして、

・さ(指図する)
・し(しかとする)
・す(「すぐしなさい」と言う)
・せ(急かす)
・そ(損得で考える)

の5つを挙げ、
子どもにしてあげたいことや掛けてあげたい言葉を使って、
それぞれが自分なりの「さしすせそ」を作ってみるよう呼びかけました。

時にユーモアを交えながら、語りかけるように話す石川氏の言葉に、
参加した方は、大きく頷いたりメモを取ったりしながら、熱心に聞き入っていました。

学習院初等科のホームページはこちらから
学習院幼稚園のホームページはこちらから

1月19日(火)、
中等科1年の物理の授業(担当:田中一樹教諭)を取材しました。

160219_001.jpg
(写真)中等科・生物実験室

今回の授業では、浮沈子の作成・観察を行い、
「圧力」と「浮力」の関係について学びます。

浮沈子は、水が入った容器を押したり離したりすることで、
浮いたり沈んだりする玩具のことです。

160219_002.jpg
(写真)浮沈子が入ったペットボトル

はじめに、作り方について先生から説明を受けました。

【作り方】
①中に入れる浮沈子に少量の水を入れる
②浮沈子をペットボトルの中に入れ、空気が入らないように水で満たし、ペットボトルのふたを締める

作成は、班ごとに分かれて行いました。

160219_003.jpg
160219_004.jpg
160219_005.jpg
(写真)浮沈子を作成する様子

作成できた班から、早速、ペットボトルを指で押し、
中の浮沈子の様子を見ていきます。

160219_006.jpg
160219_007.jpg
160219_008.jpg
(写真)観察する様子

指でペットボトルを押すと、中の浮沈子は下に沈み、
離すと、元の位置に戻る様子が観察されました。

このことから、
◆閉じこめられた水の一部に圧力を加えると、
 中の浮沈子は、まわりから同じ大きさで圧力がかけられる。
◆浮沈子は、圧力により押し縮められ、浮力が小さくなるため、下に沈む。
ということがわかりました。

生徒たちは、夢中になって観察に取り組み、
「すごく楽しかった!」
「なかなか沈まなくて、作るのが意外と難しかった。」
と話していました。

学習院中等科のホームページはこちらから

毎週月曜日午後9時30分から放送中の学習院プレゼンツTBSラジオ「学スタ」に、
学習院大学卒業生でマラソンランナーの川内優輝選手が出演しました。

2月15日(月)の放送では、収録前に行われたさいたま駅伝について、
また、大学在学時に2度出場した箱根駅伝について
お話しいただきました。

「沿道からの応援が大きな力になった」と語る川内さん。
当時の『応援にまつわる裏話』をたっぷりと聞くことができました。

番組は放送後、下記「学スタ」特設サイト内のYouTubeにアップしています。
http://www.gakushuin.info/gakusuta/

また、来週22日(月)には、
川内さんへのインタビュー後編を放送いたします。
なぜ公務員の仕事と陸上を両立する道を選ぶのか、
学生時代のお話しの中にその理由を探します。
ぜひお聴きください!

160218_002.jpg
(写真)川内さんが箱根駅伝に出場した際、教職員有志で結成した応援団

JR新宿駅南口にある紀伊國屋書店新宿南店4階フロアで、
現在、学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本フェアが行われています。

160216_001.jpg
紀伊國屋書店新宿南店〔写真中央〕
160216_002.jpg
(写真)4階フロア 展示の様子

これは、昨年秋に紀伊國屋書店のご協力のもと行われた、
図書館に所蔵してもらいたい本を書店の店頭で直接選ぶことができる、
女子大学図書館主催の「ブック・セレクト・ツアー」で、
学生が選んだ本を広く一般の方にもご覧いただこうという企画です。

「ブック・セレクト・ツアー」の記事はこちらから

ツアーで選んだ200冊を超える本の中から22タイトルを厳選し、
それぞれの本におすすめのコメントを書いた学生手作りのPOPカードを添えて、
本の魅力をPRしています。

160216_003.jpg
(写真)学生が手作りしたPOP①
160216_004.jpg
(写真)学生が手作りしたPOP②

フェア初日の2月15日(月)には、
ブック・セレクト・ツアーに参加し、POPを作った学生12名が新宿南店を訪れ、
展示の見学をさせていただきました。

160216_005.jpg
(写真)今回参加した学生の皆さん

その後、紀伊國屋書店の会議室をお借りして、
展示の感想や今年度のツアーの感想、来年の展望などについて、
学生同士で話し合う「意見交換会」を行いました。

女子大学図書館長の根占献一教授にも、
オブザーバーとしてご参加いただきました。

160216_006.jpg
(写真)意見交換会の様子

学生たちからは、
「自分の選んだ本を紹介いただいて、手作りしたPOPを
 一般のお客様に見てもらえるなんて、なかなかできない経験をさせてもらえた」
「POP作りがしたくて、いつか本屋さんでアルバイトをしたいと思っていた。
 夢が叶ってうれしい」
「ブック・セレクター(学生選書委員)に参加して、より図書館に足を運ぶようになった」
といった感想が寄せられました。

また、
「自分の好きなジャンルだけではなく、もっと選書の幅を広げて行けたら」
「他大学と一緒にツアーやブックトークなどが行えたら」など、
積極的な意見も挙がりました。

学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本フェアは、
紀伊國屋書店新宿南店4階下りエスカレーター側のコーナーで、
2月24日(水)まで行われます。

お近くに出かけられた際はぜひご覧ください!

紀伊國屋書店新宿南店のホームページはこちらから
学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院大学の高校生向け特設サイト「SakuLIFE」では、
各学部のゼミに密着し、学生がどのように成長していくかをたどる
「大成長!?学生ビフォーアフター」という企画を展開しています。

今回は法学部法学科 大久保直樹教授のゼミです。
先行公開していたチャプター1に引き続き、チャプター2、3を同時アップしました!

大久保先生の経済法ゼミは、
企業の経済活動に広く関わる「独占禁止法」をメインに研究しているゼミで、
例年、学生からの人気を集めています。

OB・OGをはじめとする社会人を前に、
研究成果をプレゼンする「交流会」を設けていることも、
人気の理由のひとつです。

160216_01_001.jpg
(写真)取材中のスナップ。ゼミの学生たちと〔写真中央が大久保直樹先生〕

交流会に向けてぐんぐんと成長する学生たち。
諸先輩方の目の前で、どんなプレゼンを行ったのでしょうか。
ぜひご覧ください!

学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」が登場する
「ゆる学・出張(法学部)編」もお楽しみに!

ブログの続きはこちらのSakuLIFE「大成長!?学生ビフォーアフター」法学部編から

学習院大学特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

1月12日(火)、
中等科1年・物理の授業(担当:田中一樹教諭)で、凧揚げの試験が行われました。

160112_001.jpg
(写真)中・高等科第2グラウンド

凧は、冬休みの宿題として、
生徒たちが2~4時間かけて作り上げました。

グラウンドのフェンスの高さが合否のボーダーラインです。
凧にはそれぞれの出席番号が書かれているので、
高く揚がった凧は先生が番号を読み上げ、合格となります。

160112_002.jpg
160112_003.jpg
(写真)苦戦しながら凧を揚げる

「風力」「風圧」「揚力」「抗力」など、
凧を高く揚げるためのメカニズムは物理の分野です。
頭に入っていれば、揚がるはず・・・ですが、
なかなか難しいようです。

160112_004.jpg

寒空のもと、生徒たちは
冬休みの運動不足を発散させるかのように
元気いっぱいに取り組んでいました。

授業後は、
「凧を作るのは、意外と簡単だった。」
「凧揚げ楽しい!」
「止まって揚げ続けるのが難しい。」
と、声を弾ませて話していました。

学習院中等科のホームページはこちらから

今日は学習院大学の一般入学試験最終日です。
受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

各学部の合格発表日は下記の通りです。

******************************************
◆経済学部
平成28年2月14日(日)

◆理学部
平成28年2月16日(火)

◆文学部
平成28年2月17日(水)

◆法学部
平成28年2月18日(木)

◆国際社会科学部
平成28年2月19日(金)

160211_001.jpg
(写真)春の目白キャンパス正門

桜咲く春の目白キャンパスで、
また皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

学習院大学のホームページはこちらから

學習院大學應援團が昨年秋、
福島県いわき市立勿来(なこそ)第一中学校を訪問し、
東日本大震災の被災地の子どもたちに「元気」と「勇気」と「笑顔」を届ける
"福島応援"を実施しました。

151207_01_001.jpg
(写真)勿来第一中学校体育館

この活動は、応援団の「自分たちにできることで被災地を励まし、応援したい」という
思いから始まったもので、今回で3回目となります。

151207_01_002.jpg
(写真)チアリーダーがポンポンで『ナコソ』と表現

応援団リーダー部・チアリーダー部・吹奏楽部の学生総勢約100名が、
勿来第一中学校の全生徒の皆さんの前で演技を披露しました。

また、勿来第一中学校吹奏楽部との合同演奏や、
全生徒が参加しての応援発声・動作の練習、
チアの大技のひとつ「スタンツ」(人の上に乗る技)へのチャレンジなど、
中学生の皆さんに応援団の活動を実際に体験していただきました。

151207_01_003.jpg
(写真)中学生との合同演奏
151207_01_004.jpg
(写真)「スタンツ」に挑戦!

1時間という短い時間でしたが、体験を通してお互いに交流を深め、
みんなで力を合わせて活動することの楽しさを共有することができました。

体験終了後には、勿来第一中学校の生徒代表の方から、
お礼の言葉をいただきました。

151207_01_005.jpg
(写真)生徒代表からお礼の言葉
151207_01_006.jpg
(写真)ハイタッチで生徒の皆さんを見送る

参加した応援団の学生にとっても、
被災地の現状を知る貴重な機会となりました。

【學習院大學應援團のコメント】
福島応援を終えて、現地に赴いて実際にその場で
目の前の相手に思いを届ける、という応援団の本質的なことができたと実感しています。
演技や交流を通して、最初はこわばっていた中学生達の表情が
だんだんと笑顔になり、一体感を感じることが出来ました。
我々學習院大學應援團としても、有意義な時間を過ごすことが出来ました。
最後になりますが多くの方々の御支援を賜りました関係各所に
厚く御礼申し上げます。

學習院大學應援團のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は、松屋銀座デパート8階イベントスクエアで開催された、
第31回東京私立小学校児童作品展「ほら、できたよ」の様子を紹介しています。

初等科は「オノマトぺ」というテーマで、
1年生・3年生・5年生・6年生の児童の作品を展示しました

160209_001.jpg
(写真)6年生の作品

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から
学習院初等科のホームページはこちらから

学校法人学習院では現在、
学習院女子中等科・高等科総合体育館の改築工事を計画しています。

2月の着工を間近に控えた1月27日(水)、
改築工事予定地にて地鎮祭を行いました。

160128_001.jpg
(写真)地鎮祭の様子
160128_002.jpg
(写真)内藤政武院長による鍬入れの儀

神事では、鍬入れの儀や玉串奉奠(ほうてん)があり、
式典に参加した学習院関係者および工事関係者約50名が、
工事の安全と無事を祈りました。

160128_004.jpg
(総合体育館 完成イメージ図)

プールとアリーナを併設した総合体育館は、
東日本大震災以降の耐震基準のもと、最新の設備を導入し、
授業をはじめ課外活動や式典・行事などの場として、
幅広く活用していくことを想定した設計となっています。

安全で快適な教育環境の充実で、
生徒の皆さんがより伸び伸びと活動できることが期待されています。

竣工は平成29年秋頃の予定です。


学習院女子中・高等科のホームページはこちらから
学校法人学習院「施設整備計画」のページはこちらから

12月1日(火)、
中等科1年物理(担当:田中一樹教諭)の授業を取材しました。
この日のテーマは「ブーメランの製作」です。

160201_01_001.jpg
(写真)授業の様子

「ブーメラン」は、
投げたら楕円の軌道を描いて手元に戻ってくるという道具です。

「なぜ飛ぶのか」
「なぜ落ちてこないのか」
「なぜ戻ってくることができるのか」
考えれば考えるほど不思議な動きをするブーメラン。

実際に製作し、実技テストを行う過程で、
その理論を頭と体で学びます。

160201_01_002.jpg
(写真)黒板に書かれた図面と説明

ブーメランに回転をかけながら投げると、翼に揚力が働きます。
それぞれの翼で揚力の強さが異なるために歳差運動(※)が生じ、
戻ってくることができるという理論です。

※歳差(首振り)運動・・・
自転している物体の回転軸が、円を描くように振れる現象。

160201_01_003.jpg
(写真)真剣に取り組む中等科生

授業では、厚紙の方眼紙で十字型のブーメランを製作します。
黒板に書かれた図面を参考に短冊型を2枚切り抜きます。

160201_01_004.jpg
(写真)出来上がったブーメラン

十字になるよう中央をホッチキスで止めます。
また、厚紙では飛行には軽すぎるので、
翼の両端にも間隔を詰めてホッチキスを打ち、重みをつけます。
また、翼に折り目をつけた部分は、フラップ(※)の役割を果たします。

※フラップ・・・飛行機の高揚力装置。

160201_01_005.jpg
(写真)実技テストの様子①

全員のブーメランが出来上がり、何回か練習した後、
実技テストが行われました。

評価のポイントは、
①ブーメランの軌道を描いて戻ってくること。
②投げた後、一歩も動かずにキャッチできること。

160201_01_006.jpg
(写真)実技テストの様子②

生徒の皆さんは、
投げ方や投げる向き、高さなどを試行錯誤しながらチャレンジ!

フラップを折る角度のほんのちょっとの違いや、
重りのホッチキスを打った数の増減でも飛行に影響が出るので、
1回で合格するのはなかなか難しいようでした。

ブーメランの不思議な動きを体験する中で生まれたさまざまな疑問を、
ひとつひとつ解決していくことで、物理の本質的な理解に一歩近づきます。


学習院中等科のホームページはこちらから

石川県金沢市にある鈴木大拙館では、現在、
特別展示「両鏡相照(りょうきょうあいてらす) ―学習院時代の大拙・幾多郞―」が
行われています。

160202_001.jpg
「両鏡相照」開催告知ポスター

*******************

「両鏡」とは、
日本を代表する哲学者・思想家である鈴木大拙と西田幾多郎を指しています。

ともに明治3(1870)年、石川県に生まれ、10代の頃に出会って以来、
生涯を通じての親友でもありました。

ともに新しい西洋の文化・思想を吸収しながらも、
東洋の伝統的な考え方・生き方を大切にして、
東洋と西洋を結びつける新しい世界を開くことを追求しました。

その2人が同僚となった唯一の職場が、
明治42(1909)年の秋、当時目白に移転したばかりの学習院だったのです。

今回の展示は、昨年2月に学習院大学で開催された
特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」に合わせ、
1日限定で開かれた特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」を
再現したものです。

開催概要は下記の通りです。
-------------------------------
鈴木大拙館「両鏡相照 ―学習院時代の大拙・幾多郞―」
■開催期間:平成28年2月3日(水)~4月24日(日)
■開館時間:午前9時30分~午後5時
■入館料:一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料 *団体割引有り
■所在地:石川県金沢市本多町3丁目4番20号
■お問い合わせ:076-221-8011
■ホームページ: http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/
-------------------------------

学習院大学史料館・学習院アーカイブズからも多くの資料を出展しています。

また2月28日(日)には、当地にて、
大学史料館学芸員によるギャラリートークも行われる予定です。


昨年の特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」および特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」のレポートはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

12月4日(金)、
学習院大学国際研究教育機構の「GEORE FESTIVAL 2015
海外夏期短期研修・国際教育プログラム 学生が語る報告会・説明会」が
開催されました。

151224_001.jpg

今年度、研修に参加した学生の代表者が、報告とプログラムの紹介を行いました。
学生や教職員など約100名が来場し、聴講しました。

第1部「ヨーロッパ・アジアにまたがる多様なプログラム」では、
フランス、ドイツ、マレーシアのボルネオ島、香港で実施された
短期研修について報告しました。

151224_002.jpg
(写真)アルザスプロジェクトの報告
フランス・アルザス地方にあるアルザス日本学研究所と連携して実施しているプログラム。
史跡の見学、企業や議会の訪問、現地の学生との交流等を通じて
地域の歴史や文化を学びます。

第2部は、「グローバル・キャンパス・アジア」というプログラムで
海外に派遣された学生たちによる報告がありました。

このプログラムは、中国、韓国、台湾、インドネシアにある6つの大学で実施しており、
学生たちは3週間ほど滞在して語学研修を行うとともに、
各自が設定したテーマに基づき、現地の企業を訪問するなどの方法で調査を行います。

151224_003.jpg
(写真)インドネシア国立大学での研修参加報告

第3部は「日本で国際化する/地域と国際化する」というテーマで、
日本国内で実施しているプログラムについての報告が行われました。

学習院大学で実施している海外の学生向けの短期研修や、
近隣地域に住む海外の方を対象とした日本語教室などのプログラムで、
多くの学生がボランティアとして協力し、参加者をサポートしました。

151224_004.jpg
(写真)グローバル・キャンパス・アジア東京の報告
海外の学生を対象に日本語研修とテーマ別研究を行う短期研修。
アジア、欧州、北米等の11カ国から100名を越える留学生を受け入れました。
サポーターとして参加した学生たちが、研修の様子を詳しく報告しました。

151224_005.jpg

全部で13の研修に参加した、19名の学生による報告が行われ、
同じ研修に参加した学生や、これから参加しようと考えている学生たちが
熱心に聞く様子が見られ、国際交流への関心の高さがうかがえました。

国際研究教育機構のホームページはこちらから

学習院大学の高校生向け特設サイト「SakuLIFE」では、
各学部のゼミに密着し、学生がどのように成長していくかをたどる
「大成長!?学生ビフォーアフター」という企画を展開しています。

第1弾は経済学部経営学科 勝尾裕子教授のゼミに潜入取材しました!

専攻分野の近い他大学のゼミと研究成果を発表し合い、
討論を通して日頃の学習成果を競い合うインゼミを、
勝尾ゼミでは2008年から毎年開催しています。

質疑応答時には熱い論戦が繰り広げられるインゼミに向け、
力を合わせて奮闘する学生たちの様子が紹介されています。
ぜひご覧ください!

160202_01_001.jpg
(写真)取材中のスナップ 勝尾教授(左から2人目)と学生たち

ブログの続きはこちらのSakuLIFE「大成長!?学生ビフォーアフター」から


また、現在、法学部法学科 大久保直樹教授のゼミにも密着取材中です!
随時レポートをアップしていきますので、引き続きご注目くださいね!

学習院大学特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学では、
平成28年2月6日(土)から2月11日(木・祝)にかけて、
一般入学試験を実施いたします。

これに伴い、下記の通り目白キャンパスの入構規制を行います。
規制期間中は、受験者本人および本学関係者以外入構できませんのでご留意ください。

【規制期間】
平成28年2月6日(土)午前6:00 ~ 2月12日(金)午前6:00
 

■受験者による試験会場の下見について
受験者が試験会場の下見をする場合は、2月5日(金)までにお願いいたします。

■受験者の保護者等による付き添いについて
規制期間中は受験者以外の方の入構はできません。

■本学学生の入構について
事前に申請し、特別に入構が許可された学生を除き、規制期間中は入構できません。

160201_001.jpg
(写真)目白キャンパス 西2号館前

受験生の皆さんが、入試当日に力を出し切れるよう応援しています!

学習院大学の入試情報はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
1月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

湯元スキー場がクリスマスはもとより
年末年始にOPENできないなんて、着任後初めてのことです。
そしてそれは1月中旬まで続きました。

地元の方も「こんなことは過去に経験したことがない」と。
閑散とした奥日光は淋しい限り。

やっぱり奥日光の冬は白色が似合います。
と、やきもきしているところに、雪・・・

日光光徳小屋では18日に48cm。20日には77cmを記録しましたが、
時折の突風が地吹雪となって積雪量の嵩を落として行きました。
ただいま、60cmとなりました。

160129_001.jpg
11日。斜面のササは緑のままに、 森の木々の額の中に男体山が収まります。
うっすらの雪は陽に光り、何だか雪解けの風景のように・・・

160129_002.jpg
他の木々から少し離れたミズナラは、
のびやかに天真爛漫に枝を広げ美しい姿を見せています♪

160129_003.jpg
12日の斜面はこの通り・・・

160129_004.jpg
16日。雪の降らない男体山は、ほんの少しの白い溝。
男体山の真上の空はくもり、そよぐヨシに冷たい風が感じられ、
雪は無くても真冬の戦場ヶ原。

160129_005.jpg
と、一部に青空の見える空。
流れる白い雲と青空をバックに木々の枝が楽しいシルエット。

160129_006.jpg
戦場ヶ原の国道は、青空の風景から
遠く曇った空の下、グレーにけぶった山々に一直線に走り込み、
いったい その先は、ホグワーツ?

160129_007.jpg
さて、18日から雪となった奥日光。
20日の「いろは坂」は時折の突風に吹雪いて一瞬前が見えません。

160129_008.jpg
さらにすごかったのが、戦場ヶ原~湯元への国道。
前の車が見えていますが、ハザードランプもみえない一瞬は、
後続車を気にしながらもStopするしかありません。
「あ~~あ。怖かった!!」

160129_009.jpg
さてさて、本日(21日)。
美しい白い世界を撮ろうかと外に出ると、
チュリ、チュリ、チ、チ・・・と周囲で声が。
・・・かわいいエナガの群れでした。

160129_010.jpg
美しい小屋風景をと思いましたが、陽射しが足りず。
まっ、一気に降り積もった雪を感じていただければと・・・

160129_011.jpg
10日ほど前の斜面、今はこの通り。
雪に埋もれ、ウラジロモミに降り積もった雪が、吹雪となります。

やっと雪景色となった日光光徳小屋です。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

今年も年明け早々の1月10日(日)11日(月・祝)に
学習院大学名物の"メンタイ"こと「面接対策セミナー」が開催されました。

今年で26回目の開催となった「面接対策セミナー」は、
参加学生数:約1,300名、
講師(社会で活躍する卒業生):316名、
サポーター(内定を得た4年生):196名、
によって行われました。

面接対策セミナーは、単なる面接のハウツーセミナーではなく、
人間関係の基本や「社会人とは?」「働くとは何か?」といった
社会人としてのキャリアデザインを学んでもらうためのものです。

1日目は、オリエンテーション後、各班に分かれ、グループディスカッションや模擬面接、
サポーターによる就活体験談など盛りだくさんのプログラムが行われました。

160127_001_01.jpg
(写真)オリエンテーションの様子

160127_002.jpg
(写真)グループディスカッションの様子

2日目は、模擬面接、交流戦(班をシャッフルしてのグループ面接)、
全体総括では壇上面接が行われ、2日間を通して、講師・学生サポーターと
学生との間に強い「つながり」が生まれました。

160127_003.jpg
(写真)集団面接の様子

160127_004.jpg
(写真)全体総括の様子

2017年卒の就職活動は、企業の広報活動解禁である3月にいよいよ
本格的に始動します。学習院は卒業生・教職員が一丸となって、
学生の皆さんの就職活動をサポートしています。

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

目白キャンパスが、
Googleマップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。

160127_001.jpg
(写真)ストリートビューで見た南1号館

詳しくは、学習院大学ホームページのNEWSから

学習院大学を受験する方は、
試験会場を確認してみてくださいね。

学習院大学のホームページはこちらから

★大学ホームページ「+ACTIVE!」が更新されました★

トライアスロン部の安藤紀幸さんが、
12月6日(日)にタイのサム島で開催された国際大会
「Baan Phe International Triathlon
(Samed Baan Phe International Championships 2015)」の
Standard Triathlon男子20-29歳の部門に出場し、
見事、優勝を果たしました!

「+ACTIVE!」では、安藤さんの海外遠征についてや、
今回の大会の試合展開を詳しくレポートしています。

160126_001.jpg
(写真)安藤紀幸さん

ブログの続きはこちらの大学ホームページ「+ACTIVE!」から
学習院大学のホームページはこちらから

学習院女子大学図書館ではこの秋、
同じ新宿区にある紀伊國屋書店新宿本店のご協力のもと、
ブック・セレクト・ツアーを開催しました。

これは、図書館に置きたい本を、
学生自身に店頭の書棚から直接選んでもらおうという毎年恒例の企画で、
女子大学図書館では春と秋の年2回行っています。
今回は17名の学生が参加しました。

160112_01_001.jpg
(写真)紀伊國屋書店新宿本店

紀伊國屋書店新宿本店は、
地下1階地上8階からなる「本のデパート」です。
学生は広い店内を約2時間かけて回り、
個人または2~3名のグループで上がったり下がったりして、
気になる本をピックアップしていきます。

その中から、4年生の山﨑さんと3年生の山本さんのグループに密着し、
選書の様子を取材しました。

160112_01_002.jpg
2人は、話題の本から哲学、経済学など学問の入門書や専門書、
洋書、美術書、海外事情、就職関連、自己啓発関連など、
さまざまなジャンルの書棚を次々にのぞいていきます。

160112_01_003.jpg
たくさんの本の中から手に取るのは、タイトルに惹きつけられたり、
表紙のデザインや帯に書かれた推薦文が目を引いたものが多いとのこと。
もちろん内容もしっかりとチェックします。

160112_01_004.jpg
「これだ!」と思った本に印刷されたバーコードを、
書店から貸し出されたハンディターミナルで読み込みます。

1人当たりの予算は2万円まで。
自分では買えないような高価な本も、図書館の蔵書としてなら購入可能です。

160112_01_005.jpg
2人は自分の興味だけではなく、友達や他の学生のことも考えながら、
「こんな本が図書館にあったらいいな」
「みんなにも読んでもらいたいな」という気持ちで選んでいました。

160112_01_006.jpg
選書後は書店の会議室をお借りし、
それぞれが予算の範囲内で選んだ中から2~3冊を持ち寄って、
本の紹介と選んだ理由について語る「ブックトーク」を行いました。

160112_01_007.jpg
トークの制限時間は1人3分以内です。
「どうやったらこの本をよりたくさんの人に読んでもらえるか」
学生たちは選んだ本の魅力を精一杯伝えようと言葉を紡ぎました。

初めて参加した学生はとにかく一生懸命に、
経験のある学生は落ち着いた話しぶりでわかりやすいトークを展開しました。
それぞれ質疑応答の時間もあり、
興味を持った他の学生から積極的な質問が寄せられ、
大いに盛り上がりました。

160112_01_008.jpg
今回のブック・セレクト・ツアーでは、
全員で約200冊以上の本を選びました。

その中から、すでに図書館に置いてある本や
蔵書に適さない本などがあれば、図書館で選りわけます。

今回選ばれた本は約1ヶ月後に晴れて図書館に納品され、
たくさんの学生の手に届くよう配架の準備を整えました。

図書館では、
参加した学生が手作りしたPOPカードをつけて、
選書した本を紹介するコーナーが作られています。

160112_01_010.jpg
(写真)女子大学図書館 コーナーの様子

学生の感性で選ばれた本は、
やはり貸し出しされる回数も多いとのことです。

160112_01_013.jpg
この取り組みは来年度も継続して行われる予定なので、
本が大好きで、ブック・セレクト・ツアーに興味を持った学生の皆さんは、
ぜひ参加してみてくださいね!

******************************************************
今回学生たちが選んだ本の中から22タイトルが、
2月15日(月)~2月24日(水)の間、
紀伊國屋書店新宿南店に展示されることになりました!
学生が手作りしたPOPカードも添えられていますので、
お近くに立ち寄られた際はぜひご覧ください。
******************************************************

学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

12月18日(金)、学習院大学国際交流センターで
書道体験教室が開催されました。

この催しは、霞会館教育助成金によって行われている伝統文化体験活動の一つです。
国際交流センターボランティアでもある書道部所属の学生の発案によって始まり、今年で3年目を迎えました。

160114_001.jpg
(写真)会場の様子

はじめに霞会館と、その教育助成金について国際交流センターより説明があり、
続いて書道部の学生による実演が行われ、そのあと、実践に移りました。

160114_002.jpg
(写真)実演の様子

160114_003.jpg
160114_004.jpg
(写真)書道部作成のお手本を見ながら筆を進める

160114_005.jpg
(写真)半紙に好きな言葉を書いていく

初めての筆使いに苦戦する様子も見られましたが、
書道部の学生が親切にアドバイスしていました。

160114_006.jpg
160114_007.jpg
(写真)トメ・ハネなどを教える

160114_008.jpg
(写真)フロアは練習した半紙でいっぱいに

約2時間かけて練習し、
会心の作が出来上がりました!

160114_009.jpg

海外から来た留学生にとっても、これから留学する日本人学生にとっても、
日本の伝統文化を体験する、良い機会となりました。

皆さんの作品は、現在、中央教育研究棟2階の国際交流センター前に展示されています。
ぜひご覧ください!

160114_010.jpg

書道教室の様子は、国際交流センターのFacebookでも詳しく紹介されています。

学習院大学国際交流センターFacebookはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

学習院大学に留学している海外留学生が、
豊島区の広報紙「広報としま」の『留学生が案内する区内の名所』という企画で、
区内の商店街や神社仏閣などの観光名所を散策しました。
留学生の2人がさまざまな日本文化にふれる様子が紹介されています。

7.jpg
(写真)巣鴨の地蔵通り商店街にて

ブログの続きはこちらのSakuLIFE「サクッと情報局」から

学習院大学のホームページはこちらから

無題.jpg

【第95号の主な内容】
■特集
学習院女子中・高等科 創立130周年記念

■院長挨拶

■学びの風景
大学文学部教育学科「初等生活科教育法B」

■社会で活躍する先輩
株式会社日本政策投資銀行 関 佳織さん

■学習院News 2015
大学国際社会科学部2016年4月開設!
各学校の最新情報を紹介

■学園祭・文化祭を振り返って

■史資料からみる学習院
日本ラクビーの黎明と学習院

※「学習院広報」は、
卒業生、在学生保護者、教職員、受験生、一般の方々を対象に、
学習院の「いま」を伝えることを目的とした広報誌で、
年2回(7月・12月)発行しております。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

先週に引き続き、この秋に撮影した各キャンパスの風景をご紹介します。
暖かい日が多かったため色付きが遅く、
目白キャンパスでは12月に入ってから紅葉の見頃となりました。

001.jpg
(写真)南1号館前
160116_002.jpg
(写真)西5号館6階から富士山を臨んで〔手前左側は西2号館〕
160116_003.jpg
(写真)東別館脇〔後ろは北2号館〕
160116_004.jpg
(写真)西5号館前のイチョウ、北2号館5階から
160116_005.jpg
160116_006.jpg
(写真)大学図書館前 あざやかに色づいたモミジ
160116_007.jpg
(写真)中央教育研究棟12階から東池袋の高層ビル群を臨んで
〔手前左側は北2号館〕
160116_008.jpg
(写真)西5号館前
160116_009.jpg
(写真)足もとにはたくさんの銀杏の実が
160116_010.jpg
(写真)目白通り
12月11日には、高等科野球部の皆さんが
落ち葉清掃のボランティア活動を行っていました。

学習院大学のホームページはこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから
学習院中等科のホームページはこちらから
学習院幼稚園のホームページはこちらから

本日1月18日(月)は、
昨晩から降り続いた雪が積もり、
目白キャンパスは朝から雪景色となりました。

160118_001.jpg
(写真)目白キャンパス西門前
160118_002.jpg
(写真)柔剣道場前

気象庁によると、
東京都心で6センチ(午前6時)の積雪が
記録されたとのこと。

午前8時ごろには、雪は強い風雨に変わり、
コートや手足を冷たく濡らしました。

明日から学習院大学では学年末試験が始まります。
風邪をひかないよう、体をしっかり温めて頑張ってくださいね。

学習院大学のホームページはこちらから

昨日に引き続き、この秋に撮影した各キャンパスの風景をご紹介します。
今回は、学習院女子大学と学習院女子中・高等科がある戸山キャンパスです。

160115_001.jpg
(写真)女子中・高等科 本館

160115_002.jpg
(写真)女子大学 7号館前

160115_003.jpg
160115_004.jpg
(写真)女子大学 4号館前

160115_005.jpg
(写真)真っ赤な紅葉

160115_006.jpg
(写真)光が差し込むバレーコート

160115_007.jpg
(写真)女子中・高等科 C館に続く道

日が沈んで暗くなると、ライトがキャンパス内を
温かく照らしてくれます。

160115_008.jpg
(写真)図書館前から正門への通り

次回は、学習院の秋の風景【目白キャンパス編】をお届けします。

学習院女子大学のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

この秋に撮影した各キャンパスの風景をご紹介します。
今回は、学習院初等科がある四谷キャンパスです。

151214_001.jpg
(写真)大イチョウの木の下で

151214_002.jpg
(写真)落ちてくるイチョウの葉をキャッチする子どもたち

151214_003.jpg
(写真)近光園の風景

151214_004.jpg
(写真)本館脇にある、たわわに実ったみかんの木

151214_005.jpg
(写真)校内には、あたたかな日差しが差し込む

学習院の各キャンパスは自然にあふれ、秋はさまざまな色で彩られます。
引き続き、学習院の秋の風景【戸山キャンパス編】、【目白キャンパス編】も
ご紹介する予定です。お楽しみに!

学習院初等科のホームページはこちらから

毎年、学習院目白キャンパス周辺を会場に行われている、
「第19回目白ロードレース」の参加エントリーの受付が
始まりました!

160112_001.jpg
(写真)昨年の様子①目白通り

目白ロードレースは、
豊島区立千登世橋中学校グラウンドをスタート地点に、
学習院南門から入構し、馬場横にある心臓破りの坂を登って、
構内→正門→目白通り→西門→椿の坂→南門→千登世橋中グラウンドに戻る周回コースで、
年齢ごとに1kmから5kmで争われます。

160112_003.jpg
(写真)昨年の様子②馬場横の坂

【開催日時】2016年3月6日(日)午前8時~12時
【参加資格】豊島区在住・在勤・通学および近隣ランニング愛好家
【定員】1000名(先着順)※傷害保険は大会実行委員会にて加入します
【参加費】小・中学生 1,500円、親子レース 1組1,500円、高校生以上 3,000円

【申し込み方法】
①ゆうちょ銀行または郵便局でのお申し込み
第19回目白ロードレースのチラシについている「払込取扱票」に必要事項を記入し、
参加費を添えてゆうちょ銀行または郵便局にてお申し込みください。
→応募締切:2016年1月22日(金)消印有効
※チラシは目白キャンパス西門付近の看板や、
西5号館6階の広報課などに設置しています。

②インターネットからのお申し込み
ランニングポータルサイトRUNTES( http://runnet.jp/ )からお申し込みください。
「第19回目白ロードレース」エントリーはこちらから
→応募締切:2016年1月29日(金)※但し、定員になり次第締め切ります。

160112_002.jpg
(写真)昨年の様子③正門前

豊島区が主催する目白ロードレースは、
地元の企業や団体の協力のもと、街の活性化と地域の人々との交流を目的に、
1998年から毎年実施されています。

学習院は社会・地域連携の取り組みの一環として第1回から後援しています。

当日はゲストランナーとして、
富士通陸上競技部の油布郁人選手、平賀翔太選手が参加する予定です。

目白キャンパス周辺は自然にあふれ、
起伏に富んだ走り甲斐のあるコースです。
地域の皆さん、市民ランナーの皆さんもぜひご参加ください!

【お問い合わせ】
目白ロードレース実行委員会事務局〔株式会社デサント 東京人事・総務課内〕
TEL:03-5979-6070

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は、子どもたちが「愛育園」で飼育しているチャボと
ふれあう様子を紹介しています。

151224_001.jpg
(写真)愛育園の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から
学習院初等科のホームページはこちらから

明けましておめでとうございます。
旧年中は学習院をご支援いただきまして誠にありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、学習院大学と学習院女子大学では、
1月5日(火)から2016年度一般入学試験の願書受付が始まりました。

【学習院大学 2016年度一般入試について】
従来の郵送出願に加え、Web出願もできるようになりました。
詳しい情報はこちらの大学ホームページ「入試情報」から

160108_001.jpg
(写真)学習院大学 南7号館から中央教育研究棟を臨んで

【学習院女子大学 2016年度一般入試について】
A方式(3教科試験)、B方式(2教科試験)で行います。
詳しい情報はこちらの女子大学ホームページ「入試情報」から

160108_002.jpg
(写真)学習院女子大学 正門

入試まで残り1ヶ月を切りました。
受験生の皆さんは風邪をひかないよう、
体調に気をつけてがんばってくださいね!


学習院大学のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
12月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

ちょうど1か月前に35㎝の積雪量を記録した日光光徳小屋ですが、
暖かさと、12月の雨は、
毎年のホワイトクリスマスを継続してはくれませんでした。

12月の雨はほとんど記憶にないのですが、
時折のうっすらの雪は陽ざしに消され、雨はさらに白色を消して行きます。

6年ほど前にやはり暖かい12月がありましたが、
こんな風景ではありませんでした。

湯元のスキー場はどうなることでしょう。

151225_001.jpg
雪の季節が来たと思わせてくれた降雪ははかなく消え、
男体山も山頂に少し白色が残っている程度の12月初旬。
それでも戦場ヶ原はしぶとく雪原をキープしていました。

151225_002.jpg
中禅寺湖周辺の雪はすっかり消えて、
冬枯れの木々の向こうに山々や、湖、空が青く望めます。

151225_003.jpg
12月下旬の白根山。まるで雪解けのようです。
真っ白に装った姿を見せてほしいなあ。

151225_004.jpg
光徳街道も何だか春みたいでしょ。
道路を横切る木々の長い影だけが冬を感じさせています。

151225_005.jpg
時折ひっそりと降り落ちた雪は男体山の山頂に
パウダーシュガーを振りかけたように
柔らかく柔らかくまといついて・・・

151225_006.jpg
戦場ヶ原の国道。全く雪は残っていません。
ここがホワイトアウトで先の見えない地吹雪で荒れ狂うのを想像できるでしょうか?

151225_007.jpg
本日(25日)の小屋風景。
朝うっすらと雪に覆われていましたが、あっという間に消えて行き・・・

151225_008.jpg
小川の周りのササは緑色のまま。
そういえば、明け方、聞きなれない動物の声に表に出て見ると、
声の主は分らず、斜面を我が物顔のシカの群れ。がっかり・・・

素敵な新年をお迎えください。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

11月27日(金)・28日(土)に、
学習院女子中・高等科の総合体育館建設予定地で発掘された
遺跡の見学会が行われました。

151221_001.jpg
(写真)尾張徳川家下屋敷 花壇跡

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

10月15日(木)、
平成27年度教科連絡会が開催されました。

これは、学習院の一貫教育の取り組みのひとつで、
幼稚園から大学までの同じ教科の教員が年に1度、一堂に会して、
成長段階に応じた効果的な教育を考えるとともに
事例紹介などの情報交換を通じて学校間の連携を図っています。

教科ごとに各校が持ち回りで当番校を務めています。
今年度は、四谷キャンパスにある初等科で行われた
4教科の様子をご紹介します。

151204_001.jpg
(写真)保健体育科連絡会
各学校の運動施設の現状についてそれぞれ報告を行い、
安全に授業や課外活動が実施できるよう、整備等について情報共有しました。

151204_002.jpg
(写真)社会科連絡会
選挙権年齢の引き下げに関連した主権者教育についての意見交換や、
各学校で行っているアクティブラーニングの事例についての情報交換を行いました。

151204_003.jpg
151204_004.jpg
(写真)家庭科連絡会
現在新宿区で進められている、江戸時代に現在の新宿区で栽培が盛んに行われていた
内藤とうがらしの復活と普及を目指す活動について、
各学校でどのような活動ができるか意見交換をしました。
また、今年度から初等科で導入した電子黒板について説明があり、情報交換を行いました。

151204_005.jpg
(写真)理科連絡会
大学理学部が初等科生対象に実験体験を行う「科学のフロンティア」や
中・高等科生と女子中・高等科生対象の「理学部研究室体験」などについて、
今年度の振り返りと次年度に向けての話し合いが行われました。
また、新しい取り組みの実施についても検討されました。

その他の教科の連絡会も、各キャンパスで開催されました。
全体で200名を超える教員が参加し、教員同士が親睦を深める機会となりました。

11月5日(木)、
学習院大学理学部の学部長表彰式が行われ、
大学院自然科学研究科化学専攻博士前期課程1年の
齋藤陽介さん(村松研究室)が表彰されました。

齋藤さんは、2015年度日本地球化学会第62回年会において、
「ICP質量分析法による長半減期放射性同位体分析法の開発と
土壌試料への応用」の研究について優秀な発表を行い、
若手発表賞を受賞しました。

この研究活動と業績を評価し、
谷島賢二理学部長から祝辞とともに賞状が手渡されました。

151218_01_001.jpg
(写真)受賞した齋藤さん〔写真中央〕と谷島賢二理学部長〔左〕、稲熊宜之化学科主任〔右〕

【齋藤陽介さんのコメント】
賞をいただき、驚きとともに大変光栄に思います。
このような賞をいただけたのは、研究の指導や的確なアドバイスをして下さる村松教授・大野助教や、
日ごろの研究生活を共にする研究室の仲間や同期の方々、
そして毎日の生活を支えてくれる家族のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も現状に満足することなく、向上心をもって研究に取り組んでいきたいと思います。

学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院大学理学部化学科のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

12月10日(木)、柔道総本山の講道館(文京区春日)で、
学習院高等科3年生の柔道納会が行われました。

柔道納会は、クラス対抗で行われる高等科の伝統行事で、
生徒たちは日頃鍛錬した心技体の成長ぶりを披露しました。
全員での稽古やクラス代表者による試合の様子が紹介されています。

151219_001.jpg
(写真)試合の様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

10月10日(土)、11日(日)の2日間、
学習院女子大学の学園祭「和祭」が開催されました。

151214_001.jpg
(写真)今年度のテーマが掲げられた正門

今年度の和祭のテーマ「Ring~それぞれの想いを輝かせて~」のもと、
295名の実行委員が中心となって、準備を進めてきました。

151214_002.jpg
(写真)実行委員による総合案内所

このテーマには、来場者と本学学生が和祭を通じて一つの大きなRing(輪)を創りたい、
また、Ringという言葉には鐘が響くという意味もあることから、
和祭という鐘の音を響かせ、学習院女子大学をより多くの方に知っていただく
きっかけとなるような大学祭にしたい、という願いが込められています。

中庭を中心に、特設ステージやたくさんの模擬店が並び、
キャンパスは大いに盛り上がりました。
当日の様子をご紹介します。

151214_003.jpg
151214_004.jpg
151214_005.jpg
151214_006.jpg
151214_007.jpg
151214_008.jpg

校舎内では、各クラブ・サークルによる発表や展示が行われ、
日ごろの活動の成果を披露しました。

151214_009.jpg
151214_010.jpg
151214_011.jpg
151214_012.jpg
151214_013.jpg
151214_014.jpg

また、受験生の方を対象にした、現役学生による入試相談コーナーには
多数の高校生にお越しいただきました。

151214_015.jpg

2日間で6,780名の方が訪れ、女子大らしく華やかな和祭となりました。
ご来場いただき、ありがとうございました!

151214_016.jpg
151214_017.jpg

学習院女子大学和祭2015のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

現在、学習院大学史料館では、
来春展示予定の「幕末京都の学習院展」に向けて調査を行っています。

調査の一環として、11月23日(月)、
栃木県足利市の史跡足利学校で行われた「釈奠(せきてん)」に参列しました。

151209_001.jpg
(写真)会場入り口

皆さんは「釈奠」という伝統行事をご存知でしょうか?

釈奠は儒教の祖である孔子を祀る式典のことです。
「釈」も「奠」も、どちらも「置く、並べる」という意味です。

種々の祭器や野菜、酒などを並べ、祝文を朗読して孔子に捧げます。
史跡足利学校のほかに、史跡湯島聖堂(東京都)、多久聖廟(佐賀県)など
全国各地で行われています。

実は幕末期の学習院でも、この釈奠を毎年2回、春と秋に行っており、
学習院では、釈奠の簡略版を意味する「丁祭(ていさい)」と呼んでいました。

今回参加した史跡足利学校の釈奠は、
京都学習院と近い形式で行われていたと推測されています。

さて、開始時間が近づき、祭官や参列者の方々が続々と集まってきました。
天気はあいにく小雨が降っていたのですが、不思議と式典の最中だけ止みました。

151209_002.jpg
151209_003.jpg
(写真)祭官や参列者の方々が続々と集まる

式典は構内の「大成殿」で行われます。
ここは別名「孔子廟」といい、孔子の座像などが安置されています。
建物は寛文8年(1668)に建立されたものです。

いよいよ式典の開始です。
祭官の方々が廟内に上がり、全員そろったところで開式を告げます。
その後、祭官や参列者の方々を清めたのち、祝詞を奏し、孔子像を開扉します。
そして供物を一つ一つ、祭器に乗せて丁寧に捧げていきます。

祭器は、鯉や牛肉を供える「俎(そ)」、白菜や大根を供える「豆(とう)」、
酒を供える「爵(しゃく)」などがあります。
一通りそろったら、爵に酒を供します。最後に参列者全員で祝文を唱えて終了です。

今や限られた地域でしか行われなくなってしまった釈奠に参列できたことは、
大変貴重な経験でした。

式典の詳しい様子は、来春開催の「幕末京都の学習院展」で、映像にてご紹介します。
また、式典に使われる祭器も展示する予定です。どうぞお楽しみに。

**********************************************************************
幕末京都の学習院展
〔会期〕平成28年4月2日(土)~5月28日(土)
    (開室...月曜~土曜、10:00~17:00)
    (閉室...日曜・祝日、ただし4月3日(日)、4月17日(日)は開室)
〔会場〕北2号館1階 学習院大学史料館展示室

※入場料無料
※ギャラリートークあり
**********************************************************************
第79回学習院大学史料館講座
〔日時〕平成28年5月7日(土)14:00~15:30
〔会場〕学習院創立百周年年記念会館正堂
〔講師〕家近 良樹先生(大阪経済大学経済学部教授)

※入場料無料
※事前申し込み不要

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**********************************************************************

Twitterでも展覧会に向けた調査などの情報を公開しておりますので、
ぜひご覧ください!
https://twitter.com/kyoutogakushuin

学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

12月14日(月)~23日(水)のメニューはこちらです!

20151216_001.jpg
(写真)クリスマスメニュー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
今年もやります! 日替わりケーキ!!
ハンバーグでお腹を満たして、ケーキは別腹!
今年の締めくくりにTFTはいかが?

今年もTFTメニューを食べていただきありがとうございました。
来年は、今年とは少しちがう学習院TFTをお届けするので楽しみにしてください。

TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

また、国際協力団体Anchorは、
TABLE FOR TWOの取り組み以外にも、フェアトレードという活動を行っています。

「フェアトレード」とは、
開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、
立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す
「貿易のしくみ」のことです。

この度、フェアトレード認証を受けているコットン企業との製品企画開発に取り組み、
エコバックをデザインしました。

20151216_002.jpg
(写真)エコバック(650円 /100枚限定販売)

この取り組みが以下のサイトでも紹介されました。
ぜひご覧ください!

◆特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
http://www.fairtrade-jp.org/news/news.html?id=2956

◆株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ
http://www.fairtradecottoninitiative.com/#!学習院大学の国際協力団体Anchorとのコラボレーション・エコバッグ/cxha/5628c6a70cf258da0e8e9aa7

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから

10月28日、11月4日、11月18日の3日間、
高等科3年・選択生物の授業(担当:鍋山 航 教諭)を取材しました。
この授業では、1年間を通して大学の生命科学の分野に直結するような実験を行っています。

今回は、マウスの組織標本作製の授業を行いました。

マウスの脳、心臓、肝臓、脾臓、腎臓、骨格筋、精巣を
ホルマリンに漬けて防腐処理し、
その後、凍結ミクロトームで厚さ10μmの超薄切片にします。

151204_001.jpg
(写真)マウスの部位を超薄切片にする

今回は、凍結ミクロトームで切片にしたものを
二つの方法で染色しました。

一つは、ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色です。
ヘマトキシリンで核を青色に、エオジンで細胞質をピンク色に染めます。
これによって、透明な組織標本ができあがります。

151204_002.jpg
(写真)エオジン染色でピンク色に染める

151204_003.jpg
(写真)完成した標本

その後、この標本を光学顕微鏡で観察し、スケッチをしました。

151204_004.jpg
151204_005.jpg
(写真)真剣に観察、スケッチする様子

もう一つは、蛍光染色です。
蛍光ファロイジンという物質を用いて、
アクチンタンパクを特異的に染色し、観察します。
アクチンタンパクは、どの細胞にも必ず含まれているタンパク質のことです。

151204_006.jpg
(写真)蛍光ファロイジンを使用して、蛍光色に染める

151204_007.jpg
(写真)完成した標本

蛍光染色したものは、
光を遮断し、蛍光顕微鏡を使って観察しました。

151204_008.jpg
(写真)暗い部屋の中で、組織標本を観察する

実際に観察した、マウスの組織標本をご紹介します。

<小脳>
151204_009.jpg
(写真)HE染色した小脳

小脳のしわが良く見えますね。

151204_010.jpg
(写真)蛍光染色した小脳

151204_011.jpg
(写真)小脳のしわを拡大

a...分子層、b...顆粒層、c...白質
矢印は、「プルキンエ細胞」という主要な神経細胞。

<大脳>
151204_012.jpg
(写真)HE染色した大脳 海馬

記憶の中枢・海馬の部分。矢印は、神経繊維。
たくさんの神経繊維が複雑なネットワークになっています。

151204_013.jpg
(写真)HE染色した大脳 海馬 拡大図

よく観察すると、神経繊維に節が見られます。
有髄神経繊維であることが分かります。

151204_014.jpg
(写真)蛍光染色した大脳 海馬

矢印は、神経細胞の軸索(長い突起部分のこと)。

<肝臓>
151204_015.jpg
(写真)HE染色した肝細胞

矢印のように、2核の細胞が見られます。
このことは、肝臓の再生力の高さと関連するのかもしれません。

151204_016.jpg
(写真)蛍光染色した肝小葉

中心静脈から放射状に延びた組織が観察されます。

<腎臓>
151204_017.jpg
(写真)HE染色した腎臓

151204_018.jpg
(写真)蛍光染色をした腎臓

a...糸球体、b...ボーマンのう、a+bでマルピーギ小体(腎小体)
糸球体とボーマンのうによって、腎臓では血液のろ過が行われます。

<脾臓>
151204_019.jpg
(写真)HE染色した脾臓

151204_020.jpg
(写真)蛍光染色した脾臓

a...白脾臓、b...赤脾臓
aの白脾臓が島状に点在していることがわかります。
bの赤脾臓には赤血球がたくさん集まっているのが分かります。
脾臓は、古い血球の破壊をする場所です。

<骨格筋>
151204_021.jpg
(写真)HE染色した骨格筋・筋繊維

151204_022.jpg
(写真)蛍光染色した骨格筋・筋繊維 

大腿四頭筋を観察しています。
矢印のように、横紋(縞模様)が無数に見られます。
Ncは核を示しています。
高等科生は筋トレがみんな大好きです。そのため、骨格筋の観察は人気がありました。

<心筋>
151204_023.jpg
(写真)HE染色をした心筋

矢印は横紋です。中央の◆印は筋繊維につながっている神経繊維です。
よく見ると、この神経繊維には節があることが分かります。
これは、有髄神経繊維である証拠です。

151204_024.jpg
(写真)蛍光染色した心筋

心筋は、構造状は横紋筋ですが、多核の骨格筋とは異なり単核の細胞です。
よく見ると、横紋(細かい矢印)が観察できます。
骨格筋よりも絡み合った構造をしていますね。

<精巣>
151204_025.jpg
(写真)HE染色した精細菅内部

矢印は精子の鞭毛と精子の頭部です。
精細管の中心部に鞭毛を集中するようにして、整然と並んでいます。

151204_026.jpg
(写真)蛍光染色した精細管

精子形成を行う精細管が無数に観察されました。
蛍光染色はとてもきれいに染色できました。

観察を終えて、生徒の皆さんに感想を伺いました。
「腎臓の構造が興味深く、とても印象的だった!」
「観察は難しい。たまに勘違いして、対象と違うものを観察してしまうことがあるので、もっと勉強を重ねていきます!」
「脳の構造の何ともいえない形が魅力的。生物と同じように美術も好きなので、スケッチには力が入ります!」

3学期は、生化学実験を予定しています。

151204_027.jpg
(写真)鍋山先生と生徒の皆さん

6月「PCR実験」の様子はこちらから
7月「pGLO バクテリア遺伝子組換え実験」の様子はこちらから
9月「GFP精製クロマトグラフィー実験」の様子はこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから

9月18日(金)、
学習院大学で学生を対象とした救命講習会が行われました。

151030_001.jpg
(写真)救命講習会の様子

1年生から4年生までの30名が参加しました。
豊島消防署および東京防災救急協会の方を講師にお迎えし、
人工呼吸・胸骨圧迫などの心肺蘇生法やAEDの使用方法、
止血法などの基礎知識と手順について学びます。

151030_004.jpg
(写真)心肺蘇生法の体験練習

講師による説明の後、心肺蘇生訓練用の人形を使って、
実際に心臓マッサージの練習を行いました。

151030_005.jpg
(写真)大声で呼びかけて意識の有無を確かめる

151030_006.jpg
(写真)人工呼吸の練習

151030_007.jpg
(写真)AEDを使用しての心肺蘇生

講師からは、
今年9月に大雨による河川の崩壊で甚大な被害を受けた地域があったことや、
2011年に発生した東日本大震災の経験から、
市民が行う救命処置の重要性についてのお話しがありました。

参加した学生たちは、高い意識をもって真剣に取り組んでいました。
教師を志望する学生や航空会社への就職が決まったという学生は、
「これから仕事をする上でも学んでおきたかった」と話していました。

また、今回の学生の講習会に先立って、
教職員を対象とした救命講習会も実施しました。

151030_009.jpg
(写真)教職員対象 救命講習会の様子

本学は東京都より避難場所として指定を受けていることもあり、
不測の事態が起こった場合には多くの方の収容が見込まれています。

迷わずに適切な手当てを施し、迅速な対応ができるよう、
こうした全学的な取り組みを今後も継続して行う予定です。

学習院大学のホームページはこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

11月10日から14日にかけて、
学習院女子中・高等科2年生が京都・奈良へ修学旅行に行った様子が紹介されています。

151210_001.jpg
(写真)室生寺

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

学習院高等科2年生の総合選択科目「博物館を知ろう」という授業は、
学習院の高大連携・博学連携プロジェクトの一環として実施されています。
授業を選択した12名の生徒が、大学史料館助教の指導のもと、
所蔵史資料の調査研究を行い、博物館の仕事を学んでいます。

その学びの成果として、現在、学習院大学史料館(北別館)内で、
ミニ展示「旧き学習院のメダルたち」が行われています。

151203_01_001.jpg
(写真)展示の様子①

大学史料館には、
旧制学習院の輔仁会(※)活動の一環として行われた各種競技大会や、
学校行事などの際に参加者に与えられた記念メダルが、
数多く所蔵されています。

※輔仁会・・・明治22年(1889)に設立された、
学習院の課外活動における全学生中心機関。

その中から12名の生徒がそれぞれ1点ずつ選び、
調査から図録の作成、展示までを担当しました。

151203_01_003.jpg
(写真)展示の様子②

展示されているメダルは、
たとえば、野球部に所属している生徒は野球部に関するメダル、というように、
生徒ひとりひとりが強く関心を持ったものを選んでいます。

メダルについての調査をする中で、
当時の輔仁会活動や各部の活躍、学校行事の様子などの復元にも取り組み、
「学習院百年史」や明治22(1889)年創刊の「輔仁会雑誌」のバックナンバー、
各クラブが周年記念に発刊した活動史などの文献資料の記述をたどりました。

151203_01_004.jpg
(写真)水上部オールメダル〔東京理科大学寄贈〕

表には学習院の桜が、裏面には「秋期大会 新艇建造記念 一九二一 」と刻まれています。
※水上部は現在の漕艇(ボート)部にあたります。

151203_01_005.jpg
(写真)打毬会メダル〔内藤政恒氏所用〕

昭和2(1927)年に行われた校内競技大会のメダルです。
所用者の内藤政恒氏は内藤政武学習院長のお父様で、
院長により史料館へと寄贈されたものです。

6月中旬には履修している生徒12名全員で院長室を訪ね、
お父様のお話や旧制学習院のスポーツについてうかがいました。

151203_02_005.jpg
(写真)鎌倉江島間遠游賞〔本多忠次氏所用〕

明治42年(1909)年8月に鎌倉~江の島間で実施された、
遠泳の完遂を称えるメダルです。
クリップの植物は現在の日本国政府の紋章でもある「五三の桐」で、
昔から功績が認められた人に与えられる紋章とのこと。

所用者である忠次氏のご息女・本多葵美子さんにもお話をうかがい、
お父様の人物像やメダルの由来など、
文献からは知ることのできない情報をいただくことができました。

151203_01_002.jpg
(写真)展示の様子③

調査後は展示の準備に取りかかりました。
調べて得られたたくさんの情報の中から厳選して抽出し、
メダルを紹介するためのキャプションや解説パネルを作成。
鑑賞される方が読みやすく、わかりやすいようにと、
何度も書き直しを重ねて工夫しました。

151203_01_009.jpg
(写真)パンフレット

また、会場では、
生徒たちがまとめた調査レポートを冊子にして配布しています。
キャプションやパネルに収まりきらなかった情報も掲載されており、
読みごたえたっぷりです。

151203_02_008.jpg
(写真)大学史料館

高等科生によるミニ展示「旧き学習院のメダルたち」は
大学史料館で12月19日(土)まで行われます。

生徒たちが4月から取り組んできた調査・研究の集大成を、
ぜひご覧ください。

【お問い合わせ】
学習院大学史料館 TEL: 03-3986-0221(代表)

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

★大学ホームページ「+ACTIVE!」が更新されました★

11月22日(日)、
講道館で行われた第30回全日本視覚障害者柔道大会で、
男子73kg級に出場した柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科1年)が
優勝しました。

学生の課外活動応援ページ「+ACTIVE」では、
優勝までの試合の経過や永井さんの喜びのコメントが掲載されています。

151209_001.jpg
(写真)永井崇匡さん

ブログの続きはこちらの大学ホームページ「+ACTIVE」から

また、永井さんへの取材記事が、
12月22日発売の「近代柔道」1月号(ベースボールマガジン社刊)に掲載されます。
ぜひ合わせてご覧ください。

学習院大学柔道部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

10月10日(土)、初等科の運動会が行われました。
当日は、運動するにはもってこいの天気の中、
子どもたちは元気いっぱいに日頃の練習の成果を発揮しました。

151208_001.jpg
(写真)応援合戦

151208_002.jpg
(写真)短距離競走

151208_003.jpg
(写真)だるまはこび

151208_004.jpg
(写真)だるまには子どもたちが描いた主管の先生の絵が

151208_005.jpg
(写真)綱取り合戦

151208_006.jpg
(写真)障害物競争

151208_007.jpg
(写真)初等科ソーラン節

151208_008.jpg
(写真)紅白対抗リレー

当日の様子は、下記、初等科ホームページのニュースに詳しく掲載されています。
ぜひご覧ください!
http://info.ps.gakushuin.ac.jp/news/2015/10/post_148.html

学習院初等科のホームページはこちらから

2016年4月開設の学習院大学国際社会科学部は、
2015年10月14日付けで、米国非営利機関のSAF(Study Abroad Foundation)と
提携しました。

これにより、50以上あるSAFのネットワークの中から、
本学部が推奨する中長期の留学先として、
アメリカ、イギリス、オーストラリア等の20を超える大学も
選択できるようになりました。

今回の提携開始を受けて、
10月26日にSAF代表のジョン・ベルチャー氏が国際社会科学部を訪問し、
開設準備室室長の神戸伸輔教授と、今後の国際交流体制の方針について
話し合いました。

151207_001.jpg
(写真)左:神戸室長 右:ジョン・ベルチャー氏

【SAFによるサポート】
1. SAFとは?
2000年にアメリカ・インディアナ州の認可非営利教育財団として設立。
留学経験が学生の国際社会への関心を深め、国際社会においてはもちろん、
自国でも活躍するために必要な異文化理解力を高めることにつながるという信念の下、
アジアの大学生を欧米圏の大学へ派遣しています。

授業履修プログラム、語学力強化プログラム、
アカデミック・インターンシップなど、幅広い留学プログラムを
提供しています。

2. 国際社会科学部の学生を対象に留学サポートを実施します
◆個別留学相談
1年次第1学期中に、全員が個別カウンセリングを受け、
それぞれの留学計画の策定に向けた悩みを解決します。
◆留学計画の策定
海外に行くことだけが目的とならないよう、
将来のキャリアを見据えた目標の立案をサポートします。
◆留学相談記録
相談カルテを作成し、情報を蓄積することで、
継続的にサポートをします。
(サポート内容は、変更の可能性があります。)

国際社会科学部の英語による海外留学先はこちらから(PDF)
SAFのホームページはこちらから

**************************************************************
国際社会科学部は、下記の通りの日程で学部・入試説明会を行います。
※詳しい情報はこちらから↓

◆12月9日(水)河合塾池袋校
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/iss/events/129.html
◆12月19日(土)河合塾新宿校
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/iss/events/1219.html
**************************************************************

また、YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」では、
特集「グローバル社会における『人の国際化』の推進 ~留学、海外経験から学ぶもの~」を
掲載しています。ぜひ合わせてご覧ください!
↓学習院TIMESの記事はこちらから
http://www.yomiuri.co.jp/adv/gakushuin/special/sp046/page_01.html


学習院大学国際社会科学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

TBSラジオ(AM954+FM90.5)で現在放送中の学習院冠番組「学スタ」では、
ゲストインタビューの間に「From The Campus」という、
本学学生の「生の声」を伝えるCMコーナーがあります。

学校法人学習院ホームページ「学スタ」特設サイトでは、
このコーナーでこれまでに放送された内容を抜粋して紹介しています。

151204_001.jpg
(写真)「学スタ」特設サイト From The Campus のページ

毎週月曜日の放送後に随時更新しています。
ラジオの放送とともに、
学生たちの「今」を、ぜひWebサイトでもご覧ください!

「学スタ」特設サイトはこちらから
↑過去の放送もYouTubeで聴くことができます!

11月1日(日)~11月3日(火)、目白キャンパスで
学習院大学の大学祭「桜凛祭」が行われました。

『桜凛祭』は、今年度より大学祭の正式名称となりました。
この名前は、学習院大学の校章である桜のようにどっしりと生え、
それでいて華やかで凛とした校風が表される大学祭であってほしい
という願いが込められています。

今回のテーマは、
『桜がないなら、咲かせればいいじゃない。』

桜のない季節に「桜凛祭」という桜を咲かせて目白キャンパスを盛り上げたい、
という学生たちの思いから、さまざまな催しが企画されました。

151203_001.jpg
(写真)ウェルカムフラッグが掲げられた西門

151203_002.jpg
(写真)輔仁会館にはテーマを打ち出した大きな横断幕が

構内は、ゼミやサークル単位で出店する模擬店が、
所狭しと軒を連ねてにぎわいました。
また、特設ステージでは学生たちの熱いパフォーマンスが繰り広げられました。

151203_003.jpg
151203_004.jpg
151203_005.jpg
151203_006.jpg
151203_007.jpg
151203_008.jpg
151203_009.jpg
151203_010.jpg
151203_011.jpg
151203_012.jpg

各教室では文化系のクラブ・サークルの作品が展示されたほか、
喫茶店、体験コーナーなどが設けられました。

151203_013.jpg
151203_014.jpg
151203_015.jpg
151203_016.jpg

また、桜凛祭初日の11月1日(日)には、
来年4月に開設する国際社会科学部の学部・入試説明会を行いました。

151203_017.jpg
(写真)会場の様子

たくさんの高校生の参加があり、
同時開催した河合塾講師による入試対策講座も大盛況でした。
桜凛祭で活躍する学生たちの様子も間近で見てもらうことができました。

151203_018.jpg
151203_019.jpg

3日間で約30,000人の方々にお越しいただき、華やかな桜凛祭となりました。
ご来場ありがとうございました!

学習院大学桜凛祭2015のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

11月12日(木)、
学習院高等科で院内大会が行われました。
クラス対抗で行われた各競技の様子が紹介されています。

151125_001.jpg
(写真)高等科院内大会の様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

11月30日(月)~12月12日(土)のメニューはこちらです!
151201_001.jpg
(写真)冬の寒い日に... "野菜たっぷりポトフ"(ご飯付き) 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
冬の寒い日に食べたくなる温かいメニュー。
心も体も温まってホッとする。
コンソメベースに味噌が隠し味の具だくさんスープ!

温かいポトフを食べて、冬支度しましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
11月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

11月に入り、冷え込んだ日々が冬を感じさせましたが、
中旬は何だかキリッとせず、「今年は暖冬ですか?」と気持ちも緩みがち・・・
ところが、昨夜(25日)から降り始めた雪は今朝35㎝の積雪量となりました。
初雪がこんなに積もるなんて、初めてのことのような気がします。
急いで、雪かき道具を準備。雪用長靴も引っ張り出して・・・
それにしても初雪と思えないべったり雪の重いこと・・・
やっぱり暖冬?
除雪機は排出口がつまり、スムーズには動いてくれません。ふう・・・
3時まで奮闘し、やっと終了。成果あり!!まだ、車の出入りは大丈夫♪

それにしても突然酷使された体は、ため息だらけのきしみようです。
さて、この雪は根雪となるのでしょうか?

151130_001.jpg
15日。見事な青色の空には綿のような雲が浮かび、
冬枯れの国道が黒く続きます。

151130_002.jpg
23日。雨かなあと思った空からは霧が降り、
ジキルとハイドの物語を思わせる陰鬱な霧に包まれました。

151130_003.jpg
大好きなハルニレ君も枝振りがちょっと怖いような・・・

151130_004.jpg
その後、小雨となり一面少し明るくなって、
ふと足元を見ると、新緑のようなスギゴケの上に、
白いキノコの付いた小枝が落ちていて・・・
白と緑と小枝の色のコントラストが眩しくて・・・

151130_005.jpg
利用客が一段落したところで、越冬準備。
慌ただしく、本棟の水抜き、雪囲い・・・
雪深い冬を待ちます。

151130_006.jpg
さて、本日(26日)、斜面にはクリスマスがやって来ました。
春のような今日の雪にツリーはとっても重たそう。

151130_007.jpg
はい。本日(26日)の小屋風景です。
雪囲いの黄色がカラー写真を証明してくれますが、
どんよりとした空はモノトーンの世界を作ります。

151130_008.jpg
そして、今日のハルニレ君。
花火のような、花のような・・・さびしい風景にほんのちょっぴり華やかに・・・

奥日光にお出かけの際は、冬タイヤでお越しくださいませ。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は、初等科の校庭にあるみかんの木になった実を、
児童が収穫した様子を紹介しています。

151126_001.jpg

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

学習院初等科のホームページはこちらから


9月25日(金)、
学習院大学法科大学院の司法試験合格祝賀会が実施されました。

151116_001.jpg

平成27年度司法試験では、本学から13名が合格しました。
内藤政武学習院長、井上寿一大学長、大橋洋一法務研究科長をはじめ、
法務研究科の教員や在学生たちが多数集まり、合格を祝いました。

151116_002.jpg
(写真)井上学長の挨拶

本学法科大学院は、徹底した少人数教育を特徴としており、
教員と学生の距離が近く、経験豊富な教員がきめ細かな指導を行っています。

また、文部科学省による「法科大学院公的支援見直し加算プログラム」において、
昨年度の第1類型選定に引き続き、上位ランクの第2類型Aランクに選定されました。

今年度は合格者のうち5名が法学未修者で、過去最多となりました。

151116_003.jpg
(写真)今年度合格した皆さん

合格者を代表して、8期生の井口亮さんから
「これからも日々精進して、学習院大学法務研究科修了生として活躍し、
立派な法曹となれるよう精いっぱい頑張っていきたいと思います」
との抱負が語られました。

151116_004.jpg

会は終始、合格者を囲んで和やかな雰囲気で進み、
出席者からは祝福や激励の言葉が送られました。

合格された皆さんの、ご活躍をお祈りしています。

学習院大学法科大学院の詳しい情報はこちらをご覧ください。

日本で唯一の演芸専門誌「東京かわら版」12月号に、
学習院大学卒業生の林家はな平さん(2007年経済学部卒)が
取り上げられています。

151125_002.jpg
(写真)「東京かわら版」12月号 ※11月28日発売/500円(税込)

活きのいい若手落語家を紹介する
「築コレ -TSUKIJI-COLLECTION-」というコーナーで、
取材は10月下旬に目白キャンパスで行われました。

151125_003.jpg
(写真)取材の様子

林家はな平さんは学習院大学落語研究会の出身で、
卒業と同時に九代林家正蔵に入門、2011年11月に二つ目に昇進しています。

現在もOBとして落語研究会の後輩たちの指導にあたっており、
実は目白キャンパスにはよく来ているとのこと。
先日行われた桜凛祭の「めじろ寄席」にも特別出演し、演目を披露しました。

「東京かわら版」の記事では、
はな平さんの学生時代や弟子入りの時のエピソードが詳しく語られています。

151125_001.jpg
(写真)林家はな平さん

広報課の取材にも気さくにお答えいただき、
「『はな平』と聞いたら『ああ、あのはな平さんね!』と
 すぐに思い浮かべてもらえるような噺家になりたい」と
お話ししてくださいました。

卒業生の噺家、林家はな平さんの今後の活躍に乞うご期待!です。

林家はな平さんのホームページ「はなサイト」はこちらから
「東京かわら版」のホームページはこちらから

学習院大学文学部教育学科は、2013年の開設以来、
地域社会と連携したカリキュラムを取り入れています。

その中の1つ、「生活科教育法」という授業の一環で、
9月17日(木)と9月24日(金)に、
近隣にある目白小学校2年生との合同授業を行いました。

1日ずつ相互に学校を訪問し、交流を深めようという取り組みです。

目白小学校では、
生活科の授業を使って交流会が行われました。

児童の皆さんが中心となって
一緒にゲームをしたり、歌を歌ったりしました。

151124_001.jpg
(写真)にぎやかにゲームをする様子

学習院大学では、教育学科の学生が先生役となり、
目白キャンパス内を案内しながら散策しました。

151124_002.jpg

大学図書館では、児童の皆さんは
本の所蔵数や種類、また、大学生がどんなときに図書館を利用するかなどについて
話を聞き、メモを取りました。

151124_003.jpg
(写真)大学図書館を見学

中央教育研究棟では、授業の様子を見学しました。

151124_004.jpg
(写真)大学生の授業風景を見学

厩舎では、馬術部員のサポートのもと、
馬とのふれあいを体験しました。

151124_005.jpg
(写真)厩舎で優しく馬をなでる

児童の皆さんは、学生たちともすっかりなじんで、
手をつないで仲良く話しながら歩く様子も見られました。

151124_006.jpg

目白小学校の児童の皆さんに感想を聞いてみたところ、
「学校がすっごく広い!」
「お兄さん、お姉さんが優しい!」
と、興奮の面持ちでした。

交流会の最後は、ハイタッチでのお見送り。
あっという間の1時間、楽しく交流することができたようです。

151124_007.jpg

教員を目指す学生たちにとっても、
小学校の現場を知る良い経験になりました。

学習院大学文学部教育学科のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

10月22日(木)、
滋賀県彦根市にある滋賀県立河瀬中学校の3年生5名が、
昨年に引き続き、修学旅行のグループワークの一環として
学習院大学を見学に訪れました。

151111_004.jpg

現役学生のガイドにより、キャンパスツアーを行い
目白キャンパスの施設をご紹介しました。

151111_005.jpg

また、今回は事前に中学生の皆さんから
「大学の最新設備について知りたい」という質問をいただいており、
理学部物理学科、化学科、生命科学科の先生方の協力を得て、
特別に研究室を見学することができました。

151111_001.jpg
(写真)物理学科 平野琢也教授の研究室
レーザー等の光技術を用いて、光および物質の
量子力学的な性質の研究を行っています。

151111_002.jpg
(写真)化学科 岩田耕一教授の研究室
光によってひき起こされる電子の移動、分子の異性化や
分解などの化学反応や、回転などの分子運動を観測する実験を行っています。

151111_003.jpg
(写真)生命科学科 菱田卓教授の研究室
出芽酵母および大腸菌をモデル生物として用いて、
DNA相同組換えの分子メカニズムを詳細に解析し、
ゲノム安定性維持機構の解明を目指しています。

数々の機器や薬品などに囲まれた研究室の様子を、
中学生の皆さんは興味深そうに見学していました。

今回の大学見学が、河瀬中学校の皆さんの進路の参考になれば幸いです。
学習院大学にお越しいただき、ありがとうございました。

学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから

******************************************************
学習院では、小・中学生、高校生、一般の方の
個人見学・団体見学を受け入れています。
詳しくはこちらの「見学に関するご案内」をご覧ください。
******************************************************

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

11月16日(月)~28日(土)のメニューはこちらです!
151118_001.jpg
(写真)野菜たっぷりカレー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
トマト味の野菜たっぷりのカレー!
カボチャやブロッコリーが苦手な人も美味しく食べれる!!

不安定な気候で体調を崩しがちですが、
食事をしっかりとって体調管理しましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから


10月10日(土)、
学習院中等科と学習院高等科の学校説明会が、
それぞれ開催されました。

学習院百周年記念会館で行われた中等科の説明会には、
500名近くの受験生と保護者の皆さまにご参加いただきました。

151029_001.jpg
(写真)中等科説明会 会場の様子

林知宏高等科・中等科長は冒頭の挨拶の中で、
両校に共通する特徴として、
歴史と伝統に基づく教育や多様性を大切にする校風、
肉体的な鍛錬を重視していることや国際交流が活発であることなどを紹介しました。

151029_002.jpg
(写真)林知宏中等科長の挨拶

続いて、DVDで学校生活の様子をご覧いただいてから、
教務課長より教育内容および出願についての説明を行いました。

151029_003.jpg
(写真)教務課長による説明

その後、入試の出題方針について
国語、算数、社会、理科の各教科担当教員より解説しました。

151029_004.jpg

最後に、中等科生が登壇し、
学校生活で感じていることや、自身の受験での経験を踏まえて、
受験勉強のアドバイスなどについて話し、受験生にエールを送りました。

151029_005.jpg

また、高等科校舎の教室で行われた高等科説明会には、
300名近くの受験生と保護者の皆さまにご参加いただきました。

151029_006.jpg
(写真)高等科説明会 会場の様子

林科長は、高等科の概要説明とともに、
高等科からの入学者は、中等科から内部進学してくる生徒に比べて少ないものの、
在学中に海外留学する生徒が多数いることや、
卒業後もさまざまな分野で活躍していることなどを紹介しました。

その後、教務課長より入試制度やカリキュラムについて、
生徒課長からは、行事や部活などの学校生活について、
詳しく説明がありました。

151029_007.jpg
(写真)生徒課長による説明

最後に、受験科目である国語・数学・英語の各学科主任より、
過去問を参照しながら出題のポイントや勉強の方法について解説しました。

151029_008.jpg

中等科、高等科のいずれも、説明会後には校舎見学と個別相談を実施し、
多くの方にご参加いただきました。

151029_009.jpg
(写真)中等科説明会後の個別相談

中等科説明会および高等科説明会にご参加いただいた皆さま、
ありがとうございました。

学習院中等科では、11月21日(土)にも、学校説明会を開催します。
今年度の説明会は次回が最終となります。ぜひご参加ください。
詳しい情報はこちらから

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院中等科のホームページはこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

10月31日(土)・11月1日(日)に行われた、
学習院女子中・高等科の文化祭である「八重桜祭」の様子が紹介されています。

151110_01.jpg
(写真)八重桜祭の様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

******************************************************
11月21日(土)14:00~/ 15:30~
学習院女子中・高等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

学校法人学習院は、11月12日(木)、豊島区役所において、
豊島区との「帰宅困難者対策の連携協力に関する協定」の調印を行いました。

151112_001.jpg
(写真)豊島区役所

豊島区では、
2011年の東日本大震災では円滑な初動態勢が取れなかったことを教訓として、
2012年3月に豊島区帰宅困難者対策計画を策定しました。

そして2013年には、豊島区と事業所等との間で、
「帰宅困難者に対する連携協力に関する協定」を締結し、
区と事業所等との連携による帰宅困難者対策の推進を発展させました。
(2015年11月12日現在、22の事業所等と締結しています)

151112_002.jpg
(写真)協定締結式の様子

今回、学習院と豊島区との間で結ばれた協定内容は、
 ①帰宅困難者の一時滞在施設(又は一時待機場所)の提供・運営
 ②活動拠点運営スタッフなどのマンパワーの提供
 ③水や食料、毛布等の物資の提供
 ④活動拠点用資機材や物資を備蓄しておくための倉庫や場所等の提供
 ⑤災害時要援護者の受入れ
以上から、協力項目を選択して締結しました。
(※協定内容の詳細は災害時の混乱を避けるため、原則非公開となります。)

JR目白駅周辺の教育機関では初めての協定締結となりました。

DSC03395.jpg
(写真)左:学習院常務理事 耀 英一 右:豊島区長 高野 之夫氏

学校法人学習院では、
今回の「帰宅困難者対策」はもちろん、
社会全体の取組みが必要とされている「危機管理対策」に関して、
今後も積極的に参加する方針です。


学校法人学習院の地域・社会連携に関するページはこちらから

11月11日(水)神宮球場において、
学習院大学硬式野球部が2部最下位校の国士舘大学との入替戦に挑みました。

1塁側スタンドには、応援団、一般学生、教職員、野球部OBなど、
たくさんの方が応援に駆けつけました。

奮闘しましたが、第1戦は0対7で敗れました。

本日12日(木)12時30分より、同じく神宮球場にて第2戦が行われる予定です。
明日も引き続き応援を宜しくお願いいたします。


国士舘大学  020 022 100 = 7
学習院大学  000 000 000 = 0


IMG_0011-2.JPG
(写真)試合前の整列

IMG_0024.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0025.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0035.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0017.JPG
(写真)試合の様子

IMG_0039.JPG
(写真)試合結果

※試合結果詳細(東都大学野球連盟ホームページ)はこちらから↓
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2015&SEASONID=02&LEAGUEID=12&GAMEID=15342


※硬式野球部ホームページはこちらから↓
http://gakushuin-bc.jimdo.com/
※硬式野球部ツイッターはこちらから↓
https://twitter.com/baseballguniv
※硬式野球部フェイスブックはこちらから↓
https://www.facebook.com/baseballguniv

学習院大学のホームページはこちらから

9月18日(金)、
静岡県富士宮市にある星陵中学校の2年生70名が
目白キャンパスの学習院大学を訪れました。

星陵中学校の皆さんは、10月に京都・奈良研修を予定しており、
事前学習を兼ねて大学の講義を体験できたらとの要望で、
日本美術史を専門とする文学部哲学科の佐野みどり教授に依頼したところ、
今回、特別に講義の開催が実現しました。

151111_001.jpg
151111_002.jpg
(写真)佐野みどり教授による特別講義の様子

佐野教授は、京都・奈良の仏像の魅力や見所について、
中学生にもわかりやすいように解説しました。
中学生の皆さんも、メモを取りながら熱心に耳を傾けていました。

151111_003.jpg
(写真)熱心にメモをとる中学生

中学生の大学見学では通常、
学生のガイドで学内をめぐるキャンパスツアーを行っており、
今回も特別講義のあとに予定していましたが、
この日はあいにくの雨だったこと、
また、中学生のこの後のスケジュールが詰まっていたことを考慮し、
学生たちが機転を利かしてプログラムを変更、
急遽、座談会形式でトークショーを行いました。

151111_004.jpg
(写真)座談会の様子

経済学部、文学部、理学部に所属する学生6名が
学習院大学を選んだ理由や大学生活、中学時代の勉強方法などについてお話ししました。

座談会は終始なごやかな雰囲気で行われ、
後半は中学生の皆さんからの質問にもお答えしました。

見学の最後には、学生食堂で昼食を取っていただきました。

151111_005.jpg
151111_006.jpg
(写真)学生食堂にて

星陵中学校の皆さん、
学習院大学の雰囲気を感じ取っていただけましたでしょうか。

今回の大学見学が、星陵中学校の皆さんの進路の参考になれば幸いです。
雨の中お越しいただき、ありがとうございました。

******************************************************
学習院では、小・中学生、高校生、一般の方の
個人見学・団体見学を受け入れています。
詳しくはこちらの「見学に関するご案内」をご覧ください。
******************************************************

学習院大学のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

10月31日(土)・11月1日(日)の2日間、
学習院高等科・中等科の文化祭「鳳櫻祭」が行われました。

今年のテーマは「Color-full」
生徒ひとりひとりが持っている『色(=個性)』を合わせて、
鳳櫻祭を染めあげようという思いが込められています。

151110_001.jpg
(写真)中夜祭の様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

また、中等科ホームページの「フォトギャラリー」も、
今年の鳳櫻祭の写真がアップされています。ぜひご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/bjh/photo/bunkasai/index.html

学習院中等科のホームページはこちらから

******************************************************
11月21日(土)14:00~
学習院中等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

学習院中等科facebookはこちらから
↑各行事の様子が随時更新されています。ぜひご覧ください!

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

東都大学野球連盟秋季リーグ戦において、
18年ぶりに3部リーグ優勝を果たした硬式野球部が、
井上学長に優勝報告を行いました。

151109_001.jpg
(写真)学長室にて

ブログの続きはこちらの大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」から

なお、2部リーグとの入替戦は本日行われる予定でしたが、
前日までの日程が雨天のため順延したことに伴い、
明日11月10日(火)、明後日11月11日(水)に変更となっております。

◆11月10日(火)12:30~ 神宮球場
◆11月11日(水)12:30~ 神宮球場

対戦相手は2部リーグ6位の国士舘大学です。

本学学生の皆さん、教職員の皆さん、
大学野球の聖地神宮球場で行われる入替戦の応援に駆けつけましょう!!


※雨天順延など試合日の変更については、
下記東都大学野球連盟のホームページでご確認ください。
http://www.tohto-bbl.com/index.shtml


※硬式野球部ホームページはこちらから↓
http://gakushuin-bc.jimdo.com/
※硬式野球部ツイッターはこちらから↓
https://twitter.com/baseballguniv
※硬式野球部フェイスブックはこちらから↓
https://www.facebook.com/baseballguniv

学習院大学ホームページはこちらから
学習院大学の課外活動応援ページ「+ACTIVE!」はこちらから

9月11日(金)、
学習院大学経済経営研究所の研究プロジェクトの一環で、
「第8回公開ワーク・ライフ・バランスカンファレンス」が行われました。

ワーク・ライフ・バランス(WLB)とは、
「仕事と生活との調和」と訳され、性別や年齢に関わらず、
誰もがライフステージに合わせて多様な生き方を選択・実現できることを指す言葉です。

企業等においては、社員が仕事上の責任を果たそうとすると、
仕事以外の生活で取り組みたいこと、取り組む必要があることに
取り組めなくなることを解決するための支援として推進されています。

本カンファレンスは、2008年より、多くの企業の方に
WLBの重要性を認識していただき、効果的な取り組みを共有するべく、
毎年開催しています。

8回目を迎える今回のカンファレンスでは
「女性の活躍とワーク・ライフ・バランス」をテーマに、
長年の課題である「女性活躍」がなぜ進まないのか、過去の事例を紐解きつつ、
今後女性が活躍するために企業は何をするべきかについて、
専門家による講演および研究発表が行われました。

151016_01_001.jpg
(写真)会場の様子

企業や病院等の人事担当者やダイバーシティ・マネジメント担当者、
企業の女性活躍やワーク・ライフ・バランスなどを支援する自治体の担当者、
社会保険労務士など、約170名の方々にご参加いただきました。

**********************

【基調講演1】
「企業における女性活躍推進の変遷と今後の課題」

ニッセイ基礎研究所生活研究部主任研究員の松浦民恵氏が、
男女雇用機会均等法が制定された1986年から1999年までを第1の時代、
少子化の流れを受けて仕事と生活の両立支援が前進した2000年代を第2の時代、
両立支援と男女均等推進の両輪連動を模索している2010年代を第3の時代と分類し、
企業における女性活躍推進の変遷を振り返りました。

151016_01_002.jpg
(写真)松浦民恵氏

その中で松浦氏は、
「第3の時代がはじまったばかりの現代社会で、
 単に政府の政策的要請に対応するのではなく、企業が主体的かつ粘り強く、
 両立支援と均等推進に取り組むことが不可欠だ」と述べ、
男性は仕事、女性は家庭という男女役割分業を前提とした企業での働き方や、
労働時間に変わる評価を取り入れるなど、社会システム変革の必要性を
今後の課題として挙げました。

**********************

【基調講演2】
「大卒女性総合職の昇進とワーク・ライフ・バランス」

関西学院大学経営戦略研究科准教授の大内章子氏が、
過去の先行研究データの検証を行い、女性管理職の実像や、
どのようなプロセスで昇進の男女格差が生じているのかを明らかにしました。

151016_01_003.jpg
(写真)大内章子氏

また、2014年に男女管理職・一般従業員5,000名を対象に行った調査では、
特に「配置転換」における男女格差が大きいことを指摘されました。

さらに、大内氏は、
「女性が育児をしながらでも男性と同様の職務経験を積み、
 高度な技術を身につけることができるような仕組み作りが必要。
 同時に、男性のワーク・ライフ・バランス施策も考えていく必要がある」と
今後の取り組み課題を明示しました。

**********************

その後、学習院大学が採択している、
文部科学省科学研究費基盤研究(A)プロジェクト
「ワーク・ライフ・バランスを実現する企業支援システムと雇用システム」の
メンバー3名が、研究成果の中間報告を行いました。

151016_01_004.jpg
(写真)「女性の活躍とWLBの指標」報告
学習院大学経済学部 教授 脇坂 明 氏

151016_01_005.jpg
(写真)「多様な働き方と人事管理」報告
千葉経済大学経済学部 兼任講師 藤波 美帆 氏

151016_01_006.jpg
(写真)「ワーク・ライフ・バランス施策導入が看護職へ与える効果」報告
帝京大学経済学部 准教授 川上 淳之 氏

発表後には質疑応答の時間が設けられ、
講師および研究発表者全員が登壇し、参加者からの質問に答えました。

151016_01_007.jpg
(写真)質疑応答の様子

カンファレンスの最後は、
WLBプロジェクトリーダーで学習院大学経済学部教授の今野浩一郎氏が、
総括を行いました。

151016_01_008.jpg
(写真)今野浩一郎教授による総括

今野教授は、講演および研究発表を振り返る中で、
「女性の活躍を推進するために変革をするのではなく、
 人事管理の全体像をどうするのかが課題。
 第3の時代を経た後に迎える第4の時代は、
『女性である』ということがある意味忘れられ、
 多様性の一部となっていることが求められるのでは」と述べました。

**********************

男女雇用機会均等法制定から今年で30年。
日本における女性の社会進出は着実に歩みを進めてきましたが、
欧米諸国に比べると男女の雇用機会の差が依然として大きいなど、
女性が活躍できる社会からは今なおほど遠い状況にあります。

そうした中、女性の力を引き出せていないことは、
日本経済にとってマイナスであるという議論が起こり、
国の成長戦略のひとつとして、「女性活躍」への関心が高まっています。

この女性活躍に欠かせないものとして期待されているのが、
WLBの実現です。

学習院大学経済経営研究所では、他に先駆けて2006年に、
WLBの研究プロジェクトを立ち上げました。

2007年に30数社の先進的な企業とともに作成した、
企業のための自己診断ツールである「WLB指標」は、
現在、多くの企業や団体で活用されています。

WLB指標等の詳細については、
学習院大学経済経営研究所にお問い合わせ下さい。


学習院大学経済経営研究所のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

10月22日(木)~26日(月)、学習院大学国際交流センターで
「第2回留学フェア」が開催されました。

151105_001.jpg
(写真)中央教育研究棟2階国際交流センター

151105_002.jpg
(写真)会場の様子

この「留学フェア」は、近い将来、留学したいと考えている学生に
大学で学んでいる外国人留学生や留学経験のある学生たちと
直接コミュニケーションをとれる場を提供しようと、
毎年開催されているものです。

初日と2日目は、
協定留学生・留学経験者による協定校紹介と留学相談が行われました。

中国・アメリカ・イギリス・フランス・アイスランドなどのべ18カ国25名の学生が、
協定校の様子や留学体験をプレゼンしました。

はじめに、9月から学習院大学で学んでいる欧米・アジアからの協定留学生が
在籍校を紹介しました。
流ちょうな日本語で、それぞれの大学の特徴や周辺の様子などを
説明しました。

151105_003.jpg
(写真)イースト・アングリア大学〔イギリス〕

151105_004.jpg
(写真)オックスフォード・ブルックス大学〔イギリス〕

151105_005.jpg
(写真)ニューサウスウェールズ大学〔オーストラリア〕

151105_006.jpg
(写真)ナポリ東洋大学〔イタリア〕

151105_007.jpg
(写真)東呉大学〔台湾〕

151105_008.jpg
(写真)パリ第7大学〔フランス〕

151105_009.jpg
(写真)マードック大学〔オーストラリア〕

151105_010.jpg
(写真)エディンバラ大学〔イギリス〕

151105_011.jpg
(写真)アイスランド大学〔アイスランド〕

続いて、3月・9月に帰国した学習院大学の学生が、留学体験をスピーチしました。
留学したきっかけから留学先での思い出、また帰国前後の心境の変化を語り、
参加者の留学を後押しするようなメッセージを送りました。

151105_012.jpg
(写真)アイスランド大学〔アイスランド〕

151105_013.jpg
(写真)リヨン第2大学〔フランス〕

151105_014.jpg
(写真)グリフィス大学〔オーストラリア〕

151105_015.jpg
(写真)淡江大学〔台湾〕

その後、国ごとに分かれて、
協定留学生・留学経験者による個別相談が行われました。
アットホームな雰囲気の中で自由に質問をなげかけることができ、
留学を考えている学生にとっては、漠然としていた「留学」のイメージが
はっきりしてきたようでした。

151105_016.jpg
(写真)バトロイト大学〔ドイツ〕留学経験者による個別相談

151105_017.jpg
(写真)ノースカロライナ州立大学シャーロット校〔アメリカ〕留学経験者による個別相談

現在、「2016年度第2期協定留学プログラム」の募集が行われています。
留学に関して気になることや相談したいことがある方は、
中央教育研究棟2階の国際交流センターまで、ぜひ足を運んでみてくださいね。

学習院大学国際交流センターのfacebookはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

11月1日(日)~14日(土)のメニューはこちらです!
20151101_001.jpg
(写真)マグロ漬け丼 [お味噌汁付き] 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
マグロにたっぷりとからんだタレと
ほかほかご飯の相性はバツグンです!
静岡産マグロを是非ご堪能あれ!

わさびが効いたマグロ丼!
お箸がどんどん進みそうです!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

目白キャンパスでは11月1日(日)・2日(月)・3日(火・祝)の3日間、
学習院大学の大学祭「桜凛祭」が行われています。

2日目の今日は朝から冷たい雨に見舞われましたが、
午後からは傘がいらない程度になりました。
寒さにも負けず、学生たちがそれぞれ日頃の活動の成果を
元気いっぱい披露しています。

151102_001.jpg
(写真)輔仁会館前 サブステージ
151102_002.jpg
(写真)模擬店が並ぶ西5号館脇

キャンパス内は焼きそばやフランクフルト、たい焼き、クレープなど、
美味しそうな匂いにあふれて、食欲をそそられます。

各教室では文化系のクラブ・サークルの作品の展示や、
音楽系クラブ・サークルのライブなども行われています。

今年のテーマは『桜がないなら、咲かせればいいじゃない。』
桜のない季節に花を咲かせて盛り上げたいという
学生たちの思いが込められています。

天気予報では、明日は秋晴れに恵まれるとのこと。
学生たちの活躍を見に、ぜひ学習院大学桜凛祭にお越しください!


学習院大学桜凛祭2015のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
10月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

秋深くなりました。
見上げると、やわらかな空色の中に、
ちぎった真綿の様な雲が身じろぎもせず浮かび、
ふっとさびしい感がよぎります。

10日ほど早く始まった紅葉は駆け抜けるように色彩を変え、
やわらかな緑はあっという間に錆茶色へ・・・

すでに小屋への小道は枯葉に埋まり冬枯れの森。
初雪が間近に感じられる今日、バケツの水は丸い氷を作りました。

151030_001.jpg
10月に入り、すでに色づいていたヤマブドウとツタウルシ。
ふと見ると紅い葉を背に熟した実・・・
ヤマブドウがまばらな房を見せていました。

151030_002.jpg
そろそろ色を変え始めた森の中、たわわに赤い実を付けているのはナナカマド。
う~ん、今年は豊作?

151030_003.jpg
奥日光の紅葉は竜頭の滝のニュースから始まります。
滝上では大勢のにわかカメラマンが集合です。

151030_004.jpg
様々に変貌する中禅寺湖の風景。
寒々しいモノトーンの一瞬。なぜか神々しく差し込む光に見入ってしまい・・・

151030_005.jpg
8日。竜頭の滝からの冷気は、滝上からの国道を見事な黄葉街道と変化させます。
グラデーションで変化していく色彩は、本当に美しく、
この時の流れに存在している幸せを感じます。

151030_006.jpg
シラカンバはあっという間に黄葉し、強風に舞って行きます。
降雪でも、強風でも折れる枝。小屋入口のシラカンバはちょっとさびし気ですね?

151030_007.jpg
黄金色降る小屋への小道は色を進めて少し荘厳な気配です。
すでに小道を枯葉が埋め始めました。

151030_008.jpg
16日。紅葉に包まれた日光光徳小屋。
裏山のダケカンバはすでにすっかり葉を落としています。

151030_009.jpg
さて、下りいろは坂途中の「剣ヶ峰」から「般若の滝」を眺めます。
18日は紅葉真っ盛り。あっという間に絵筆は二社一寺に到達するのでしょう。

151030_010.jpg
25日。小屋への小道は冬枯れの道。
やっぱり今年の紅葉は早かったようです。


11月4日から日光光徳小屋は冬籠りとなります。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

国際交流センターでは現在、
学生が留学中に撮影した写真を募集し、
投票によって入賞作品を決定する写真コンテストを開催しています。

151030_01_001.jpg
(写真)国際交流センター前 応募作品掲示の様子

ブログの続きはこちらの大学ブログ「サクッと情報局」から

11月20日まで行われていますので、
気に入った写真がありましたら、ぜひ投票してください!

学習院大学国際交流センターのFacebookはこちらから
↑随時更新中です!

**********************************************************
11月1日(日)・2日(月)3日(火・祝)の3日間、
学習院大学「桜凛祭」が行われます。
↓詳しい情報はこちらから(桜凛祭2015ホームページ)
http://gakushuin-ourinsai.wix.com/gakushuin--ourinsai
***********************************************************

学習院大学のホームページはこちらから

9月26日(土)、
学習院中等科の運動会が行われました。

150928_001.jpg
(写真)開会式

中等科の運動会は、昭和26年に中等科を卒業された
義宮正仁親王(現 常陸宮殿下)より優勝杯が寄贈されています。
全生徒をクラスごとに縦割りにした計5チームが
この優勝杯を争う形式で行われています。

150928_002.jpg
(写真)2年生 150m競争
学年全員が8名ずつの組に分かれてレースを行いました。
教員が一緒に走った組もあり、ひときわ大きな歓声があがっていました。

150928_003.jpg
トラックの中では各チームが旗を振り、大きな声援を送っていました。

150928_004.jpg
150928_005.jpg
(写真)1年生 綱奪い
2つのチームが、中央に置かれた1本の長い綱を奪い合います。
競技終了時点で、より多く自陣に引き入れたチームの勝ちです。

前日までの雨の影響はほぼなく、汗ばむくらいの気候の中、
男子校らしく勇壮で熱い戦いが繰り広げられました。

全10競技の結果、2組(白)が優勝しました。

******************************************************
学習院高等科・中等科では、
10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、
文化祭「鳳櫻祭」が行われます。
↓詳しい情報はこちらから(鳳櫻祭2015ホームページ)
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~bhshouou/2015/
******************************************************
11月4日(水)~9日(月)
帰国子弟入試願書受付
******************************************************
11月21日(土)14:00~
学習院中等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

学習院中等科のホームページはこちらから
学習院中等科facebookはこちらから
↑各行事の様子が随時更新されています。ぜひご覧ください!

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

10月19日(月)~31日(土)のメニューはこちらです!
20151027_001.jpg
(写真)茸とさつま芋のご飯・四種のおかず 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
茸(きのこ)に味が染み込んでいて美味しい!
お芋がたくさん入っているのがうれしい。
おかずのハンバーグは濃厚な味わいです!

秋の味覚たっぷりのごはん!
おかずもボリューム満点で、食欲の秋にぴったりのメニューです。

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

目白キャンパス西5号館前で、
本日10月26日(月)と27日(火)の2日間、
秋の学内献血が行われています。

151026_001.jpg
(写真)西5号館前

この学内献血は、學習院大學應援團(リーダー部・チアリーダー部・吹奏楽部)が、
日本赤十字社・目白ライオンズクラブの方々とともに、
春と秋の年2回実施しているものです。

団員の皆さんは授業の合間や昼休みの時間を縫って、
呼びかけや受付補助などの活動を行っています。

今回も手作りのボードを用意して、
キャンパス内の学生に献血への協力を呼びかけました。

151026_002.jpg
(写真)學習院大學應援團の皆さん

9月の大雨による被害で北関東での献血活動が中止となり、
血液が大量に不足しているとのことです。

献血いただいた方にはもれなく記念品やドーナツなどを
配布しています。

151026_003.jpg
(写真)献血車に貼られたポスター

この学内献血活動は、本日は午後4時40分まで、
明日は午前10時10分から11時15分、午後12時30分から4時40分まで
行われます。

学生・教職員の皆さん、ぜひご協力ください!


学習院大学のホームページはこちらから
學習院大學應援團のホームページはこちらから

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

東都大学野球連盟に所属する学習院大学硬式野球部が、
秋季リーグ戦において、1997年以来、実に18年ぶりに3部リーグ優勝を果たしました!

151022_001.jpg
(写真)主将の胴上げ

ブログでは優勝を決めた一戦の詳細や、監督・主将のコメントも紹介されています。
ブログの続きはこちらの大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」から


入れ替え戦は11月中旬に行われる予定です。
本学学生の皆さん、教職員の皆さん、大学野球の聖地神宮球場で行われる
入れ替え戦の応援に駆けつけましょう!!

学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学は10月24日(土)午後1時30分より、
秋のオープンキャンパスを開催いたします。

151015_01_001.jpg
(写真)学習院大学 西2号館前

全学部学科および来年度に開設する国際社会科学部の説明会や模擬講義をはじめ、
入試対策講座、個別相談ブース、在学生によるキャンパスツアーはもちろん、
現役学生の「生」の声を聞くことが出来るトークショーや、
2016年度一般入試から利用可能となるWeb出願の体験コーナーなど、
盛りだくさんのプログラムで受験生の皆さんをお待ちしています!

JR目白駅から徒歩30秒、
少しずつ秋の深まりが感じられる目白の杜へ、ぜひお越しください。


学習院大学オープンキャンパス特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
↑デジタルパンフレットをご覧いただけます。
その他、夏のオープンキャンパスでの模擬講義&学科説明会ムービーを公開中!
先輩たちのオープンキャンパスの活用術や回り方も掲載しています。

学習院大学ホームページはこちらから

9月16日(水)、
高等科3年・選択生物の授業(担当:鍋山 航 教諭)を取材しました。
この授業では、1年間を通して大学の生命科学の分野に直結するような実験を行っています。

151001_001.jpg
(写真)授業の様子

前回の実験では、
遺伝子組換えにより大腸菌(E.Coli)に
GFP(緑色蛍光タンパク)遺伝子を組み込みました。

今回の目的は、このGFPを組み込んだ大腸菌を液体培養という手法で大量に培養し、
GFPそのものを抽出することです。

<1.大腸菌(E.Coli)の溶解>
まず、大腸菌に培養液を入れて遠心分離し、大腸菌が沈殿した様子を観察します。
151001_002.jpg
(写真)UVランプで大腸菌が沈殿した様子を観察。光っている沈殿物が大腸菌。

次に、大腸菌の中に閉じ込められているGFPを取り出すために、
大腸菌にリゾチーム(酵素)を加えて菌を溶かし、
「凍結→融解」という処理を繰り返します。(凍ると膨張して、菌体が破壊されます)
151001_003.jpg
(写真)液体窒素でサンプルを凍らせる様子
151001_004.jpg
(写真)凍らせたサンプルを37℃のお湯に浸す

さらに遠心分離を行うと、
GFPは水に溶けやすい性質なので、上清に出てきます。

以上の操作で取り出した「大腸菌抽出液」をカラムにかけます。

カラムとは、タンパク質を抽出するときに使う特殊な樹脂の詰まった
管のことをいいます。

<2.カラム操作>
まず、GFP入りの「大腸菌抽出液」を、2M(モル)の塩溶液に調整します。
(2Mという濃度は、生体分子にとって非常に高濃度の塩溶液です)
151001_005.jpg
151001_006.jpg
(写真)カラム操作の様子

この高濃度の塩溶液の中では、GFPの立体構造が変化し、
普段はGFPの内側に隠れている「疎水性(水が嫌いな部分)」の領域が、
むき出しの状態になります。

一方、今回用いるカラムは、
疎水性のタンパク質を吸着する性質があります。

2Mの溶液に調整した「大腸菌抽出液」を、
準備したカラムの上部から注ぎ、UVランプで確認すると...

151001_007.jpg
(写真)抽出したGFPを含む大腸菌抽出液

カラム上部がきれいに光り、
ディスク状に、GFPが吸着していることがわかりました!

これは、2Mの高濃度の塩溶液でGFPの疎水性の領域がむき出しになり、
疎水性のカラムにGFPが吸着したことを表しています。

続いて、1.3Mの洗浄液で、
GFP以外のタンパク質たちを洗い落とします。
(大腸菌抽出液の中には、GFP以外にも沢山の大腸菌のタンパク質たちが含まれているため、洗い流します。GFPはカラムと結合しているので洗浄しても落ちませんが、GFP以外のタンパク質たちは結合していないため洗い流されます)

いよいよGFP抽出です!
低濃度である10mM塩溶液を、カラム上部から注ぐと、
ポタポタとGFPの緑色蛍光が滴下してくる様子が観察できました。

151001_008.jpg
(写真)ディスク状に吸着したGFPが見えます。

151001_009.jpg
(写真)緑色蛍光のGFPがだんだん下降していく様子
151001_010.jpg
(写真)次第に落ちてきます。
151001_011.jpg
(写真)さらに落ちてきます。

<実験のポイント>
①遺伝子組換えによって、本来オワンクラゲが持つGFP(緑色蛍光タンパク)を、
大腸菌(E.Coli)の中に取り込むことに成功した。(前回の実験内容)

②その大腸菌の内部にあるGFPを、
リゾチームという酵素で溶かし、凍結と融解をすることで破壊し、
菌の内部にあるGFPを取り出した。

③GFPの立体構造は塩濃度によって変化する。
GFPは本来、水溶性であるが、2Mという超高濃度塩溶液に浸すと、
疎水性の部分が表に現れてくる。
この性質を利用して、2Mの塩溶液に調整したGFPを
疎水性のカラムに入れると、カラムとGFPが吸着する。

④溶出では、10mM塩溶液をカラムに加えると、
GFPは、立体構造が元通りになり、
出っ張っていた疎水性の領域はGFP内部へと引っ込む。
そうすることで、カラムから外れて、滴下する(溶出)。

⑤カラムによってタンパク質を抽出することは、通常目で見ることはできないが、
GFPの場合、UVを当てると緑色蛍光に光るため、目で確認することができる。

<まとめ>
前回の遺伝子組換え実験から続き、
GFP(緑色蛍光タンパク)やカラムでの精製の仕組みを
視覚的に学ぶことができました。

[鍋山先生のコメント]
カラム操作は、大学の生物系で、
主に、目的のタンパク質を精製する際に行う実験(技術)です。

しかし、タンパク質がカラムに
①吸着したかどうか
②洗浄でも落ちずにカラムに残っているかどうか
③溶出したときにちゃんと落ちてきているかどうか
を目で見ることまでは出来ません。

でも、GFPは違います。

GFPはUVを当てると緑色蛍光を発しますので、
①吸着したこと
②洗浄してもそのまま吸着していること
③しずくとしてGFPが落ちてくること
が現象として観察出来ます。

この見える!という点に、教育的意味があると思います。

生徒の皆さんからは、
「今回は緑に光らせる実験で、綺麗だった」
「ディスク状に光らせるのがなかなか難しかったが、無事に成功して安心した!」
との感想が寄せられました。

今回の実験も、楽しく取り組むことができたようです。

6月「PCR実験」の様子はこちらから
7月「pGLO バクテリア遺伝子組換え実験」の様子はこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから

******************************************************
学習院高等科・中等科では、
10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、
文化祭「鳳櫻祭」が行われます。
↓詳しい情報はこちらから(鳳櫻祭2015ホームページ)
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~bhshouou/2015/
******************************************************

目白キャンパス北2号館1階の学習院大学史料館展示室で
開館40周年記念「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」が
開催されています。

151015_001.JPG
(写真)会場入口

史料館では、皇族や華族関係の資料の他、
江戸時代の一揆に関する古文書や
学習院の歴史教育のために使用されていた標本資料、
更には、かつて学習院大学で教鞭を執っていた学者たちの遺愛品など、
多岐にわたる資料を所蔵しています。

今回の展示は、史料館員がそれらの資料の中から、
教科書に関連した選りすぐりの品を紹介する「コレクション展」です。

151015_002.jpg
(写真)辻邦生と『西行花伝』
『背教者ユリアヌス』や『春の戴冠』などの長編歴史小説を得意とした
作家・辻邦生は、学習院大学で約35年間教鞭を執りました。
今回は、代表作『西行花伝』の限定版や筆者の自筆原稿製本革装本を紹介しています。

151015_003.jpg
(写真)「神のつげ」
慶応3年(1867)8月頃より東海・近畿で起こった
「ええじゃないか」騒動の様子を描いた絵巻。
幕末から明治初期に活躍した京都の四条派の画家・前川五嶺によって描かれました。

151015_004.jpg
(写真)「西田幾太郎と鈴木大拙」
旧制学習院の教授を務めた2人の手紙及び葉書。
西田幾多郎は、西欧の哲学に"禅"などの東洋思想を融合させ、
独自の思想体系を打ち立てました。
鈴木大拙は、独学で仏教思想を研究し、『大乗起信論』などの英訳版を刊行し、
世界にその名を轟かせました。

151015_005.jpg
(写真)「山尾庸三像」
明治維新後、新政府によって招かれた
イタリアの彫刻家ヴィンチェンツォ・ラグーザによる作品の一つ。
ラグーザは、日本初の官立美術学校、工部美術学校で西洋の彫刻技術を指導しました。

このように本展覧会は、
「学習院にこんなものがあったんだ!」「これ教科書で見たことがある!」と、
新たな発見ができると同時に、もう一度学ぶことを楽める内容となっています。

色とりどりに染まっていく目白キャンパスの紅葉を眺めつつ、
ぜひ学習院大学史料館に足をお運びください。

**************************************************************
平成27年度学習院大学史料館開館40周年記念
「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」

会  場: 目白キャンパス北2号館1階学習院大学史料館展示室
会  期:平成27年10月3日(土)~12月5日(土)
開館時間:平日・土曜日10:00~17:00(※観覧無料)
閉 室 日:日曜日・祝日、
     10月16日(金)・10月17日(土)・10月31(土)~11月4日(水)

★ギャラリートーク(※各回30分程度、予約不要・参加無料)
①10月24日(土)14:00 ~
②11月7日(土) 14:00~
 ご参加の方は、時間までに展示室にお集まりください。

第78回学習院大学史料館講座「近代日本の彫刻」
開催日時:平成27年11月14日(土) 14:00~15:30
会  場:学習院大学 中央教育研究棟302
講 演 者:佐藤道信氏(東京藝術大学教授)
※入場無料・事前申込不要

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**************************************************************

また、大学史料館(北別館)では、
ミニ展示 「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」が行われています。
151015_006.jpg
151015_007.jpg
(写真)会場内の様子

昭和29年(1954)、
日本人として初めてフィールズ賞を受賞した小平邦彦は、
東京帝国大学卒業後、戦争中の困難な時代も研究を続け、
戦後はプリンストン大学高等数学研究所など海外で活躍。
帰国後は東京大学、学習院大学で教鞭をとり、数学界に多大な貢献をしました。

今回は、フィールズ賞のメダルや同氏のノートやイラストなど
多様な資料を展示しています。
**************************************************************
ミニ展示 「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」
会  場:学習院大学史料館(北別館)展示コーナー
会  期:平成27年10月15日(木)~平成27年10月30日(金)
開館時間:平日・土曜日9:30~17:30(※観覧無料)
閉 室 日:日曜日・祝日、10月16日(金)・10月17日(土)

★ギャラリートーク(※各回30分程度、予約不要・参加無料)
①10月20日(火)15:00~
②10月23日(金)15:00~
 学習院大学理学部数学科教授の中島匠一教授による解説です。
 ご参加の方は、時間までに展示コーナーにお集まりください。

第77回学習院大学史料館講座「役に立つ数学・楽しい数学」
開催日時:平成27年10月30日(金) 18:00~19:30
会  場:学習院大学 中央教育研究棟302
講 演 者:中島匠一氏(学習院大学理学部数学科教授・学習院大学史料館研究員)
※入場無料・事前申込不要
**************************************************************

「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」、
ミニ展示「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」の詳しいご案内はこちら
から

学習院大学のホームページはこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

10月3日(土)に行われた、
「学校を知る会」の様子が紹介されています。

学習院女子中・高等科の生徒の活動や各教科の取り組みなどを
より身近に感じていただけるよう、
授業体験、部活動体験、生徒による構内案内(学校案内コース)などの
多種多様なプログラムを設けました。

151015_001.jpg
(写真)「学校を知る会」の様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から


「新着情報」では、その他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

10月2日(金)、高等科3年生を対象に行われた、
学習院高等科の卒業生による特別講義の様子が紹介されています。

151014_001.jpg
(写真)特別講義の様子

平成18年に卒業した安部敏樹さん(一般社団法人リディラバ代表)に、
「高等科最下位から日本の政策を変えるまで」というテーマで
講演をしていただきました。

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

******************************************************
学習院高等科・中等科では、
10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、
文化祭「鳳櫻祭」が行われます。
↓詳しい情報はこちらから(鳳櫻祭2015ホームページ)
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~bhshouou/2015/
******************************************************

10月2日(金)、
学習院大学図書館と書物復権10社の会(※)の共催で、
特別企画セミナー「本づくりのウラガワ ~プロに聞く出版現場~」が
開催されました。

書物復権10社の会についてはこちらから

1冊の本が世に出るまでの過程や出版業界の仕事について、
出版社の第一線で活躍する現役の担当者がわかりやすく紹介するセミナーです。

151009_01_001.jpg
(写真)セミナーポスター       

当日は立ち見が出るほどの大盛況で、90名弱の参加があり、
出版業界に対する学生の関心の高さがうかがえました。

151009_01_005.png
(写真)司会者とパネリスト2名

セミナーは、
書物復権10社の会に加盟する出版社の方がそれぞれ司会・パネリストを務め、
司会者からの質問に対してパネリストが回答する
パネルディスカッション形式で進みました。

151009_01_003.png
(写真)講演の様子①

普段どのようなことを考えて本づくりに取り組んでいるか、
著者との信頼関係の築き方、
本のタイトルや装丁をどのように決めるか、など、
現場の担当者ならではの具体的な話が多く紹介されました。

また、本を世に生み出すことの責任や、
「伝えること」の難しさについても、様々な視点から意見が交わされました。

151009_01_004.png
(写真)講演の様子② 

講師の話を熱心にメモし、
終始真剣な表情で耳を傾ける皆さんの姿が印象的でした。

普段なかなか知る機会のない「本づくりのウラガワ」について学ぶ、
良い機会になったのではないでしょうか。

****************

11月には別のテーマで大学図書館セミナーの開催を予定しています。
今月中旬より館内ポスターにて順次広報を開始しますので、
是非ご期待ください。


学習院大学図書館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

四谷キャンパスの学習院初等科正堂向かって右側に、
「学習院」と書かれた額が掲げられています。

150908_01_001.jpg
(写真)学習院初等科正堂

学習院の歴史は、1847(弘化4 )年、
公家の教育機関として京都に設置された学問所にはじまります。
その2年後の1849(嘉永2 )年、
時の孝明天皇より「学習院」の勅額を下賜され、校名が定まりました。

京都学習院廃止後の1877年(明治10年)、
東京・神田錦町に設立された華族学校にこの額が改めて下賜され、
再び「学習院」の校名を採用、現在に至ります。

学習院は現在、この勅額を3点所蔵しています。

1つめは目白の大学史料館収蔵庫で保管する「原本」と伝えられる額、
2つめは上記、四谷の初等科正堂に掲げられている額、
3つめは1997(平成9 )年に、
京都開講150周年を記念して製作された目白の「原本」の額のレプリカで、
学習院百周年記念会館に展示されています。

このうち、史料館所蔵の勅額と初等科の勅額を見比べると、
初等科の額は長年正堂に掲げられているため、
劣化や汚れが目立っています。
また、「学習院」の文字を囲む装飾も異なっていることがわかります。

150908_01_003.jpg
(写真)左:史料館収蔵の勅額  右:初等科の勅額

史料館所蔵の勅額は、
1849(嘉永2 )年および1877(明治10 )年の
開校時に下賜された「原本」と伝えられ、
1915(大正4 )年に刊行された写真帖『大礼奉献学習院写真』にも、
「孝明天皇勅額」として掲載されています。

ところが、神田錦町時代(明治10~19年)の
校舎写真にある勅額を拡大してみたところ、「学習院」の文字を囲む文様が、
現在初等科にある額と類似していることがわかりました。

150908_01_0055.jpg
150908_01_0066.jpg
(写真)神田錦町時代の校舎に掲げられていた勅額

もしこの額が、初等科に掲げられている額と同じものであれば、
仮に複製だとしても140年近い歴史をもつことになります。

しかし、学習院の沿革史である『開校五十年記念 学習院史』や『学習院百年史』には、
勅額の複製に関する記述はありません。

学習院アーカイブズに残されている公文書や日誌にも複製の記録はなく、
1943(昭和18 )年に当時の山梨勝之進院長の指示で、
初等科の勅額の補修を行ったという記録が残っているのみです。

この補修からもすでに70年以上が経過し、汚れや傷みが目立ってきていることから、
初等科、学習院アーカイブズ、大学史料館が協力して、
今年7月、勅額の修復プロジェクトが始まりました。

製作年代や経緯などついてさらなる調査を行うとともに、
この勅額を今後も長く保存していくために、どのような補修を施すか、
検討が行われています。

学習院公式ブログでは、このプロジェクトの進行を連載企画として、
今後も随時レポートしていきます。


学習院初等科のホームページはこちらから
学習院アーカイブズについての情報はこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

9月29日(火)から3泊4日の日程で行われた、
高等科2年生の沖縄研修旅行のレポートです。

生徒たちが沖縄の歴史を学び、自然に親しんだ様子が
詳しく紹介されています。

151006_001.jpg
(写真)伊江島サイクリングの様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

******************************************************
10月10日(土)14:30~
2016(平成28)年度入試のための「学習院高等科学校説明会」を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

9月9日から9月11日の3日間、
學習院大學應援團チアリーダー部および学習院女子大学チアリーダー部の
4年生から2年生までの部員23名が、
女子大学の協定校であるフィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学の
チア・リーダー部との交流を深めるために、初の海外遠征を行いました。

151006_002.jpg
(写真)集合写真

ブログの続きはこちらの学習院女子大学ホームページ「新着情報」から

※学習院大学「+ACTIVE!」には、
チアリーダー部部長のインタビュー記事が掲載されています。
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/active/column/0002.html

***********************************

また、10月2日(金)には、
パーペチュアル・ヘルプ大学の学生が学習院女子大学を訪問し、
さらなる交流を深めました。

151006_003.jpg
(写真)パーペチュアル・ヘルプ大学の学生の皆さん

詳しくはこちらのこちらの学習院女子大学ホームページ「新着情報」から


******************************************************
10月10日(土)・11日(日) 
学習院女子大学「和祭(やわらぎさい」が行われます。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

学習院女子大学のホームページはこちらから

9月3日(木)、
平成27年度学習院一貫教育理科研究体験
「科学の眼・科学のこころ」が開催されました。

150930_001.jpg
(写真)南7号館でのガイダンス

これは、学習院初等科5年生を対象に
学習院大学理学部が企画・開催しているもので
今年で15年目を迎えます。

各研究室の学生がサポートしながら、様々な実験を行い、
理科の面白さや楽しさを体験してもらいます。

物理学科・化学科・生命科学科に加え、
今年度から新たに数学科も参加し、
理学部すべての研究体験ができるようになりました。

学科ごとに体験テーマを決めて、全18種類の実験が用意されました。

理学部研究棟(南7号館)で行われた当日の様子をご紹介します。
*********************************
【物理学科】「低温の世界の不思議」
150930_002.jpg
(写真)「風船の奇妙なふるまい!?」
気相-液層転移の体積を減らす実験です。
酸素で満たした風船を液体窒素バスに浸すと、
みるみるうちに体積が減少し、ついには風船がぺちゃんこになります。

150930_003.jpg
(写真)「超伝導の磁気浮上」
磁石を超伝導体の上に浮かせる実験を行います。
室温において、磁石を液体窒素に浸したら、
磁石が静かに浮く様子が観察できました。

*********************************
【化学科】「僕も私も化学の魔法使い」
150930_004.jpg
(写真)「スライムを作ろう」
同じ量の洗濯のりとお湯を入れたカップに、少しずつホウ砂溶液を加えます。
割り箸でたくさんかき混ぜれば、スライムの完成!
150930_005.jpg
(写真)「入浴剤を作ろう」
乳鉢に決まった量の試薬を入れてよくすりつぶし、
細かくなったらエタノールを加えてさらに混ぜます。
型につめて上から強く押して形を作ったら、取り出します。
しっかり乾燥させれば、入浴剤のできあがり!

*********************************
【生命科学科】「生き物って不思議だな」
150930_006.jpg
150930_007.jpg
(写真)「プラナリアを顕微鏡で観察しよう」
プラナリアは、切っても切っても元の体に再生する、
という特徴を持ったユニークな生き物です。
赤虫を食べてプラナリア自身の体が赤くなる様子などを観察しました。

*********************************
【数学科】「図形の不思議」
150930_008.jpg
150930_009.jpg
(写真)「ストローで正多面体」
ストローとモールを使って正4面体から正12面体まで、
色とりどりの正多面体を作りました。

*********************************
約4時間かけて、すべての実験をやり遂げました!
参加した児童の皆さんに感想を伺いました。

「すごく楽しかった!」
「プラナリアを顕微鏡で見て、とても可愛かった!」
「スライムの触り心地が気持ちよかった!」

夏休み最後の一日、大学生との触れ合いも楽しむことができ、
とても充実した様子でした。

この取り組みは、来年度も継続して行われる予定です。

学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院初等科のホームページはこちらから

9月26日(土)、
戸山キャンパスの学習院女子中・高等科で運動会が行われました。

女子中・高等科の運動会は、中1から高3までの学年対抗で行います。
前日まで降り続いた雨の影響で予定より1時間遅れでの開催となりましたが、
時折強い日差しが注ぐ中、それぞれの学年が練習の成果を発揮して、
熱戦を繰り広げました。

20150928_001.jpg
(写真)メディシン〔全学年〕
縦1列に並び、ボールを頭上や足の間を通して次々に後ろへ渡し送る競技です。
20150928_002.jpg
(写真)メドレーリレー〔全学年〕
それぞれの走者が、タイヤ転がし、ドリブル、二人三脚など
異なる方法で走るリレーです。

力いっぱい競技を行う選手たちと、応援席からの大きな声援で、
グラウンドは終始、熱気に包まれていました。
20150928_003-.jpg
20150928_004.jpg
(写真)盛り上がる応援席
20150928_005.jpg
(写真)綱引き〔全学年〕
学年ごとの色を身につけた教員による、熱のこもった応援も更に競技を盛り上げました。

また、総合得点には関わらない、学年ごとに行うダンスやレースでも、
大きな声援が送られていました。
20150928_006.jpg
(写真)ダンス「雅」〔高2〕
学年の色である紫の扇を使ったダンスを披露しました。
20150928_007.jpg
(写真)「走れ!シンデレラ」〔高3〕
シンデレラのストーリーに沿った扮装でリレーを行いました。

競技の結果、高等科3年生が激戦を制し、優勝しました。

大いに盛り上がった運動会の様子は、
こちらの女子中・高等科ホームページ「新着情報」にも掲載されています。
ぜひご覧ください。

******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30 
学習院女子中等科に入学希望の方(受験生・保護者)を対象とした
「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************
学習院女子中・高等科ホームページはこちらから

学習院女子大学はJMOOC(ジェイムーク)にて、
国際文化交流学部日本文化学科の福島雅子准教授による、
無料オンライン講座「日本のきもの -歴史と今-」を11月4日より開講します。

どのような講座になるのか、
8月下旬、撮影現場に潜入取材してきました。

150928_001.jpg
(写真)撮影の様子

JMOOC( Japan Massive Open Online Courses )は、
誰でも・どこでも・無料で、大学レベルのさまざまな講座を、
インターネット上で受講でき、
修了条件を満たすと修了証が取得できる教育サービスです。

今回の講座は、日本の「きもの」について、
その歴史や背景となる文化、またその制作技法などを学び、
「きもの」および日本文化の理解を深めることを学習目標としています。

150928_002.jpg
(写真)講師の福島雅子准教授

福島准教授は、日本染織史・服飾史を専門とする研究者です。

講座では、「きもの」の美しさを伝え、より充実した内容にするために、
福島准教授が選りすぐった多くの画像資料を使用しています。

その他、江戸小紋の工房を訪ねて制作の現場を紹介するなど、
多角的な視点から見た日本の民族衣装としての「きもの」の魅力について、
詳しく解説します。

150928_003.jpg
(写真)講座で紹介される資料①友禅染

江戸時代に制作された友禅染の小袖を、現代の職人の技術で復元した作品です。
友禅染の技法は、江戸時代から途絶えることなく現代まで継承されており、
講座の中では、このような作品やインタビューなどを通して、
今に生きる職人の技にも触れることができます。

150928_004.jpg
(写真)講座で紹介される資料②小袖模様の雛形本

現代のファッション雑誌のような存在だった小袖雛形本。
1冊の雛形本には、数百ページにわたって
小袖(現代の「きもの」)のデザインが掲載されています。
江戸時代の女性たちは、このような雛形本を見ながら、
自分の好きなデザインを探しました。

*************

各回10分の講義を1週間に4回、4週間にわたって配信します。
各週履修後の小テスト・最終テストで合格点に達すると修了証が発行されます。

各週の講義テーマは下記の通りです。

■Week 1:きものとは何か?
「きもの」の起源や歴史について学びます。

■Week 2:江戸のモード
江戸時代を中心とした多彩な衣服の流行を取り上げ、
それぞれの時代の特徴を考えます。

■Week 3:歴史から今へ
江戸時代以前から現代へと継承される「きもの」を彩る技法にスポットをあて、
現代社会で活躍する「きもの」の「作り手」もゲストに迎えて、
その歴史と今を考えます。

■Week 4:衣服の諸相
「歌舞伎の衣裳」や「婚礼の衣裳」など、現代にも引き継がれる、
バラエティーに富んだ「きもの」の世界を見ていきます。

150928_005.jpg
(写真)オンライン講座の配信映像イメージ

【福島雅子准教授からのメッセージ】
「きもの」の文化は現代の日本社会にも息づいており、
私たちにとって身近な存在であるにも関わらず、
その成り立ちや歴史を詳しく知る機会は多くはないのが現状です。
2020年に開催される東京オリンピックを控え、日本の伝統文化を見直し、
海外に向けても積極的に紹介していこうという動きが見られる今、
改めて日本の「きもの」について学んでみてはいかがでしょうか。

*************

学習院女子大学では、今回の講義のように、
「日本を学ぶ」ことに加え、「世界を知る」、
さらに「英語で伝える」ための多彩な分野と科目を用意し、
教育・研究を行っています。

教育機関として多くの人の「学びたい思い」に応えるべく、
JMOOCという新しい形で女子大学の教育を公開することにより、
社会貢献に寄与したいと考えています。

本講座の申し込みは9月30日(水)より、
こちらのホームページにて受付を開始しています。

たくさんの方の受講をお待ちしています!

150928_007.jpg
(写真)リーフレット

講座名:日本のきもの -歴史と今-
講師:学習院女子大学 福島 雅子准教授
受講期間:2015年11月4日~12月9日
受講料:無料


講座内容の詳細については下記URLをご覧ください。
講座案内: https://open.netlearning.co.jp/lecture/index.aspx?cid=00016J11
プロモーションビデオ: https://www.youtube.com/watch?v=Pcr326FtCME


◆JMOOCは、日本およびアジアにおけるMOOCの環境整備と
普及促進を産学連携により実現するために、2013年10月に設立されました。
現在学習院女子大学を含む国内45大学のほか、
さまざまな民間企業や研究機関が加盟しています。
詳しい情報はこちらから


学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
9月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

9月、さわさわと優しい風は木の葉を揺らし、
さやさやと小粒の雨が木の葉に降って、風とも思える音を立てます。

「あ~秋の気配・・・」と戻らぬ夏を振り返り、足りない夏に思いをはせて・・・
静やかに移ろう季節を感じ少し胸キュン・・・

ところが、なあんと豪雨!!確かに台風シーズンです・・・よ!!
経験したことの無い豪雨は3日間降り続き、トタン屋根は大騒動。
雨音にTVは倍のボリュームに、睡眠も妨げられるほどでした。

土砂降りの雨にドアを開けるのも躊躇されましたが、
お山の上の日光光徳小屋は周辺の雨が流れ落ちるのみで、
ひたすら流れて行った先の雨量が気にかかりました。

心配した小道も、水はけ用の横溝が功を奏して、
谷川状態を免れ・・・ほっ!

すでに紅葉が走り始め、今年は少し早いようです。

150930_001.jpg
9月初旬、湯ノ湖畔で見つけた紫色のキノコ。ムラサキシメジでしょうか?
自然界の彩りにまたしても感激!

150930_002.jpg
緑色の中にぽつんと紅葉1枚。
まだ9月に入ったばかりです。もう少し時間を下さいね。

150930_003.jpg
白い装飾花を付けるノリウツギですが、
花の最後にこんなピンクに色を変えるのですね。
色彩の少ないこの季節にとっても可愛く感じられました。

150930_004.jpg
未曾有の豪雨は、普段、川底が見えている上り「いろは坂」の川も
段差を覆うような勢いで流れ去って行きました。

150930_005.jpg
華厳の滝は幅も厚みも増して、
轟々と大音響で威風堂々の滝を見せて、
岩からの小さな流れも何時になく
くっきりと美しい形を造っていました。

150930_006.jpg
さて、ここ数年小屋周りに咲き始めたツルキケマン。
奥日光で見受けられ始めました。
絶滅危惧種だそうです・・・

150930_007.jpg
今朝、小屋前の湿原の草紅葉風景。

150930_008.jpg
そして湿原奥の黄葉し始めたカラマツには、
地衣類のサルオガセが垂れて・・・
もっと増えたら、ちょっと不気味でしょうか?

150930_009.jpg
前回、樹木を覆ったヤマブドウの緑の葉っぱは、
紅葉の早いツタウルシと一緒に、見事に色を変えています。

150930_010.jpg
紅葉始まりの日光光徳小屋。いい風景ですね。

早目に始まった紅葉は、
足早に奥日光から「いろは坂」を駆け下りるでしょう。
雪の多そうな今年の冬が目の前です。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は、9月5日(土)に開催された
「入試説明会」の様子が紹介されています。

150928_001.jpg
(写真)会場の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

学習院初等科のホームページはこちらから

9月12日(土)、
戸山キャンパスの学習院女子中・高等科において、
学習院女子大学による「女子中・高等科保証人への女子大学説明会」が行われました。

150914_001.jpg
(写真)会場の様子

女子中・高等科から女子大学へは推薦による進学制度があり、
例年、5名前後がこの制度を利用して進学しています。
今回の説明会は、同じキャンパス内にある女子大学の概要をきちんと伝えることにより、
生徒の進路を考える参考にしていただければと企画されました。
約40名の保証人の方にご参加いただきました。

まず、石澤靖治学長から、
「日本を学ぶ、世界を知る、英語で伝える」という、
3つのキーワードで表される女子大学の特徴や、
活発に行われている海外留学や海外研修、
丁寧できめ細かい少人数教育や、その成果としての就職力の高さなど、
学校の概要について説明がありました。

150914_002.jpg
(写真)石澤靖治学長による説明

続いて、畠山圭一副学長と伊藤守幸学部長より、
国際交流の担い手となる人材を育てるためのカリキュラムの特徴や、
各学科の概要、成績評価の仕組みやセメスター制などについて
説明しました。

150914_003.jpg
(写真)畠山圭一副学長による説明
150914_004.jpg
(写真)伊藤守幸学部長による説明

保証人の皆さんは、熱心に耳を傾けていました。

150914_005.jpg

また、説明終了後には、希望者への個別相談も実施しました。

参加された方からは、
「学科の特徴がよくわかった」
「特色ある授業内容や留学の話が興味深かった」
などの感想が寄せられました。

******************************************************
10月3日(土)13:00~16:30
学習院女子大学のオープンキャンパスを開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************
******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30 
学習院女子中等科に入学希望の方(受験生・保護者)を対象とした
「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************
学習院女子大学のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

学習院中・高等科、学習院女子中・高等科を対象とした
学習院の「夏休み理学部研究室体験」が開催されました。

この取り組みは、
学習院の一貫教育の取り組みの一つとして、毎年行われています。

今年は10研究室及び工作工場にて開催され、
約90名が参加しました。

研究室体験の様子をいくつかご紹介します。

***********************************************
【化学科】 稲熊研究室「蛍光体をつくろう」

150831_001.jpg
(写真)会場の南7号館4階C-1室

150831_002.jpg
(写真)蛍光体の原料となる試薬を量る

150831_003.jpg
(写真)試薬を混ぜた後、プレスで固める

150831_004.jpg
(写真)電気炉で反応させた後、紫外線を当てると、緑色と赤色に光り、実験大成功!

***********************************************

【化学科】持田研究室「化学のいろいろ実験」

150831_005.jpg
(写真)リズム反応。時間毎に色が変わります。

150831_006.jpg
(写真)カフェインの抽出

150831_007.jpg
(写真)石けんからロウソクを作る

***********************************************

【物理学科】渡邉研究室「ロケットを飛ばそう」

150831_008.jpg
(写真)硬式野球場にてロケット発射の準備

150831_009.jpg
(写真)ロケット打ち上げの様子

150831_010_1.jpg
(写真)無事に打ち上げられ、降下するロケット

***********************************************

【生命科学科】 小島研究室「DNAを体験しよう」

150831_011.jpg
(写真)南7号館9階9C室にて

150831_012.jpg
(写真)大腸菌をボルテックスミキサーにかける様子

150831_013.jpg
(写真)マイクロピペットを扱って作業を進める

***********************************************

実験では、各研究室に所属する学生が作業の手伝いをし、
中等科・高等科の生徒たちからの様々な質問に
丁寧に答えていました。

今回参加した生徒たちの感想をご紹介します。

「試薬を固めるという作業が意外と大変だった!」
「電子天秤を使うのが初めてだったので、試薬を量る作業が楽しかった!」
「大学生と直接話をすることができて、将来の大学生活が楽しみになった!」
「簡単な材料でロケットが作れることに驚いた!」
「ロケットを作ることはそんなに難しくなかったけど、打ち上げは、風に飛ばされてしまって難しかった!」

大学の研究室での実験を通して、
参加した生徒たちは様々な刺激を受けたようでした。

この取り組みは、来年度も行われる予定です。

学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院中等科のホームページはこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

先週に第一報をお伝えしたTBSラジオ「学スタ」は、
9月28日(月)の初回放送に向けて、現在、順調に収録を重ねています。

初回のゲストには学習院大学卒業生の俳優・小倉久寬さんが登場!
学生時代の話や、自分の夢に向かってどんな努力を積み重ねてこられたかを
語ってくださいました。

150924_003.jpg
(写真)小倉久寛さん

この小倉さんのインタビューは2週にわたって放送されます。

また、番組内のインフォマーシャルでは、
井上寿一学習院大学長が、
大学の魅力と来年度設置される国際社会科学部についてPRしました。

150924_001.jpg
(写真)井上学長のラジオ収録の様子

初回の放送は9月28日(月)21:30からです!
お楽しみに!

このたび、学校法人学習院は、
下記の通りラジオ番組提供を行います。

150918_001.jpg
(写真)チラシ

■ タイトル:学習院プレゼンツ 夢発信ラジオ「学スタ」~夢への一歩、スタートしよう~
■ 放送日時:毎週月曜 21:30~21:45 ※9/28(月)スタート
■ 出演者:伊藤隆佑(TBSアナウンサー・学習院大学卒業生)、ゲスト
■ 番組内容:
「学」は、『学び』の学。
「スタ」は、人生勉強を含めた『スタディ』。夢への『スタート』。
リスナーとゲストを繋ぐ『スタジオ』。自分らしさ、自分の『スタイル』。
オリジナリティ溢れる考え・生き方を実践している人をゲストにお招きし、
バラエティに富んだ「夢」の在り方について考え、
夢を意識した生き方をするためのヒントを探す。

職業体験でも、1対大勢の講演会でも、OB訪問でも、
インタビューでも触れることのできない、

その人の本当のロマン「人生の物語」を引き出すラジオ番組。それが「学スタ」!
学習院公式ブログでは、
今後リリースされるゲスト情報や放送内容について、
定期的に発信していきます。

初回は9月28日(月)です!
ぜひお聴きください!

2014年度マナー・プロトコール検定団体受験で、
学習院女子大学が優秀な成績を収め、成績優秀校に選ばれました。

9月15日(火)、検定を実施する
NPO法人日本マナー・プロトコール協会の明石伸子理事長が来校し、
石澤靖治学長に表彰状を手渡しました。

150916_01_001.jpg
(写真)左から明石理事長、石澤女子大学長

マナー・プロトコール検定は、日本人として、社会人としての必須のマナーや、
プロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を認定する資格です。

国際ビジネス、サービス産業、教育業界をはじめ、
就職、ビジネスの第一線で活かすことができます。

検定は1級から3級までの4段階にわかれていて、
マナーの基本知識を確認してみたい方から、
上級資格は指導者やエアラインの客室乗務員、秘書、ホテル、ブライダルなどの
接客業の方など、多くの方が取得しています。

学習院女子大学では、2012年度よりビジネスマナーの授業を開始し、
また、同年度より対策講座と学内での検定試験を実施しています。


学習院女子大学のホームページはこちらから

*****************************************************************
学習院女子大学では、下記の日程でオープンキャンパスを開催します。
10月3日(土) 13:00~16:30
※予約不要・入退場自由
詳しくはこちらから

10月10日(土)11日(日)には、
女子大学の学園祭「和祭(やわらぎさい)」も行われます。
詳しくはこちらから

ぜひお越しください!
*****************************************************************

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

学習院の沼津游泳場(静岡県)で、
8月1日(土)から4泊5日の行程で行われた、
「沼津臨海学校」の様子が紹介されています。

150914_01_001.jpg
(写真)隊列を組んで遠泳中

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30 
学習院女子中等科に入学希望の方(受験生・保護者)を対象とした
「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください。
******************************************************

「新着情報」では、その他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

8月18日(火)~9月5日(土)、
学習院女子大学の海外研修プログラムの一つであり、
9年目を迎えた中欧国際協力研修が実施されました。

「旧ユーゴ&旧ソ連の国々及びウィーンで国際協力を学び、異文化を体験する」
ことを目的とし、今年もクロアチア、マケドニア、セルビア、モルドヴァ、
オーストリアを訪問しました。

本研修では5カ国を訪れることから、
日本との比較のみならず、研修先の国々の比較をすることができますが、
今年も国際機関や各国における日本大使館、
JICA事務所を訪問し、さらに、首都ではない地域で
難民や出稼ぎ孤児に対する支援、清掃活動、日本文化紹介を行い、
ホームステイをするなどして、中身の濃い滞在となりました。

150909_001.jpg
(写真)クロアチアの野外戦争博物館/破壊された家屋や戦闘機を見学

150909_002.jpg
(写真)マケドニアの地方都市ストゥルガ/地元の小学生と一緒に清掃のワークショップに参加

150909_003.jpg
(写真)マケドニア北部クマノヴォ市の国立劇場/華道による交流

150909_004.jpg
(写真)ベオグラード大学日本語学科の教室/地元の学生さんたちと歓談

150909_005.jpg
(写真)ベオグラード市内のJICAバルカン事務所/所長や所員の方々よりブリーフィング

150909_006.jpg
(写真)草の根無償の供与先であるセルビア北西部オセチナ市の診療所にて

150909_007.jpg
(写真)ウィーン国際センター/難民キャンプの実物を体感する

150909_008.jpg
(写真)モルドヴァ中部カザネシュティ村のデイケアセンター/今年初めて披露した割り箸鉄砲は子供たちに大好評

150909_009.jpg
(写真)モルドヴァ中部カザネシュティ村のデイケアセンター/子供たちに浴衣を体験してもらい、喜ばれる

150909_010.jpg
(写真)モルドヴァ中部カザネシュティ村の農家にて

※中欧国際協力研修およびその他の学外研修についての詳細は、
こちらをご覧ください。

※2015年4月29日~5月4日に行われた「ジュネーブ研修」が
「ジュネーブ国際機関日本人職員会」のサイトで紹介されています。
http://jsag-geneva.blogspot.ch/2015/06/blog-post.html

*****************************************************************
学習院女子大学では、下記の日程でオープンキャンパスを開催します。
10月3日(土) 13:00~16:30
※予約不要・入退場自由
詳しくはこちらをご覧ください。
*****************************************************************

学習院女子大学のホームページはこちらから

今日から第2学期が始まりました。
目白キャンパスには元気いっぱいの学生たちが戻ってきて、
いつもの活気あふれる風景が広がっています。

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」も、
今日から活動再開です!

「TABLE FOR TWO」は、私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

9月14日(月)~30日(水)までのメニューはこちらです!

150904_001.jpg
(写真)豆腐ハンバーグプレート〔ごはん・お味噌汁付き〕430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
豆腐ハンバーグなのにお肉のようなジューシーさ。野菜もたっぷり。
もちろん低カロリーで女性にもおすすめ!
夏で乱れがちな食生活もこのメニューで改善!

学生の皆さん、バランスのとれた食事をとって、
第2学期も充実した大学生活を送ってくださいね!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

7月25日(土)26日(日)、
学習院女子大学のオープンキャンパスが行われました。
厳しい暑さの中、たくさんの方に訪れていただいた当日の様子が、
写真部が撮影した写真とともに、女子大学の公式ホームページで紹介されています。

150825_01_001.jpg
(写真)学習院女子大学互敬会館 各種相談コーナーの様子

※ブログの続きは
こちらの学習院女子大学ホームページ入試情報「オープンキャンパスレポート」から

また、今回のオープンキャンパスで実施されたプログラムの
「図書館オリエンテーリング」では、
特別展示として、学習院女子大学図書館が所蔵する、
夏目漱石から正岡子規宛の自筆書簡(明治28年)を公開し、
来場者の方々にご覧いただきました。

150825_01_002.jpg
150825_01_003.jpg
(写真)夏目漱石から正岡子規宛の自筆書簡(明治28年)
漱石は句稿の添削を友人である子規に依頼しています。

子規はこの書簡に朱墨で添削し、さらに句の中から
「天」「地」「人」の評価を付けて漱石に戻しました。
漱石と子規の関係の親しさをうかがい知ることができます。

往復書簡の中の句稿については、その後、
『漱石全集』に収録されましたので、皆さんも漱石の俳句を鑑賞できます。

学習院女子大学図書館では、
1950年の学習院大学短期大学部設置以来の蔵書も継承しており、
このような貴重な資料も数多く所蔵しています。

オープンキャンパスや学園祭などの機会を利用して、
ぜひご見学ください。

次回、学習院女子大学のオープンキャンパスは、
10月3日(土) 13:00~16:30(受付開始12:30)に開催いたします。
たくさんの方のお越しをお待ちしています!

学習院女子大学のホームページはこちらから

7月7日(火)・8日(水)に学習院女子高等科、
7月13日(月)・15日(水)に学習院高等科において、
学習院大学と学習院女子大学の教員による出張講義を実施しました。

これは、学習院が例年行っている高大連携の取り組みで、
大学の講義がどのように行われ、どのようなことを学べるのかを高校生に知ってもらい、
進路決定の参考としてもらうことを目的としています。

150724_001.jpg
(写真)心理学科「心は鍛えられるか?」〔担当:伊藤忠弘教授〕

この出張講義には、大学と女子大学のすべての学部・学科が参加しており、
生徒たちは自分の興味のある講義を高等科・女子高等科内で受講することができます。
昨年度からは、法科大学院と、平成28年4月に大学に開設する
「国際社会科学部」も参加し、さらに選択肢が広がりました。

150724_002.jpg
(写真)国際社会科学部「国際社会科学部の授業とその特徴/
    Learning English in the Faculty of International Social Sciences」
   〔担当:乾友彦教授、マクレガー・ローラ教授〕

今年度は、高等科と女子高等科合わせて82コマの講義が開講され、
533名の生徒が受講しました。

150724_003.jpg
(写真)化学科「クラスターの科学 -3人寄れば新分子-」〔担当:河野淳也教授〕
150724_004.jpg
(写真)経済学科「社会保障問題と財政危機」〔担当:鈴木亘教授〕
150724_005.jpg
(写真)法学科「会社法入門:株主総会を理解する」〔担当:松元暢子准教授〕

講義は通常の大学の講義よりも30分短い60分間でしたが、
高校生にとって身近な話題なども交えながら、
時間が足りなくなるほど盛りだくさんの内容で行われ、
生徒たちは、熱心に聞き入っていました。

150724_006.jpg
(写真)物理学科「体の中の蛋白質モーター」〔担当:西坂崇之教授〕
150724_007.jpg
(写真)日本語日本文学科「現代日本語の助詞の分析」〔担当:前田直子教授〕

参加した高等科生と女子高等科生からは、
「大学での授業の様子がわかって面白かった」
「今まであまり興味のなかったテーマだったけれど、
授業を聞いたらもっと知りたいと思った」
などの感想が寄せられました。

日ごろ受けている高校の授業とは違う講義内容や教員の雰囲気に、
生徒たちは刺激を受けたようでした。

******************************************************
9月12日(土)14:00~
学習院中等科の学校説明会を開催します。
※詳しい情報はこちらから
******************************************************
******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30 
学習院女子中等科に入学希望の方(受験生・保護者)を対象とした
「学校を知る会」を開催します。
※詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************
******************************************************
10月10日(土)14:30~
学習院高等科の学校説明会を開催します。
※詳しい情報はこちらから
******************************************************

学習院大学のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

8月11日(火)、
学習院高等科・中等科合同で活動している吹奏楽部が
東京都高等学校吹奏楽コンクールBⅡ組に出場し、
金賞を受賞しました。

150908_001.jpg
(写真)東京都高等学校吹奏楽コンクールの様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

******************************************************
9月12日(土)14:00~
学習院中等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************
******************************************************
10月10日(土)14:30~
学習院高等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

7月4日(土)、
学習院大学の3年生および大学院1年生の保護者を対象とした
「保護者向け就職ガイダンス」を開催しました。

150810_001.jpg
(写真)ガイダンスの様子

このガイダンスは、就職支援プログラムの一環として、
保護者の皆さんに現在の就職活動について理解を深めていただき、
学生たちをサポートしていただけるようにと企画されたものです。
約700名の保護者の方にご参加いただきました。

キャリアセンター部長からの挨拶に続き、
就職情報会社の方より、新卒の就職市場について
求人倍率や採用スケジュールの説明がありました。

その後、キャリアセンター職員より、
本学卒業生の就職状況やキャリアセンターの支援体制、
保護者の方にお願いしたいことなどについて話がありました。

150810_002.jpg
(写真)キャリアセンター職員による説明

保護者の皆さんは、メモをとりながら熱心に耳を傾けていました。

また、ガイダンス終了後の個別相談にも多くの方にご参加いただき、
就職活動に対する関心の高さがうかがわれました。

150810_003.jpg
(写真)キャリアカウンセラー有資格者による個別相談の様子

就職活動を行っている学生たちにとって、
ご家族の支えはきっと大きな力となるに違いありません。

キャリアセンターでは、今後もさまざまな就職支援プログラムを予定しています。
学生の皆さんは積極的に活用してください。

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから

7月11日(土)、
学習院中等科の帰国子弟入試説明会が行われました。

150827_01_001.jpg
(写真)会場の様子

100名を超える児童の皆さんと保護者の方々に
ご参加いただきました。

中・高等科の弦楽同好会が演奏を披露し、
皆さんをお迎えしました。

150827_01_002.jpg
(写真)中・高等科弦楽同好会の演奏

150827_01_003.jpg
(写真)林知宏中等科長による挨拶

説明会冒頭の挨拶で林知宏中等科長は、
学習院の歴史や環境の良さについてなどの概要説明に続き、
「中等科・高等科で過ごす6年間は、
 長い人生を幸福に過ごすための基礎を作る大切な時期。
 体を鍛え、論理的思考力を養い、
 情報を分析し発信する力を身につけてほしい」と述べました。

150827_01_004.jpg
(写真)教務課長による説明

続いて学校紹介DVDをご覧いただいた後、教務課長より、
配布した学校案内に沿いながら、カリキュラムの説明やOBとのつながり、
課外活動や行事、国際交流、生徒たちの印象などについて話しました。

150827_01_005.jpg

その後、入試制度についてや、
試験科目である国語・算数の出題のねらい、傾向、配点、対策などを、
各教科主任から詳しく説明しました。

150827_01_006.jpg

また、実際に帰国子弟入試で入学した生徒も登壇し、
受験や入学後の授業についていけるかといった帰国生ならではの不安を
少しでも解消してもらえたらと、
自身の実体験を元にスピーチを行いました。

150827_01_007.jpg
(写真)校舎見学の様子

説明会後は複数のグループに分かれて、
教員の案内により教室や校舎などの各施設をご見学いただき、
中等科の教育活動への理解を深めていただきました。

学習院中等科では、9月12日(土)にも、
一般入試・帰国子弟入試学校説明会を行います。
詳しい情報はこちらから

また、この秋に行われる運動会や鳳櫻祭(文化祭)もご見学いただけますので、
受験をお考えの方はぜひお越しいただき、
学校や生徒の雰囲気を間近に感じ取っていただけたらと思います。

学習院中等科のホームページはこちらから
学習院中等科のFacebookはこちらから

明日、9月5日(土)発売の
『プレジデントファミリー 2015年秋号』に
学習院初等科の大澤隆之教頭の記事が掲載されます。

150904_001.jpg

特集「算数パーフェクトガイド」の
「こんな先生、ママも教わりたい!名教師3人、伝説の授業」の中で、
大澤教頭による図形の授業が紹介されています。

ぜひご覧ください!

******************************************************
9月5日(土)10:00~11:00 
目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で
学習院初等科の入試説明会を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

学習院初等科のホームページはこちらから

7月1日(水)、
外務省がアジア大洋州諸国との間で3万人規模で実施している
青少年交流事業「JENESYS2.0」の一環で、
中国の大学生からなる訪日団100名が学習院大学を訪れました。

今回は学習院大学における外国人学生に対する日本語教育をテーマに、
概要説明や模擬授業が行われました。
また、学習院大学の学生25名がサポートおよびガイド役を務め、
中国人大学生との交流会も行われました。

当日の様子をご紹介します。

150827_001.jpg
(写真)文学部日本語日本文学科 村野良子教授による挨拶

150827_002.jpg
(写真)文学部日本語日本文学科 金田智子教授による概要説明

学習院大学の日本語教育事業についてお話しされました。

150827_003.jpg
(写真)記念品交換

内蒙古自治区人民対外友好協会の孫宝山主任と井上寿一学習院大学長が、
相互に記念品を贈呈しました。

150827_004.jpg
(写真)模擬授業の様子①

学習院大学国際研究教育機構日本語教育コーディーネーターの
地引愛さんが講師を務め、
「異文化を学ぶ -こんなとき、どうする?」をテーマに、
日本語で模擬授業を行いました。

150827_005.jpg
(写真)模擬授業の様子②

中国人大学生を18のグループに分け、
ふたりの登場人物が円滑に関わり合えなかった4コママンガを読み、
どう思ったか意見交換しました。

150827_006.jpg
(写真)模擬授業の様子③

サポート役の学習院大学の学生も加わり、
それぞれの登場人物が相手の発言を受け、どう思ったか考え、
どのような言動をすれば、よりよい関係が築けるかを話し合いました。

150827_007.jpg
(写真)模擬授業の様子④

グループワークで話し合われた内容をレジュメに書き込み、
それを代表の学生が口頭で発表しました。


その後、18のグループのまま、学習院大学の学生が主体となり、
懇談会や学内をめぐるキャンパスツアーを行いました。

150827_008.jpg
(写真)キャンパスツアーの様子
150827_009.jpg
(写真)大学史料館〔北別館※国登録有形文化財〕前にて

今回来校した中国人大学生の皆さんは日本語を学んでおり、
学習院大学の学生に積極的に日本語で話しかけていました。

中にはお菓子などのプレゼント交換をしたり、
今後の情報交換のために連絡先を教えあったりするグループもあり、
和気あいあいとした雰囲気の中で交流を深めていました。


外務省HP「JENESYS2.0」に関する情報はこちらから
学習院大学文学部日本語日本文化学科のホームページはこちらから
学習院大学国際研究教育機構のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

8月の後半は台風や秋雨前線の影響で、
曇りや雨の天気が続いていましたが、
今日の午後からは日差しが戻り、綺麗な青空が広がりました。
夕方に撮影した目白キャンパスの風景をお届けします。

150902_001.jpg
(写真)西1号館
150902_002.jpg
(写真)南1号館

校舎と校舎の間を吹き抜ける風が涼しく、
秋の気配が感じられました。

150902_003.jpg
(写真)西5号館前

現在も夏期休暇期間中ですが、
研究やクラブ活動、就職活動などに励む多くの学生の姿が見られます。

150902_004.jpg
(写真)北グラウンド
北グラウンドではアメリカンフットボール部が練習を行っており、
威勢のある声が響いていました。

夏休みも残りわずかとなりました。
学生の皆さんは引き続き充実した毎日を
過ごしてくださいね。


学習院大学のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
8月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

一日快晴といった真夏の風景がほとんど見られなかった今シーズン。
ぐずついたお天気は気温を上げず、肌寒く、ストーブが活躍する日もありましたが、
日光光徳小屋の8月は例年にない利用者ラッシュでした。

150901_001.jpg
8月最後の今日、やっぱり日差しはなくて、ぽつぽつと小雨。
背景の山々は霧に埋もれた光徳小屋です。

150901_002.jpg
オニグモはせっせと巣をつくり、
時折人間を捕えては「あ~あ!せっかく作ったのに・・・」と愚痴りながら作り直し作業に。
朝陽を受けて輝く蜘蛛の巣にはちょっと感動♪

150901_003.jpg
シカが食べないというシロヨメナは、ここ数年で敷地内のあちらこちらに群落をつくり、
どんどんと勢力を拡大しています。
今年も、晩秋まで白い色を見せ続けることでしょう。

150901_004.jpg
シラカンバの切株に根を下ろしたササは、
白い植木鉢に体よく収まり、ご機嫌な様子。

150901_005.jpg
小川の水は少し多いようで、相変わらず涼やかに流れます。
雨に濡れた緑、美しく透明な水、ひんやり感に自分もとけこんで行きます。

150901_006.jpg
小川の中の石の上では、苔むした部分の陣取りが始まっています。
箱庭のようでかわいいな♪

150901_007.jpg
バックが青空だったらよかったのにね。
花火のようなコシアブラの花に自然の造形の素晴らしさを感じて・・・

150902_008.jpg
徐々に魔の手を伸ばしたヤマブドウのツルは、
大きな葉で絡み付いた木々をジャングルにします。
重たくて、苦しそうでツルの根元を刈り取ってしまいたい衝動にかられます。


写真を撮る機会の少なかった8月、
小屋周りでまとめてみました。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

7月21日(火)から2泊3日の行程で行われた、
女子中等科1年生の「みなかみ自然学校」の様子が紹介されています。

ブルーベリー狩り、一の倉沢トレッキング、ホタル観察などを
楽しみました。

150825_001.jpg
(写真)一ノ倉沢トレッキングの様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30 
学習院女子中等科に入学希望の方(受験生・保護者)を対象とした
「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

「新着情報」ではその他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

8月1日(土)2日(日)3日(月)の3日間、
目白キャンパスで第66回四大戦予選会が行われました。
一般種目における本学代表を決める、学内競技大会です。

150824_001.jpg
(写真)男子バレーボール

この予選会の様子は、
学習院大学ホームページの新コンテンツ「+ACTIVE(プラスアクティブ)」に
詳しく掲載されています。

課外活動に励む学生を積極的に紹介するコーナーで、
学生たちの生き生きとした表情がたくさん紹介されていますので、
ぜひご覧ください!

※ブログの続きは
こちらの学習院大学ホームページ「+ACTIVE!(プラスアクティブ)」から

学習院大学のホームページはこちらから

このたび、学習院女子大学のキャンパスが
Google マップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。

ストリートビューは、
Googleが提供するGoogle マップの機能の一つで、
街中や観光名所などをその場にいるかのように
360度のパノラマ写真で御覧いただけるサービスです。

Google マップで学習院女子大学を検索し、
表示された地図上に黄色い人形のアイコン「ペグマン」をかざして
置いていただくことで、園内を散策することができます。

詳しくはこちらの学習院女子大学のホームページから

150826_01_001.jpg
(写真)学習院女子大学 互敬会館前の中庭

7月1日(水)、
目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で、
学習院初等科の芸術鑑賞会が行われました。

初等科では毎年、音楽や演劇、日本の伝統芸能など、
さまざまな分野から一流の演者の方々をお招きし、
本物の芸術に触れる機会を作っています。

今年は太鼓芸能集団「鼓童」による、
『鼓童ワン・アース・ツアー2015 永遠』を鑑賞しました。

150820_01_001.jpg
(写真)会場の様子

「鼓童」は新潟県佐渡市を活動拠点とし、
1981年にベルリン芸術祭でデビュー以来、世界47ヶ国で
5,600回を超える公演を行っています。

今回の演目『永遠』は、
「鼓童」の芸術監督を務める歌舞伎役者・坂東玉三郎氏による演出で、
和太鼓を中心に和楽器や踊り、唄などを交えた全2幕計13曲で構成されています。

150820_01_002.jpg
(写真)「鼓童」の皆さんによる演奏

和太鼓のゆたかな音色や、観客席にまで伝わる音の振動、
全身を使って表現される舞台の迫力に、
子どもたちは終始引き込まれている様子でした。

150820_01_003.jpg
(写真)熱心に鑑賞する子どもたち

開演前に酒井竹雄初等科長から、
「目と耳とからだ全体で演奏の素晴らしさを感じ取ってほしい」との
お話があったとおり、
五感で伝統芸能の奥深さを感じることができる、
とても貴重な機会となりました。

学習院初等科のホームページはこちらから

******************************************************
9月5日(土)10:00~11:00 
学習院初等科の入試説明会を開催いたします。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

8月1日(土)2日(日)、目白キャンパスで、
学習院大学のオープンキャンパスが行われました。

最高気温35℃を超える猛暑の中、
多くの方々にお越しいただきました。

150825_001.jpg
(写真)目白キャンパス西門

150825_002.jpg
(写真)西門~柔剣道場前
学生スタッフがパンフレットを配りながら、来場者を出迎えました。

150825_003.jpg
(写真)全体説明会
学習院大学の歴史や特長について、井上寿一学長が説明しました。

150825_004.jpg
(写真)模擬講義
来年度開設予定の国際社会科学部(仮称)を含む
全5学部で模擬講義を行い、大学での学びを体験していただきました。

150825_005.jpg
(写真)各種相談コーナー
各学科教員による個別相談や、入試・就職・留学などに関する相談を受け付けました。

在学生による個別相談やキャンパスツアーにも、
たくさんの方にご参加いただきました。

150825_006.jpg
(写真)在学生による個別相談

150825_007.jpg
(写真)キャンパスツアーの様子

また、今回初めて、
「在学生によるパネルディスカッション」を企画し、
座談会形式で受験の動機や勉強方法、キャンパスライフについて語りました。

150825_008.jpg
(写真)在学生によるパネルディスカッション

西5号館前では、
スカイサウンズジャズオーケストラ部が演奏を披露。
オープンキャンパスのにぎわいに華を添えました。

150825_009.jpg
(写真)スカイサウンズジャズオーケストラ部による演奏

150825_010.jpg
(写真)西5号館前

今回のオープンキャンパスが、受験生の皆さんの参考になれば幸いです。
厳しい暑さの中、たくさんの方にご来場いただきまして
本当にありがとうございました!

次回のオープンキャンパスは
10月24日(土)午後から開催します。
ぜひご来場ください!!

詳しい情報はこちらの学習院大学受験生向け特設サイト「SakuLIFE」から
学習院大学のホームページはこちらから

学習院生涯学習センターでは現在、
2015年度「秋講座」の受講受付を行っています。

150824_01_001.jpg
本年度の秋講座では、
連携・特別講座13講座をはじめ、
「教養」「語学」「趣味」「実務」、「資格試験講座」など全208講座を
9月から順次開講いたします。

また、"どんな雰囲気の講座か、一度参加してみたい"とお考えの方には、
「トライアル講座(1回のみの講座)」もありますので、
気になる内容の講座がございましたら、ぜひお気軽にお試しください。

受講資格は、「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
下記生涯学習センターホームページをご覧ください。
http://open.gakushuin.ac.jp/

150824_01_002.jpg
《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040


★学習院生涯学習センターFacebookもあります!★
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin
これまでの講座の様子などを紹介しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてみてください!

8月4日(火)・5日(水)、
戸山キャンパスの学習院女子大学にて、
環境教育センター主催の「夏休み親子エコサイエンス教室」が開催されました。

小学生・幼稚園の親子を対象に、
夏休みに自由研究のヒントや食に関する話題を取り上げ、
美味しさの秘密や文化を堪能してもらいたいと企画されたもので、
毎年行われる人気のプログラムです。

取材を行った8月5日(水)の午前中は、
品川明教授の「いろいろな魚(煮干し)の解剖」、
地域開発プロデューサー成田重行氏の「本物はこれだ!夏野菜を味わう」の
2クラスが開講されました。
150805_001.jpg
(写真)「いろいろな魚(煮干し)の解剖」

「いろいろな魚(煮干し)の解剖」では、
まず、3種類の煮干しの食べくらべをして味を確認しました。

その後、煮干しを頭と胴体にわけ、
ピンセットを使って中身を解剖していきます。
部位が書かれているプリントを使いながら、煮干しをパーツ毎に分けていきました。
150805_002.jpg
(写真)煮干しを食べる様子
150805_003.jpg
(写真)煮干しを頭と胴体に分け、中身を解剖する
150805_004.jpg
(写真)解剖した煮干しを部位ごとに分ける

煮干しの解剖を通して、
魚の体の仕組みだけでなく、命をいただくということ、
また、漁師さんへの感謝を気持ちを忘れないことを学びました。


「本物はこれだ!夏野菜を味わう」の教室では、
伝統野菜の新宿内藤かぼちゃと西洋かぼちゃ、新宿内藤とうがらしと万願寺とうがらしの
比較を行いました。

150805_005.jpg
(写真)「本物はこれだ!夏野菜を味わう」
150805_006.jpg
(写真)日本かぼちゃと西洋かぼちゃを食べくらべる様子

新宿内藤かぼゃは黄色の皮で、甘みが強く水分が豊富です。
西洋かぼちゃは、私たちが普段よく食べているかぼちゃです。
緑の皮でごつごつしていて、中はほくほくとした味わいです。


150805_007.jpg
(写真)新宿内藤とうがらしと万願寺とうがらし

大きい方が万願寺とうがらし、
小さい方が新宿内藤とうがらしです。

万願寺とうがらしは、肉厚で分厚く、柔らかく甘味があります。
内藤とうがらしは、マイルドな辛さで、後から辛みがやってくるのが特徴です。

用意されていたシートに
見た目の違い、食べた感想を記入していきます。
150805_008.jpg
(写真)それぞれの特徴をシートに記入する

講義後には戸山キャンパス構内の畑で、
そばの種蒔き体験を行いました。
150805_009.jpg
(写真)そばの種まき体験の様子

先に子どもたち、続いて保護者の方々が種を蒔きました。
種を蒔き終わったお子さまが、お母さまに蒔き方をアドバイスする場面もあり、
和やかなひとときとなりました。

今回参加した皆さんに、感想を伺ってみました。

[子どもたちは・・・]
「ピンセットの作業が少し大変だったけど、たのしかった!」
「魚をひらくところがすごく楽しかった。また来たい!」
「種まきが一番たのしかった!」

[保護者の方は・・・]
「はじめて参加しました。親子で一緒に作業できるので、とても勉強になりました」
「子どもが小学校1年生なので、内容が難しいかもしれないと思いましたが、
楽しそうに取り組んでいる様子をみて安心しました」
「エコサイエンス教室は、親も楽しめる内容なので何度も来ています」

学習院女子大学環境教育センターは、
「ネイチャーゲーム」「プロジェクトワイルド」「プロジェクトウェット」
「GEMS」「プロジェクトアドベンチャー」などの体験型のゲームや活動を通し、
環境に対する豊かな感受性や見識を備えた『ひとづくり』を最大の目標と捉えて
活動しています。

今後も様々なプログラムが行われる予定ですので、
ご興味のある方はぜひご参加ください。

学習院女子大学環境教育センターのFacebookはこちらから

学習院女子大学のホームページはこちらから

大学受験予備校の「早稲田塾」が運営するウェブサイトで、
早稲田塾が選んだ大学教授を紹介するコンテンツ「GOOD PROFESSOR」に、
学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科の岩淵令治教授の記事が
掲載されました。

150820_001.jpg
(写真)岩淵令治教授

※本記事はこちらから
http://www.wasedajuku.com/channel/good-professor/detail.php?professorid=628

学習院女子大学のホームページはこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

7月24日(金)~27日(月)に行われた、
女子高等科1年生の八ヶ岳林間学校の様子が紹介されています。

2日間にわたり、それぞれ5つのコースに分かれて行った登山では、
すばらしい眺望を堪能することができました。

150807_001.jpg
(写真)縞枯山からの眺望

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームへージ「新着情報」から

「新着情報」では、
その他にも日々の様子が随時更新されていますので、ぜひご覧ください。

******************************************************
10月3日(土)14:00~16:30
学習院女子中・高等科のオープンスクール「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

150809_001.jpg

【Vol.6の内容】
■「学校資料保存の普及をめざして」(芳賀町総合情報館 富田 健司)
■「学習院沼津游泳会史」(沼津游泳会 顧問・元代表 池田 賢司)
■「史料紹介―安倍院長の辞職未遂―」(学習院アーカイブズ 桑尾 光太郎)
■主な活動(2015年2月~6月)

※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を学内外の皆様に
ご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html

学習院アーカイブズのホームページはこちらから

7月8日(水)、
学習院大学の4年生と大学院2年生を対象とした
学内企業説明会を実施しました。

150721_001.jpg
(写真)学内企業説明会の様子

午前9社、午後11社の計20社にご参加いただき、
ブース形式で各社2回ずつ説明会を行いました。
また、企業ブースのほかに、「3県特化ブース」として
神奈川・埼玉・千葉の3県の求人を紹介するブースも設けました。

150721_002.jpg
150721_003.jpg
(写真)ブースで説明を聞く学生たち

学外での合同説明会と違い、学内で実施する企業説明会の場合、
本学学生の採用に意欲的な企業にご参加いただけるため、
学生にとっては大変貴重な機会となります。
また、1日に複数社の説明を聞くことができ、
少人数のため細かいことも質問ができるといったメリットもあります。
参加した164名の学生は、熱心に企業の方からの説明を聞いていました。

次回の学内企業説明会は9月1日(火)に開催予定です。
毎年多くの学生が、学内企業説明会参加をきっかけに内定を獲得しています。
就職活動中の学生の皆さんは、ぜひ参加してみてください。

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから

150811_001.jpg
(写真)目白キャンパス 北グラウンド

学校法人学習院は、
明日8月12日(火)~14日(金)の間、
夏季一斉休業期間となり、
事務取扱をお休みとさせていただきます。

一斉休業明けの事務取扱は、8月17日(月)からとなります。
ご不便をお掛けいたしますが、どうぞご了承ください。


学習院各校の情報につきましては下記の通りです。

【学習院大学】
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/news/2015/0625.html

【学習院女子大学】
http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/news/2015/07/post_35.html

【学習院高等科・中等科、学習院女子中・高等科、学習院初等科、学習院幼稚園】
http://news.gakushuin.ac.jp/export/?c=detail&token=29880bc6860f76f333e22d7d01eb2ee8

※各学校によっては開室時間が異なる場合がございますので、
 詳細につきましてはホームページまたは電話でご確認のうえ、ご来校ください。

150810_001.jpg

【第94号の主な内容】
■特集
学習院大学国際社会科学部(仮称)2016年誕生!
※設置認可申請中

■院長挨拶
勢いのある学習院(学習院長 内藤 政武)

■学習院女子大学長再任にあたって(学習院女子大学長 石澤 靖治)
■学習院中等科・高等科長再任にあたって(学習院中等科・高等科長 林 知宏)

■大学・女子大学のホームページをリニューアルしました!

■学習院News 2014
各学校の最新情報を紹介

■史資料からみる学習院
質実堅牢の石塀―青山の女子学習院―(学習院アーカイブズ 桑尾光太郎)

■Rookie's Voice
新入生、新社会人、新入職員など、いろいろな「1年生」の声を集めました!

※「学習院広報」は、
卒業生、在学生保護者、教職員、受験生、一般の方々を対象に、
学習院の「いま」を伝えることを目的とした広報誌で、
年2回(7月・1月)発行しております。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

7月14日(火)、15日(水)、
高等科3年・選択生物の授業(担当:鍋山 航 教諭)を取材しました。
この授業では、1年間を通して大学の生命科学の分野に直結するような実験を行っています。
150727_001.jpg
(写真)授業の様子

今回は、「 pGLO バクテリア遺伝子組換えキット」を用いて、
バクテリア(大腸菌)の遺伝子組換実験を行いました。

遺伝子組換え技術の理解を深めることを目的に、
大腸菌が本来持っていない「緑色蛍光タンパク」の遺伝子を取り込ませ、
その新しい性質を大腸菌内で発現させます。

具体的には、もともとは蛍光を持たない大腸菌の細胞に、
オワンクラゲ由来の緑色蛍光タンパク遺伝子を導入することにより、
大腸菌の表現型の変化を観察し、組換えが行われたかどうかを確認をします。
150727_002.jpg
(写真)先生による概要説明

この実験は、
無菌状態で作業を進めることが大きなポイントです。
マスクを着用し、アルコールで手を消毒してから
作業に取り掛かりました。

バーナーを扱い、火炎減菌による無菌操作で実験を進めます。
風で埃などが飛ばないようクーラーのスイッチも切り、
暑さに耐えながらの実験となりました。
150727_003.jpg
(写真)大腸菌を緩衝溶液に入れて懸濁
150727_004.JPG
(写真)先生の指導を受けて作業を進める様子

溶液の混合を終えたら、
ヒートショック法で急激な温度変化を与えます。
これにより、大腸菌への遺伝子の導入が行われます。

150727_005.jpg
(写真)氷上で4℃に冷やしたチューブを
    42℃に調節したウォーターバスに50秒間浸す

タイムキーパー役の生徒が時間を確認しながら、
正確に作業を進めていきました。

次に、「LB培地」という、培養に必要な栄養成分を含む液体を加えて
大腸菌を培養します。
150727_006.jpg
(写真)LB培地注入後、指で軽く弾ませるようにして溶液を混ぜる

このとき、以下の4種類のプレートを用意します。
150727_007.jpg
①+DNA LB/Amp(アンピシリンが加えられたもの)
②+DNA LB/Amp/ARA(アンピシリンとアラビノースが加えられたもの)
③‐DNA LB/Amp(アンピシリンが加えられたもの)
④‐DNA LB(何も加えられていないLB培地)

①②のプレートには、大腸菌とプラスミド(pGLO)が入った溶液、
③④のプレートには、大腸菌のみ入った溶液を滴下します。

「プラスミド(pGLO)」とは、細胞内にある、核以外の細胞質中の DNAのことです。
この実験では、「ベクター(遺伝子の運び屋)」としてプラスミドDNAを使用し、
遺伝子導入を図ります。

150727_008.jpg
(写真)2種類の溶液をそれぞれのプレートに滴下し、
    植え付けループを用いて大腸菌サンプルを広げる

その後、
4つのプレートにコロニー(細胞のかたまり)形成をさせるため、
翌日まで37℃のインキュベーター(温度を一定に保つ装置)に入れます。

150727_009.jpg
(写真)インキュベーターに入れ、コロニーを培養する

2日目は、
培養したコロニーの様子を観察します。

遺伝子導入した細胞が緑色蛍光に光るかどうか、
実験室の電気を消し、暗闇の中UVランプで照らしてみると・・・
150727_010.jpg
(写真)4つのプレートを並べて照らす

1つだけプレートが緑色蛍光に光っています!

左から、
①+DNA LB/Amp [コロニー形成有り]
②+DNA LB/Amp/ARA [コロニー形成有り 緑色蛍光]
③-DNA LB/Amp [コロニー形成無し]
④-DNA LB [コロニー形成有り(多数)]

という結果です。
150727_011.jpg
(写真)緑色蛍光に光るコロニー

大腸菌にプラスミドDNAを導入しましたが、
アンピシリン(抗生物質の一種)入りの培地で培養することで、
プラスミドDNAをうまく取り込んだ細胞のみがコロニー形成をしました。

さらに培地にアラビノース(糖の一種)を加えたものは、
上の写真のように遺伝子が発現して緑色蛍光に光りました。
遺伝子の組換えが成功していることが確認できました。

150727_012.jpg
(写真)コロニーを観察する様子

観察後、実験のまとめを行いました。
培養したコロニーの数を数え、遺伝子組換え効率の計算に用います。

150727_013.jpg
(写真)テキストをもとに、実験のまとめを行う
150727_014.jpg
(写真)培養したコロニーの数を数える様子

実験を終えて、生徒の皆さんに感想を伺ってみました。

「無菌状態で行う実験だったので、高度な内容だったと思う」
「実験が成功して嬉しい。暑い中、我慢して作業した甲斐があった!」
「やっぱり実験は楽しい!」

今回の実験は、期末試験後の温習日期間に行われました。
複雑な実験を行うにあたって、
このように時間をたっぷりと確保できる期間があり、
集中して取り組むことができるのも、
学習院高等科のカリキュラムの特徴です。

皆さん、暑い中での実験お疲れさまでした。
充実した夏休みを過ごしてくださいね!

150727_015.jpg
(写真)実験を終えた生徒の皆さんと鍋山先生

「PCR実験(ポリメラーゼ連鎖反応)」の様子はこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
7月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

季節やお天気で色を変える湖は、その色ごとに胸を満たしてくれます。

雨の合間の陽ざしの中で、中禅寺湖は湖面を緑がかった藍色に変えました。
うーん。空も緑も湖も今、夏色の世界・・・

雨の多い季節、
霧煙る風景、雨上がりの朝陽、みずみずしい緑や草花・・・
心静かになごみ、冷ややかな空気に身を包まれて、この世界に埋もれます。

150806_001.jpg
もう少し霧が降りてくれたらいいのに・・・
すっかり緑色になった斜面から、ハルニレと小屋を。

150806_002.jpg
雨に濡れたハクサンフウロが
ひっそりと
こっそりと斜面にピンクを散らします。
それにしても小屋のハクサンフウロはおちびちゃん。

150806_003.jpg
ヨーロッパ原産の外来種「ブタナ」だそうです。
斜面にひょろひょろ生えて来ました。
日光の植物博士も奥日光では初めてとか・・・
根こそぎ除去いたしました。

150806_004.jpg
6月初旬咲き始めのホザキシモツケも雨に濡れて・・・
咲き始めが美しいです。
戦場ヶ原の群落を見たら、とても絶滅危惧種とは思えません。
今、真っ盛りです。

150806_005.jpg
ウラギンヒョウモン。よほどイブキトラノオが気に入ったのでしょうか、
翅(はね)を広げて撮影に協力してくれました。

150806_006.jpg
同じく翅を広げてくれたシジミチョウ。
可愛くて美しくて、周りを群れが飛び回ると歓声が起こります。

150806_007.jpg
小田代原は数年前に湖と化し(数年ごとに水没)花々が激減しましたが、
今年はアヤメ、ノアザミの群落も復活して、
クガイソウもずいぶんと多くなっています。

150806_008.jpg
歩道脇の木に這い上るツタは何?・・・若いツタウルシです。
3枚葉のツタにはご用心、ご用心。
奥日光に来たてにかぶれ、お岩さんになったのは忘れられません・・・

150806_009.jpg
湯ノ湖が静かな一瞬を見せてくれています。
が、湖畔のオオツリバナが姿を消して行きます。
インパクトあったのになあ。

150806_010.jpg
ふっと見ると見事なキノコ。ウスヒラタケ。
何だか自転車いっぱいの道路風景が頭をよぎりました。

150806_011.jpg
湯ノ湖周りや、切込湖・刈込湖周辺の岩や
祠(ほこら)に出現するヒカリゴケ。
初めて見るときは結構感激です♪ 
夏の間見られますので、是非見つけて下さい。

150806_012.jpg
平地にはあるそうなウメガサソウ。今年は3株ほど湯元に出現。
無くなったり、現れたり、植物の世界は大忙しです。

暑さのせいでしょうか?
避暑地の日光光徳小屋の8月は利用申込み殺到です。
合間をぬってお出かけください。
ひんやりとした朝露がお待ちしています。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

7月7日(火)、
台湾の淡江大学の訪日団(教職員、学生合わせて12名)が
本学を訪問しました。

「サクッと情報局」では、
英語で行われた模擬講義やキャンパスツアーなど、
当日の様子を詳細にレポートしています。

150805_001.jpg
(写真)法学部長室にて

学習院大学と淡江大学は、
2013年7月の学術交流協定及び学生交換協定締結以来、
1年間の学生交換に加え、春休みを利用した短期語学研修等を通じて
交流を深めています。

今回のような形で訪日団をお迎えするのは初めてとのこと。
ぜひご覧ください!

ブログの続きはこちらの大学ブログ「サクッと情報局」から

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は、6月30日(火)に5年生が、
靴と服を身に付けたまま泳ぐ「着衣泳」を体験したことが紹介されています。

20150723_001.jpg
(写真)着衣泳の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

学習院初等科のホームページはこちらから

学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程2年の
鈴木香里武さんが作詞した『とりあえず、タマで。』が、
NHK「みんなのうた」の8月・9月として放送されます。

『家にやってきた子猫にどんな名前をつけようか』という
心温まるエピソードを描いた詩で、
優しい旋律とやわからな歌声に乗せて物語が進んでいく、
とってもかわいらしい歌になっています。

【鈴木香里武さんのコメント】
僕は幼少期から多くのペットを飼育してきました。
生き物を家に迎えるというのは、とても責任あること。
その都度、どんな名前にしようか迷います。
一度名付けると、その子の未来を導く指針になる、
とても大事なものです。

そんな経験から、ふと生まれたのが、この『とりあえず、タマで。』です。

年間十数曲しか採用されない「みんなのうた」に、
今回書かせていただけることになり、自分でも驚きを隠せません。
大変光栄なことだと感謝しております。

150803_01_001.jpg
(写真)鈴木香里武さん

放送期間は8月1日~9月30日の2か月間で、
テレビとラジオの両方で放送されます。※曜日によって変更があります。
NHK「みんなのうた」放送予定表はこちらから

本日はこの後13:55から14:00の間に、NHK総合テレビで放送される予定です。
ぜひご覧ください!


NHK「みんなのうた」ホームページはこちらから

学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻のホームページはこちらから

本日8月1日(土)2日(日)の2日間、
学習院大学のオープンキャンパスが行われています。

150801_001.jpg
150801_002.jpg
150801_003.jpg
150801_004.jpg
150801_005.jpg
スカイサウンズジャズオーケストラ部による演奏も行われています。
150801_006.jpg
学内では、四大戦の学内大会も行われており、
学習院大学生の日頃の様子もご覧いただけます。

皆さまのご来校をお待ちしています!!

学習院大学オープンキャンパスの情報はこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

7月11日(土)に行われた、
第1回学校説明会の様子が紹介されています。
天候にも恵まれ、多くの方にお越しいただきました。

150723_001.png
(写真)水谷真知子科長による教育方針についての説明

ブログの続きはこちらの学習院女子中高等科ホームページ「新着情報」から

「新着情報」ではその他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

*********************************************************
10月3日(土)14:00~16:30
学習院女子中・高等科のオープンスクール「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらから
*********************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

目白キャンパスでは現在、百日紅(サルスベリ)の花が
見頃を迎えています。

150728_001.jpg
(写真)JR目白駅前の交差点から目白キャンパス西門を望んで
150728_002.jpg
(写真)目白キャンパス西門前、満開の百日紅

太陽の光をいっぱいに受けた、
あざやかな濃いピンク色が目を引きます。

********************************

今週末8月1日(土)2日(日)の2日間は、
学習院大学のオープンキャンパスです。

全学部学科および来年度開設予定の国際社会科学部〔仮称〕の
説明会や模擬講義をはじめ、入試対策講座、個別相談ブース、
在学生によるキャンパスツアーはもちろん、
2016年度一般入試から利用可能となるWeb出願の体験コーナーや、
現役学生の「生」の声を聞くことが出来るパネルディスカッションなど、
盛りだくさんのプログラムで受験生の皆さんをお待ちしています。

150728_003.jpg
(写真)目白キャンパス西門

JR目白駅から徒歩30秒、
満開の百日紅のウェルカムゲートをくぐり、
緑あふれる目白の杜へ、ぜひお越しください!

学習院大学オープンキャンパス特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
↑模擬講義選びの参考にぜひ!「教室潜入ムービー」公開中!
その他、先輩たちのオープンキャンパスの活用術や回り方ガイドも掲載しています!

学習院大学ホームページはこちらから

現在、目白キャンパスの学習院大学史料館にて、
ミニ展示「辻邦生―西行花伝」が開催されています。

150729_001.jpg
(写真)辻邦生氏

辻邦生は、昭和31年(1956)に学習院大学講師、
昭和50年に学習院大学文学部教授として学生教育に貢献し、
また、『背教者ユリアヌス』や『春の戴冠』など
数多くの小説を残した作家でもあります。

学習院大学との関わりが深いことから、
大学史料館では現在、創作ノートや原稿類に加えて、
日記や書簡など約4万点を寄贈いただき、調査・整理しています。

本日7月29日の辻邦生の命日にあわせて企画された本展では、
これらの資料の中から、平成7年(1995)に第31回谷崎潤一郎賞を受賞した
長篇歴史小説『西行花伝』をとり上げます。
約30点にわたる創作メモや原稿、また今回が初公開となる日記が展示され、
『西行花伝』完成までの過程や、知られざるエピソードなどが紹介されています。

150729_002.jpg
(写真)会場内の様子

150729_003.jpg
(写真)『西行花伝』が作品となるまでを紹介

150729_004.jpg
(写真)初公開の昭和20年前後の日記

この他、作者が愛用していた文具品や、
仕事場の風景なども紹介されています。

辻邦生の文学に対する思いを感じられるこの展覧会は、
8月5日(水)まで開催しています。

オープンキャンパス期間の8月1日(土)・2日(日)も開館していますので、
皆さま、ぜひ足をお運びください。
150729_005.jpg

**************************************************************
ミニ展示「辻邦生―西行花伝」

会  場: 目白キャンパス学習院大学史料館(北別館)内展示コーナー
会  期:平成27年7月22日(水)~8月5日(水)
開館時間:9:30~17:30
※観覧無料

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**************************************************************

学習院大学史料館ミニ展示「辻邦生―西行花伝」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

6月27日(土)に目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で行われた
シンポジウム「アジア経済の成長と日本の役割」の採録が、
本日の日本経済新聞朝刊36面(東京本社版)に掲載されました。

150728_01_001.jpg
(写真)シンポジウム当日の様子

産学の論客を招き、アジア経済の今後の展望や、
アジア市場において日本に求められる役割について、
そして、グローバル社会で活躍できる人材育成のために必要なものとは何かについて
議論されたパネルディスカッションのほか、
高等国際問題・開発研究所(ジュネーブ)の
リチャード・ボールドウィン教授によるキーノートスピーチ、
また、来年度開設予定の学習院大学国際社会科学部(仮称)開設準備室長の
神戸伸輔教授のコメントが掲載されています。

この採録記事は、下記URL(日経電子版広告特集)からもご覧いただけます。
http://ps.nikkei.co.jp/gakusyuin0627/

動画(YouTube)でも視聴可能です。
http://youtu.be/0aiC6pwh13o

当日は、事前申し込みをされた約700名の方にお越しいただきました。
ご来場いただき、誠にありがとうございました。

学習院大学国際社会科学部(仮称)のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

6月18日(木)、
学習院中等科2年技術(担当:佐藤健教諭)の授業を取材しました。
この日は、4月中旬に種まきした「バジル」の収穫を行いました。

150718_001.jpg
(写真)中・高等科校舎前にて

バジルはシソ科の一年草で、
イタリア料理によく使われるハーブのひとつです。

ポリポットに種をまき、
日当たりのよいコンピューター室の前で育成しはじめてから
約3ヶ月で、食べられるほどの大きな葉になりました。

150718_002.jpg
(写真)大きく育ったバジル

150718_003.jpg
(写真)バジルの香りを楽しむ

収穫後、根元の土をはらって、水でよく洗い流します。

150718_004.jpg
150718_005.jpg
(写真)バジル収穫の様子

この収穫したばかりのフレッシュなバジルを使って、
翌日の6月19日(金)、家庭(担当:森夏子講師)の授業で
調理実習が行われました。

150718_006.jpg
(写真)調理実習の概要説明

メニューはバジル料理の代表格、
スパゲッティジェノベーゼとマルゲリータピザ、
そして、デザートのカスタードプリンです。

4~5名の班に分かれ、
それぞれ役割分担を決めて調理します。

中等科生の皆さんは、レシピをもとに手順を確認し、
声を掛け合いながら進めていました。

150718_007.jpg
(写真)収穫したバジルを炒った松の実と合わせてミキサーにかける

150718_008.jpg
(写真)オリーブオイルを入れて、パスタ用のバジルソースを作る

150718_009.jpg
(写真)強力粉などをこねて作ったピザ生地をめん棒でのばす

150718_010.jpg
(写真)ピザ生地にバジルを混ぜたピザソースを塗り、
フレッシュバジル、チーズをのせて焼く

中等科生の皆さんが着用しているエプロンは、
1年生の時に被服の授業で製作したものです。
胸元のデザインは、それぞれオリジナルのものが刺繍されています。

150718_011.jpg
(写真)カスタードプリンを作る

また、今回の調理実習には、
現在高等科に留学中の生徒2名も参加しました。

150718_012.jpg
150718_013.jpg
(写真)留学生と一緒に調理をする様子

中等科生の皆さんは、留学生の2人に
身振り手振りで調理の手順を伝えたり、
簡単な英語で質問を投げかけていました。

慣れない調理に苦戦しながらも、
先生や大学生アシスタントのサポートを受け、
約2時間かけて、美味しそうなバジル料理が出来上がりました!

150718_014.jpg
(写真)中等科生の皆さんが作った料理
 左からスパゲッティジェノベーゼ、マルゲリータピザ、カスタードプリン

150718_015.jpg
(写真)試食の様子

自分たちで植えて育てたバジルを
自分たちで調理して食べるという一連の経験を通して、
中等科生の皆さんは、食べ物への関心を高め、
手作りの楽しさ、難しさを学びました。

学習院中等科のホームページはこちらから

***********************************************
学習院中等科のTwitterとFacebookでは、
日々の様子が随時紹介されていますので、
ぜひ「フォロー」&「いいね!」してみてください!
Twitter → https://twitter.com/chutoka
Facebook → https://www.facebook.com/chutoka
***********************************************

6月18日(木)、学習院大学で、
留学経験のある学生と留学を希望する学生を対象とした、
「留学経験者向け就職セミナー」が行われました。

留学経験を就職活動にどのように生かすか、
また、留学と就職活動を両立する上でのポイントなど、
留学と就職に関わる学生の不安や疑問を解消するためのセミナーです。

20150716_001.jpg

(写真)就職セミナーの様子

留学経験のある学生20名と、留学を希望する学生12名が参加し、
まず、講師から採用スケジュールや企業研究の方法、
自己分析と業種研究の関連性や、留学経験を就職活動に
生かすための考え方などについて説明がありました。

20150716_002.jpg
(写真)講師による説明

その後、留学経験のある学生と留学を希望する学生とに分かれ、
グループワークを行いました。

20150716_003.jpg
(写真)グループワークでの話し合い

留学経験のある学生は、留学を含めた学生生活の振り返りを行い、
これから留学を希望する学生は、留学の目標設定と
学生生活の振り返りなどを行いました。

また、両者の共通のテーマである、
就職と留学の両立についても話し合いました。

20150716_004.jpg
(写真)留学と就職について話し合う様子

その後、留学を希望する学生の質問に留学経験のある学生が答える形で
質疑応答が行われました。

20150716_005.jpg
(写真)質疑応答の様子

留学に行っただけでは就職活動において有利にはなりません。
一方、就職活動のために留学を諦める必要もありません。

キャリアセンターでは今後も、学生の不安を解消し、
留学経験を就職活動に生かすことができるよう、支援を行っていきます。

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから

学習院女子大学は、
今週末の7月25日(土)26日(日)の2日間、
オープンキャンパスを開催いたします。

150722_001.jpg
(写真)学習院女子大学 互敬会館前の中庭

【開催概要】
25日(土)13:00~16:30
26日(日)10:00~16:00

各種入試対策講座の実施のほか、
現役学生が担当する相談ブースやキャンパスツアーなど、
さまざまなプログラムを用意して受験生の皆様をお待ちしています。
ぜひお越しください!

詳しい情報はこちらから

150722_002.jpg
(写真)戸山キャンパス正門〔鉄門〕 ※国指定重要文化財

学習院女子大学のホームページはこちらから

5月23日(土)、
目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で、
2014年にノーベル物理学賞を受賞した、
名古屋大学の天野浩教授による特別講演会「世界を照らすLED」が
行われました。

150708_01_001.jpg
(写真)会場の様子

公益社団法人日本表面科学会と学習院大学の共催で、
広く一般にも公開する「市民講座」として企画されたもので、
学習院の両高等科および男子中等科、
学習院大学と高大連携協定を結んでいる
都立戸山高校、私立順天高校の生徒の皆さんをはじめ、
事前申し込みをした一般の方を合わせて約1000名が聴講に訪れました。

150708_01_002.jpg
(写真)講師の天野浩教授

天野教授は2014年12月、
青色発光ダイオード(LED)開発の功績が認められ、
赤崎勇名城大学終身教授、
中村修二カリフォルニア大サンタバーバラ校教授らとともに
ノーベル物理学賞を受賞しました。

青色LEDの実現で、既に開発されていた赤、緑とともに
「光の三原色」をLEDで作り出すことが可能になり、
白色の照明や大型ディスプレイの実用化など、
応用の範囲が格段に広がったことが受賞の理由です。

講演では、スウェーデンでのノーベル賞授賞式前に
1週間かけてさまざまな祝賀行事が続く「ノーベルウィーク」でのエピソードや、
なぜ研究テーマとして青色LEDを選んだのか、といったところから、
LED研究やその開発の歴史などについてお話しいただきました。

150708_01_004.jpg
(写真)講演の様子

当日は中高生の聴講が多かったこともあり、
天野教授はとても親しみのある語り口で、
「ノーベル賞を取るためには、外国の記者に質問をされても
 即座に気の利いた回答ができるくらいの英語力と、
 ノーベルウィークの間、連続で徹夜ができるだけの体力が必要だ」と
ユーモアたっぷりにお話しされました。

また、新たな結晶を作るところからの挑戦となった
青色LEDの開発に向けた研究について、
天野教授が携わるようになった1980年代初頭は研究のための予算も少なく、
自分たちで実験器具を作り、工夫をしながら、
何千回と失敗を繰り返す中で技術を習得していったことが、
1989年の世界初青色発光ダイオードの実現につながったと
述べられました。

150708_01_003.jpg

ノーベル賞を受賞するまでの道のりが決して平坦ではなく、
その紆余曲折も楽しみながら乗り越えてこられたという天野教授の経験談に、
聴講した皆さんは興味深く耳を傾けていました。

講演後には質疑応答の時間が設けられ、
参加した中高生からの質問に、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。

150708_01_005.jpg
(写真)中等科生からの質問に応える天野教授

その中で、「物理の楽しさとは?」という質問に対し、
高校の時には物理にも科学にもまったく興味がなかったこと、
大学に入ってから、原理原則は正しいのに、実際に実験してみると
教科書通りとはならない結果になることが多く、
『なぜ違うのか』を考えると、だんだん楽しくなったと話され、
必要最低限の知識が理解できたら実際に試してみようとの
アドバイスをいただきました。

現在、長寿命で消費電力の少ないLEDは、
世界中で急速に普及が進んでおり、エネルギー問題の解決の一助となることが
期待されています。

天野教授は、
『世の中のためになってはじめて研究が生きる』との考えから、
光遺伝学への応用や水問題への挑戦など、
他の分野の成果を見ながら、青色LEDをさらに活用する道を探っているとのこと。

ノーベル賞受賞という偉大な功績にとどまらず、
その先を見据えて新たな未来を切り開いていく青色LEDの
計り知れない可能性をうかがい知ることができました。


学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから

第97回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)東東京大会において、
学習院高等科野球部が、1958(昭和33)年以来57年ぶりに、
5回戦(ベスト16)に進出しました。

7月12日(日)から始まった熱戦の戦績と、
監督からのコメントをいただきましたのでご紹介します。

-----------------------------------------
2回戦 7月12日(日)大田スタジアム
学習院 002000004=6
麻 布 000000000=0
バッテリー:木村-鶴岡
3塁打:小堀 2塁打:木村、鈴木
-----------------------------------------
3回戦 7月17日(金)江戸川球場
学習院 004000000=4
都立東 100000000=1
バッテリー:木村-鶴岡
2塁打:鎌田、鶴岡
-----------------------------------------
4回戦 7月19日(日)神宮第二球場
学 習 院 050000103=9
上野学園 100002100=4
バッテリー:木村-鶴岡
3塁打:鈴木 2塁打:鈴木、中村
-----------------------------------------
5回戦 7月20日(月)神宮球場
学 習 院 0002020=4
日大豊山 5300021=11
(7回コールド)
バッテリー:木村、中村-鶴岡
2塁打:小堀、佐々木
-----------------------------------------
150721_001.jpg
150721_002.jpg
150721_003.jpg
(写真)5回戦終了後、観客席から選手たちをたたえる ※高等科野球部提供

【学習院高等科野球部 瀧澤拓也監督のコメント】
「3年生6人がチームを引っ張り、部員19人が心を一つにして戦いました。
選手たちが最後まで諦めず、素晴らしいプレーをしてくれました。
4回戦、5回戦と学習院側の応援スタンドは満員になっており、
たくさんの応援に勇気付けられました。
ご声援いただきどうもありがとうございました。
また来年、良い試合ができるよう頑張ります」

------------------------------------------

強豪ひしめく東東京大会でベスト16まで勝ち進んだ
高等科野球部の皆さん、本当にお疲れ様でした!


学習院高等科のホームページはこちらから
学習院高等科硬式野球部の公式ホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

7月10日(金)、
埼玉県戸田市の戸田公園オリンピックボートコースで、
学習院高等科のボート大会が行われました。

お天気にも恵まれ、生徒の皆さんや先生方が
ボートを懸命に漕いでいる様子が紹介されています。

150717_001.jpg
(写真)ボート大会の様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
※学習院高等科のホームページはこちらから


*******************************************************
学習院中等科・高等科は、
7月25日(土)26日(日)の2日間、
東京国際フォーラムで行われる「2015東京都私立学校展 進学相談会」に
出展します。
詳しい情報はこちらから
※学習院女子中・高等科、学習院初等科も出展します。

また、上記と同時開催の
「学び体験フェア マナビゲートwithモノづくり体験スタジアム」には、
学習院大学が出展します。ぜひお越しください!
*******************************************************

6月17日(水)、
学習院大学で学ぶ外国人留学生の、3年生と大学院1年生を対象とした
就職セミナーが行われました。

150629_001.jpg
(写真)就職セミナーの様子

中国と韓国からの留学生24名が参加し、
外部の専門機関からお招きした講師より、まずは中国と韓国の就職事情や
日本の就職活動の特徴、企業文化などの説明がありました。

150629_002.jpg
(写真)講師による説明

また、日本で就職活動を行う前に知っておくべき情報として、
ビザについての注意点や2017年卒の就職活動スケジュール、
インターンシップなどを挙げ、早めの活動開始を促しました。

その後、実際に各自がパソコンを使用しながら、
就職サイトを利用して求人やインターンシップなどの情報を探す方法を学びました。

150629_003.jpg
(写真)就職サイト活用法のレクチャー

最後に、今回のセミナーを担当いただいた専門機関に勤める
中国人と韓国人のスタッフの方による質疑応答が行われ、
実際に日本の企業で働いている経験をふまえて、
さまざまな質問に答えていただきました。

150629_004.jpg
(写真)質疑応答の様子

出席した留学生の多くは日本での就職を考えており、
自己分析や企業選定などの方法を詳しく知りたいといった声も聞かれました。

大学キャリアセンターでは今後も、このような留学生に対する
就職活動の支援を行っていきます。

学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから

7月7日(火)~9日(木)の3日間、
学習院目白キャンパスの隣にある豊島区立千登世橋中学校の生徒4名が、
学校法人学習院の広報課へ職場体験に来てくれました。

参加した生徒たちがその様子を記事にまとめてくれたので、ご紹介します。

-----------------------------

こんにちは。
私たちは、豊島区立千登世橋中学校の2年生です。
7月7日(火)~9日(木)の3日間、
学校法人学習院の広報課で職場体験学習を行いました。

1日目の午前中は、広報課の方に各部署の仕事内容を説明していただき、
その後、ビジネスマナーである挨拶や名刺交換の仕方を学びました。
そして、アドミッションセンターや売店などいろいろな部署や施設を見学しました。

150709_001.jpg
(写真)広報課職員からの説明
150709_002.jpg
(写真)名刺交換の練習

1日目の午後は、学習院の職員向け学内広報誌「Gファミ」に掲載する、
「ふるさと自慢」というコーナーの記事を作成するため、
施設課の方にインタビューをしました。

今回、インタビューをさせていただいたのは、山口県出身のとても優しい方でした。
山口県のオススメの食べ物なども教えてくれました。
(ういろうが隠れた名産品とのことです)
たくさんお話も聞くことができ、山口県に行ってみたくなりました。

150709_003.jpg
(写真)施設課職員へのインタビュー

2日目は、さまざまな部署を訪問して業務に関するインタビューをしました。

午前中は学生課とキャリアセンターでお話を伺いました。
学生課では、人気の部活や教務課との違い、よく受ける相談などを教えていただきました。

150709_004.jpg
(写真)学生課職員への取材
150709_005.jpg
(写真)学生課のカウンターに座らせていただきました

キャリアセンターでは、今の就職事情や、
就職するにあたっては、自分の興味のあることを切り口に、
いろいろな仕事を調べてみると良いということを伺いました。
また、掲示スペースや資料室を見学しました。

150709_006.jpg
(写真)キャリアセンター職員への取材

午後は国際交流センターと大学図書館でお話を伺いました。

最初に大学図書館の方にインタビューをしました。
そこでは、大学全体で年間3~4万冊の蔵書が増えていることなどを伺いました。
また、特別に大学図書館の中も見学させてもらいました。


150709_007.jpg
(写真)大学図書館の見学

その後、国際交流センターの方にインタビューをしました。
そこでは、海外へ留学をする学生や、
海外から日本に留学している外国人学生に対して行っている支援について
学びました。

また、学生が集まるスペースでは外国語が飛び交い、とてもにぎやかでした。

150709_008.jpg
(写真)国際交流センター職員への取材

2日目の最後には、学習院の内藤政武院長にもお会いして、
「頑張っているね」と声を掛けていただきました。

150709_009.jpg
(写真)内藤院長にご挨拶

そして3日目には、これまでを振り返りながら、
取材させていただいた方へお礼状を書いたり
このブログ記事を作成したりしました。
たくさん聞いた話をまとめるのがとても難しかったです。

150709_010.jpg
150709_011.jpg
(写真)ブログ作成の様子

最後に、それぞれが3日間で印象に残ったことを自分たちなりにまとめ、
全員で1枚のシートを作成しました。

150709_012.jpg
(写真)まとめシートの作成
150709_013.jpg
(写真)広報課カウンター前にて、完成したまとめシートと一緒に

この3日間を通して、私達は学校法人の仕事について、
また、働く意義、ビジネスマナーなど、たくさんのことを学ぶことができました。

学習院に来る前は少し固いイメージがありましたが、
職場体験に来てみたら、たくさんの人と関わることができる仕事だとわかりました。
受け入れてくださった学習院の皆様、本当にありがとうございました。

-----------------------------

千登世橋中学校の皆さん、3日間お疲れ様でした。
この職場体験が、仕事について考えるきっかけの一つになれば幸いです。


学習院の地域・社会連携に関する情報はこちらから

学習院大学では、現在、国際協力団体Anchorの学生たちが
「TABLE FOR TWO」という活動を行っています。

開始して1年以上が経ちますが、
皆さん、この「TFT」の仕組みをご存知でしょうか。

「TABLE FOR TWO」は、私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

学食で対象となるヘルシーランチを購入すると、1食につき20円が、
TABLE FOR TWOを通じて発展途上国の子どもたちに寄付されます。
20円は、発展途上国の給食1食分の金額になります。

150714_001.jpg
(写真)TABLE FOR TWOのポスター

150714_002.jpg
(図)TABLE FOR TWOの仕組み

Anchorは、「学生にもできる国際協力や社会貢献を、
批判ではなく、模索、提案、実践していく」ということを理念に活動している団体で、
2008年に創設後、その理念に合った取り組みを探していく中、
この「TABLE FOR TWO」に出会いました。

ヘルシーランチは、2週間に1回のペースで
学食の店長さんと相談しながらオリジナルメニューを考案します。
また、定番の桜定食(和定食・日替わり)と野菜たっぷりタンメンも
定価に+20円することで、TFT対象のメニューとしています。

オリジナルメニューは、毎回Anchorのメンバーが集まり、
試食会を開いて決定しています。

今回、この試食会に
学習院大学ゆるキャラ広報大使の「さくまサン」が潜入しました!

150714_003.jpg
(写真)輔仁会館2階「さくらラウンジ」にて

考案したメニューの試作品を店長さんに作ってもらい、
まずは広報用の写真撮影を行います。
それぞれがスマートフォンのカメラで撮影し、
その後、一番よい写真を投票で決めて、宣材写真とします。

150714_004.jpg
(写真)広報用の写真を撮影する

撮影後は、いよいよ試食!
一口一口しっかりと味わいます。
さくまサンも羨ましそうに、その様子を見つめています。

150714_005.jpg
(写真)試食の様子

『おいらも食べたいなぁ~』

その後、メニュー名を検討します。
いくつかの候補を挙げ、多数決で決定します。

150714_006.jpg
(写真)メニュー名を決める

こうして今回決まったメニューは・・・
「バジルチキン丼」!

150714_007.jpg
(写真)バジルチキン丼430円 [~7/31(金)まで]

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
野菜とレモンジュレでサッパリ!
バジルとチキンの相性がクセになる! これを食べてテストを乗りきろう!!


今回お話を伺ったAnchor代表の北埜航太さんと
プロジェクトリーダー兼広報リーダーの中林恵莉さんは、
「毎月2回オリジナルメニューを出しているので、まずは食べてほしい!」
「TFTは、学食でもできる国際協力です!」
と、力強く話してくれました。

150714_008.jpg
(写真)TFTの活動について語る中林さん[左]と北埜さん[右]

今年から、毎月「2」のつく日は「TFTの日」として、
食堂前の階段付近でチラシを配り、PRをするなど
現在も積極的に活動を行っています。

皆さん、この機会にぜひTFTのメニューをお試しください!!

150714_009.jpg
(写真)試食会に参加した国際協力団体Anchorの皆さんとさくまサン

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

今年度から学習院女子大学内売店にて、
焼きたてパンの販売を開始しました。

150710_001.jpg
150710_002.jpg
150710_003.jpg
(写真)焼きたてパンが並んでいる様子

学生たちの様々な好みに合うよう、
バリエーション豊かに13種類のパンを用意し、
1個140円で提供しています。

毎朝、売店のバックヤードに設置した業務用のオーブンでパンを焼き、
10時頃には店頭に並びます。

当初は20個から販売をはじめましたが、
大好評ですぐに売り切れてしまったため、
現在は80個焼いています。

150710_004.jpg
(写真)焼きたてのパン

焼きたてパンの中で、一番人気は「メロンパン」。

今回、4種類のメロンパンの中から、
「フラノメロンパン」をいただいてみました。

150710_005.jpg
(写真)フラノメロンパン

外はサクサク軽い感じですが、
中にはフラノメロンのクリームがたっぷり入っているので、
ボリュームもしっかり。

一口で、濃厚なメロンの味と香りが口いっぱいにひろがり、
ほんのりとした甘さが後を引く美味しさです!

学生の皆さんは、
「見た目もかわいいし、すごく美味しそう!」
「手軽に食べられるので、他のものより買いやすい!」
「オールドファッションがお気に入り!」
と、焼きたてパンの販売にとても喜んでいる様子でした。

150710_006.jpg
(写真)ティールームで焼きたてパンを食べる学生たち

手軽に食べることができ、すぐにおなかも満たされるので
女子学生に大人気とのこと、お昼には完売してしまうそうです。

学生の皆さん、美味しい焼きたてパンを食べて、
しっかり授業に励んでくださいね。

学習院女子大学のホームページはこちらから

7月初めから昨日まで続いていた雨がようやく降り止み、
今日は10日ぶりに太陽が顔を出しました!

すっきりと晴れた青空の下、お昼休みの目白キャンパス北グラウンドでは、
8月に始まる四大戦の学内予選に向け、
学習院大学の学生たちがサッカーや野球の練習をする様子が
見られました。

150710_001.jpg
(写真)北グラウンド

150710_002.jpg
(写真)サッカーの練習をする学生たち

10日分の憂さを晴らすかのように、
元気いっぱいにプレーしていました。

150710_003.jpg
(写真)木漏れ日と西5号館

150710_004.jpg
(写真)西2号館前

7月後半は学習院各校、学期末試験や沼津游泳など
イベントが盛りだくさんのスケジュールです。

変わりやすい天気で体調を崩さないよう、
健康管理に気をつけてくださいね。

梅雨明けまであと少し!そして、夏休みまで、あと少しです!

★学習院初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

今回は6月9日(火)に、学習院高等科に留学している高校生が初等科を訪れ、
子どもたちと交流した際の様子が紹介されています。

20150708_001.jpg
(写真)留学生との交流の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

学習院初等科のホームページはこちらから

6月10日(水)・6月17日(水)、
高等科3年・選択生物の授業(担当:鍋山 航 教諭)を取材しました。
この授業では、1年間を通して
大学の生命科学の分野に直結するような実験を行っています。

今回は、「PCR実験(ポリメラーゼ連鎖反応)」を行いました。

この実験では、頬の口腔上皮細胞からDNAを抽出し、
DNAポリメラーゼ(合成酵素)を用いてDNAの複製を行います。
150701_01_001.jpg
(写真)授業の様子

もともとのDNAは、量がとても少ないため肉眼で見ることはできません。
PCRにかけることで、膨大な量に複製することができます。
PCR反応の原理を学び、視覚的にDNAを観察することが、この実験の目的です。

150701_01_002.jpg
(写真)実験の様子① 口腔上皮細胞からDNAの抽出。

150701_01_003.jpg
(写真)実験の様子② キレート剤を加えてDNAの分解を防いでいます。

150701_01_004.jpg
(写真)実験の様子③ 加熱してDNA分解酵素のはたらきを止め、細胞を破砕してDNAを抽出します。
この後、およそ3時間、サーマルサイクラーという温度変化を伴いながらDNAを複製させる装置にかけることで、
DNAを2の40乗という膨大な量に増やしていきます。

150701_01_005.jpg
150701_01_006.jpg
(写真)クリーンベンチで作業する鍋山先生

「クリーンベンチ」は、周囲の埃や微生物の混入を防ぐための装置です。
高校の授業での導入例は非常に珍しく、今回のPCR実験は、
こうした研究環境が整っているからこそ行える実験とのことです。

150701_01_007.jpg
(写真)電気泳動の実験装置と結果 

PCR反応後の生徒達のサンプルを、アガロースゲル(寒天)電気泳動にかけた後、染色しました。

150701_01_009.jpg
(写真)アガロースゲル電気泳動の結果

今回、第16番染色体のPV92と呼ばれる領域のAlu配列という特徴的配列の有無を調べました。
個人によって、Alu配列を2つ持つ人「++」(ホモザイゴス)、
Alu配列を1つだけ持つ人「+-」(ヘテロザイゴス)、Alu配列を持たない人に分けられます。

実験の結果、8名中7名が「++」、1名が「--」であることがわかりました。

実験終了後、生徒の皆さんに感想を聞いてみました。

「選択授業が始まってから初めての実験だったので、とても楽しかった!」
「普段の授業が座学なので、この授業で実験できることが嬉しい」
「教科書に載っている内容を実際に手順を踏んで行うことで、より理解を深められる」

中には、「選択授業の成績評価は、テストではなく、レポート提出なのでありがたい!」
という声も!

150701_01_008.jpg
(写真)実験を終えて、結果を手にする鍋山先生と生徒の皆さん

長時間の実験、お疲れさまでした。

学習院高等科のホームページはこちらから

6月13日(土)、
学習院女子大学のオープンキャンパスが行われました。

当日のレポートが、
写真部が撮影したたくさんの写真とともに、
この春リニューアルした女子大学のホームページに
掲載されています。

150707_001.jpg
(写真)戸山キャンパス正門〔鉄門〕 ※国指定重要文化財

※ブログの続きは
こちらの学習院女子大学ホームページ入試情報「オープンキャンパスレポート」から

次回は7月25日(土)・26日(日)の2日間、開催いたします。
受験生の皆さん、ぜひお越しくださいね。

四谷キャンパスの学習院初等科で、
6月20日(土)、全校参観日が行われました。

より多くの保護者の方にご参観いただけるよう土曜日に実施しています。
朝8時40分の朝礼から第1校時と第2校時の授業をご覧いただきました。

20150623_001.jpg
(写真)朝礼のラジオ体操
20150623_002.jpg
(写真)5年生 英語の授業

きめこまやかな指導ができるよう、英語の授業はクラスを半分に分けて、
少人数制で行っています。

20150623_003.jpg
(写真)5年生 国語の授業

子どもたちは、はじめは少し緊張した様子も見られましたが、
いつもと違う雰囲気に少しずつ慣れ、元気いっぱいに取り組みました。

また、保護者の方にも参加していただける授業もあり、
子どもたちもとても嬉しそうでした。

20150623_004.jpg
(写真)3年生 情報の授業
20150623_005.jpg
(写真)2年生 体育の授業

保護者の皆さんは、普段は見られない子どもたちの学校での様子を参観し、
日々の成長を感じ取っていらっしゃるようでした。

学習院初等科のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

7月1日(水)~11日(土)までのメニューはこちらです!

150704_001.jpg
(写真)牛とろろ丼 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
夏だ!肉だ!牛とろろ丼!!
肉を食べて暑い夏を元気に乗り越えよう!

甘辛く味付けた牛肉とふんわりとろろの相性はバツグンで、
発売初日で50食を売り上げたとのこと、ぜひ皆さんもお試しください!


※学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
※TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

5月23日(土)、
目白キャンパスで学習院大学国際研究教育機構主催の
講演会「オックスフォードに学んで」が行われました。

150624_001.jpg
(写真)会場の様子

留学を志す学生の参考にしてもらいたいと企画されたもので、
この春から国際研究教育機構の客員研究員に就任された
彬子女王殿下を講師にお迎えし、イギリスのオックスフォード大学での
計6年間におよぶ留学生活についてお話しいただきました。

150624_002.jpg
(写真)講師の彬子女王殿下

彬子女王殿下は学習院大学文学部史学科を卒業後、
オックスフォード大学マートン・カレッジに留学し、日本美術史を専攻。
海外に流出した日本美術に関する調査・研究を専門とされています。

2010年には同大で女性皇族として史上初となる博士号を取得され、
帰国後も専門分野の第一線で活躍する研究者でいらっしゃいます。

150624_003.jpg

オックスフォードで過ごした日々の思い出や英語を習得するまでの苦労、
西欧と日本の美術品に対する考え方の違いや、
影響を受けた日本人の先達(長州五傑・古筆了任)についてなど、
留学当時のエピソードをおりまぜながらご講演いただきました。

その中で、
オックスフォードで博士論文の指導を受けた2人の恩師について、
「専門ではない人にも理解できるように書いていなければ、それは論文ではない」と
厳しくご指導いただいたこと、そして、その論文執筆の過程で身に付けた技術は、
現在でも講演や論文、寄稿文の執筆にとても役立っていると
お話しされました。

150624_004.jpg
(写真)学生からの質疑応答

講演後には質疑応答の時間が設けられ、
今年ロンドンへの留学を予定している法学部の学生からの質問に、
丁寧にお答えいただきました。

また、今回の講演会を聴講されていた皇太子殿下から、
ご自身のオックスフォード大学マートンカレッジでの留学のご経験や、
彬子女王殿下のお父上である故寛仁親王殿下との思い出話をまじえながら、
講演へのコメントをいただく場面がありました。

150624_005.jpg

皇太子殿下と彬子女王殿下の心温まるやりとりの中で、
留学経験がその後の人生においてどれほど強く印象に残り、
どれほど大切なものとなっているかということが語られました。

講演会の終わりには、
彬子女王殿下から留学を考えている学生たちに向けて、

「どうか迷わずに留学してほしい。井の中の蛙だった世界観が大きく変わる。
 留学先で出会う外国の人々にとっては、
 あなたが生涯最初で最後に出会う日本人になるかもしれないので、
 日本の代表であることを忘れず、ぜひチャレンジしてください」

とのアドバイスをいただきました。

当日は事前申し込みをした約400名の方が聴講、
彬子女王殿下のユーモアあふれる語り口に会場からはたびたび笑いの声が起こり、
和やかで楽しい雰囲気の講演会となりました。


学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学国際教育研究機構のホームページはこちらから

6月16日(火)~18日(木)、学習院大学国際交流センターで
「第1回留学フェア~留学したい気持ち後押しします!~」
が行われました。

150701_01_001.jpg
150701_01_002.jpg
(写真)会場の様子

この「留学フェア」は、近い将来、留学したいと考えている学生に
大学で学んでいる外国人留学生や留学経験のある学生たちと
直接コミュニケーションをとれる場を提供しようと、
毎年開催されているものです。

3日目の6月18日(木)は、
「『世界の言葉を話してみよう!』~チャットルーム2015~」
という留学フェアでは初めての企画が実施され、
日頃学んでいる外国語を使って自己紹介や簡単なテーマトークを行いました。

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、アイスランド語、
中国語、韓国語、タイ語の8言語にわかれて、
それぞれのテーブルで会話を楽しみました。

150701_01_003.jpg
(写真)英語圏のテーブルの様子

150701_01_004.jpg
(写真)中国語のテーブルの様子

150701_01_005.jpg
(写真)韓国語・タイ語のテーブルの様子

各言語の机には、会話に困ることのないよう、
単語帳や教材が用意されていました。

150701_01_006.jpg
(写真)イタリア語のテーブルの様子

150701_01_007.jpg
(写真)アイスランド語のテーブルの様子

国際交流センターにボランティア登録している学生が
各テーブルのコーディネーターとして、会話の進行を
手伝ってくれました。

150701_01_008.jpg
(写真)フランス語のテーブルの様子

150701_01_009.jpg
(写真)ドイツ語のテーブルの様子

アットホームで和やかな雰囲気の中、
学生たちは、大学での授業やお互いの国の文化について、
積極的に外国語を使って会話を楽しんでいました。

今回参加した学生たちにとって、
国際交流の意欲をかき立てる刺激的な時間となったようです。

このチャットルームは今後も月1回程度、
定期的に開催します。

次回は、7月3日(金) 12:20~14:30国際交流センターで行われます。

詳しくはこちらの学習院大学国際交流センターfacebookをご覧ください。

語学勉強のモチベーションを上げたい、新たな友達をつくりたい、
久々に外国人と話してみたい、ちょっとだけ外国語を話してみたいなど、
少しでも興味のある方は、お気軽に
中央教育研究棟2階の国際交流センターまで足を運んでみてくださいね。

学習院大学のホームページはこちらから

6月26日(金)、
大学図書館セミナー「地図・時刻表からたどる新幹線」が開催され、
約40名の参加者が集まりました。

150612_01_001.jpg
開催案内ポスター

150701_01_001.jpg
(写真)会場の様子

セミナーでは、日本地図センター客員研究員の今尾恵介先生を講師としてお迎えし、
東海道新幹線から北陸新幹線まで、その歴史や現状をご講演いただき、
新幹線について幅広くわかりやすく解説していただきました。

また、新幹線のみにとどまらず、目白駅および周辺地域の成り立ちや、
リニア新幹線の詳細、公共交通問題全般についてなど、
さまざまなテーマについてお話しいただき、参加者は非常に熱心に聞き入っていました。

150701_01_002.jpg
(写真)講師の今尾恵介先生

セミナー終了後、
「昔の地図・時刻表を用いて説明してくださったので大変面白かった。
 知らないことも学べたのでとても良かった。」
「北陸新幹線ができるまでの、東京~金沢間の所要時間の変遷がすごいなと思いました」
「新幹線に乗りたくなりました!!山手線のお話も大変おもしろかったです」
といった感想が参加者から寄せられ、今尾先生に直接質問する姿も多く見られました。

今回のセミナーをきっかけに「新幹線」により興味を持たれたのではないでしょうか。

なお、大学図書館では1階入退館ゲート脇に関連本の展示を7月4日まで行っています。
今回のセミナーに参加された方のみならず、
参加できなかった方で「新幹線」に興味を持たれた方は、
ぜひ図書館へお立ち寄りください。

150701_01_003.jpg
(写真)図書館の関連本展示

学習院大学図書館のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
6月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

北海道には梅雨が無いとの天気予報のアナウンス。
そういえば奥日光にも梅雨が無いと聞いたなあ・・・
けれど、ここ数年ぐずぐずした6月が続いています。
と、本日29日は珍しく朝から素晴らしい陽射し。
どうか1日お天気が続きますように。

今年、見事に咲き始めたズミの花は、
強風にあおられてまるで存在しなかったように
あっという間に姿を消して行きました。

そういえば昨年も豪雨と強風ではかなく散って行ったなあ・・・

小屋前の湿原のワタスゲは毎年数を増し、
今年はすがすがしい風景を作りました。

10年前の小屋周りには無かった花、
ヤマハタザオ・オオヤマフスマ・イケマ・シロヨメナなどが姿を見せ、
里からついて来た花々も増えて、10年間の自然の移ろいを感じます。

150630_001.jpg
6月始めやっと新緑に覆われた小屋周り。
それでもハルニレ君、まだまだまばらな枝先の緑です。

150630_002.jpg
うわ~~!!気持ち悪い!!!と叫んでしまったあなた・・・ごめんなさい。
ヤマナメクジです。体長10㎝超。右の頭には触覚が出ています。
人生初めての出会いでした。

150630_003.jpg
数日で、あっという間に全身を新緑で包んだハルニレ君。
どっしりとした姿は、やっぱり日光光徳小屋のメインツリーです。

150630_004.jpg
光徳街道も新緑のトンネル。
差し込む陽射しがさらに涼やかな空間を作ります。

150630_005.jpg
戦場ヶ原をレンゲツツジの幼木がオレンジ色に染めます。
2~3年前からこんな風景が見られるようになりました。

150630_006.jpg
湯ノ湖周りには可愛い草花がそっと姿を現しては、瞬時に消えて行きます。
コバノイチヤクソウ。今にも花開く前のぷっくり膨らんだつぼみがかわいいです♪

150630_007.jpg
タニギキョウも「見つけてね!」と言っているのでしょうか、
小さく、小さく咲き誇っています。

150630_008.jpg
「きみはだあれ?」葉っぱの上にでん!と構えた虫君。
ちょっとかわいいので写真ゲット。

150630_009.jpg
気が付くと奥日光にはやたらと多いニシキウツギ。
白いつぼみの半数ほどが開花の時期に赤くなります。
疲れ切った光徳小屋のニシキウツギですが、今年は柔らかい赤を見せて美しい彩り。

150630_010.jpg
霧が走る男体山風景。様々な姿を見せてくれる自然。
そんな中で、たまらなく心満たされ、浄化していく自分を感じます。♪

新緑は深緑に色を移し、森は重みを増して行きます。
たっぷりと自然に出会える日光光徳小屋にお出かけください。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

6月6日(土)、
第65回対筑波大学附属高校総合定期競技大会(附属戦)が
行われました。

今年は文京区大塚の筑波大学附属高校を主会場に、
男女18種目で日頃の練習の成果を競い合いました。

150622_001.jpg
(写真)開会式の様子
150622_002.jpg
(写真)男子水泳
150622_003.jpg
(写真)野球 ホームランを打った選手を出迎える ※学習院高等科野球部より提供

事前開催も含めた男女18種目の競技の結果、
学習院11対筑波大附属7で、今年は見事、学習院が勝利をおさめました!

附属戦は学習院高等科、学習院女子中・高等科のホームページでも
熱戦の様子が紹介されていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

★高等科NEWS★
「附属戦壮行会」
150622_004.jpg

ブログの続きはこちらの高等科NEWS「附属戦壮行会」から

「2015年度 附属戦」
150622_005.jpg

ブログの続きはこちらの高等科NEWS「2015年度 附属戦」から


★女子中・高等科「新着情報」★
「第65回 総合定期戦(附属戦)が行われました」
150622_006.jpg

ブログの続きはこちらの女子中・高等科「新着情報」から

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

6月13日(土)・6月14日(日)の2日間、
山梨県の河口湖でフレッシュマンキャンプが行われ、
この春、運動部に入部した新入生約400名が参加しました。

160626_02_001.jpg
(写真)山梨県河口湖の小海公園にて

160626_02_002.jpg
(写真)開会式での常岡孝好学生センター所長によるご挨拶

このフレッシュマンキャンプの様子は、
学習院大学ホームページの新コンテンツ「+ACTIVE(プラスアクティブ)」
に詳しく掲載されています。

課外活動に励む学生を積極的に紹介するコーナーで、
学生たちの生き生きとした表情がたくさん紹介されていますので、
ぜひご覧ください!

※ブログの続きはこちらの学習院大学ホームページ「+ACTIVE!(プラスアクティブ)」から

四谷キャンパスの学習院初等科で、6月4日(木)、
1年生が給食用のそら豆の皮むきを行いました。

季節の食材や、日ごろ食べている給食が作られる過程を知り、
食への関心や作ってくれる方への感謝の気持ちを育む、
「食育」の取り組みの一つです。

まずは実際にそら豆の木を見て、
どのようにそら豆ができているのかを学びます。

20150616_001.jpg
20150616_002.jpg
(写真)そら豆の木についての説明

空に向かって実がなることから「そら豆」という名前なのだと
給食室の栄養士から説明がありました。
子どもたちは、絵本『そらまめくんのベッド』を読んで
そら豆に親しみを持っていたようで、興味深く聞いていました。

その後、全校生徒分のそら豆45キロの皮むきを、
1年生132人が手分けをして行いました。

20150616_003.jpg
20150616_004.jpg
(写真)そら豆をむく様子

「本当にベッドみたいにフワフワだね」と、
子どもたちは、そら豆のさやの柔らかさを確かめながらむいていました。

20150616_005.jpg
(写真)むき終わったそら豆の一部

1年生のむいたそら豆は、塩茹でにして
その日の給食としていただきます。

20150616_006.jpg
(写真)そら豆を茹でる様子
20150616_007.jpg
(写真)1人分ずつ盛り付けられたそら豆
20150616_008.jpg
(写真)給食を食べる1年生

1年生のテーブルでは、自分たちでむいたそら豆を
嬉しそうに食べる子どもたちの様子が見られました。

学習院初等科のホームページはこちらから

5月29日(金)、
豊島区主催の「ごみゼロデー~としまがいちばんきれいになる日~」に
学習院大学が参加しました。

この取り組みは、街の美化を推進するため、
区内の町会・商店会・学校・企業などが一斉に清掃活動を行うというものです。

学習院大学からは、
大学祭実行委員会と学生相談所の学生約20名が参加し、
午前8時30分から1時限が始まる前まで、
JR目白駅前、学習院大学西門前、目白通り、学習院椿の坂を清掃しました。

150611_01_001.jpg
(写真)JR目白駅前

150611_01_002.jpg
(写真)西門前

150611_01_003.jpg
(写真)学習院椿の坂

150611_01_004.jpg
(写真)目白通り

150611_01_005.jpg
(写真)清掃を終えてすがすがしい様子のみなさん

掃除をすると心がすっきりしますね!
学生のみなさんの手によって、目白の街がきれいになりました。
朝早くからお疲れさまでした。

*******************************************************
この春リニューアルした学習院大学のホームページでは、
学生のボランティア活動への取り組みについて紹介しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
*******************************************************

※学習院大学のホームページはこちらから
※学校法人学習院の地域・社会連携に関する情報はこちらから

5月27日(水)、横浜市立横浜商業高校の1・2年生80名が
目白キャンパスの学習院大学を見学しました。

アドミッションセンターの職員から大学の概要について説明した後、
学生ガイドが構内の各施設を案内するキャンパスツアーを行いました。

150608_001.jpg
(写真)アドミッションセンター職員による説明

150608_002.jpg
(写真)東別館〔旧皇族寮・国登録有形文化財〕を見学

横浜市立横浜商業高校のみなさん、
学習院大学の雰囲気を感じ取っていただけたでしょうか。
今回の見学が、皆さんの進路を考える上での参考になれば幸いです。

学習院大学アドミッションセンターでは、このように、
大学受験を間近に控えた高校生を対象とした見学プログラムを実施しています。

そのほか、小・中学生や一般の方の
個人見学・団体見学も受け入れています。
詳しくはこちらの「見学に関するご案内」をご覧ください。

みなさまのご来校をお待ちしております。


学習院大学のホームページはこちらから

************************************************************************
学習院大学は、下記の通りの日程でオープンキャンパスを開催いたします。
  8月 1日(土)10:00~16:00
  8月 2日(日)10:00~16:00
 10月24日(土)13:30~17:00
  ※詳しい情報はこちら高校生のためのウェブマガジン"SakuLIFE"から
************************************************************************

5月9日(土)、目白キャンパスの学習院大学で、
木下是雄先生一周忌記念講演会「『物理・山・ことば』を考える」が
理学部の主催により開催されました。

150514_001.jpg
(写真)会場の様子

学習院大学第6代学長を務めた木下是雄先生は、物理学者であるとともに、
ベストセラー『理科系の作文技術』の著者としても広く知られています。

この講演会は、木下先生の一周忌を迎えるにあたって、
先生の業績を振り返り、その考えを再認識しようと企画されました。

開催に先立ち、理学部の荒川一郎教授が木下先生の年表をもとに、
物理(研究分野)、山(趣味の登山)、ことば(言語技術教育)との関わりを、
さまざまなエピソードを交えながら紹介しました。

150514_002.jpg
(写真)理学部荒川教授による木下先生の紹介

その後、学習院大学理学部の田崎晴明教授がロゲルギスト(※)と『物理の散歩道』、
旧制第一高等学校の山の後輩である東京大学の中村純二名誉教授が山とスキー、
元中公新書編集長の佐々木久夫氏が『理科系の作文技術』、
そして国立国語研究所元所長の甲斐睦朗氏が言語技術教育における
木下先生の活躍をテーマに講演し、木下先生の足跡をたどりました。
※ロゲルギスト...木下先生が所属していた、物理学者の同人会

150514_003.jpg
(写真)講演の様子

会場には木下先生の写真や著書、
木下研究室のOBOG会から贈られた花などが飾られ、
なごやかな雰囲気の中、先生を偲ぶひとときとなりました。

学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから

★学習院初等科ホームページ「初等科NEWS」が更新されました★

今回は、4年生が館山へ行った際の理科学習の様子と、
本年度から始まった3年生の英語学習「わかばの英語」授業風景の
2つが紹介されています。

150620_001.jpg
(写真)館山での理科学習の様子

ブログの続きはこちらの初等科NEWS「館山 理科の学習」から

150620_002.jpg
(写真)「わかばの英語」の様子

ブログの続きはこちらの初等科NEWS「わかばの英語~英語と仲良くなる3年生」から

4月13日(月)、
学習院中等科3年生物(担当: 田中一樹教諭)の授業を取材しました。

この日の授業は武道場で行われ、
「心肺蘇生法」の実践を通して心臓の仕組みについての理解を深めました。

150608_01_001.jpg
(写真)「心肺蘇生法」授業の様子

心臓にはヒトの体に必要な血液を運び循環させる
「ポンプ」の働きがあります。

何らかの原因で心臓が止まると、臓器が酸素不足で働かなくなってしまい、
停止後1分経過するごとに10%生存率が下がると言われています。

この命の危機を救うのが、胸骨圧迫による心肺蘇生(心臓マッサージ)です。

150608_01_002.jpg
(写真)心臓マッサージの方法を説明

授業では、先生による説明の後、心肺蘇生訓練用の人形を使って、
生徒が実際に心臓マッサージの練習を行いました。

150608_01_003.jpg
(写真)心臓マッサージの練習をする生徒たち

胸骨圧迫で胸を押すところは、乳頭を結ぶ線の中心です。
倒れている人の様子に注意しながら、
一定のリズムで真上から強い力をかけて圧迫します。

大きな声で30回ずつかぞえながら、
交替で練習しました。

授業の終わりには、手をあてる位置・押し込み・戻し・声の大きさ・テンポの
5つのポイントを見る実技試験が行われました。

150608_01_004.jpg
(写真)実技試験の様子

最近の研究によって、
心肺停止状態で自発呼吸がすぐに戻らないことよりも、
血流が止まって脳に酸素が送れないことの方が
命の危険度が増すことがわかり、
心臓マッサージの重要性が高まっているとのこと。

中等科生の皆さんは、救急車が到着するまでのあいだに、
とにかく心臓マッサージを連続して行い、
脳に血流を送ることが大事だということを学びました。


学習院中等科のホームページはこちらから

***********************************************
学習院中等科のTwitterとFacebookでは、
日々の様子が随時紹介されていますので、
ぜひ「フォロー」&「いいね!」してみてください!
Twitter → https://twitter.com/chutoka
Facebook → https://www.facebook.com/chutoka
***********************************************

3月13日(金)、
学習院マネジメントスクール(GMS)主催
第10回GMS桜実会(※)講演会が開催されました。

※桜実会・・・GMS修了生の会

150511_001.jpg
(写真)講演会の様子

この講演は、全13回の講義からなる
DSCM(ディマンド&サプライ・チェーン・マネジメント)基礎コースの
最終講義として行われたものです。

講師にアマゾンジャパン株式会社代表取締役社長の
ジャスパー・チャン氏をお迎えし、
「Amazonの挑戦」と題して講演を行っていただきました。

150511_002.jpg
(写真)講師のジャスパー・チャン氏

Amazon.comは1995年7月にアメリカで創業した、
インターネット通販サイトの運営会社です。
現在は世界13カ国で事業を展開し、2014年12月末時点で
約2億7000万人が利用しています。

日本では2000年にAmazon.co.jpがスタートし、
以来、インターネット通販サイトとして成長を続けています。
アマゾンジャパン株式会社は同サイトの運営サポートを行っています。

講座では、
Amazonの企業理念とビジネスモデルや、
お客様の満足度を高める3つの柱(品揃え・利便性・低価格)について
お話しいただきました。

150511_0023.jpg

その中でチャン氏は、
「お客様からスタート」するというAmazonのビジネスモデルは
創業時から変わっていないこと、
また、これまでたくさんのことに挑戦し実現させてきたが、
常に「今日が第一歩、今日スタートに立ったばかりだ」と思いながら新しいことに挑戦しており、
これが同社の進化と革新の原動力であると話しました。

150511_003.jpg
(写真)受講生の様子

『 Still "DAY ONE" 』

今回参加した約200名のGMS受講生および学習院大学の学生たちは、
チャン氏のこの言葉に深く感銘を受けていたようでした。

講座の最後には質疑応答の時間が設けられ、
参加者からはAmazonのビジネスの特徴や
人材の採用・育成などについてさまざまな質問が寄せられ、
チャン氏はそのひとつひとつに丁寧に答えていました。

150511_004.jpg
(写真)積極的に質問を投げかけるGMS受講生

学習院マネジメントスクールでは、
現在、2015年度の各講座申し込み受付をしています。
詳しいご案内は下記URLをご覧ください。

■田島義博記念
DSCM(ディマンド&サプライ・チェーン・マネジメント)基礎コース
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~gms-off/distribution/index.html

■小売データ分析異業種交流講座
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~gms-off/research/index.html


学習院マネジメントスクールのホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

6月27日(土)までのメニューはこちらです!

150617_001.jpg
(写真)マレーシアカレー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
夏バテでも食欲をそそるスパイシーカレー。
シャキシャキ野菜を添えてヘルシーに!
味も見た目も異国情緒あふれる、本格的なマレーシアカレーを召し上がれ♪


「TABLE FOR TWO」の新メニュー開発は月2回、
Anchorの学生たちが企画案を学食側に伝え、試食をして決定しています。

今回の新メニュー試食会には、
この春入部した新1年生も参加しました。

150617_002.jpg
(写真)試食会の様子

梅雨に入り、ジメジメとした蒸し暑さのせいで食欲も落ちがちですが、
スパイシーなカレーでしっかりと栄養補給してください!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

現在、戸山キャンパスの学習院女子大学にて、
はたおり部主催の作品展「草木変化~学習院女子大学の色~」が開催されています。

150615_01_001.jpg
(写真)会場入口

この展覧会では、戸山キャンパスにある草木を使って、
さまざまに染色をしたものを紹介しています。

学習院女子大学は、都心にありながらたくさんの緑に囲まれています。
草木はそれだけでも心を癒してくれますが、
そこにはまだ不思議なパワーが秘められている、というのが今回のテーマです。

おなじ草木を使っても、葉の状態や、布の質、染液につけた回数などで
色の出方が違います。

150615_01_002.jpg
(写真)どくだみで染めたコサージュ

150615_01_003.jpg
(写真)枇杷の染色

150615_01_004.jpg
(写真)八重桜で染めたハンカチ

150615_01_005.jpg
(写真)つつじで染めた暖簾

この他にも、はたおり部指導者で学習院女子大学環境教育センターの小栗ひとみさんの作品や
学習院女子大学の第1期生で、はたおり部を創設した大原小夜さんの作品も
合わせて展示されています。

150615_01_006.jpg
(写真)小栗ひとみさんの作品「藍染について」

150615_01_008.jpg
(写真)大原小夜さんの作品「真絹のストール」と「名古屋帯」

毎週木曜日は12時~14時まで、
小栗ひとみさんによるギャラリートークも行われます。

学外一般の方もご見学いただけますので、
ぜひお越しください。
**************************************************************
展覧会「草木変化~学習院女子大学の色~」
会  場: 戸山キャンパス学習院女子大学2号館1階文化交流ギャラリー
会  期: 6月8日(月)~6月26日(金) ※日曜休館
開館時間: 9:00~16:30
※入場無料
※学外一般の方は、正門・北門の守衛室にお申し出ください。
**************************************************************

「草木変化~学習院女子大学の色~」の詳しいご案内はこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

★初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

「科長ブログ」は、日々の出来事や子どもたちへの思いなどを、
学習院初等科の酒井竹雄科長がつづるエッセイです。

今回は2年生の遠足について、
千葉県船橋市のアンデルセン公園で元気いっぱいに遊んだ様子などが
紹介されています。

150611_01_001.jpg
(写真)遠足の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

今年度1回目の大学図書館セミナーを開催いたします。

***************************************************

大学図書館セミナー「地図・時刻表からたどる新幹線」

日時:2015年6月26日(金)14:50~16:00
場所:中央教育研究棟5階 508教室
講師:今尾恵介先生(日本地図センター客員研究員)
定員:最大70名
申込:不要( 当日参加OK )
※一般の方で受講を希望される場合は、事前に学習院大学図書館までご相談下さい。

《 講演概要 》
東海道新幹線は昨年10月で開業50周年を迎えた。
計画当初は建設反対論も多かったが、今日では世界中にこの高速鉄道システムは広く普及し、
公共交通を語る上で欠かせない存在となっている。
本講演では新幹線のルーツたる戦前の「弾丸列車構想」に始まり、
今年開業の北陸新幹線に至るまでの新幹線の発達を、
地図や時刻表等の資料を参照しながらたどり、人の流れや地域の変貌を観察する。
さらにこれらを軸に日本における鉄道史を概観し、さらに今後のあり方にも言及したい。

150612_01_001.jpg

今話題の「新幹線」について、わかりやすく学べるチャンスです。
事前申込不要、当日参加OKのセミナーですので気軽にお越しください。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

セミナーの詳細はこちらから
学習院大学図書館のホームページはこちらから

★女子中高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

女子中等科の3年生が、修学旅行で山陽地方を巡りました。
世界文化遺産の見学や広島での平和学習の様子などが紹介されています。

150612_02_001.jpg
(写真)厳島神社での様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中高等科ホームページ「新着情報」から

「新着情報」ではその他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

******************************************************
7月11日(土)13:00~ 
学習院女子中・高等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

5月25日(月)~5月29日(金)に、
アメリカ・ボストンで開催されたNAFSA年次大会に
学習院大学が初めて参加しました。

NAFSAとは、アメリカを本拠地とする国際教育と国際交流を推進するための機関で、
各国から国際教育交流関係者が集まる世界最大の大会を運営し、
毎年北米の各都市で開催しています。

日本の大学・機関は「Study in Japan」として出展し、オールジャパンの取り組みで
留学生獲得および海外大学との交流促進を目的として参加しています。

学習院大学は全学的な国際化推進に加え、
2016年4月に国際社会科学部〔仮称〕の開設を予定していることから、
さらなる国際交流の基盤を整えるために参加しました。

今回のボストン大会は、世界100以上の国が参加し、
過去最大となる約12,000名が訪れました。

150611_02_001.jpg
(写真)NAFSA展示会場
150611_02_002.jpg
(写真)Study in Japan全体図
150611_02_003.jpg
(写真)Study in Japanブース

学習院大学は、既存の協定校との交流に加え、
新たな協定校開拓のため、約20の大学とミーティングの場を設け、
協力体制の再確認や、協定締結に前向きな話し合いを行いました。

150611_02_004.jpg
(写真)協定校のイギリス・ヨーク大学担当者〔写真右〕と国際交流センター秋山所長
150611_02_005.jpg
(写真)海外大学の担当者と交渉する秋山所長、星准教授
150611_02_006.jpg
(写真)国際社会科学部〔仮称〕と提携予定のアメリカ・アラバマ大学担当者と入江教授・星准教授


学習院大学は今後も国際化を推進していきます。


学習院大学国際交流センターのFacebookはこちらから
学習院大学国際社会科学部〔仮称〕のホームページはこちらから

5月16日(土)、
四谷キャンパスにある学習院初等科で、
学校説明会を実施しました。

初等科の教育活動をご理解いただくために、
学校の特色やカリキュラム、教科の授業内容などのご紹介を行いました。

当日、朝のうちは雨の降るあいにくのお天気でしたが、
受付開始前から多くの方に足を運んでいただきました。

150516_001.jpg
(写真)正門前の様子
150516_002.jpg
(写真)受付の様子
150516_003.jpg
(写真)教員による授業内容の紹介

参加した皆さんは、とても熱心に説明を聞いてくださいました。

また、説明会終了後には施設見学も実施し、
教室や体育館などをご覧いただきました。

150516_004.jpg
150516_005.jpg
(写真)施設見学の様子

初等科の学校説明会にご参加いただき、ありがとうございました。

9月5日(土)には、入試説明会も実施します。
詳細はこちらをご覧ください。

学習院初等科のホームページはこちらから

戸山キャンパスの学習院女子大学では現在、
色とりどりの紫陽花が咲いています。

150609_001.jpg
150609_002.jpg
150609_003.jpg
150609_004.jpg
(写真)女子大学2号館前に咲く紫陽花

また、正門から2号館へと続く舗道は、
青い紫陽花の並木道になっています。

150609_005.jpg
(写真)紫陽花の並木道
150609_006.jpg
(写真)色付きはじめの紫陽花

*** 6月12日(金)追加 ***
150612_003.jpg
(写真)白い紫陽花もきれいです

昨日、関東地方の梅雨入りが発表され、
しばらくすっきりとしないお天気が続きそうですが、
雨に濡れた紫陽花がキラキラと輝いて、元気をわけてくれています。

**************************

さて、学習院女子大学は今週末の6月13日(土)午後1時から、
オープンキャンパスを開催いたします。
入試や授業、大学生活に関することなど、何でもお気軽にご相談ください。
多くの方のご来校をお待ちしております。

6月13日(土)開催のオープンキャンパス情報はこちらから

5月25日(月)、目白キャンパスで、学習院と豊島区の連携による
「馬とふれあう会」が開催されました。

この会は2000年(平成12年)、
地域社会に少しでも貢献したいとの思いから
馬術部とそのOB・OG組織の桜鞍会(おうあんかい)が
企画して始めたもので、毎年春と秋に行われています。

150602_001.jpg
(写真)目白キャンパス 馬場

区内在住の心身に障がいのある子どもたちと
その保護者合わせて約100名が参加しました。

運営補助として、学習院大学の社会福祉研究会の学生も携わりました。

乗馬体験では、馬術部の学生の誘導のもと、
3頭の馬にそれぞれ子どもたちが乗り、広い馬場内をゆっくりと1周しました。

150602_002.jpg
150602_003.jpg
150602_004.jpg
(写真)乗馬体験の様子

また、参加者が自宅から持ってきた人参を直接馬にあげることができる
「えさやり体験」も行われました。

150602_005.jpg
150602_006.jpg
(写真)えさやり体験の様子

馬に触れたり乗ったりすることは、
身体の障がいや心の病を癒やす効果があるといわれています。
「ホースセラピー」と呼ばれ、
欧米では、乗馬療法として長い歴史を持っています。

150602_007.jpg

大きな馬を目の前にし、
はじめは怖がるお子さんもいましたが、
馬術部の皆さんの優しいサポートもあり
次第に慣れていく様子がみてとれました。

最後には、達成感あふれる元気いっぱいの笑顔が広がり、
和やかなひとときとなりました。

※学校法人学習院の地域・社会連携に関する情報はこちらから

学習院女子大学キャリア支援部より、
「求人のための学習院女子大学案内2016」を発行しました。

150529_01.jpg
(写真)「求人のための学習院女子大学案内」

学習院女子大学は、1学部3学科の構成となっています。
本パンフレットでは、各学科の特色や学びの特徴、
また、就職支援プログラム、社会で活躍する卒業生など、
学習院女子大学における人材の育成・輩出についてご紹介しています。

求人申し込みに際してのお願いも掲載しておりますので、
企業の採用ご担当者の方は、ぜひご覧ください。

現在、戸山キャンパス学習院女子大学7号館1階、
および目白キャンパス西5号館6階の広報課にて配布しています。

※学習院女子大学のホームページはこちらから
※Web版「企業・一般の方へ/求人に関するお願い」はこちらから

******************************************************
6月13日(土)13:00~16:30
学習院女子大学オープンキャンパスを開催します。
※詳しい情報はこちらから
******************************************************


学校法人学習院は、7月11日(土)、
大分県大分市において、第77回学習院公開講演を
開催いたします。

20150602_01.jpg

日時:7月11日(土)14:00~16:05
場所:レンブラントホテル大分(大分県大分市)

《講演内容》
「<戦後70年>どうなる日本?!」
 講師:井上 寿一 氏(学習院大学長)

「おもてなしのコミュニケーション」
 講師:勝 恵子 氏(フリーアナウンサー・学習院卒業生)

定員:500名 ※入場無料

聴講を希望される方は事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらの公開講演開催案内をご覧ください。

*********************************
【お問い合わせ】
第77回学習院公開講演事務局
TEL:0120-187-433 FAX:0800-800-9252
メール: gakushuin@kosaido.co.jp
*********************************

この公開講演は、
学校法人学習院が有する知的資産を社会へ還元することによって、
広く市民の文化の高揚に寄与することを目的に
毎年行われています。

どなたでもご参加いただけますので、ぜひお申し込みください。
お待ちしています!

150604_002.jpg
(写真)大分駅

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
5月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

5月。奥日光の春は例年より1週間~10日早めに
歩を進め始めました。

中禅寺湖付近、いつもはGW後のサクラはGW中に満開。
小さな小さな花たちが足元付近でおしゃべりを始め、
新緑は足早に空色を狭くして行きます。

それにしてもなんと多くの新緑の色!
カラーチャートの合間を抜けて緑の数を増やします。
やっとの春の日光光徳小屋。今朝の最低気温は10℃に届きませんでした。

150603_001.jpg
突然の悲鳴!騒がしい声が続きます。
本棟を巡り、管理棟を巡り、ハルニレの枝先にまで走ります。
「運動場じゃあないんです!!」と出て見ると、テンの縄張り争い?
まだ若い、ちょっと薄汚れたひとまわり小さいテンでした。頑張って生きてね♪

150603_002.jpg
ニョキニョキときのこのような
「カラマツの芽吹き」です。
あっという間に緑に包まれるカラマツの緑はとても清々しいです。

150603_003.jpg
赤沼から戦場ヶ原入口の水路付近は
いつも何かの鳥がいてバードウォッチングポイントです。
黄色~オレンジの胸を「綺麗でしょ!」とばかりに見せながら
美しい声で皆を誘うキビタキ。

150603_004.jpg
戦場ヶ原もすでに春景色。写真ではちょっと見られませんが、
薮の中には、早いワタスゲが実をつけて、
クロミノウグイスカグラが黄色く転々としています。

150603_005.jpg
やっぱり早いズミの花。赤いつぼみはピンクとなって、
白い花が咲き始めています。
今年は、6月1週目の週末で満開となるでしょう。

150603_006.jpg
さて、戦場ヶ原~小田代原付近。
足元の笹薮の中、美しいシロバナエンレイソウを見つけました。
小屋に来るまで全く知らなかった山野草。心にやさしく響きます。

150603_007.jpg
真っ先に春を囁くヒメイチゲ。花もとってもかわいいのですが
すでに金平糖の実を付けました。
転々とある金平糖に心が和む一瞬、幸せ感に包まれて・・・

150603_008.jpg
今年も日光光徳小屋の敷地内は、
シロバナノヘビイチゴの白い花が咲き誇っています。

150603_009.jpg
斜面では、ミツバツチグリが黄色く一面を彩っています。

150603_010.jpg
小鳥たちの声に包まれて、小枝から風に飛ばされる雨音を聞きながら、
雨上がりの今朝の小屋はすっきりと、緑の額に収まりました。
それでも頑張るハルニレ君。新緑はまだ2分ほどの枝先です。

春から季節はどんどんと移り替わります。
春も、夏も、秋も・・・皆様を素晴らしい自然が待っています。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」が
LINEスタンプになりました!

150602_001.jpg

『ありがとう』や『OKです』などの使いやすいメッセージと、
「さくまサン」のかわいらしいイラストのスタンプです。

中には『大学なう』『ここ試験に出るよ』など、学生生活にぴったりなスタンプも。
40種類のスタンプが120円(50コイン)で、LINE STOREにて販売中です!

表情ゆたかな「さくまサン」のスタンプで、
友達や家族とのコミュニケーションを楽しんでください!


「さくまサン」が大活躍の受験生向けサイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

6月1日(月)~15日(月)のメニューはこちらです!
150601_01_001.jpg
(写真)冷やし梅サラダうどん 炊き込み御飯つき 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
さっぱり梅ソースと青じそをはじめとした香り豊かな野菜。
あつくなってきたこれからにぴったり!
炊き込み御飯もついているお得な一品!

***********************************

「TABLE FOR TWO」の新メニュー開発は月2回、
学食の店長さんとともに行います。

あらかじめAnchorの学生たちからメニュー案とそのコンセプトを学食側に伝え、
実現可能なメニューを作ってもらい、試食をして決定しています。

150601_01_002.jpg
(写真)試食会の様子

今年は5月半ばくらいからすでに真夏かのような暑さが続いているので、
冷たい麺のメニューは人気が出そうです。ぜひお試しください!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

風薫るこの季節、
学習院の目白・戸山・四谷の各キャンパスは
色鮮やかな新緑に包まれています。

[目白キャンパス]
150526_01_001.jpg
(写真)大学図書館前

150526_01_002.jpg
(写真)東別館前

150526_01_003.jpg
(写真)南一号館前

150526_01_004.jpg
(写真)中央教育研究棟を見上げて

150526_01_005.jpg
(写真)乃木館

150526_01_006.jpg
(写真)硬式テニスコート前

150526_01_007.jpg
(写真)大学体育館の上空


[戸山キャンパス]
150526_01_008.jpg
(写真)正門を抜けて

150526_01_009.jpg
(写真)互敬会館前

150601_005.jpg
(写真)7号館前のテラス席

150526_01_011.jpg
(写真)図書館前

150526_01_012.jpg
(写真)図書館前から女子中・高等科本館を望んで


[四谷キャンパス]
150526_01_013.jpg
(写真)校庭

150526_01_014.jpg
150526_01_015.jpg
150526_01_016.jpg
(写真)校庭脇の木々

150526_01_017.jpg
(写真)近光園

学習院の3つのキャンパスは、
それぞれ豊かな自然に囲まれ、ゆったりと落ち着いた雰囲気です。
都会の真ん中で、森林浴気分を味わえますね。

本日、学習院大学の公式ホームページを
リニューアルしました!

150528_01_003.jpg
(写真)大学ホームページ メインビジュアルの一例

全学部が4年間同じキャンパスで学ぶため、
一体感があってアットホームな雰囲気の学習院大学。
その「ありのままの魅力」を広くたくさんの方に伝えられるよう、
写真や動画を多く取り入れたデザインを採用しました。

パソコン・タブレット・スマートフォンなど
さまざまな端末でご覧いただけます。

150528_02_002.jpg
(写真)パソコンで見る新ホームページ

150528_01_002.jpg
(写真)スマートフォンで見る新ホームページ

新しくなったホームページには、
課外活動に励む学生を積極的に紹介する「+ACTIVE!(プラスアクティブ)」や、
目白の杜の移り行く四季折々の風景を集めた「GAKUSHUIN GALLERY」など、
楽しいコンテンツが盛りだくさんです!

ぜひこの機会に下記URLをブックマークして、
日々発信される学習院大学の最新情報をチェックしてみてください!

★★★URLも新しくなりました★★★
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/

※旧URLにアクセスいただくと新しいURLに移行します。

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

4月23日(木)に行われた、
国際交流センター主催「留学生懇親会」の様子が
紹介されています。

150528_001.jpg

学習院大学および学習院高等科の留学生、
国際交流センターの学生ボランティア、留学経験者、
また、これから留学する予定の学生たち140名が参加し、
とてもにぎわったとのことです。ぜひご覧ください!

ブログの続きはこちらの大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」から

4月25日(土)、兵庫県神戸市の甲南大学で
学習院大学対甲南大学運動競技総合定期戦の開会式が行われました。

学習院側が「甲南戦」と呼ぶこの大会は、
昭和31(1956)年、甲南大学との間で、スポ―ツを通じて交流を深め、
互いに切磋琢磨することを目的として開催されたのがはじまりです。

会場を提供し、運営を担う当番校を
毎年交互に受け持ちながら歴史を重ね、
今年で60回目を迎えました。

20150520_01_001.jpg
(写真)開会式の様子

20150520_01_002.jpg
(写真)学習院大学井上寿一学長の挨拶

開会式終了後は、開催60回目を記念して、
甲南大学の岡本キャンパスに桜(ソメイヨシノ)の植樹を行いました。

20150520_01_003.jpg
(写真)甲南大学の長坂悦敬学長〔写真右〕と井上学長による記念植樹

甲南・学習院の両キャンパスには、
大会の節目ごとに植えられた木々があり、
両校の友好の歴史を今に伝えています。

20150520_01_004.jpg
(写真)甲南大学実行委員長と学習院大学実行副委員長による記念植樹

甲南戦は運動部による対抗戦で行われ、
その結果を合計して勝敗を競います。

甲南大学はスポーツ推薦入学制度のある強豪校。
学習院大学のこれまでの成績は、2勝56敗1分け・・・!

今年も12月12日(土)〔※予定〕の閉会式まで、熱い戦いが繰り広げられます。
学習院大学の皆さんの健闘を期待しています!!

5月19日(火)、
目白キャンパスの学習院大学図書館で、
山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム(※1)の利用促進イベント
「学習院大学坐禅部プレゼンツ~目白の杜で坐禅体験!?」が
開催されました。

150520_001.jpg
(写真)坐禅体験会の会場

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアムに加盟する、
本学を含む8大学の学生を対象に、図書館内で坐禅を体験してみよう、
という企画です。

坐禅を体験したことがない人も気軽に参加できるよう、
本学坐禅部の全面協力を得て、実施しました。

150520_002.jpg
(写真)坐禅の方法を説明する坐禅部部長

坐禅部による指導のもと、20分間の坐禅を行い、
休憩を挟んで再度20分、合計2セット行いました。

150520_003.jpg
150520_004_2.jpg
(写真)坐禅中の様子
150520_005.jpg
(写真)1回目終了時。慣れない坐禅に足が痛む

坐禅を行う際は、極力体を締め付けないように、
ベルトや時計などは外した状態で行います。
(本来は靴下も脱ぐようですが、今回は簡易的な
 体験会のためそのままで行いました)

2セットの坐禅終了後は、参加者全員で茶菓を頂く
「茶礼」も体験しました。

150520_006.jpg
(写真)茶礼の様子

今回参加してくれた國學院大學の学生さんは、
「脚が痺れた」とおっしゃっていましたが、
楽しく参加してくれたようです。

この「坐禅体験!?」は、6月9日(火)にも行われます。
事前申込は不要ですので、参加を希望される方は、
13:00に大学図書館4階休憩室に直接お越しください。
一緒に坐禅を楽しみましょう!

※1山手線近隣の8大学(青山学院・学習院・國學院・
  東洋・法政・明治・明治学院・立教)の図書館を、
  学生が所属する大学の図書館と同じように、
  本の貸出などのサービスを受けられるよう締結された協定です。
  詳細はこちらから

「坐禅体験!?」イベントの詳細はこちらから

山手線沿線私立大学図書館コンソーシアム各大学利用促進イベント一覧

学習院大学図書館のホームページはこちらから

5月9日(土)、
目白キャンパスの学習院百周年記念会館で、
学習院大学史料館講座
「近代の皇室とボンボニエール ―三の丸尚蔵館の収蔵品を中心に―」が
行われました。

150518_001.jpg
(写真)会場の様子

この講座は、現在北2号館1階の大学史料館展示室で行われている
特別展「ボンボニエール ―掌上の皇室文化―」に合わせて企画されたものです。

宮内庁三の丸尚蔵館主任研究官の五味 聖さんを講師にお迎えし、
ボンボニエールの始まりやその特徴、
また、主な作例を明治期から昭和期の時代区分ごとにわけて紹介、
解説していただきました。

150518_002.jpg
(写真)講師の五味 聖 氏

ボンボニエールは、
皇室の慶事にともなう宮中饗宴や外国からのお客様を接遇する機会などに、
記念の引出物として配られる小さな工芸品です。

金平糖などの小さなお菓子を中に入れ、おもてなしの心を込めて贈る慣習は、
現在の皇室でも続いています。

150518_003.jpg
(写真)ボンボニエールの一例
香炉形ボンボニエール・銀製・十六葉八重表菊(天皇家紋)

上記一例のボンボニエールは、
直径6.0センチ、高さ5.5センチ、重さ74グラムと
手のひらに乗るサイズに精緻な意匠が凝らされています。

作られた時代によってさまざまな材質のものがあり、
ひとつひとつのボンボニエールから当時の世相をうかがい知ることができます。

150518_006.jpg
(写真)解説の様子

そのほか講座では、どのようにボンボニエールが作られたのか、
刻印にみる製作者とその技術についての解説もありました。

皇室によって長年にわたりボンボニエールの製作が続けられたことが、
経済的にも精神的にも日本の工芸技術の現場を支え、
優れた技術が継承される一因になったと考えられるとのこと。

ボンボニエールは、明治から昭和にかけての日本の歴史とともに、
近代の皇室の歩みを物語っています。

**************************************************************

学習院大学史料館で収蔵しているボンボニエール250点余の中から
選りすぐりの約70点を展示した、
特別展「ボンボニエール ―掌上の皇室文化―」は、
6月6日(土)までの開催です。

ぜひこの機会にお越しいただき、
ボンボニエールの魅力を間近で感じてみてください。

150518_005.jpg

開館時間:平日・土曜日10:00-17:00
休館日:日曜日・祝日 ※入場無料

「ボンボニエール展」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院大学理学部では、
学生が「働く」ことの意義を理解し、
中長期的なキャリアを考えた就職ができるよう、
外部の専門機関や卒業生の協力を得て、
さまざまな独自の支援プログラムを展開しています。

その中のひとつ、連続セミナー「キャリアの学校」の第1回が
5月7日(木)に開催され、約80名の学生・大学院生が参加しました。

これは、外部の専門機関と提携したプログラムで、
理学部生ならではの就職活動の悩みを解決する全4回のセミナーです。

第1回はオリエンテーションとして、
理系のキャリアにはどのような選択肢があるのか、
どのような強みと弱みがあり、企業からは何を求められるかなどについて説明があり、
4回のセミナーで何を学ぶことができるかが紹介されました。

150507_001.jpg
(写真)「キャリアの学校」オリエンテーションの様子

また、このセミナーでは毎回グループワークを行います。
与えられた課題について、まずは自分で考え、
それをグループ内で共有することにより、自分の考えをより深めていきます。

150507_002.jpg
(写真)グループワークを行う学生たち

各グループで意見交換を行った後、それぞれがまとめた結論について、
代表していくつかのグループが発表を行いました。
いずれも異なる視点からとらえた意見が述べられ、
参加した学生たちは他のグループの発表を興味深く聞いていました。

また、5月9日(土)には
理学部主催の就職セミナー「働く上で必要な能力とは」が開催され、
約70名の学生が参加しました。

「働く上で必要な能力」とは何かを理解し、行動できるようになること、
また、就職活動を自分のことと認識して
社会人としての基礎を作っていくきっかけとすることを目的として、
まずは理学部OBによる講義を受け、
それをもとにしたグループワークとプレゼンテーションを行いました。

150509_003.jpg
(写真)理学部OBによる講義
1505009_004.jpg
(写真)グループワーク後のプレゼンテーション

参加した学生からは、
「自分が気づかない視点からの意見が聞けて参考になった」
「頭のなかで話す内容を考えていたが、
話してみると十分に整理されていないことに気づいた」
などの感想が聞かれました。

理学部生のための就職セミナーは今後、
以下のとおり開催を予定しています。

キャリアの学校
第2回:6月11日(木)理系のコミュニケーション
第3回:9月24日(木)理系の基礎能力
第4回:10月29日(木)理系の専門知識
いずれの日程も、17:30~19:00に南7号館101教室で開催予定です。

理学部就職セミナー
・6月13日(土)13:00~16:00 南7号館101教室
・10月17日(土)13:00~16:00 南7号館101教室
・11月7日(土)13:00~17:00 南7号館101教室ほか
・2016年2月(予定) 面接練習会
※詳細は、南7号館1階の掲示板で確認してください。
(日程および会場は変更になる場合があります。)

上記セミナーはすべて、主に学部3年生と
博士前期課程1年生の方を対象としていますが、
それ以外の学年の方も希望があれば受講可能です。

また、全学年の方を対象としたセミナーも
9月26日(土)13:00~16:00 南7号館101教室にて
開催を予定しています。

理学部の皆さんはぜひ、積極的に参加してください。

学習院大学理学部のホームページはこちらから

★大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」が更新されました★

東京都大学ソフトボール連盟が主催する
平成27年度第47回春季リーグ戦(2部)において、
学習院大学女子ソフトボール部が見事優勝いたしました!!

「サクッと情報局」では、
4年生が最終回に意地を見せ、感動的な優勝を決めた最終戦の様子や
主将の喜びのコメントなどが紹介されています。

150521_001.jpg
(写真)円陣を組む女子ソフトボール部の皆さん

ブログの続きはこちらの大学ブログSakuLIFE「サクッと情報局」から

今週末の24日(日)には、1部リーグへの道を開く
「入れ替え戦」が行われます。応援よろしくお願いいたします!!

4月12日(日)、目白キャンパスで
「オール学習院の集い」が開催されました。

この催しは、幼稚園から大学までの在校生や卒業生、父母の方々、
教職員および近隣地域住民の皆様との親睦と交流の場として
毎年開かれている行事で、今年で29回目となります。

当日は好天に恵まれ、1万人を超える方々にお越しいただきました。

創立百周年記念会館では今年も「オール学習院大合同演奏会」が行われ、
各校の在校生・卒業生が合唱や演奏を披露しました。
最後は全員がひとつのステージで一緒に演奏し、その迫力で観客の皆さんを魅了しました。

150412_01_001.jpg
(写真)初等科(合唱部)の発表

150412_01_002.jpg
(写真)OB管弦楽団による演奏

150412_01_003.jpg
(写真)オール学習院合唱団・管弦楽団による大合同演奏

また、キャンパス内では、一日を通して多くの方に楽しんでいただけるよう
様々な催し物やイベントが行われました。

150412_01_004.jpg
(写真)復興支援プログラム「アクアマリンふくしま」

150412_01_005.jpg
(写真)復興支援プログラム「學習院大學應援團の"福島応援"」

150412_01_006.jpg
(写真)お楽しみ縁日

150412_01_007.jpg
(写真)新潟県魚沼市物産展のお餅つき

150412_01_008.jpg
(写真)ボート部即席マシンローイング大会

150412_01_009.jpg
(写真)学習院大学剣道部野試合

150412_01_010.jpg
(写真)学習院女子大学ジャズダンス部のステージ発表

キャンパス内にある5ヵ所の文化財にスタンプ台を設置し、
「文化財めぐりスタンプラリー」も行いました。

150412_01_011.jpg
(写真)北別館(史料館)前の様子

また、2016年4月、
学習院大学に開設予定の国際社会学部(仮称)が
南2号館で学部紹介のパネル展示と施設見学を行いました。

150412_01_012.jpg
(写真)南2号館

150412_01_013.jpg
(写真)展示会の様子

150412_01_014.jpg
(写真)着任予定の教員による説明

その他にも、各校舎ではクラブやサークル、ゼミごとの同窓会が開催されるなど、
世代を超えた多くの方々に、
目白キャンパスでの一日をお楽しみいただきました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

★女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

4月28日(火)に学習院女子中・高等科で行われた、
球技会の様子が紹介されています。

初夏の陽気の中、ドッジボールやバスケットボールなど計6競技で
白熱した試合が展開されました。

150509_01_001.jpg
(写真)バスケットボールの試合の様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

******************************************************
7月11日(土)13:00~ 
学習院女子中・高等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

「新着情報」ではその他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

5月1日(金)、
四谷キャンパスの学習院初等科で「1年生を迎える会」が行われました。

正堂に全児童が集まり、
2年生から6年生が歌や詩の発表、手作りのプレゼントなどで
1年生を歓迎しました。

1年生が6年生と手をつないで入場し、
6年生から、モールで作ったお花がプレゼントされました。

150501_001.jpg
(写真)6年生が1年生にお花をつけてあげる様子

合唱部と3年生はそれぞれ、合唱を披露しました。

150501_002.jpg
(写真)合唱部の合唱
150501_003.jpg
(写真)3年生から歌のプレゼント

4年生からは、詩の朗読がプレゼントされました。
詩の内容に合わせたジェスチャーに、1年生も大喜びでした。

150501_004.jpg
(写真)ジェスチャーをしながら詩を朗読する4年生

2年生と5年生からは、手作りのこいのぼりが贈られました。
舞台上や会場に飾られている大きなこいのぼりは
2年生が作ったものです。

5年生からは、一人ひとりからのメッセージが書き込まれたこいのぼりが
1年生に手渡されました。

150501_005.jpg
(写真)5年生からのメッセージ付きこいのぼりのプレゼント

最後に、1年生全員が舞台に上がり、
上級生の皆さんにお礼の言葉を述べました。

150501_006.jpg
(写真)1年生からお礼の言葉

この会を通じて、上級生から1年生に、
「初等科は楽しいところです」
「一緒に楽しい初等科生活を送りましょう」
というメッセージが何度も送られていました。
1年生は、優しい上級生たちに歓迎されて嬉しそうでした。

1年生を迎える会のあとは、
1年生と6年生が一緒に校庭で遊びました。

150501_007.jpg
150501_008.jpg
150501_009.jpg
(写真)校庭で元気に遊ぶ児童たち

1年生はもちろんですが、
毎年、6年生もこの時間をとても楽しみにしていて、
一緒になって力いっぱい走り回り、校庭はたくさんの笑い声に包まれていました。

また、6年生は1年生に色々な遊びを教えてあげたり、
気温が25度を超える暑い日だったので
水分補給をするよう声をかけたりと、
楽しく遊びながらも、1年生を気遣う様子が見られました。

1年生の皆さん、これから、上級生の皆さんと一緒に
楽しい初等科生活を送ってくださいね。

学習院初等科のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は昨年4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

5月30日(土)までのメニューはこちらです!
20150514_01_001.jpg
(写真)キャベツたっぷり!生姜焼き丼 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
たっぷりキャベツと栄養満点の豚肉に特製の生姜タレを染み込ませた満足どんぶり。
豚肉は疲労回復効果のあるビタミンB1を多く含んでいるので、疲労回復にもってこい!
何かとだらけがちな5月も、コレを食べれば乗り切れるかも!?

今月のテーマは、
『五月病をぶっとばせ!』とのこと。
栄養満点のどんぶりを食べて、パワーをつけましょう!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

4月27日(月)・30日(木)の2日間にわたり、
学習院大学文学部教育学科と教職課程との共同で、
教師を目指す学生を対象に「教員採用試験に向けての説明会」を実施しました。

150508_001.jpg
(写真)説明会の様子

神奈川県・横浜市・川崎市・埼玉県・さいたま市・千葉県および千葉市の
各教育委員会から教員採用試験の担当者の方をお迎えし、
各自治体の教育方針や求める教員像、採用試験の要点などについて
お話しいただきました。

150508_002.jpg
(写真)教員採用試験担当者による説明

登壇した6名の担当者は以前に教師として務めていた経験のある方がほとんどで、
教育現場にいたからこそ伝えることのできる生の声を熱く語っていただきました。

その中でも多くの方が、
「できることなら自分たちの県や市の採用試験を受けて教師になってほしいが、
 究極はどこの自治体でもいいから、とにかく『いい先生になってほしい』
 それが私たちの願いです」ということを話されていました。

150508_003.jpg
(写真)聴講する学生たちの様子

参加学生は延べ80名にのぼり、小学校・中学校・高等学校と校種や教科の志望もさまざまですが、
担当者の方の具体的で力強い説明にぐいぐい引き込まれている様子でした。

子どもたちの未来のために、
子どもたちの未来をともに歩む教師をひとりでも多く育てたいという願いは、
教育学科と教職課程も同様です。

私たち教職員も更なる指導の工夫や支援のあり方を考えていこうと
強く心に誓いました。


学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学文学部教育学科のホームページはこちらから

目白キャンパスの5月の風物詩「目白音楽祭」が今年もスタートしました。

この音楽祭は、1974(昭和49)年から続く
学習院大学の恒例イベントです。

音楽系のクラブに所属する学生たちが、
自ら企画・運営し、連日熱いパフォーマンスを繰り広げています。

晴天に恵まれた5月11日(月)、会場の輔仁会館前外ステージには、
多くの学生が集まり、とてもにぎやかなお昼休みとなりました。

20150511_01_001.jpg
20150511_01_002.jpg
20150511_01_003.jpg
(写真)目白音楽祭の様子

今後のスケジュールは以下の通りです。
この機会にぜひ、学生たちの歌と演奏を聴いてみてはいかがでしょうか?

【輔仁会館前 外ステージ】
5月13日(水)世界民謡研究会
5月14日(木)軽音楽部
5月16日(土)応援団吹奏楽部
5月19日(火)世界民謡研究会
5月20日(水)音楽愛好会
5月21日(木)フライングハウス
5月22日(金)中南米研究会
5月25日(月)軽音楽部
5月26日(火)音楽愛好会

【富士見会館ホール】
5月15日(金)音楽愛好会
5月18日(月)スカイサウンズジャズオーケストラ部
5月27日(水)軽音楽部
5月28日(木)リーダース
       〔音楽愛好会・フライングハウス・軽音楽部・世界民謡研究会各代表者〕

※時間はいずれも12:10~13:00で行われます。
※輔仁会館前外ステージでの演奏は、雨天の場合、中止になることがあります。

★初等科ホームページ「科長ブログ」が更新されました★

「科長ブログ」は、日々の出来事や子どもたちへの思いなどを、
学習院初等科の酒井竹雄科長がつづるエッセイです。

今回は4月28日(火)に行われた写生会について
紹介されています。

150512_001.jpg
(写真)写生会の様子

ブログの続きはこちらの学習院初等科ホームページ「科長ブログ」から

******************************************************
5月16日(土)9:30~と13:30~の計2回にわけて、 
学習院初等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

学習院初等科のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
4月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

ちょっと遅れた4月のお便りです。
「春遠からじ」「春よ来い」などどつぶやきながら、
ぐずついた窓の外を眺めた4月。

気温はそこそこ上り、その中を降る雨はどんどんと雪を融かしてくれました。
4月ってこんなに雨が降ったかなあ。

それでも合間に2日ほど雪が降り、「これが奥日光よね」とちょっと納得。

ところが下旬になると晴れ続き。
「いつもより暖かいね」「サクラの開花がはやいね」と地元の方々。
ハルニレ、ミズナラも早めに芽吹いてくれるのでしょうか?
新緑に包まれる日光光徳小屋が待ち遠しいです。

150509_001.jpg
森の中の雪解けは、木々の足元から丸く融け、徐々に面積を広げます。
春を待ちながら、無くなる雪に心が残る一瞬です。

150509_002.jpg
ぐずついた4月。日光光徳小屋の風景です。
雪の残る斜面にはちらほら緑も姿を見せていますが、
立ち込めた霧に何だかハルニレも体を硬くしているようです。

150509_003.jpg
21日には、いろは坂の中ほどにサクラのつぼみを見つけました。
心和むかわいいピンクにうれしさが湧いてきます。

150509_004.jpg
とうとう白根山も真っ白な衣を脱ぎ、
まばらに地肌を現し始めました。
でもね、まだまだ登山は重装備でお願いしますね。
山頂では突然雪になったり、ヒョウが降ったりする季節です。

150509_005.jpg
4月にはまずミソサザイの目覚ましに始まり、
キセキレイが家の周りをキチキチと飛び回り、
カケスはギャーギャーと騒いでいます。
たくさんの小鳥たちが声を競い合い始めました。
今年のツグミはちょっと大勢でのお出かけです。 *写真はツグミです

150509_006.jpg
月末の小田代原の風景に色を添える花たちはまだでしたが、
青空と日差しが春を告げていました。

150509_007.jpg
と、足元の枯葉の中にツボスミレ。ヒメイチゲは歩道の脇に転々と・・・
「咲いてるよ!咲いてるよ!見て!見て!」と小さな声でささやき合い、
可憐な姿を見せてくれました。

150509_008.jpg
ある日、車止めにしていた丸太がこんな有様に。3~4本見事につつかれています。
犯人はアカゲラ?コゲラ?樹皮の下の虫をずいぶん食したようで・・・
食材の発見に満足顔に、嬉しそうなお食事風景が目に浮かびます♪

150509_009.jpg
さて、男体山をバックのアカヤシオ。今、サクラとアカヤシオが満開です。
美しい春の色彩に包まれています。

150509_010.jpg
華厳の滝も水が多く、取り巻く木々もちょっぴり新緑に。
段々に落ちる水が風に飛ばされ迫力がありました。
周りの岩から流れ落ちる小さな滝も何だかかわいい筋を見せて・・・

日光光徳小屋も雪囲いを取り、オープンしています。

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(冬季は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

附属戦(対筑波大学附属高校総合定期戦)は、
学習院の男女高等科と筑波大学付属高校の運動部を中心とした、
伝統ある総合定期戦です。

高等科NEWSでは、6月6日(土)に行われる本大会に先駆け、
埼玉県戸田市の戸田オリンピックボートコースで行われた
ボート競技の様子が紹介されています。

150502_001.jpg
(写真)附属戦ボート競技の様子

ブログの続きはこちらの学習院高等科ホームページ「高等科NEWS」から

附属戦で争われた7種目すべてで学習院クルーが勝ち、
完全勝利を成し遂げたとのこと。
学習院高等科ボート部のFacebookでは試合結果の詳細や
試合当日の様子なども掲載されています。
ぜひ合わせてご覧ください。

学習院高等科ボート部Facebookはこちらから
学習院高等科のホームページはこちらから

4月23日(火)、目白キャンパスの学習院大学で
理学部初期消火訓練が行われました。

理学部では毎年、万が一の事態に備えるため、
授業の一環としてこの訓練を行っています。

学生および教職員約150名が参加しました。

まずはじめに、豊島消防署目白出張所の職員の方による
講義を受けました。

ここで、地震が発生した場合の身の安全の確保や、
避難・帰宅に際しての注意点を聞くことができました。

150423_01_001.jpg
(写真)講義の様子

その後、南2号館1階ピロティに移動し、
水消火器を手にして実際に訓練を行いました。

150423_01_002_2.jpg
(写真)消火器訓練の様子①

150423_01_004.jpg
(写真)消火器訓練の様子②

150423_01_002.jpg
(写真)消火器訓練の様子③

また、南2号館1階ピロティに設置してある
消火栓の扱い方についても説明を受けました。

150423_01_005.jpg
(写真)消防署職員の方による消火栓の説明

今回の訓練では、消火器などの扱い方以外にも、
日常生活において火の元に十分気をつけること、
また、万が一火事を起こしてしまった場合や発見した場合には、
一人での消火活動を考えずにみんなで協力をすることの重要性も学びました。

学習院大学理学部のホームページはこちらから

5月5日(火・祝)はこどもの日です。
四谷キャンパスの学習院初等科と目白キャンパスの学習院幼稚園では、
子どもたちの健やかな成長を願って、大きなこいのぼりを揚げました。

150501_001.jpg
(写真)こいのぼりが揚がった初等科の校庭

150501_002.jpg
(写真)空を泳ぐこいのぼり

幼稚園では毎朝、年長組の子どもたちが、
ホールから大きなこいのぼりを運びます。

150428_002.jpg
(写真)こいのぼりを運ぶ園児たち

150428_003.jpg
(写真)こいのぼりを揚げる様子

また、玄関ホールには五月人形が飾られていました。

150428_005.jpg
(写真)五月人形をながめる園児たち

今日から風薫る5月に入りました。
学習院初等科と学習院幼稚園の子どもたちは、
目にあざやかな新緑のさわやかな空気の中で、
元気いっぱいに過ごしています。


学習院初等科のホームページはこちらから
学習院幼稚園のホームページはこちらから

インターネットのニュースサイト「マイナビニュース」で、
大学学生食堂のスペシャルメニュー「メガ盛りカレー」が紹介されました。

150430_001.jpg
(写真)メガ盛りカレー 520円 + カツ 120円

ライスは約500g、Mサ