ホーム > 学習院公式ブログ

2017年のさくまサン年賀状ができました!!
皆さま是非ご使用ください。

今年は、一富士二鷹三茄子です!
161212_001.jpg
皆さまにとって2017年が、良い年でありますように。

学習院輔仁会音楽部より第60回記念定期演奏会について
ご案内がありましたのでご紹介いたします。

-----------------------------------------
皆さまごきげんよう。
輔仁会音楽部です。

この度、我々音楽部は記念すべき第60回の定期演奏会を開催する運びとなりました。
これもひとえに、みなさまの長年にわたるご支援ご協力のおかげと、
心より感謝申し上げます。

学習院輔仁会音楽部として、
管弦楽団と合唱団が合同で行う定期演奏会で我々が挑むのは、
大曲マーラー作曲 交響曲第2番「復活」。
大編成のオーケストラに加え合唱が加わる終楽章では、
他のどんな作品でも味わえない感動の音楽をホールの隅々までに響き渡らせます。

プログラム前半ではブラームス作曲「運命の歌」を取り上げます。
ブラームスらしい管弦楽と合唱の豊かな音色をお楽しみいただけます。
指揮には山下一史先生をお迎えし、
節目の演奏会にふさわしい壮大なスケールで演奏いたします。

部員一同、皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

♪演奏会詳細♪
■学習院輔仁会音楽部 第60回記念定期演奏会
日時:2016年12月27日(火)
開場17:30 開演18:30
場所:東京芸術劇場 コンサートホール
  (池袋駅西口より徒歩2分・駅地下2b出口より直結)
指揮:山下一史
曲目:
●J.ブラームス/「運命の歌」op.54
●G.マーラー/交響曲第2番ハ短調 「復活」
チケット:
 全席指定 前売券500円 当日券1000円
 ☆東京芸術劇場ボックスオフィス(TEL:0570-010-296)
 ☆中高生・学生・65歳以上無料御招待実施中!
 詳しくは公式HP(http://ghongakubu.at-ninja.jp)をご覧下さい。
 公演に関するお問い合わせ:
  gh.ongakubu.ko.ho@gmail.com
 チケットに関するお問い合わせ:
  gho.ticket@gmail.com
 後援:学校法人学習院・学習院大学・学習院女子大学

161201_001.jpg

161201_002.jpg

現在、目黒区駒場の日本近代文学館にて開催されている
展覧会「漱石 -絵はがきの小宇宙」展にて
学習院女子大学所蔵の絵はがきが展示されています。

161101_001.jpg
161101_002.JPG
(写真)日本近代文学館

展覧会を主催した日本近代文学館からの要請により、
学習院女子大学から、所蔵する夏目漱石宛の絵はがき10点を
貸し出しています。

161101_003.JPG
(写真)提供資料 野口豊一郎から漱石への絵はがき
161101_004.JPG
(写真)提供資料 橋口貢 橋口五葉から漱石への絵はがき

展覧会開催日前日である9月23日に、
学習院女子大学から学生が内覧会に参加しました。

161101_005.JPG
161101_006.JPG
161101_007.JPG
(写真)内覧会の様子

展示品の多くは明治時代から大正時代に書かれた絵はがきですが、
保存状態も良く、絵の色も鮮やかで、文字も読み取ることができます。

参加した学生からは
「絵はがきは、現代には無い趣や魅力があり、とても素敵でした。」
「丁寧に描かれ、文字が綴られた一枚一枚から、
絵はがきを書いた方の心を感じることが出来ました。」
「父や先生として慕われていた夏目漱石など新しい顔を知ることが出来ました。」
などの感想が聞かれました。

「漱石 -絵はがきの小宇宙」展は日本近代文学館にて
2016年11月26(土)まで開催中です。

日本近代文学館のホームページはこちら
学習院女子大学図書館のホームページはこちら
学習院女子大学のホームページはこちら

四大学運動競技大会(四大戦※)開催まで、
あと約1週間となりました。

中央教育研究棟1階のSUBWAY学習院大学店では、
四大学運動競技大会実行委員会とのコラボレーションメニュー、
「ソーセージタコス」(490円)を販売中です!

161012_001.jpg
(写真)店内でワゴン販売をする四大学運動競技大会実行委員会の皆さん
161012_002.jpg
(写真)学習院大学広報大使さくまサン
「おいらもこれを食べて学生のみんなを応援するよ~☆」

学生が考案したこのオリジナルメニューの販売は、
明日14日(金)まで。1日限定30食、11時半からの販売です。
ぜひお試しください!


※四大戦・・・戦後新制大学として発足した大学のうち、
旧制高校時代の結びつきを持った四つの大学
(成城大学、成蹊大学、武蔵大学、学習院大学)が、
スポーツを通じ親睦を深め、技術向上を図ることを目的として
昭和25年に始められた、伝統ある競技大会です。

今年は10月21日(金)より3日間、武蔵大学で行われます。

学生の課外活動応援サイト「+ACTIVE!」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

日光光徳小屋からのお便り~2016.9~

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
9月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

9月の奥日光はすでに秋が始まっています。
小屋の周りではいつの間にか色んな所にキノコが出現し、
シラカンバは黄色に、ツタウルシや山ブドウは赤く色づきはじめました。

160927_001.jpg
160927_002.jpg

小田代ヶ原の草紅葉と
「貴婦人」(奥に生える1本のシラカンバで清楚な立ち姿がそう呼ばれています)です。
写真等でご覧になられる方も多いかと思いますが、
やはり目の前に広がる景色は素晴らしいです。

*******************

今月の「お便り」は自転車特集でお送りいたします。

<その1>
主人が11日(日)に「ツール・ド・日光」に参加してきました。
今年で6回目を迎える自転車の大会で、
「山岳チャレンジ日光(約100km)」「ファンライド山岳日光(約96km)」
「ファンライド日光(約70km)」「日光サイクリング(約47km)」の4つのコースがあり、
タイムレースではなく自分のペースでサイクリングを楽しむイベントです。

160927_003.jpg

これは大会主催者から配付されるコース図です。
主人が参加したのは「山岳チャレンジ日光(約100km)」で、
出場者も700名近くいたそうですが、ほとんどの参加者が無事完走しました。

このコースは日光駅の東南方面にある「日光だいや川公園」がスタート・ゴールとなり、
日光街道の杉並木を走り、渓谷がきれいな鬼怒川・川治温泉街を経て五十里湖を周り、
川治ダムを過ぎてからは大笹牧場から霧降高原までのヒルクライムをして、
最後は一気に山を下ってゴールに向かいます。

5時間程でゴールしましたが、途中5か所のエイドステーションでは、
スポーツドリンクや梅干し、ドーナッツ、バナナ、クッキー、おむすび等の他に、
日光名物の豆腐、ゆばむすび、そばが提供されて大いに食べて楽しんで来たようです。

栃木の自転車プロチームの宇都宮ブリッツェンのメンバーや女子チームも一緒に走り、
プロ選手の走りを見る事もできて満足していました。

160927_004.jpg

スタート・ゴール地点です。
一緒に走る宇都宮ブリッツェンのメンバーや女子チームが紹介されています。

160927_005.jpg

これが完走証です。この他にも参加賞にスポーツタオルをもらいました。

栃木県では宇都宮で開催されるジャパンカップサイクルロードレースが有名ですが、
これからは日光周辺を中心としたロードレースやヒルクライムレースも行われるそうです。

自転車ファンの方は光徳小屋を利用して、
トレーニングやレース参加にご利用されてはいかがでしょう。

<その2>
今月のゼミ・サークル紹介は自転車同好会です。
メンバー10名による1泊2日の合宿で光徳小屋を利用してもらいました。

さすが自転車同好会!1日目は東武日光駅から輪行でいろは坂を登り、
中禅寺湖から戦場ヶ原を走り元気いっぱいで光徳小屋まで入って来ました。
いろは坂は人気のコースで休日には多くのサイクリストが登りに来ます。

翌日のツーリングでは主人も道案内を兼ねて、
戦場ヶ原を一緒に走らせてもらいました。ありがとうございました。

160927_006.jpg

いろは坂を激走するレース班。

160927_007.jpg

途中の黒髪平で休憩中のツーリング班。

160927_008.jpg

光徳小屋の前で集合写真。
小屋入口から小屋までの砂利道はロードバイクでは走ることができないので、
手でひいて歩いて来なくてはなりません。みなさまお疲れさまでした。

*************************************************************

日光はこれから紅葉の美しい季節を迎えます。
ゼミや部活動などのレクリエーションや勉学の余暇に、
自然あふれる日光光徳小屋をぜひご活用ください。

詳しいご案内はこちらから

「+active! 」学習院大学自転車同好会コラムはこちらから

明日9月24日(土)より、
「50周年記念オール学習院書展」が開催されます。

160923_001.jpg

この書展は、学習院に所縁のある方々の参加する書道展として、
昭和41年より毎年開催され、今年で50年を迎えます。

学習院大学・学習院女子大学の現役の書道部員のみならず、
各校の卒業生の作品も多く並びます。

ぜひお越しいただき、芸術の秋をお楽しみください。

************************************
50周年記念オール学習院書展
 会 期:平成28年9月24日(土)~27日(火)
     10時~19時(最終日は15時まで)
 会 場:東京芸術劇場5階(ギャラリー1・2)
     東京都豊島区西池袋1-8-1(池袋駅西口より徒歩2分)
     Tel.03-5391-2111(代)
************************************

学習院生涯学習センターでは現在、
2016年度「秋講座」を開講しています。

★160916_001.jpg
(写真)2016年度 秋講座パンフレット

秋講座では、
特別講座9講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」「資格試験講座」など
8分野全184講座をご用意しております。

受講資格は「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについてお知りになりたい方、
秋講座のWebパンフレットを見てみたいという方は、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

また、生涯学習センターFacebookでは、
これまでの講座の様子や、今後の開講内容などを紹介しています。
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin

《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040

月刊「東京人」7月号(都市出版刊/6月3日発売)
特集「都心の森を歩く」で目白キャンパスが紹介されました。

160705_001.jpg
「東京人」7月号表紙

東京にある「森」の歴史と楽しみをさまざまな角度から紹介する企画で、
学習院大学卒業生で編集者の若菜晃子さん(91年文学部国文学科卒)が
記事の執筆と写真撮影を担当しました。

在学時の思い出や恩師への思いを織りまぜながら、
新緑の目白キャンパスを情感ゆたかにご紹介いただいています。
ぜひご覧ください。

※購入については最寄りの書店等へお問い合わせください。
構内の見学について、詳しくはこちらのページをご覧ください。

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

6月6日(月)~6月18日(土)のメニューはこちらです!

160609_02_001.jpg
(写真)南米風タンドリーチキン丼 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
お肉が柔らかくて、ジューシー!
トマトの酸味と南米風のスパイシーなタレが
お肉とマッチして食べ応えたっぷり!


しっかり食べて、梅雨を乗り切りましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちら
学習院大学のホームページはこちらから

今年は第17 代学習院長山梨勝之進の50 回忌、
第18 代学習院長安倍能成の没後50 年にあたります。

これを記念し、
戦後学習院の出発と発展に大きく貢献した山梨・安倍両院長の事蹟を振り返る
展覧会「山梨勝之進・安倍能成 戦後学習院の出発」を開催いたします。

160603_001.jpg

山梨院長は、勤労動員・学徒出陣・疎開・空襲と続く戦時下の苦難の中で、
学習院の教育を守るために尽力しました。
また、終戦直後の混乱期に、GHQ 民間情報教育局(CIE)との交渉を重ね、
学習院を私立学校として存続させる道を切り拓きました。

安倍院長は、山梨院長の後を引き継ぎ、20 年にわたって学習院長を務め、
財政難に苦しみながらも、学習院大学の開設や幼稚園の再開園など、
教育研究の確立とキャンパスの整備に力を尽くしました。
そして、学生生徒には常に「正直」であることの大切さを説き、
現在も学習院各校で歌い継がれている「学習院院歌」の作詞をしました。

今回の展覧会では、
空襲直後、多くの木造校舎が焼失した目白キャンパスの写真や、
山梨院長がCIEとの交渉にあたり作成した学習院存続請願書の草案、
安倍院長直筆による学習院大学設立趣意書など
学内外に残る二人にまつわる史資料や写真を展示しています。

その史資料の多くは、戦中戦後の時代を反映して色褪せてはいますが、
両院長が注いだ学生生徒への愛情、
存続の危機にあった学習院を何としても残すのだという信念、
そして新たな出発を遂げた学習院への理想にあふれています。

戦後学習院の原点ともいえる貴重な史資料の数々を、
ぜひこの機会にご覧ください。

********************************************
開催日時:2016年6月6日(月)~6月18日(土)10:00~17:00
     *6月12日(日)は閉室
開催場所:北2号館1階 学習院大学史料館展示室
     *観覧無料
主催:学校法人学習院 共催:学習院大学史料館
********************************************

1983年に創刊された学習院大学図書館の広報誌「来ぶらり」が、
今回の発行で100号を迎えました。

これを記念し、現在、図書館1階の入館ゲート付近で、
「来ぶらり」のバックナンバーの展示が行われています。
学習院大学の広報大使「さくまサン」と一緒におじゃましてきました!

160516_001.jpg
(写真)展示の様子

「来ぶらり」は、大学図書館についてのさまざまなことを、
学内の学生・教職員に広く知ってもらいたいと、
1983年、当時の図書館長(故波多野里望元法学部教授、大学名誉教授)のもとで
第1号が発行されました。

160516_002.jpg
(写真)展示されている「来ぶらり」バックナンバー

「来ぶらり」という名前は、図書館員全員から募集した案をいくつか絞った上で、
館長がご自身の授業で学生に投票してもらい決まったもので、
『ぶらりと図書館に来てもらいたい』との願いがこめられています。

当初は手作りの方針で進められたため、
割付からイラストなど印刷以外の部分は、すべて図書館員の手によるものでした。

160516_004.jpg
(写真)図書館員の手書きによる挿絵

当時の苦労がしのばれる編集ノートも
展示されています。

160516_003.jpg
(写真)当時の編集ノート

誰が読んでもわかるようにと平易な文章で書かれ、
また、すっきりとした字体や構成を心がける制作方針は、
現在の「来ぶらり」にも受け継がれています。

160516_005.jpg
(写真)「来ぶらり」100号とさくまサン

今号は「100号記念特別号」として、通常よりも誌面を増やし、
33年分のバックナンバー振り返りや初代編集委員へのインタビューなど
「来ぶらり」の今までやこれからについて掲載しています。
さらに、豪華付録『来ぶらりオリジナル栞』も付いています!

図書館の活用法やおすすめの本の紹介など、
有意義な情報が満載の「来ぶらり」は、大学図書館ほか、
法経図書センターなど各学部図書室で配布中です。
また、下記大学図書館のホームページからもご覧いただけます。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/glim/about/publication.html

160516_006.jpg
(写真)学習院大学図書館

「来ぶらり」バックナンバーの展示は6月4日(土)までです。
ぜひお越しください!

学習院大学図書館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院女子大学国際コミュニケーション学科1年の佐藤桃子さんが、
バルセロナで行われたAGG EUSA Cupという大学生選手権において3位に入賞、
銅メダルを獲得しました。
また、同時開催のAGG W杯Finalでは総合6位入賞となりました。

詳しくはこちらの学習院女子大学ホームページ「新着情報」から

160525_001.jpg

学習院女子大学のホームページはこちらから
学習院女子大学公式Facebookはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

5月23日(月)~6月4日(土)のメニューはこちらです!

160523_01_001.jpg
(写真)色鮮やか!さっぱり冷麺 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
キムチがスープに合って食がすすみます。
さっぱり美味しい!色とりどり見映えがきれい!
麺に弾みがあってしっかりした歯ごたえ!

初夏にぴったりのメニュー、皆さまぜひご賞味ください。

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちら
学習院大学のホームページはこちらから

★大学ホームページ「+ACTIVE!」が更新されました★

2月27日(土)にゼットエー武道場で開催された、
第20回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会の男子Jr.105kg級に、
ウェイト・トレーニング部の荒川龍一さん(法学部法学科3年)が出場し、
準優勝しました。

「+ACTIVE!」では、荒川さんの喜びのコメントが掲載されています。

160502_02_001.jpg
(写真)荒川龍一さん

ブログの続きはこちらの大学ホームページ「+ACTIVE!」から
学習院大学のホームページはこちらから

本日5月16日(月)の昼休みに、本学国際協力団体Anchorの学生が、
4月に発生した熊本地震への募金活動を行いました。

この活動は、
熊本地震で甚大な被害を受けた被災地の方々の力になりたいと、
学生たちが企画・実施したものです。

輔仁会館学生食堂前の広場に募金箱を設置し、
被災地への支援をよびかけました。

160516_01_001.jpg
(写真)募金活動の様子

この活動は5月20日(金)まで、
昼休み12:20~12:50の間、輔仁会館周辺で行われています。
寄せられた義援金はすべて、本学学生課、日本赤十字社を通じて被災地に送られます。

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院女子大学では、
英国劇団ITCLによるシェイクスピア劇『テンペスト』の公演を
下記の通り開催いたします。

学習院女子大学、学習院大学の学生・教職員は無料でご覧いただけます。

《開催概要》
日時:平成28年5月21日(土) 16:00開場/16:30開演
場所:戸山キャンパス 学習院女子大学 2号館地下1階 やわらぎホール
入場料:学生1,000円/一般2,000円
※学習院大学の学生および学習院各校の生徒・教職員は無料です。
ただし、事前にメールでの申し込みが必要です。

《申込方法》
観覧をご希望の方は、
学生の場合は学年および学部学科名/教職員の場合は所属部署・ご氏名・必要枚数を明記の上、
5月18日(水)までに下記アドレスまでお申し込みください。
gakujostage2016@yahoo.co.jp

※学習院女子大学の学生は、
3号館(互敬会館)学食入口で無料チケットを配布いたしますので、
こちらで申し込んでください。

160430_001r.jpg

また、2号館1階文化交流ギャラリーにて、
5月9日(月)~6月4日(土)の間、「シェイクスピア没後400年記念展」を開催しています。
ぜひ合わせてご覧ください。

「シェイクスピア没後400年記念展
  ~Shakespeare, What a Wonderful World ! 」
詳しい情報はこちらから


学習院女子大学のホームページはこちらから

目白キャンパスの5月の風物詩「目白音楽祭」が
今年もはじまりました!

音楽系のクラブ・サークルに所属する学生たちが自ら企画・運営するこの音楽祭は、
1974(昭和49)年から続く学習院大学の恒例イベントです。

明日からは輔仁会館前の特設ステージで、
お昼休みの時間(12:10~13:00)に、1日1団体ずつ演奏を行います。
スケジュールは以下の通りです。

【輔仁会館前 外ステージ】
5月10日(火)音楽愛好会
5月11日(水)世界民謡研究会
5月12日(木)軽音楽部
5月13日(金)スカイサウンズジャズオーケストラ部
5月14日(土)応援団吹奏楽部
5月16日(月)フライングハウス
5月17日(火)音楽愛好会
5月18日(水)世界民謡研究会
5月19日(木)フライングハウス
5月20日(金)中南米研究会
5月21日(土)スカイサウンズジャズオーケストラ部
5月23日(月)軽音楽部
5月24日(火)音楽愛好会
5月25日(水)世界民謡研究会
5月26日(木)軽音楽部

【富士見会館ホール】
5月27日(金)リーダース〔各音楽系4団体代表者による発表〕

※輔仁会館前外ステージでの演奏は、雨天の場合、
富士見会館ホールへの会場変更または中止になることがあります。

160509_001.jpg
(写真)昨年の様子

新緑の風が心地よい5月の目白キャンパスで、
学生たちの日頃の練習の成果をぜひご覧ください!


学習院大学のホームページはこちらから

2月26日(金)、
学習院マネジメントスクール(GMS)の主催で講演会が行われました。

この講演は、全13回の講義からなる
DSCM(ディマンド&サプライ・チェーン・マネジメント)基礎コースの
最終講義として行われました。

また、この講演会は第11回GMS桜実会講演会も兼ねています。
(※桜実会...GMS修了生の会)

講師として、株式会社ライフコーポレーション代表取締役社長の岩崎高治氏をお招きし、
「小売業の未来~ライフコーポレーションの経営戦略~」と題して
ご講演いただきました。

160419_001.jpg
(写真)会場の様子

株式会社ライフコーポレーションは、近畿圏、首都圏で
スーパーマーケットチェーン「ライフ」を展開する企業です。

2016年2月の決算で、売上高6,200億円、店舗数256店を達成し、
単体企業としての業容は、すでに業界日本一ですが、
より信頼されるスーパーマーケットを目指して、
さまざまな改革を推し進めています。

講義では、ライフの中期ビジョンや経営戦略を説明しながら、
その改革の進捗状況についてお話しされました。

160419_002.jpg
(写真)講演者の岩崎 高治氏

講演会終了後には、2015年度DSCM基礎コースの修了式が行われ、
GMS代表で学習院大学経済学部の上田隆穂教授より、
受講生に修了証が授与されました。

160419_003.jpg
(写真)修了式の様子

160419_004.jpg

学習院マネジメントスクールでは、5月より、
2016年度の各講座の申し込みを開始いたします。

下記のGMSホームページに追って掲載されますので、
ぜひご覧ください。
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~gms-off/index.html

この度、学習院女子大学では、地域連携の一環として、
フレッシュネスバーガー西早稲田店と提携することになりました。

学習院女子大学の学生は、同店での会計時に学生証を提示すると、
すべて20%OFFで購入できます。

また、今回の提携を記念し、
フレッシュネスバーガーと学習院女子大学のコラボドリンク
『サクラクランベリーソーダ』の販売がはじまりました。

160427_001.jpg

クランベリーとサクラをソーダ水で割り、桜の花を咲かせました。
クランベリーの甘酸っぱさと桜の香りがふんわり広がる爽やかなドリンクです。

西早稲田店のみの取り扱いですが、一般の方もご購入いただけます。
是非とも一度ご賞味ください。

フレッシュネスバーガー西早稲田店の情報はこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

4月7日(木)、
学習院女子大学で留学生を歓迎するための
Welcome partyが行われました。

約10ヵ国の協定校から来ている交換留学生と、
今年入学した外国人学生が合わせて約30名、
日本人学生約50名が参加しました。

160419_001.jpg
(写真)Welcome partyの様子

Welocome partyではビンゴ大会などが企画され、
留学生と日本人学生が相互に交流を深めました。

当日の様子はこちらの学習院女子大学公式Facebookで紹介されています。
ぜひご覧ください。

また、学習院女子大学では、5月19日(木)16:30より、
高校生を対象とした「留学生と交流しよう2016」を開催します。※要事前申込

「留学生と話してみたい」
「英語を話したい、使ってみたいけど、いきなり海外に行くのは不安」など、
少しでも海外に興味がある方は、ぜひご参加ください!

世界各国から来た日本が大好きな留学生たちと、
日本語や英語を使って交流していただきます。
留学生も皆さんと交流できるのを楽しみにしています!

申込方法など、詳しくはこちらをご確認ください。
http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/news/2016/03/2016_2.html


学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院女子大学国際交流学部日本文化学科の
清水敏男教授が、このたびフランスの芸術文化勲章「シュヴァリエ」を受勲しました。

芸術文化勲章は1957年に創設され、
フランス共和国文化通信省より与えられる勲章です。

フランス文化の紹介者、普及の実務者、あるいは支援した人が叙勲の対象となり、
このたび清水敏男教授が受勲することになりました。

清水教授は、フランスのルーブル美術館大学で学び、
本学では現代美術史、アートマネジメント(博物館学)を専門としています。

大学での講義の他、美術評論家、インディペンデントキューレーターとして
美術批評、展覧会企画、パブリックアートプロジェクトに携わっています。

160406_001.jpg
(写真)受勲式にて 学習院女子大学 清水敏男教授

詳しくはこちら学習院女子大学ホームページ「新着情報」をご覧ください。

学習院大学理学部化学科の秋山隆彦教授が、
フンボルト賞を受賞しました。

フンボルト賞は、ドイツ政府の国際的学術活動機関である、
アレキサンダー・フォン・フンボルト財団により創設されました。

人文、社会、理、工、医、農学の各分野において、
基本的な発見もしくは新しい理論によって後世に残る重要な業績を挙げ、
今後も学問の最先端で活躍すると期待される、
国際的に著名な研究者に対して授与されるものです。

これまでの受賞者のうち40名以上がノーベル賞を受賞しており、
ドイツでもっとも栄誉ある賞とされています。

秋山教授は有機化学分野での受賞となりました。
授賞式が3月18日にドイツ・バンベルクにて行われました。

160404_001.jpg
(写真)フンボルト賞 授賞式にて
写真左:フンボルト財団理事長 Helmut Schwarz教授(ベルリン大学)
写真右:秋山隆彦教授(学習院大学理学部化学科 )

【秋山隆彦教授のコメント】

今回、フンボルト賞( Humboldt research award )を受賞する事ができ、
大変光栄であり、とてもうれしく思っています。

我々の研究室では、
医薬品の中間体の合成等に用いることが可能な、新規の触媒を開発し、
2004年に報告しました。

本触媒の有用性が世界的に高い評価を受け、
新たな研究分野を開拓できたことが授賞理由です。

これはひとえに、秋山研究室の卒業生、スタッフの熱心な実験の賜物です。
卒業生のメンバーならびに、優れた研究環境を提供してくれた学習院大学に感謝します。

******************

秋山教授は、2016年度アメリカ化学会賞(Arthur C. Cope Scholar Award)の
受賞も決定しています。
詳しい情報はこちらから

農薬・医薬等の開発にも大きく貢献できる可能性があるとのこと、
今後の活用が期待されています。


学習院大学理学部化学科のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院女子大学、学習院女子中・高等科、
学習院初等科がある新宿区の伝統野菜「内藤唐辛子」を使った、
学習院オリジナルお煎餅の詰め合わせが誕生しました!

160322_001.jpg
(写真)学習院オリジナル 内藤唐辛子煎餅詰め合わせ
内藤唐辛子煎餅4枚入り3袋、ざらめ煎餅4枚入り3袋 1,200円(税込)

「内藤唐辛子」は江戸時代、
高遠藩主内藤家の下屋敷(現・新宿御苑)とその周辺の畑で栽培されていたことから、
その名が付きました。

当時のそば人気とあいまって江戸中の人気となり、
唐辛子の実が熟す収穫の秋になると、
新宿一帯はまるで真っ赤な絨毯を敷いたようだったと言われています。

160322_002.jpg
(写真)内藤唐辛子煎餅

内藤唐辛子の赤みが煎餅を鮮やかに彩ります。
内藤唐辛子の上質な旨味を最初に感じ、
中盤を過ぎる頃から深みのある辛さに変わります。

内藤唐辛子の奏でる「旨味と辛みのオーケストラ」を是非ご体験ください!

【お問い合わせ】
学習院蓁々会 TEL 03-5979-7767

学習院蓁々会のホームページはこちらから

学習院女子大学では、2015年より、
研究の一環として内藤唐辛子を育てはじめています。
その取り組みは「とうがらし女子」として、
昨年、NHKでも紹介されました。

学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院大学史料館では、2016年4月2日(土)~5月28日(土)に
「幕末京都の学習院展」を開催いたします。

160325_001.jpg

この展覧会では、学習院が所蔵する大変貴重な資料が数多く展示されます。
今回はその中のひとつである、勅額「学習院」を紹介します。

※勅額「学習院」の由来とこれまでの調査については下記の記事をご覧ください。
学習院の創立と名称について〔学校法人学習院ホームページ〕
《連載企画》初等科の勅額修復プロジェクト、始動〔学習院公式ブログ〕

◆「勅額」とは?
「勅額」と聞いても何の事なのかピンと来ない方も多いかと思います。
 そこでまず、勅額について解説いたします。

「勅額」は天皇直筆の額字、
あるいは勅(ちょく)賜(し)(天皇より賜る)の額字の事を指します。

つまり天皇直筆のものもあれば、筆の立つ臣下に命じて書かせ、
それを天皇から下賜(下げ渡す)するものもあるのです。

字を額に仕立てる文化は古代中国から渡来したもので、
日本では主に神社・仏閣等の社殿、拝殿、鳥居、門などに掲げて
神徳の発揚に努めるものに用いられています。

日本最古の勅額は、
奈良県唐招提寺の新宝蔵に納められている「唐招提寺」の額であると考えられており、
これは孝謙天皇(在位749-58年)の直筆と伝えられています。

勅額が作られる経緯には主に2種類あって、
1つ目は天皇を思し召しによって作られる場合、
2つ目は社寺等の奏請によって作られ、下賜される場合です。

勅額「学習院」は、
孝明天皇(1831-67)の思し召しによって京都の学習院に下賜されたもので、
字は近衛忠煕(1808-98)が揮毫した事が明らかになっています。
近衛家は書家としても名高い家柄です。

つまり、勅額「学習院」の場合は、
天皇の思し召しによって作られる事になり、
天皇の臣下によって書かれて下賜されたもの、ということが分かります。

◆勅額「学習院」と額「承明門(じょうめいもん)」
勅額「学習院」は、
京都御所内の承明門(京都御所の建礼門と紫宸殿の間にある門)に掛けられている額と
同じ形にされたと伝えられています。

160325_002.jpg
*写真左 勅額「学習院」
*写真右 額「承明門」(平成2年塗替)

額「承明門」は、
代々禁裏(御所)の大工の家柄である木子家によって、
享和2年(1802)に制作されました。

木子家は京都学習院の講堂の建設も担当していますので、
勅額「学習院」も木子家が手掛けたものと考えられます。

額「承明門」は、享和2年当時の制作図面が、
都立中央図書館に残っています。

それによれば題字の部分は胡粉(白い顔料)地に仕立てられ、
縦3尺8寸5分(約116cm)、横2尺7寸3分(約82.7㎝)の大きさとされました。

木製で、色は題字部分から外側に向かって、
朱(縁)、墨塗(黒)、金泥(ボタン部)、紺青、黄、緑青、
白緑(淡い緑)、胡粉、朱、墨塗、胡粉、碧青、紺青、墨塗、
紺青、碧青、胡粉、墨塗と、
とてもカラフルに着色されたようです。

勅額「学習院」は、縦104cm、横76.5cmとやや小ぶりですが、
額「承明門」の図面と比較してみると基本的な造りや配色は
ほぼ同じである事が分かります。

現在の額「承明門」は、平成2年(2000)に
元の顔料を厳密に調査した上で塗替えられました。

きっと勅額「学習院」も作られた当時は、
今の額「承明門」のような鮮やかな色彩を放っていたのでしょう

承明門の額と同じ形にされた理由や形態の意味合いについては、
今後更なる調査を重ねてご報告します。

ぜひこの機会に、勅額「学習院」を間近でご覧いただけたらと思います。

************************************************************
学習院大学史料館 平成28年度春季特別展
「幕末京都の学習院展」
開催期間: 平成28年4月2日(土)~5月28日(土)
開催場所: 目白キャンパス北2号館1階 大学史料館展示室
開室時間: 平日・土曜日10:00-17:00
閉室日: 日曜日・祝日 ※4月3日(日)と4月17日(日)は開室いたします。
※入場無料
************************************************************

「幕末京都の学習院展」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院大学史料館と学習院蓁々会との共同企画で、
学習院オリジナルのボンボニエールを制作しました。
3月11日(金)から大学売店にて販売を開始いたします。

160304_001.jpg
(写真)学習院オリジナル ボンボニエール

左:丸形 4,320円(税込) 右:菱形 5,400円(税込)
※金平糖はイメージです。付属しておりません。
※それぞれ300個の限定生産です。

「ボンボニエール」とは、
宮中における慶事の際に引出物として配られた、
小さな工芸品のことです。

中に砂糖菓子(ボンボン)を入れて配られたことから、
bonbonnière =ボンボニエールと呼ばれるようになりました。

大学史料館では250個余りのボンボニエールを所蔵し、
長年に渡って調査・研究を行っています。

その集大成として昨年、このボンボニエールに焦点を当てた
特別展「ボンボニエール -掌上の皇室文化-」を開催しました。

詳しくはこちらの開催レポートをご覧ください。

大学史料館の協力を得ながら、
白磁の美しいボンボニエールが出来上がりました。

1847(弘化4)年の京都開講以来、
皇室・宮家とのゆかりが深い学習院ならではの
オリジナルグッズです。

卒業や入学のお祝いの品として、ぜひご活用ください!

【お問い合わせ】
学習院蓁々会 TEL 03-5979-7767

学習院蓁々会のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院生涯学習センターでは現在、
2016年度「春講座」の受講受付を行っています。

160309_01_001.jpg
(写真)2016年度 春講座パンフレット

春講座では、
特別講座10講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」「資格試験講座」など
8分野全210講座を、4月から順次開講いたします。

受講資格は「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

また、生涯学習センターFacebookでは、
これまでの講座の様子やこれからの講座などを紹介しています。
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin

《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040

昨年秋、日本評論社刊『数学ガイダンス2016』の企画による、
学習院大学理学部数学科の飯高茂名誉教授と卒業生の神田愛花さんとの対談が
目白キャンパスで行われました。

151106_001.jpg
(写真)取材中のスナップ① 西5号館前にて
左から神田愛花さん、飯高名誉教授

現在フリーアナウンサーとして活躍する神田さんは、
大学在学中、飯高ゼミに所属していました。

久しぶりに再会した2人による "師弟対談" は、
『数学科を語ろう』をテーマに、約2時間にわたって行われました。

小学生の頃からアナウンサーにあこがれていたという神田さんが、
なぜ「数学科」を選んだのか、
また、飯高名誉教授の研究活動や数学的思考の汎用性について、
さまざまな角度から数学の魅力が語られています。

151106_002.jpg
(写真)取材中のスナップ② 南1号館にて

この対談の様子は、
数学セミナー増刊号『数学ガイダンス2016』(日本評論社刊)に
掲載されます。

151106_004.jpg
(画像)『数学ガイダンス2016』表紙

3月5日(土)に書店に並ぶ予定ですので、ぜひご覧ください!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『数学ガイダンス2016』数学セミナー増刊

[内容]
師弟対談 「数学科を語ろう」飯高 茂×神田愛花
鼎   談 「大学数学の学び方」川平友規×小畑久美×竹山美宏
第1部   イントロダクション大学数学
      ⇒ 大学の講義では、どのような数学を学ぶかを伝えます。
第2部   新入生のための数学ビギナーズ・ガイド
      ⇒ 数学書の読み方やノートの取り方など、学び方のあれこれを紹介します。
第3部   就職ガイダンス
       ⇒ 数学と社会はどうつながっているか、先輩の事例などを見ていきます。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

※購入については最寄りの書店等へお問い合わせください
学習院大学理学部数学科のホームページはこちらから
学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

160226_001.jpg

【Vol.7の内容】
■図書館にある学習院関係資料(学習院大学図書館 中村 丈夫)
■「学長っ、アーカイブズって結構使えますよ」
  ~東京外国語大学文書館の「広報」活動を中心に~
 (東京外国語大学文書館 倉方 慶明)
■史料紹介―山梨院長と学生―(学習院アーカイブズ 桑尾 光太郎)
■主な活動(2015年7月~2016年1月)

※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を学内外の皆様に
ご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html

学習院アーカイブズのホームページはこちらから

毎週月曜日午後9時30分から放送中の学習院プレゼンツTBSラジオ「学スタ」に、
学習院大学卒業生でマラソンランナーの川内優輝選手が出演しました。

2月15日(月)の放送では、収録前に行われたさいたま駅伝について、
また、大学在学時に2度出場した箱根駅伝について
お話しいただきました。

「沿道からの応援が大きな力になった」と語る川内さん。
当時の『応援にまつわる裏話』をたっぷりと聞くことができました。

番組は放送後、下記「学スタ」特設サイト内のYouTubeにアップしています。
http://www.gakushuin.info/gakusuta/

また、来週22日(月)には、
川内さんへのインタビュー後編を放送いたします。
なぜ公務員の仕事と陸上を両立する道を選ぶのか、
学生時代のお話しの中にその理由を探します。
ぜひお聴きください!

160218_002.jpg
(写真)川内さんが箱根駅伝に出場した際、教職員有志で結成した応援団

JR新宿駅南口にある紀伊國屋書店新宿南店4階フロアで、
現在、学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本フェアが行われています。

160216_001.jpg
紀伊國屋書店新宿南店〔写真中央〕
160216_002.jpg
(写真)4階フロア 展示の様子

これは、昨年秋に紀伊國屋書店のご協力のもと行われた、
図書館に所蔵してもらいたい本を書店の店頭で直接選ぶことができる、
女子大学図書館主催の「ブック・セレクト・ツアー」で、
学生が選んだ本を広く一般の方にもご覧いただこうという企画です。

「ブック・セレクト・ツアー」の記事はこちらから

ツアーで選んだ200冊を超える本の中から22タイトルを厳選し、
それぞれの本におすすめのコメントを書いた学生手作りのPOPカードを添えて、
本の魅力をPRしています。

160216_003.jpg
(写真)学生が手作りしたPOP①
160216_004.jpg
(写真)学生が手作りしたPOP②

フェア初日の2月15日(月)には、
ブック・セレクト・ツアーに参加し、POPを作った学生12名が新宿南店を訪れ、
展示の見学をさせていただきました。

160216_005.jpg
(写真)今回参加した学生の皆さん

その後、紀伊國屋書店の会議室をお借りして、
展示の感想や今年度のツアーの感想、来年の展望などについて、
学生同士で話し合う「意見交換会」を行いました。

女子大学図書館長の根占献一教授にも、
オブザーバーとしてご参加いただきました。

160216_006.jpg
(写真)意見交換会の様子

学生たちからは、
「自分の選んだ本を紹介いただいて、手作りしたPOPを
 一般のお客様に見てもらえるなんて、なかなかできない経験をさせてもらえた」
「POP作りがしたくて、いつか本屋さんでアルバイトをしたいと思っていた。
 夢が叶ってうれしい」
「ブック・セレクター(学生選書委員)に参加して、より図書館に足を運ぶようになった」
といった感想が寄せられました。

また、
「自分の好きなジャンルだけではなく、もっと選書の幅を広げて行けたら」
「他大学と一緒にツアーやブックトークなどが行えたら」など、
積極的な意見も挙がりました。

学習院女子大学の学生が選んだおすすめ本フェアは、
紀伊國屋書店新宿南店4階下りエスカレーター側のコーナーで、
2月24日(水)まで行われます。

お近くに出かけられた際はぜひご覧ください!

紀伊國屋書店新宿南店のホームページはこちらから
学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院大学の高校生向け特設サイト「SakuLIFE」では、
各学部のゼミに密着し、学生がどのように成長していくかをたどる
「大成長!?学生ビフォーアフター」という企画を展開しています。

今回は法学部法学科 大久保直樹教授のゼミです。
先行公開していたチャプター1に引き続き、チャプター2、3を同時アップしました!

大久保先生の経済法ゼミは、
企業の経済活動に広く関わる「独占禁止法」をメインに研究しているゼミで、
例年、学生からの人気を集めています。

OB・OGをはじめとする社会人を前に、
研究成果をプレゼンする「交流会」を設けていることも、
人気の理由のひとつです。

160216_01_001.jpg
(写真)取材中のスナップ。ゼミの学生たちと〔写真中央が大久保直樹先生〕

交流会に向けてぐんぐんと成長する学生たち。
諸先輩方の目の前で、どんなプレゼンを行ったのでしょうか。
ぜひご覧ください!

学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」が登場する
「ゆる学・出張(法学部)編」もお楽しみに!

ブログの続きはこちらのSakuLIFE「大成長!?学生ビフォーアフター」法学部編から

学習院大学特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学校法人学習院では現在、
学習院女子中等科・高等科総合体育館の改築工事を計画しています。

2月の着工を間近に控えた1月27日(水)、
改築工事予定地にて地鎮祭を行いました。

160128_001.jpg
(写真)地鎮祭の様子
160128_002.jpg
(写真)内藤政武院長による鍬入れの儀

神事では、鍬入れの儀や玉串奉奠(ほうてん)があり、
式典に参加した学習院関係者および工事関係者約50名が、
工事の安全と無事を祈りました。

160128_004.jpg
(総合体育館 完成イメージ図)

プールとアリーナを併設した総合体育館は、
東日本大震災以降の耐震基準のもと、最新の設備を導入し、
授業をはじめ課外活動や式典・行事などの場として、
幅広く活用していくことを想定した設計となっています。

安全で快適な教育環境の充実で、
生徒の皆さんがより伸び伸びと活動できることが期待されています。

竣工は平成29年秋頃の予定です。


学習院女子中・高等科のホームページはこちらから
学校法人学習院「施設整備計画」のページはこちらから

石川県金沢市にある鈴木大拙館では、現在、
特別展示「両鏡相照(りょうきょうあいてらす) ―学習院時代の大拙・幾多郞―」が
行われています。

160202_001.jpg
「両鏡相照」開催告知ポスター

*******************

「両鏡」とは、
日本を代表する哲学者・思想家である鈴木大拙と西田幾多郎を指しています。

ともに明治3(1870)年、石川県に生まれ、10代の頃に出会って以来、
生涯を通じての親友でもありました。

ともに新しい西洋の文化・思想を吸収しながらも、
東洋の伝統的な考え方・生き方を大切にして、
東洋と西洋を結びつける新しい世界を開くことを追求しました。

その2人が同僚となった唯一の職場が、
明治42(1909)年の秋、当時目白に移転したばかりの学習院だったのです。

今回の展示は、昨年2月に学習院大学で開催された
特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」に合わせ、
1日限定で開かれた特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」を
再現したものです。

開催概要は下記の通りです。
-------------------------------
鈴木大拙館「両鏡相照 ―学習院時代の大拙・幾多郞―」
■開催期間:平成28年2月3日(水)~4月24日(日)
■開館時間:午前9時30分~午後5時
■入館料:一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料 *団体割引有り
■所在地:石川県金沢市本多町3丁目4番20号
■お問い合わせ:076-221-8011
■ホームページ: http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/
-------------------------------

学習院大学史料館・学習院アーカイブズからも多くの資料を出展しています。

また2月28日(日)には、当地にて、
大学史料館学芸員によるギャラリートークも行われる予定です。


昨年の特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」および特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」のレポートはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学の高校生向け特設サイト「SakuLIFE」では、
各学部のゼミに密着し、学生がどのように成長していくかをたどる
「大成長!?学生ビフォーアフター」という企画を展開しています。

第1弾は経済学部経営学科 勝尾裕子教授のゼミに潜入取材しました!

専攻分野の近い他大学のゼミと研究成果を発表し合い、
討論を通して日頃の学習成果を競い合うインゼミを、
勝尾ゼミでは2008年から毎年開催しています。

質疑応答時には熱い論戦が繰り広げられるインゼミに向け、
力を合わせて奮闘する学生たちの様子が紹介されています。
ぜひご覧ください!

160202_01_001.jpg
(写真)取材中のスナップ 勝尾教授(左から2人目)と学生たち

ブログの続きはこちらのSakuLIFE「大成長!?学生ビフォーアフター」から


また、現在、法学部法学科 大久保直樹教授のゼミにも密着取材中です!
随時レポートをアップしていきますので、引き続きご注目くださいね!

学習院大学特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学では、
平成28年2月6日(土)から2月11日(木・祝)にかけて、
一般入学試験を実施いたします。

これに伴い、下記の通り目白キャンパスの入構規制を行います。
規制期間中は、受験者本人および本学関係者以外入構できませんのでご留意ください。

【規制期間】
平成28年2月6日(土)午前6:00 ~ 2月12日(金)午前6:00
 

■受験者による試験会場の下見について
受験者が試験会場の下見をする場合は、2月5日(金)までにお願いいたします。

■受験者の保護者等による付き添いについて
規制期間中は受験者以外の方の入構はできません。

■本学学生の入構について
事前に申請し、特別に入構が許可された学生を除き、規制期間中は入構できません。

160201_001.jpg
(写真)目白キャンパス 西2号館前

受験生の皆さんが、入試当日に力を出し切れるよう応援しています!

学習院大学の入試情報はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

目白キャンパスが、
Googleマップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。

160127_001.jpg
(写真)ストリートビューで見た南1号館

詳しくは、学習院大学ホームページのNEWSから

学習院大学を受験する方は、
試験会場を確認してみてくださいね。

学習院大学のホームページはこちらから

★大学ホームページ「+ACTIVE!」が更新されました★

トライアスロン部の安藤紀幸さんが、
12月6日(日)にタイのサム島で開催された国際大会
「Baan Phe International Triathlon
(Samed Baan Phe International Championships 2015)」の
Standard Triathlon男子20-29歳の部門に出場し、
見事、優勝を果たしました!

「+ACTIVE!」では、安藤さんの海外遠征についてや、
今回の大会の試合展開を詳しくレポートしています。

160126_001.jpg
(写真)安藤紀幸さん

ブログの続きはこちらの大学ホームページ「+ACTIVE!」から
学習院大学のホームページはこちらから

学習院女子大学図書館ではこの秋、
同じ新宿区にある紀伊國屋書店新宿本店のご協力のもと、
ブック・セレクト・ツアーを開催しました。

これは、図書館に置きたい本を、
学生自身に店頭の書棚から直接選んでもらおうという毎年恒例の企画で、
女子大学図書館では春と秋の年2回行っています。
今回は17名の学生が参加しました。

160112_01_001.jpg
(写真)紀伊國屋書店新宿本店

紀伊國屋書店新宿本店は、
地下1階地上8階からなる「本のデパート」です。
学生は広い店内を約2時間かけて回り、
個人または2~3名のグループで上がったり下がったりして、
気になる本をピックアップしていきます。

その中から、4年生の山﨑さんと3年生の山本さんのグループに密着し、
選書の様子を取材しました。

160112_01_002.jpg
2人は、話題の本から哲学、経済学など学問の入門書や専門書、
洋書、美術書、海外事情、就職関連、自己啓発関連など、
さまざまなジャンルの書棚を次々にのぞいていきます。

160112_01_003.jpg
たくさんの本の中から手に取るのは、タイトルに惹きつけられたり、
表紙のデザインや帯に書かれた推薦文が目を引いたものが多いとのこと。
もちろん内容もしっかりとチェックします。

160112_01_004.jpg
「これだ!」と思った本に印刷されたバーコードを、
書店から貸し出されたハンディターミナルで読み込みます。

1人当たりの予算は2万円まで。
自分では買えないような高価な本も、図書館の蔵書としてなら購入可能です。

160112_01_005.jpg
2人は自分の興味だけではなく、友達や他の学生のことも考えながら、
「こんな本が図書館にあったらいいな」
「みんなにも読んでもらいたいな」という気持ちで選んでいました。

160112_01_006.jpg
選書後は書店の会議室をお借りし、
それぞれが予算の範囲内で選んだ中から2~3冊を持ち寄って、
本の紹介と選んだ理由について語る「ブックトーク」を行いました。

160112_01_007.jpg
トークの制限時間は1人3分以内です。
「どうやったらこの本をよりたくさんの人に読んでもらえるか」
学生たちは選んだ本の魅力を精一杯伝えようと言葉を紡ぎました。

初めて参加した学生はとにかく一生懸命に、
経験のある学生は落ち着いた話しぶりでわかりやすいトークを展開しました。
それぞれ質疑応答の時間もあり、
興味を持った他の学生から積極的な質問が寄せられ、
大いに盛り上がりました。

160112_01_008.jpg
今回のブック・セレクト・ツアーでは、
全員で約200冊以上の本を選びました。

その中から、すでに図書館に置いてある本や
蔵書に適さない本などがあれば、図書館で選りわけます。

今回選ばれた本は約1ヶ月後に晴れて図書館に納品され、
たくさんの学生の手に届くよう配架の準備を整えました。

図書館では、
参加した学生が手作りしたPOPカードをつけて、
選書した本を紹介するコーナーが作られています。

160112_01_010.jpg
(写真)女子大学図書館 コーナーの様子

学生の感性で選ばれた本は、
やはり貸し出しされる回数も多いとのことです。

160112_01_013.jpg
この取り組みは来年度も継続して行われる予定なので、
本が大好きで、ブック・セレクト・ツアーに興味を持った学生の皆さんは、
ぜひ参加してみてくださいね!

******************************************************
今回学生たちが選んだ本の中から22タイトルが、
2月15日(月)~2月24日(水)の間、
紀伊國屋書店新宿南店に展示されることになりました!
学生が手作りしたPOPカードも添えられていますので、
お近くに立ち寄られた際はぜひご覧ください。
******************************************************

学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

無題.jpg

【第95号の主な内容】
■特集
学習院女子中・高等科 創立130周年記念

■院長挨拶

■学びの風景
大学文学部教育学科「初等生活科教育法B」

■社会で活躍する先輩
株式会社日本政策投資銀行 関 佳織さん

■学習院News 2015
大学国際社会科学部2016年4月開設!
各学校の最新情報を紹介

■学園祭・文化祭を振り返って

■史資料からみる学習院
日本ラクビーの黎明と学習院

※「学習院広報」は、
卒業生、在学生保護者、教職員、受験生、一般の方々を対象に、
学習院の「いま」を伝えることを目的とした広報誌で、
年2回(7月・12月)発行しております。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

明けましておめでとうございます。
旧年中は学習院をご支援いただきまして誠にありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、学習院大学と学習院女子大学では、
1月5日(火)から2016年度一般入学試験の願書受付が始まりました。

【学習院大学 2016年度一般入試について】
従来の郵送出願に加え、Web出願もできるようになりました。
詳しい情報はこちらの大学ホームページ「入試情報」から

160108_001.jpg
(写真)学習院大学 南7号館から中央教育研究棟を臨んで

【学習院女子大学 2016年度一般入試について】
A方式(3教科試験)、B方式(2教科試験)で行います。
詳しい情報はこちらの女子大学ホームページ「入試情報」から

160108_002.jpg
(写真)学習院女子大学 正門

入試まで残り1ヶ月を切りました。
受験生の皆さんは風邪をひかないよう、
体調に気をつけてがんばってくださいね!


学習院大学のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

11月5日(木)、
学習院大学理学部の学部長表彰式が行われ、
大学院自然科学研究科化学専攻博士前期課程1年の
齋藤陽介さん(村松研究室)が表彰されました。

齋藤さんは、2015年度日本地球化学会第62回年会において、
「ICP質量分析法による長半減期放射性同位体分析法の開発と
土壌試料への応用」の研究について優秀な発表を行い、
若手発表賞を受賞しました。

この研究活動と業績を評価し、
谷島賢二理学部長から祝辞とともに賞状が手渡されました。

151218_01_001.jpg
(写真)受賞した齋藤さん〔写真中央〕と谷島賢二理学部長〔左〕、稲熊宜之化学科主任〔右〕

【齋藤陽介さんのコメント】
賞をいただき、驚きとともに大変光栄に思います。
このような賞をいただけたのは、研究の指導や的確なアドバイスをして下さる村松教授・大野助教や、
日ごろの研究生活を共にする研究室の仲間や同期の方々、
そして毎日の生活を支えてくれる家族のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後も現状に満足することなく、向上心をもって研究に取り組んでいきたいと思います。

学習院大学理学部のホームページはこちらから
学習院大学理学部化学科のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

現在、学習院大学史料館では、
来春展示予定の「幕末京都の学習院展」に向けて調査を行っています。

調査の一環として、11月23日(月)、
栃木県足利市の史跡足利学校で行われた「釈奠(せきてん)」に参列しました。

151209_001.jpg
(写真)会場入り口

皆さんは「釈奠」という伝統行事をご存知でしょうか?

釈奠は儒教の祖である孔子を祀る式典のことです。
「釈」も「奠」も、どちらも「置く、並べる」という意味です。

種々の祭器や野菜、酒などを並べ、祝文を朗読して孔子に捧げます。
史跡足利学校のほかに、史跡湯島聖堂(東京都)、多久聖廟(佐賀県)など
全国各地で行われています。

実は幕末期の学習院でも、この釈奠を毎年2回、春と秋に行っており、
学習院では、釈奠の簡略版を意味する「丁祭(ていさい)」と呼んでいました。

今回参加した史跡足利学校の釈奠は、
京都学習院と近い形式で行われていたと推測されています。

さて、開始時間が近づき、祭官や参列者の方々が続々と集まってきました。
天気はあいにく小雨が降っていたのですが、不思議と式典の最中だけ止みました。

151209_002.jpg
151209_003.jpg
(写真)祭官や参列者の方々が続々と集まる

式典は構内の「大成殿」で行われます。
ここは別名「孔子廟」といい、孔子の座像などが安置されています。
建物は寛文8年(1668)に建立されたものです。

いよいよ式典の開始です。
祭官の方々が廟内に上がり、全員そろったところで開式を告げます。
その後、祭官や参列者の方々を清めたのち、祝詞を奏し、孔子像を開扉します。
そして供物を一つ一つ、祭器に乗せて丁寧に捧げていきます。

祭器は、鯉や牛肉を供える「俎(そ)」、白菜や大根を供える「豆(とう)」、
酒を供える「爵(しゃく)」などがあります。
一通りそろったら、爵に酒を供します。最後に参列者全員で祝文を唱えて終了です。

今や限られた地域でしか行われなくなってしまった釈奠に参列できたことは、
大変貴重な経験でした。

式典の詳しい様子は、来春開催の「幕末京都の学習院展」で、映像にてご紹介します。
また、式典に使われる祭器も展示する予定です。どうぞお楽しみに。

**********************************************************************
幕末京都の学習院展
〔会期〕平成28年4月2日(土)~5月28日(土)
    (開室...月曜~土曜、10:00~17:00)
    (閉室...日曜・祝日、ただし4月3日(日)、4月17日(日)は開室)
〔会場〕北2号館1階 学習院大学史料館展示室

※入場料無料
※ギャラリートークあり
**********************************************************************
第79回学習院大学史料館講座
〔日時〕平成28年5月7日(土)14:00~15:30
〔会場〕学習院創立百周年年記念会館正堂
〔講師〕家近 良樹先生(大阪経済大学経済学部教授)

※入場料無料
※事前申し込み不要

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**********************************************************************

Twitterでも展覧会に向けた調査などの情報を公開しておりますので、
ぜひご覧ください!
https://twitter.com/kyoutogakushuin

学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

12月14日(月)~23日(水)のメニューはこちらです!

20151216_001.jpg
(写真)クリスマスメニュー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
今年もやります! 日替わりケーキ!!
ハンバーグでお腹を満たして、ケーキは別腹!
今年の締めくくりにTFTはいかが?

今年もTFTメニューを食べていただきありがとうございました。
来年は、今年とは少しちがう学習院TFTをお届けするので楽しみにしてください。

TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

また、国際協力団体Anchorは、
TABLE FOR TWOの取り組み以外にも、フェアトレードという活動を行っています。

「フェアトレード」とは、
開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、
立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す
「貿易のしくみ」のことです。

この度、フェアトレード認証を受けているコットン企業との製品企画開発に取り組み、
エコバックをデザインしました。

20151216_002.jpg
(写真)エコバック(650円 /100枚限定販売)

この取り組みが以下のサイトでも紹介されました。
ぜひご覧ください!

◆特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン
http://www.fairtrade-jp.org/news/news.html?id=2956

◆株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ
http://www.fairtradecottoninitiative.com/#!学習院大学の国際協力団体Anchorとのコラボレーション・エコバッグ/cxha/5628c6a70cf258da0e8e9aa7

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから

学習院高等科2年生の総合選択科目「博物館を知ろう」という授業は、
学習院の高大連携・博学連携プロジェクトの一環として実施されています。
授業を選択した12名の生徒が、大学史料館助教の指導のもと、
所蔵史資料の調査研究を行い、博物館の仕事を学んでいます。

その学びの成果として、現在、学習院大学史料館(北別館)内で、
ミニ展示「旧き学習院のメダルたち」が行われています。

151203_01_001.jpg
(写真)展示の様子①

大学史料館には、
旧制学習院の輔仁会(※)活動の一環として行われた各種競技大会や、
学校行事などの際に参加者に与えられた記念メダルが、
数多く所蔵されています。

※輔仁会・・・明治22年(1889)に設立された、
学習院の課外活動における全学生中心機関。

その中から12名の生徒がそれぞれ1点ずつ選び、
調査から図録の作成、展示までを担当しました。

151203_01_003.jpg
(写真)展示の様子②

展示されているメダルは、
たとえば、野球部に所属している生徒は野球部に関するメダル、というように、
生徒ひとりひとりが強く関心を持ったものを選んでいます。

メダルについての調査をする中で、
当時の輔仁会活動や各部の活躍、学校行事の様子などの復元にも取り組み、
「学習院百年史」や明治22(1889)年創刊の「輔仁会雑誌」のバックナンバー、
各クラブが周年記念に発刊した活動史などの文献資料の記述をたどりました。

151203_01_004.jpg
(写真)水上部オールメダル〔東京理科大学寄贈〕

表には学習院の桜が、裏面には「秋期大会 新艇建造記念 一九二一 」と刻まれています。
※水上部は現在の漕艇(ボート)部にあたります。

151203_01_005.jpg
(写真)打毬会メダル〔内藤政恒氏所用〕

昭和2(1927)年に行われた校内競技大会のメダルです。
所用者の内藤政恒氏は内藤政武学習院長のお父様で、
院長により史料館へと寄贈されたものです。

6月中旬には履修している生徒12名全員で院長室を訪ね、
お父様のお話や旧制学習院のスポーツについてうかがいました。

151203_02_005.jpg
(写真)鎌倉江島間遠游賞〔本多忠次氏所用〕

明治42年(1909)年8月に鎌倉~江の島間で実施された、
遠泳の完遂を称えるメダルです。
クリップの植物は現在の日本国政府の紋章でもある「五三の桐」で、
昔から功績が認められた人に与えられる紋章とのこと。

所用者である忠次氏のご息女・本多葵美子さんにもお話をうかがい、
お父様の人物像やメダルの由来など、
文献からは知ることのできない情報をいただくことができました。

151203_01_002.jpg
(写真)展示の様子③

調査後は展示の準備に取りかかりました。
調べて得られたたくさんの情報の中から厳選して抽出し、
メダルを紹介するためのキャプションや解説パネルを作成。
鑑賞される方が読みやすく、わかりやすいようにと、
何度も書き直しを重ねて工夫しました。

151203_01_009.jpg
(写真)パンフレット

また、会場では、
生徒たちがまとめた調査レポートを冊子にして配布しています。
キャプションやパネルに収まりきらなかった情報も掲載されており、
読みごたえたっぷりです。

151203_02_008.jpg
(写真)大学史料館

高等科生によるミニ展示「旧き学習院のメダルたち」は
大学史料館で12月19日(土)まで行われます。

生徒たちが4月から取り組んできた調査・研究の集大成を、
ぜひご覧ください。

【お問い合わせ】
学習院大学史料館 TEL: 03-3986-0221(代表)

学習院高等科のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

★大学ホームページ「+ACTIVE!」が更新されました★

11月22日(日)、
講道館で行われた第30回全日本視覚障害者柔道大会で、
男子73kg級に出場した柔道部の永井崇匡さん(理学部数学科1年)が
優勝しました。

学生の課外活動応援ページ「+ACTIVE」では、
優勝までの試合の経過や永井さんの喜びのコメントが掲載されています。

151209_001.jpg
(写真)永井崇匡さん

ブログの続きはこちらの大学ホームページ「+ACTIVE」から

また、永井さんへの取材記事が、
12月22日発売の「近代柔道」1月号(ベースボールマガジン社刊)に掲載されます。
ぜひ合わせてご覧ください。

学習院大学柔道部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

2016年4月開設の学習院大学国際社会科学部は、
2015年10月14日付けで、米国非営利機関のSAF(Study Abroad Foundation)と
提携しました。

これにより、50以上あるSAFのネットワークの中から、
本学部が推奨する中長期の留学先として、
アメリカ、イギリス、オーストラリア等の20を超える大学も
選択できるようになりました。

今回の提携開始を受けて、
10月26日にSAF代表のジョン・ベルチャー氏が国際社会科学部を訪問し、
開設準備室室長の神戸伸輔教授と、今後の国際交流体制の方針について
話し合いました。

151207_001.jpg
(写真)左:神戸室長 右:ジョン・ベルチャー氏

【SAFによるサポート】
1. SAFとは?
2000年にアメリカ・インディアナ州の認可非営利教育財団として設立。
留学経験が学生の国際社会への関心を深め、国際社会においてはもちろん、
自国でも活躍するために必要な異文化理解力を高めることにつながるという信念の下、
アジアの大学生を欧米圏の大学へ派遣しています。

授業履修プログラム、語学力強化プログラム、
アカデミック・インターンシップなど、幅広い留学プログラムを
提供しています。

2. 国際社会科学部の学生を対象に留学サポートを実施します
◆個別留学相談
1年次第1学期中に、全員が個別カウンセリングを受け、
それぞれの留学計画の策定に向けた悩みを解決します。
◆留学計画の策定
海外に行くことだけが目的とならないよう、
将来のキャリアを見据えた目標の立案をサポートします。
◆留学相談記録
相談カルテを作成し、情報を蓄積することで、
継続的にサポートをします。
(サポート内容は、変更の可能性があります。)

国際社会科学部の英語による海外留学先はこちらから(PDF)
SAFのホームページはこちらから

**************************************************************
国際社会科学部は、下記の通りの日程で学部・入試説明会を行います。
※詳しい情報はこちらから↓

◆12月9日(水)河合塾池袋校
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/iss/events/129.html
◆12月19日(土)河合塾新宿校
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/iss/events/1219.html
**************************************************************

また、YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」では、
特集「グローバル社会における『人の国際化』の推進 ~留学、海外経験から学ぶもの~」を
掲載しています。ぜひ合わせてご覧ください!
↓学習院TIMESの記事はこちらから
http://www.yomiuri.co.jp/adv/gakushuin/special/sp046/page_01.html


学習院大学国際社会科学部のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

TBSラジオ(AM954+FM90.5)で現在放送中の学習院冠番組「学スタ」では、
ゲストインタビューの間に「From The Campus」という、
本学学生の「生の声」を伝えるCMコーナーがあります。

学校法人学習院ホームページ「学スタ」特設サイトでは、
このコーナーでこれまでに放送された内容を抜粋して紹介しています。

151204_001.jpg
(写真)「学スタ」特設サイト From The Campus のページ

毎週月曜日の放送後に随時更新しています。
ラジオの放送とともに、
学生たちの「今」を、ぜひWebサイトでもご覧ください!

「学スタ」特設サイトはこちらから
↑過去の放送もYouTubeで聴くことができます!

日本で唯一の演芸専門誌「東京かわら版」12月号に、
学習院大学卒業生の林家はな平さん(2007年経済学部卒)が
取り上げられています。

151125_002.jpg
(写真)「東京かわら版」12月号 ※11月28日発売/500円(税込)

活きのいい若手落語家を紹介する
「築コレ -TSUKIJI-COLLECTION-」というコーナーで、
取材は10月下旬に目白キャンパスで行われました。

151125_003.jpg
(写真)取材の様子

林家はな平さんは学習院大学落語研究会の出身で、
卒業と同時に九代林家正蔵に入門、2011年11月に二つ目に昇進しています。

現在もOBとして落語研究会の後輩たちの指導にあたっており、
実は目白キャンパスにはよく来ているとのこと。
先日行われた桜凛祭の「めじろ寄席」にも特別出演し、演目を披露しました。

「東京かわら版」の記事では、
はな平さんの学生時代や弟子入りの時のエピソードが詳しく語られています。

151125_001.jpg
(写真)林家はな平さん

広報課の取材にも気さくにお答えいただき、
「『はな平』と聞いたら『ああ、あのはな平さんね!』と
 すぐに思い浮かべてもらえるような噺家になりたい」と
お話ししてくださいました。

卒業生の噺家、林家はな平さんの今後の活躍に乞うご期待!です。

林家はな平さんのホームページ「はなサイト」はこちらから
「東京かわら版」のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

11月16日(月)~28日(土)のメニューはこちらです!
151118_001.jpg
(写真)野菜たっぷりカレー 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
トマト味の野菜たっぷりのカレー!
カボチャやブロッコリーが苦手な人も美味しく食べれる!!

不安定な気候で体調を崩しがちですが、
食事をしっかりとって体調管理しましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから


11月11日(水)神宮球場において、
学習院大学硬式野球部が2部最下位校の国士舘大学との入替戦に挑みました。

1塁側スタンドには、応援団、一般学生、教職員、野球部OBなど、
たくさんの方が応援に駆けつけました。

奮闘しましたが、第1戦は0対7で敗れました。

本日12日(木)12時30分より、同じく神宮球場にて第2戦が行われる予定です。
明日も引き続き応援を宜しくお願いいたします。


国士舘大学  020 022 100 = 7
学習院大学  000 000 000 = 0


IMG_0011-2.JPG
(写真)試合前の整列

IMG_0024.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0025.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0035.JPG
(写真)スタンド風景

IMG_0017.JPG
(写真)試合の様子

IMG_0039.JPG
(写真)試合結果

※試合結果詳細(東都大学野球連盟ホームページ)はこちらから↓
http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2015&SEASONID=02&LEAGUEID=12&GAMEID=15342


※硬式野球部ホームページはこちらから↓
http://gakushuin-bc.jimdo.com/
※硬式野球部ツイッターはこちらから↓
https://twitter.com/baseballguniv
※硬式野球部フェイスブックはこちらから↓
https://www.facebook.com/baseballguniv

学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

11月1日(日)~14日(土)のメニューはこちらです!
20151101_001.jpg
(写真)マグロ漬け丼 [お味噌汁付き] 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
マグロにたっぷりとからんだタレと
ほかほかご飯の相性はバツグンです!
静岡産マグロを是非ご堪能あれ!

わさびが効いたマグロ丼!
お箸がどんどん進みそうです!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

10月19日(月)~31日(土)のメニューはこちらです!
20151027_001.jpg
(写真)茸とさつま芋のご飯・四種のおかず 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
茸(きのこ)に味が染み込んでいて美味しい!
お芋がたくさん入っているのがうれしい。
おかずのハンバーグは濃厚な味わいです!

秋の味覚たっぷりのごはん!
おかずもボリューム満点で、食欲の秋にぴったりのメニューです。

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

目白キャンパス北2号館1階の学習院大学史料館展示室で
開館40周年記念「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」が
開催されています。

151015_001.JPG
(写真)会場入口

史料館では、皇族や華族関係の資料の他、
江戸時代の一揆に関する古文書や
学習院の歴史教育のために使用されていた標本資料、
更には、かつて学習院大学で教鞭を執っていた学者たちの遺愛品など、
多岐にわたる資料を所蔵しています。

今回の展示は、史料館員がそれらの資料の中から、
教科書に関連した選りすぐりの品を紹介する「コレクション展」です。

151015_002.jpg
(写真)辻邦生と『西行花伝』
『背教者ユリアヌス』や『春の戴冠』などの長編歴史小説を得意とした
作家・辻邦生は、学習院大学で約35年間教鞭を執りました。
今回は、代表作『西行花伝』の限定版や筆者の自筆原稿製本革装本を紹介しています。

151015_003.jpg
(写真)「神のつげ」
慶応3年(1867)8月頃より東海・近畿で起こった
「ええじゃないか」騒動の様子を描いた絵巻。
幕末から明治初期に活躍した京都の四条派の画家・前川五嶺によって描かれました。

151015_004.jpg
(写真)「西田幾太郎と鈴木大拙」
旧制学習院の教授を務めた2人の手紙及び葉書。
西田幾多郎は、西欧の哲学に"禅"などの東洋思想を融合させ、
独自の思想体系を打ち立てました。
鈴木大拙は、独学で仏教思想を研究し、『大乗起信論』などの英訳版を刊行し、
世界にその名を轟かせました。

151015_005.jpg
(写真)「山尾庸三像」
明治維新後、新政府によって招かれた
イタリアの彫刻家ヴィンチェンツォ・ラグーザによる作品の一つ。
ラグーザは、日本初の官立美術学校、工部美術学校で西洋の彫刻技術を指導しました。

このように本展覧会は、
「学習院にこんなものがあったんだ!」「これ教科書で見たことがある!」と、
新たな発見ができると同時に、もう一度学ぶことを楽める内容となっています。

色とりどりに染まっていく目白キャンパスの紅葉を眺めつつ、
ぜひ学習院大学史料館に足をお運びください。

**************************************************************
平成27年度学習院大学史料館開館40周年記念
「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」

会  場: 目白キャンパス北2号館1階学習院大学史料館展示室
会  期:平成27年10月3日(土)~12月5日(土)
開館時間:平日・土曜日10:00~17:00(※観覧無料)
閉 室 日:日曜日・祝日、
     10月16日(金)・10月17日(土)・10月31(土)~11月4日(水)

★ギャラリートーク(※各回30分程度、予約不要・参加無料)
①10月24日(土)14:00 ~
②11月7日(土) 14:00~
 ご参加の方は、時間までに展示室にお集まりください。

第78回学習院大学史料館講座「近代日本の彫刻」
開催日時:平成27年11月14日(土) 14:00~15:30
会  場:学習院大学 中央教育研究棟302
講 演 者:佐藤道信氏(東京藝術大学教授)
※入場無料・事前申込不要

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**************************************************************

また、大学史料館(北別館)では、
ミニ展示 「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」が行われています。
151015_006.jpg
151015_007.jpg
(写真)会場内の様子

昭和29年(1954)、
日本人として初めてフィールズ賞を受賞した小平邦彦は、
東京帝国大学卒業後、戦争中の困難な時代も研究を続け、
戦後はプリンストン大学高等数学研究所など海外で活躍。
帰国後は東京大学、学習院大学で教鞭をとり、数学界に多大な貢献をしました。

今回は、フィールズ賞のメダルや同氏のノートやイラストなど
多様な資料を展示しています。
**************************************************************
ミニ展示 「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」
会  場:学習院大学史料館(北別館)展示コーナー
会  期:平成27年10月15日(木)~平成27年10月30日(金)
開館時間:平日・土曜日9:30~17:30(※観覧無料)
閉 室 日:日曜日・祝日、10月16日(金)・10月17日(土)

★ギャラリートーク(※各回30分程度、予約不要・参加無料)
①10月20日(火)15:00~
②10月23日(金)15:00~
 学習院大学理学部数学科教授の中島匠一教授による解説です。
 ご参加の方は、時間までに展示コーナーにお集まりください。

第77回学習院大学史料館講座「役に立つ数学・楽しい数学」
開催日時:平成27年10月30日(金) 18:00~19:30
会  場:学習院大学 中央教育研究棟302
講 演 者:中島匠一氏(学習院大学理学部数学科教授・学習院大学史料館研究員)
※入場無料・事前申込不要
**************************************************************

「名品続々!教科書を彩る学習院コレクション展」、
ミニ展示「生誕百年記念小平邦彦―代数幾何学の巨人」の詳しいご案内はこちら
から

学習院大学のホームページはこちらから

先週に第一報をお伝えしたTBSラジオ「学スタ」は、
9月28日(月)の初回放送に向けて、現在、順調に収録を重ねています。

初回のゲストには学習院大学卒業生の俳優・小倉久寬さんが登場!
学生時代の話や、自分の夢に向かってどんな努力を積み重ねてこられたかを
語ってくださいました。

150924_003.jpg
(写真)小倉久寛さん

この小倉さんのインタビューは2週にわたって放送されます。

また、番組内のインフォマーシャルでは、
井上寿一学習院大学長が、
大学の魅力と来年度設置される国際社会科学部についてPRしました。

150924_001.jpg
(写真)井上学長のラジオ収録の様子

初回の放送は9月28日(月)21:30からです!
お楽しみに!

このたび、学校法人学習院は、
下記の通りラジオ番組提供を行います。

150918_001.jpg
(写真)チラシ

■ タイトル:学習院プレゼンツ 夢発信ラジオ「学スタ」~夢への一歩、スタートしよう~
■ 放送日時:毎週月曜 21:30~21:45 ※9/28(月)スタート
■ 出演者:伊藤隆佑(TBSアナウンサー・学習院大学卒業生)、ゲスト
■ 番組内容:
「学」は、『学び』の学。
「スタ」は、人生勉強を含めた『スタディ』。夢への『スタート』。
リスナーとゲストを繋ぐ『スタジオ』。自分らしさ、自分の『スタイル』。
オリジナリティ溢れる考え・生き方を実践している人をゲストにお招きし、
バラエティに富んだ「夢」の在り方について考え、
夢を意識した生き方をするためのヒントを探す。

職業体験でも、1対大勢の講演会でも、OB訪問でも、
インタビューでも触れることのできない、

その人の本当のロマン「人生の物語」を引き出すラジオ番組。それが「学スタ」!
学習院公式ブログでは、
今後リリースされるゲスト情報や放送内容について、
定期的に発信していきます。

初回は9月28日(月)です!
ぜひお聴きください!

今日から第2学期が始まりました。
目白キャンパスには元気いっぱいの学生たちが戻ってきて、
いつもの活気あふれる風景が広がっています。

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」も、
今日から活動再開です!

「TABLE FOR TWO」は、私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」によるこちらの潜入リポートをご覧ください。

9月14日(月)~30日(水)までのメニューはこちらです!

150904_001.jpg
(写真)豆腐ハンバーグプレート〔ごはん・お味噌汁付き〕430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
豆腐ハンバーグなのにお肉のようなジューシーさ。野菜もたっぷり。
もちろん低カロリーで女性にもおすすめ!
夏で乱れがちな食生活もこのメニューで改善!

学生の皆さん、バランスのとれた食事をとって、
第2学期も充実した大学生活を送ってくださいね!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

★高等科NEWSが更新されました★

8月11日(火)、
学習院高等科・中等科合同で活動している吹奏楽部が
東京都高等学校吹奏楽コンクールBⅡ組に出場し、
金賞を受賞しました。

150908_001.jpg
(写真)東京都高等学校吹奏楽コンクールの様子

ブログの続きはこちらの高等科ホームページ「高等科NEWS」から
学習院高等科のホームページはこちらから

******************************************************
9月12日(土)14:00~
学習院中等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************
******************************************************
10月10日(土)14:30~
学習院高等科の学校説明会を開催します。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

明日、9月5日(土)発売の
『プレジデントファミリー 2015年秋号』に
学習院初等科の大澤隆之教頭の記事が掲載されます。

150904_001.jpg

特集「算数パーフェクトガイド」の
「こんな先生、ママも教わりたい!名教師3人、伝説の授業」の中で、
大澤教頭による図形の授業が紹介されています。

ぜひご覧ください!

******************************************************
9月5日(土)10:00~11:00 
目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で
学習院初等科の入試説明会を開催します。
詳しい情報はこちらからご覧ください
******************************************************

学習院初等科のホームページはこちらから

このたび、学習院女子大学のキャンパスが
Google マップのストリートビューでご覧いただけるようになりました。

ストリートビューは、
Googleが提供するGoogle マップの機能の一つで、
街中や観光名所などをその場にいるかのように
360度のパノラマ写真で御覧いただけるサービスです。

Google マップで学習院女子大学を検索し、
表示された地図上に黄色い人形のアイコン「ペグマン」をかざして
置いていただくことで、園内を散策することができます。

詳しくはこちらの学習院女子大学のホームページから

150826_01_001.jpg
(写真)学習院女子大学 互敬会館前の中庭

学習院生涯学習センターでは現在、
2015年度「秋講座」の受講受付を行っています。

150824_01_001.jpg
本年度の秋講座では、
連携・特別講座13講座をはじめ、
「教養」「語学」「趣味」「実務」、「資格試験講座」など全208講座を
9月から順次開講いたします。

また、"どんな雰囲気の講座か、一度参加してみたい"とお考えの方には、
「トライアル講座(1回のみの講座)」もありますので、
気になる内容の講座がございましたら、ぜひお気軽にお試しください。

受講資格は、「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
下記生涯学習センターホームページをご覧ください。
http://open.gakushuin.ac.jp/

150824_01_002.jpg
《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040


★学習院生涯学習センターFacebookもあります!★
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin
これまでの講座の様子などを紹介しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてみてください!

150809_001.jpg

【Vol.6の内容】
■「学校資料保存の普及をめざして」(芳賀町総合情報館 富田 健司)
■「学習院沼津游泳会史」(沼津游泳会 顧問・元代表 池田 賢司)
■「史料紹介―安倍院長の辞職未遂―」(学習院アーカイブズ 桑尾 光太郎)
■主な活動(2015年2月~6月)

※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を学内外の皆様に
ご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html

学習院アーカイブズのホームページはこちらから

150811_001.jpg
(写真)目白キャンパス 北グラウンド

学校法人学習院は、
明日8月12日(火)~14日(金)の間、
夏季一斉休業期間となり、
事務取扱をお休みとさせていただきます。

一斉休業明けの事務取扱は、8月17日(月)からとなります。
ご不便をお掛けいたしますが、どうぞご了承ください。


学習院各校の情報につきましては下記の通りです。

【学習院大学】
http://www.univ.gakushuin.ac.jp/news/2015/0625.html

【学習院女子大学】
http://www.gwc.gakushuin.ac.jp/news/2015/07/post_35.html

【学習院高等科・中等科、学習院女子中・高等科、学習院初等科、学習院幼稚園】
http://news.gakushuin.ac.jp/export/?c=detail&token=29880bc6860f76f333e22d7d01eb2ee8

※各学校によっては開室時間が異なる場合がございますので、
 詳細につきましてはホームページまたは電話でご確認のうえ、ご来校ください。

150810_001.jpg

【第94号の主な内容】
■特集
学習院大学国際社会科学部(仮称)2016年誕生!
※設置認可申請中

■院長挨拶
勢いのある学習院(学習院長 内藤 政武)

■学習院女子大学長再任にあたって(学習院女子大学長 石澤 靖治)
■学習院中等科・高等科長再任にあたって(学習院中等科・高等科長 林 知宏)

■大学・女子大学のホームページをリニューアルしました!

■学習院News 2014
各学校の最新情報を紹介

■史資料からみる学習院
質実堅牢の石塀―青山の女子学習院―(学習院アーカイブズ 桑尾光太郎)

■Rookie's Voice
新入生、新社会人、新入職員など、いろいろな「1年生」の声を集めました!

※「学習院広報」は、
卒業生、在学生保護者、教職員、受験生、一般の方々を対象に、
学習院の「いま」を伝えることを目的とした広報誌で、
年2回(7月・1月)発行しております。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士前期課程2年の
鈴木香里武さんが作詞した『とりあえず、タマで。』が、
NHK「みんなのうた」の8月・9月として放送されます。

『家にやってきた子猫にどんな名前をつけようか』という
心温まるエピソードを描いた詩で、
優しい旋律とやわからな歌声に乗せて物語が進んでいく、
とってもかわいらしい歌になっています。

【鈴木香里武さんのコメント】
僕は幼少期から多くのペットを飼育してきました。
生き物を家に迎えるというのは、とても責任あること。
その都度、どんな名前にしようか迷います。
一度名付けると、その子の未来を導く指針になる、
とても大事なものです。

そんな経験から、ふと生まれたのが、この『とりあえず、タマで。』です。

年間十数曲しか採用されない「みんなのうた」に、
今回書かせていただけることになり、自分でも驚きを隠せません。
大変光栄なことだと感謝しております。

150803_01_001.jpg
(写真)鈴木香里武さん

放送期間は8月1日~9月30日の2か月間で、
テレビとラジオの両方で放送されます。※曜日によって変更があります。
NHK「みんなのうた」放送予定表はこちらから

本日はこの後13:55から14:00の間に、NHK総合テレビで放送される予定です。
ぜひご覧ください!


NHK「みんなのうた」ホームページはこちらから

学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学大学院人文科学研究科心理学専攻のホームページはこちらから

本日8月1日(土)2日(日)の2日間、
学習院大学のオープンキャンパスが行われています。

150801_001.jpg
150801_002.jpg
150801_003.jpg
150801_004.jpg
150801_005.jpg
スカイサウンズジャズオーケストラ部による演奏も行われています。
150801_006.jpg
学内では、四大戦の学内大会も行われており、
学習院大学生の日頃の様子もご覧いただけます。

皆さまのご来校をお待ちしています!!

学習院大学オープンキャンパスの情報はこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

7月11日(土)に行われた、
第1回学校説明会の様子が紹介されています。
天候にも恵まれ、多くの方にお越しいただきました。

150723_001.png
(写真)水谷真知子科長による教育方針についての説明

ブログの続きはこちらの学習院女子中高等科ホームページ「新着情報」から

「新着情報」ではその他にも日々の様子が随時更新されていますので、
ぜひご覧ください。

*********************************************************
10月3日(土)14:00~16:30
学習院女子中・高等科のオープンスクール「学校を知る会」を開催します。
詳しい情報はこちらから
*********************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

目白キャンパスでは現在、百日紅(サルスベリ)の花が
見頃を迎えています。

150728_001.jpg
(写真)JR目白駅前の交差点から目白キャンパス西門を望んで
150728_002.jpg
(写真)目白キャンパス西門前、満開の百日紅

太陽の光をいっぱいに受けた、
あざやかな濃いピンク色が目を引きます。

********************************

今週末8月1日(土)2日(日)の2日間は、
学習院大学のオープンキャンパスです。

全学部学科および来年度開設予定の国際社会科学部〔仮称〕の
説明会や模擬講義をはじめ、入試対策講座、個別相談ブース、
在学生によるキャンパスツアーはもちろん、
2016年度一般入試から利用可能となるWeb出願の体験コーナーや、
現役学生の「生」の声を聞くことが出来るパネルディスカッションなど、
盛りだくさんのプログラムで受験生の皆さんをお待ちしています。

150728_003.jpg
(写真)目白キャンパス西門

JR目白駅から徒歩30秒、
満開の百日紅のウェルカムゲートをくぐり、
緑あふれる目白の杜へ、ぜひお越しください!

学習院大学オープンキャンパス特設サイト「SakuLIFE」はこちらから
↑模擬講義選びの参考にぜひ!「教室潜入ムービー」公開中!
その他、先輩たちのオープンキャンパスの活用術や回り方ガイドも掲載しています!

学習院大学ホームページはこちらから

現在、目白キャンパスの学習院大学史料館にて、
ミニ展示「辻邦生―西行花伝」が開催されています。

150729_001.jpg
(写真)辻邦生氏

辻邦生は、昭和31年(1956)に学習院大学講師、
昭和50年に学習院大学文学部教授として学生教育に貢献し、
また、『背教者ユリアヌス』や『春の戴冠』など
数多くの小説を残した作家でもあります。

学習院大学との関わりが深いことから、
大学史料館では現在、創作ノートや原稿類に加えて、
日記や書簡など約4万点を寄贈いただき、調査・整理しています。

本日7月29日の辻邦生の命日にあわせて企画された本展では、
これらの資料の中から、平成7年(1995)に第31回谷崎潤一郎賞を受賞した
長篇歴史小説『西行花伝』をとり上げます。
約30点にわたる創作メモや原稿、また今回が初公開となる日記が展示され、
『西行花伝』完成までの過程や、知られざるエピソードなどが紹介されています。

150729_002.jpg
(写真)会場内の様子

150729_003.jpg
(写真)『西行花伝』が作品となるまでを紹介

150729_004.jpg
(写真)初公開の昭和20年前後の日記

この他、作者が愛用していた文具品や、
仕事場の風景なども紹介されています。

辻邦生の文学に対する思いを感じられるこの展覧会は、
8月5日(水)まで開催しています。

オープンキャンパス期間の8月1日(土)・2日(日)も開館していますので、
皆さま、ぜひ足をお運びください。
150729_005.jpg

**************************************************************
ミニ展示「辻邦生―西行花伝」

会  場: 目白キャンパス学習院大学史料館(北別館)内展示コーナー
会  期:平成27年7月22日(水)~8月5日(水)
開館時間:9:30~17:30
※観覧無料

【問い合わせ先】
学習院大学史料館事務室
TEL: 03-3986-0221(代) 内線:6569
**************************************************************

学習院大学史料館ミニ展示「辻邦生―西行花伝」の詳しいご案内はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

6月16日(火)~18日(木)、学習院大学国際交流センターで
「第1回留学フェア~留学したい気持ち後押しします!~」
が行われました。

150701_01_001.jpg
150701_01_002.jpg
(写真)会場の様子

この「留学フェア」は、近い将来、留学したいと考えている学生に
大学で学んでいる外国人留学生や留学経験のある学生たちと
直接コミュニケーションをとれる場を提供しようと、
毎年開催されているものです。

3日目の6月18日(木)は、
「『世界の言葉を話してみよう!』~チャットルーム2015~」
という留学フェアでは初めての企画が実施され、
日頃学んでいる外国語を使って自己紹介や簡単なテーマトークを行いました。

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、アイスランド語、
中国語、韓国語、タイ語の8言語にわかれて、
それぞれのテーブルで会話を楽しみました。

150701_01_003.jpg
(写真)英語圏のテーブルの様子

150701_01_004.jpg
(写真)中国語のテーブルの様子

150701_01_005.jpg
(写真)韓国語・タイ語のテーブルの様子

各言語の机には、会話に困ることのないよう、
単語帳や教材が用意されていました。

150701_01_006.jpg
(写真)イタリア語のテーブルの様子

150701_01_007.jpg
(写真)アイスランド語のテーブルの様子

国際交流センターにボランティア登録している学生が
各テーブルのコーディネーターとして、会話の進行を
手伝ってくれました。

150701_01_008.jpg
(写真)フランス語のテーブルの様子

150701_01_009.jpg
(写真)ドイツ語のテーブルの様子

アットホームで和やかな雰囲気の中、
学生たちは、大学での授業やお互いの国の文化について、
積極的に外国語を使って会話を楽しんでいました。

今回参加した学生たちにとって、
国際交流の意欲をかき立てる刺激的な時間となったようです。

このチャットルームは今後も月1回程度、
定期的に開催します。

次回は、7月3日(金) 12:20~14:30国際交流センターで行われます。

詳しくはこちらの学習院大学国際交流センターfacebookをご覧ください。

語学勉強のモチベーションを上げたい、新たな友達をつくりたい、
久々に外国人と話してみたい、ちょっとだけ外国語を話してみたいなど、
少しでも興味のある方は、お気軽に
中央教育研究棟2階の国際交流センターまで足を運んでみてくださいね。

学習院大学のホームページはこちらから

現在、戸山キャンパスの学習院女子大学にて、
はたおり部主催の作品展「草木変化~学習院女子大学の色~」が開催されています。

150615_01_001.jpg
(写真)会場入口

この展覧会では、戸山キャンパスにある草木を使って、
さまざまに染色をしたものを紹介しています。

学習院女子大学は、都心にありながらたくさんの緑に囲まれています。
草木はそれだけでも心を癒してくれますが、
そこにはまだ不思議なパワーが秘められている、というのが今回のテーマです。

おなじ草木を使っても、葉の状態や、布の質、染液につけた回数などで
色の出方が違います。

150615_01_002.jpg
(写真)どくだみで染めたコサージュ

150615_01_003.jpg
(写真)枇杷の染色

150615_01_004.jpg
(写真)八重桜で染めたハンカチ

150615_01_005.jpg
(写真)つつじで染めた暖簾

この他にも、はたおり部指導者で学習院女子大学環境教育センターの小栗ひとみさんの作品や
学習院女子大学の第1期生で、はたおり部を創設した大原小夜さんの作品も
合わせて展示されています。

150615_01_006.jpg
(写真)小栗ひとみさんの作品「藍染について」

150615_01_008.jpg
(写真)大原小夜さんの作品「真絹のストール」と「名古屋帯」

毎週木曜日は12時~14時まで、
小栗ひとみさんによるギャラリートークも行われます。

学外一般の方もご見学いただけますので、
ぜひお越しください。
**************************************************************
展覧会「草木変化~学習院女子大学の色~」
会  場: 戸山キャンパス学習院女子大学2号館1階文化交流ギャラリー
会  期: 6月8日(月)~6月26日(金) ※日曜休館
開館時間: 9:00~16:30
※入場無料
※学外一般の方は、正門・北門の守衛室にお申し出ください。
**************************************************************

「草木変化~学習院女子大学の色~」の詳しいご案内はこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

今年度1回目の大学図書館セミナーを開催いたします。

***************************************************

大学図書館セミナー「地図・時刻表からたどる新幹線」

日時:2015年6月26日(金)14:50~16:00
場所:中央教育研究棟5階 508教室
講師:今尾恵介先生(日本地図センター客員研究員)
定員:最大70名
申込:不要( 当日参加OK )
※一般の方で受講を希望される場合は、事前に学習院大学図書館までご相談下さい。

《 講演概要 》
東海道新幹線は昨年10月で開業50周年を迎えた。
計画当初は建設反対論も多かったが、今日では世界中にこの高速鉄道システムは広く普及し、
公共交通を語る上で欠かせない存在となっている。
本講演では新幹線のルーツたる戦前の「弾丸列車構想」に始まり、
今年開業の北陸新幹線に至るまでの新幹線の発達を、
地図や時刻表等の資料を参照しながらたどり、人の流れや地域の変貌を観察する。
さらにこれらを軸に日本における鉄道史を概観し、さらに今後のあり方にも言及したい。

150612_01_001.jpg

今話題の「新幹線」について、わかりやすく学べるチャンスです。
事前申込不要、当日参加OKのセミナーですので気軽にお越しください。

みなさまのご来場、心よりお待ちしております。

セミナーの詳細はこちらから
学習院大学図書館のホームページはこちらから

戸山キャンパスの学習院女子大学では現在、
色とりどりの紫陽花が咲いています。

150609_001.jpg
150609_002.jpg
150609_003.jpg
150609_004.jpg
(写真)女子大学2号館前に咲く紫陽花

また、正門から2号館へと続く舗道は、
青い紫陽花の並木道になっています。

150609_005.jpg
(写真)紫陽花の並木道
150609_006.jpg
(写真)色付きはじめの紫陽花

*** 6月12日(金)追加 ***
150612_003.jpg
(写真)白い紫陽花もきれいです

昨日、関東地方の梅雨入りが発表され、
しばらくすっきりとしないお天気が続きそうですが、
雨に濡れた紫陽花がキラキラと輝いて、元気をわけてくれています。

**************************

さて、学習院女子大学は今週末の6月13日(土)午後1時から、
オープンキャンパスを開催いたします。
入試や授業、大学生活に関することなど、何でもお気軽にご相談ください。
多くの方のご来校をお待ちしております。

6月13日(土)開催のオープンキャンパス情報はこちらから

学校法人学習院は、7月11日(土)、
大分県大分市において、第77回学習院公開講演を
開催いたします。

20150602_01.jpg

日時:7月11日(土)14:00~16:05
場所:レンブラントホテル大分(大分県大分市)

《講演内容》
「<戦後70年>どうなる日本?!」
 講師:井上 寿一 氏(学習院大学長)

「おもてなしのコミュニケーション」
 講師:勝 恵子 氏(フリーアナウンサー・学習院卒業生)

定員:500名 ※入場無料

聴講を希望される方は事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらの公開講演開催案内をご覧ください。

*********************************
【お問い合わせ】
第77回学習院公開講演事務局
TEL:0120-187-433 FAX:0800-800-9252
メール: gakushuin@kosaido.co.jp
*********************************

この公開講演は、
学校法人学習院が有する知的資産を社会へ還元することによって、
広く市民の文化の高揚に寄与することを目的に
毎年行われています。

どなたでもご参加いただけますので、ぜひお申し込みください。
お待ちしています!

150604_002.jpg
(写真)大分駅

学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」が
LINEスタンプになりました!

150602_001.jpg

『ありがとう』や『OKです』などの使いやすいメッセージと、
「さくまサン」のかわいらしいイラストのスタンプです。

中には『大学なう』『ここ試験に出るよ』など、学生生活にぴったりなスタンプも。
40種類のスタンプが120円(50コイン)で、LINE STOREにて販売中です!

表情ゆたかな「さくまサン」のスタンプで、
友達や家族とのコミュニケーションを楽しんでください!


「さくまサン」が大活躍の受験生向けサイト「SakuLIFE」はこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は昨年4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

5月30日(土)までのメニューはこちらです!
20150514_01_001.jpg
(写真)キャベツたっぷり!生姜焼き丼 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
たっぷりキャベツと栄養満点の豚肉に特製の生姜タレを染み込ませた満足どんぶり。
豚肉は疲労回復効果のあるビタミンB1を多く含んでいるので、疲労回復にもってこい!
何かとだらけがちな5月も、コレを食べれば乗り切れるかも!?

今月のテーマは、
『五月病をぶっとばせ!』とのこと。
栄養満点のどんぶりを食べて、パワーをつけましょう!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

インターネットのニュースサイト「マイナビニュース」で、
大学学生食堂のスペシャルメニュー「メガ盛りカレー」が紹介されました。

150430_001.jpg
(写真)メガ盛りカレー 520円 + カツ 120円

ライスは約500g、Mサイズのカレー2杯分の超特大メニューです!
マイナビニュースの記事では開発秘話などが紹介されています。
ぜひご覧ください!

※マイナビニュースの記事はこちらから↓
「学習院大学の学食にも"メガ盛り"が!学生が待ち望んだメニューはこれだ!!」


学習院大学のホームページはこちらから

本日4月17日(金)、読売新聞朝刊23面の教育欄に、
学習院大学の公認学生団体「学生相談所」が取り上げられました。

学生相談所は、クラブ・サークルへの備品の貸し出しや、
郵便物の仕分けなど日常的な支援活動のほか、
新入生を歓迎する「ウェルカムパーティー」の企画・運営、
オープンキャンパスでのツアーガイドや個別相談など、
在学生や受験生をサポートする幅広い活動をしています。

4月6日(月)に開催された今年のウェルカムパーティーには
約100名の新入生が参加し、
授業の履修相談やキャンパスツアー、
学習院に関するクイズ大会などが行われました。

20150406_001.jpg
(写真)ウェルカムパーティーの様子

読売新聞の記事では、
このウェルカムパーティーの様子や学生相談所の活動について、
学生相談所所長の大谷寛和さん(経済学部経営学科3年)の
インタビューを中心に紹介されています。

ぜひご覧ください!

※学習院大学の学生団体「学生相談所」に関する情報はこちらから
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/stu/student/club/801.html
http://sakulife.com/j_blog/category/cat04/club005

学習院大学のホームページはこちらから

学校法人学習院(東京都豊島区)は3月30日付で、
2016年4月に開設を予定している学習院大学「国際社会学部(仮称)」の設置認可を
文部科学省に申請しました。

本学にとっては52年ぶりとなる新学部で、
国際的なビジネスの第一線で活躍できる人材の養成を目指します。

国際社会学部(仮称)の概要はこちらから

このことを広くアピールするため、
「まじめに世界を目指す人へ。」をはじめとする6つのスローガンを発表し、
さまざまな広報展開を行います。

150406_002.jpg
(写真)メインスローガン

【6つのスローガン】
1. まじめに世界を目指す人へ。(メインスローガン)
2. この学部は、甘くない。しかし、世界はもっと、甘くない。
3. 「国際人」という言葉さえ、まもなく死語になる。その時、あなたは?
4. 世界は君を、待っていない。君が世界を、つかみに行け。
5. 「なんとなく国際」は、やめて欲しい。
6. 国際系の学部へ進めば、国際社会で活躍できる。そう勘違いしていませんか?


この6つのスローガンを広報媒体ごとに使い分けて展開します。


本日4月6日(月)、読売新聞東京本社版の朝刊5面に、
学習院大学国際社会学部〔仮称〕の一面広告(カラー)を掲載しました。

150406_001.jpg
(写真)新聞広告

また、JR目白駅・東京メトロ雑司が谷駅の看板広告にも掲出しています。

150406_003.jpg
(写真)JR目白駅の看板広告

さらに、フライヤーやポスターなどを、
大学説明会、オープンキャンパス、大学内各種窓口などで配布するほか、
東急線、京急線、東武本線、東武野田線、京王線の電車内ドア横広告、
各受験雑誌への広告出稿を順次予定しています。

広告撮影のメイキングムービーも公開しています。

YOMIURI ONLINE内の特設サイト「学習院TIMES」では、
国際社会学部(仮称)に着任する4人の外国人教員が、
グローバル時代を生き抜くための指針について語り合った対談の様子が
掲載されています。
学習院TIMES特集「国際社会学部(仮称)から世界へ」はこちらから

ぜひ合わせてご覧ください!

学習院大学国際社会学部〔仮称〕のホームページはこちらから

*****************************************************************
4月12日(日)午前9時30分より、
目白キャンパスで第29回オール学習院の集いが開催されます。
詳しいご案内はこちらから

国際社会学部開設準備室は当日、南2号館2階に展示室を設置し、
概要やカリキュラムの方向性、履修モデルなどをわかりやすく説明します。
受験生の皆さんもぜひお越しください!
*****************************************************************

昨日3月23日(月)、
気象庁が東京地方に桜の開花宣言を出しました。
例年より3日早く、昨年より2日早い開花となりました。

目白キャンパス西2号館前のソメイヨシノも、
ゆっくりと花を開きはじめています。

150324_001.jpg
(写真)西2号館前のソメイヨシノ ※3月24日撮影

1週間から10日ほどで満開になる見込みとのこと、
キャンパスが桜で華やぐ美しい季節がやってきます。

**************************************************
学習院公式ブログはサーバーメンテナンスのため、
明日3月25日(水)から1週間お休みいたします。
再開までどうぞ楽しみにお待ちください。
**************************************************

学習院生涯学習センターでは現在、
2015年度「春講座」の受講受付を行っています。

150318.jpg
(写真)2015年度 春講座パンフレット

春講座では、特別講座10講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」「資格試験講座」など
8分野全205講座を、4月から順次開講いたします。

受講資格は「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

また、生涯学習センターFacebookでは、
これまでの講座の様子などを紹介しています。
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin

150318_002.jpg

《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040


★関連記事:
【生涯学習センター】2014年度春期特別講座「西洋美術史」
【生涯学習センター】2014年度秋期特別講座「ローマとフィレンツェ」
【生涯学習センター】2014年度秋期特別講座「更級日記と源氏物語」

150306_001.jpg

【Vol.5の主な内容】
■「アイデンティティ」と「デザイン」の拠り所(学習院アーカイブズ室長 平野 浩)
■女子中・高等科史料室の現状と課題(女子中・高等科教諭 延 智子)
■授業教材、研究資料としての学習院アーカイブズの利用可能性
    (大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻助教 青木 祐一)


※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を学内外の皆様に
ご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。


※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html


学習院アーカイブズに関する情報はこちらから

学習院大学図書館内の各階段および踊場・3階廊下にて、
現在、東日本大震災被災地の記録写真の展示が行われています。

150202_04_001.jpg
(写真)学習院大学図書館
150202_04_002.jpg
(写真)展示の様子① 1階階段上り口

2011年3月11日(金)に発生した東日本大震災から、
まもなく4年が経過しようとしています。
この展示は、あの日に起こった出来事をもう一度見つめ直す機会になることを願い、
企画されました。

社団法人日本図書館協会が撮影した当時の被災地図書館の写真を中心に、
計65点が展示されています。

150202_04_003.jpg
(写真)展示の様子② 2階踊場

東北から関東にかけて甚大な被害をもたらした地震とその後の津波は、
各地域の知の拠点であった多くの図書館にも深い傷跡を残しました。

展示された記録写真には、
震災直後の被害の様子や、地域の方々が力を合わせて図書館を再建する様子、
現在も続く復興への取り組みの様子などが収められています。

150202_04_004.jpg
(写真)展示の様子③ 3階廊下〔コンピュータ閲覧室脇〕

この展示は、2月23日(月)まで行われます。
また、大学図書館1階退館ゲート脇では関連資料も展示されていますので、
ぜひ合わせてご覧ください。

150202_04_006.jpg
150202_04_007.jpg
(写真)大学図書館1階退館ゲート脇の関連資料展示


※被災直後の写真がありますので、閲覧には十分ご注意ください。
学習院大学図書館のホームページはこちらから

学習院大学では、
平成27年2月7日(土)から2月10日(火)にかけて、
一般入学試験を実施いたします。

これに伴い、下記の通り目白キャンパスの入構規制を行います。
規制期間中は、受験者本人および本学関係者以外入構できませんのでご留意ください。

【規制期間】
平成27年2月7日(土)午前6時 から 2月11日(水)午前6時 まで


■受験者による試験場の下見について
受験者が試験場の下見をする場合は、極力本日2月6日(金)中にお願いいたします。

■受験者の保護者等による付き添いについて
規制期間中は受験者以外の方の入構はできません。

■本学学生の入構について
事前に申請し、特別に入構が許可された学生を除き、規制期間中は入構できません。

150206_001.jpg
(写真)目白キャンパス西門

受験生の皆さんが入試当日にベストを尽くせるよう、応援しています!

学習院大学の入試情報はこちらから

戸山キャンパス学習院女子大学2号館1階の文化交流ギャラリーで、
現在、展覧会「KITEN -現在(いま)の私をつくってきたもの-」が
行われています。

150123_01_001.jpg
(写真)文化交流ギャラリー入口

この展覧会は、学習院女子大学学芸員課程の
「博物館実習ⅡB -博物館の実際と業務を学ぶ」という授業の一環で、
学生たちが企画したものです。

開催までの課程において、資料の調査・保管・取り扱いなどの実務を学びました。

150123_01_002.jpg
(写真)ギャラリー内の様子

タイトルの「KITEN」は、出発点の『起点』あるいは基準点の『基点』です。

何かを始めるきっかけになったもの、出来事、
それまでの考え方や価値観が変わった瞬間などにまつわる「大切なもの」。

そのひとつひとつに、楽しかったことや辛かったこと、
努力の証や自信につながったことなど、持ち主なりのさまざまな物語が詰まっていて、
その人自身を形成する大事な一片(パーツ)となっています。

今回の展覧会では、学生たちにとっての「大切なもの」が、
その思いとともに展示されています。

150123_01_003.jpg
(写真)「留学先でもらったカード」

150123_01_004.jpg
(写真)「秘密の香水」

150123_01_006.jpg
(写真)「初めて弾いたピアノの楽譜」

150123_01_007.jpg
(写真)「25番目の選手」

150123_01_008.jpg
(写真)「父にもらったカメラ」

どんな出来事がその人にとって「起点」「基点」となったのか、
ひとつひとつの展示にそれぞれのエピソードも添えられています。

学生たちのみずみずしい感性が表れたこの展覧会は、
2月6日(金)まで開催されます。
学外一般の方もご覧いただけますので、ぜひお越しください。

**************************************************************
展覧会「KITEN -現在の私をつくってきたもの-」

会場: 戸山キャンパス学習院女子大学2号館1階文化交流ギャラリー
会期: 1月19日(月)~2月6日(金) ※日曜、2/2(月)休館
開館時間: 9:00~16:00 ※但し土曜日は9:00~12:00
※入場無料
※学外一般の方は、正門・北門の守衛室にお申し出ください。

【問い合わせ先】
学習院女子大学大学院・学芸員課程事務室
TEL: 03-3203-7437
**************************************************************

展覧会「KITEN -現在の私をつくってきたもの-」の詳しいご案内はこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院女子大学キャリア支援部制作の
「求人のための学習院女子大学案内2015」を発行しました。

150126_02_001.jpg
(写真)「求人のための学習院女子大学案内」

国際文化交流学部3学科の特色や学びの特徴、
就職支援プログラム、社会で活躍する卒業生など、
学習院女子大学がどのような人材を育成しているか、その方針や成果を紹介しています。

また、求人申し込みに際してのお願いも掲載しています。

現在、戸山キャンパス学習院女子大学7号館1階および
目白キャンパス西5号館6階の広報課にて配布中です。
企業の採用ご担当者の方は、ぜひご覧ください。


学習院女子大学のホームページはこちらから
Web版「企業・一般の方へ/求人に関するお願い」はこちらから

1月11日(日)12日(月・祝)に行われた、
学習院大学の「面接対策セミナー」(通称:メンタイ)の様子が、
現在発売中のAERA (朝日新聞出版刊)1月26日号の就職特集で
紹介されています。

20150123_001s.jpg
(写真)AREA 1月26日号 表紙

150123_002.jpg
(写真)面接対策セミナーの様子

今年で25回目の開催となった「面接対策セミナー」には、
就職活動を間近に控えた3年生約1300人が参加。

社会で活躍する286人の卒業生を講師に迎え、
内定した4年生の学生約200名のサポーターとともに、
個人面接やグループディスカッションなどの指導が行われました。

AERAの特集ではその他、学習院大学を含む18大学の上位就職先ランキングも
紹介されています。ぜひご覧ください!


※購入については最寄りの書店等へお問い合わせください
学習院大学キャリアセンターのホームページはこちらから

150120_03_001.jpg

【第93号の主な内容】
■特集
図書館の今。

■学習院長就任にあたって
勢いのある学習院(学習院長 内藤 政武)

■常務理事就任にあたって
学習院のルーツ(常務理事 耀 英一)
学習院の良き「かたち」を目指して(常務理事 平野 浩)
初心忘るべからず(常務理事 岩浅 光彦)

■学びの風景
女子中等科二年 英語A(ポスター発表)

■社会で活躍する先輩
株式会社NTTデータ 加島 譲さん(2006年大学理学部化学科卒業)

■学習院News 2014
各学校の最新情報を紹介

■学園祭・文化祭を振り返って

■史資料からみる学習院
勅額再考(学習院アーカイブズ 桑尾光太郎)


※「学習院広報」は、
卒業生、在学生保護者、教職員、受験生、一般の方々を対象に、
学習院の「いま」を伝えることを目的とした広報誌で、
年2回(7月・12月)発行しております。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

1月19日(月)~31日(土)のメニューはこちらです!
150121_001.jpeg
(写真)チキンカツカレー〔サラダ、味噌汁つき〕 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
辛い試験勉強もこれを食べたら乗り切れる!
チキンカツカレーでテストにキチンと勝つ!!!


学生の皆さんは現在、学年末試験の真っ最中です!
いっぱい食べて栄養つけて、ラストスパート、がんばりましょう!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

12月6日(土)、
生涯学習センター秋期特別講座「更級日記と源氏物語」が
学習院女子大学および草上会(※)との共催で開かれました。

※草上会・・・学習院女子短期大学、学習院女子大学の同窓会組織

学習院女子大学国際交流学部日本文化学科の
伊藤守幸教授が講師を務め、約60名の方が受講しました。

伊藤教授は平安文学・比較日本文学研究を専門とする研究者で、
「更級日記」に関する論文を数多く執筆しています。

141222_02_001.jpg
(写真)講座の様子

「更級日記」は、平安時代中期に
菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ:1008-没年不詳)が書いた作品で、
同時期に成立した紫式部の「源氏物語」への強い憧れを基軸に、
10代から50代までの孝標女自身の人生が描かれており、
平安女流日記文学の代表作のひとつに数えられています。

141222_02_002.jpg
(写真)伊藤守幸学習院女子大学教授による解説

講座ではまず、菅原道真(845-903)を祖とする孝標女の家系の説明や、
「更級日記」がどのように現代に伝わったかについての解説がありました。

孝標女による原本は現存しておらず、
藤原定家(1162-1241)による「更級日記」の写本(通称「御物本」)があり、
この御物本がいつしか順序が誤ってとじられ、
江戸時代に多く作られた写本もすべてが「錯簡」であったことが、
大正13年、佐々木信綱らの研究で判明しました。

錯簡を修正し、「更級日記」が正しい順序で読まれるようになったのは
昭和に入ってからとのこと。

141222_02_004.jpg

講座の後半は、更級日記の主人公の少女(孝標女)が
源氏物語を耽読する場面前後の記述を精読し、
継母や乳母との別れなど人生のどん底とも思える時期に源氏と出会い、
次第に物語に心を奪われていく過程を丁寧にたどりました。

また、更級日記は紀行文としても非常に優れた情景描写が多く、
伊藤教授は「映画化したらとても美しい作品になる」と話しました。

こうした古典作品には当時の日本人の美意識や世界観などが表現されており、
改めて読み直すことで日本文化の原点を探ることができます。

受講生の皆さんも更級日記のテキストを読み、その世界観を堪能しているようでした。

伊藤教授は10年近くにわたり、
更級日記英訳作成のための共同研究を重ねてきましたが、
その研究成果としてこの夏、更級日記の翻訳本
「The Sarashina diary : a woman's life in eleventh-century Japan」
(Columbia University Press)を出版しました。

更級日記は1971年にイギリスの翻訳家アイヴァン・モーリスにより訳されて以降、
海外でも多くの方に読まれてきました。
今回刊行された「The Sarashina diary」は伊藤教授の研究をもとに、
日本の学界の研究水準を反映した、最新の更級日記翻訳本となっています。

141222_02_003.jpg
(写真)伊藤教授の翻訳本を回覧する受講生

伊藤教授の「The Sarashina diary」に関する詳しい情報はこちらから

学習院生涯学習センターでは、
多くの方々の「学びたい意欲」に応えるべく、
さまざまなジャンルの講座を開講しています。

年齢・性別など問わず、どなたでも受講いただけます。

1月からは「冬講座」が始まり、特別講座7講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」や「資格試験講座」、
など全113講座が順次開講しています。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

140825_002.jpg

《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040


★関連記事:
【生涯学習センター】春季特別講座「西洋美術史」はこちらから
【生涯学習センター】秋期特別講座「ローマとフィレンツェ」はこちらから


学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院大学の学生団体「学生相談所」が考案し、
大学祭のG-1グランプリで特別賞を受賞した「鶏塩やきそば ゆず風味」が、
現在、目白キャンパス輔仁会館および中央教育研究棟で
販売されています。

150109_01_001.jpg
(写真)「鶏塩焼きそば ゆず風味」 300円

150109_01_002.jpg
ニワトリのカードの裏に何か書いてある・・・?

150109_01_003.jpg
学生相談所に関するトリビアが!
他にもいろいろバリエーションがありそうな手作りカードです。

150109_01_004.jpg
鶏と塩とゆずのさわやかな組み合わせで、しっかりと味がついています。
ブラックペッパーがとっても良いアクセントになっていて、
食欲がどんどん増し、やみつきになりそうです。

1月9日(金)~23日(金)の期間限定販売です。(※土日を除く)
輔仁会館1階の学食前ワゴン、輔仁会館2階の桜ラウンジ、
中央教育研究棟前のワゴンで販売しています。
ぜひお試しください!


※学習院大学の学生団体「学生相談所」に関する情報はこちらから
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/stu/student/club/801.html
http://sakulife.com/j_blog/category/cat04/club005

明けましておめでとうございます。
旧年中は学習院をご支援いただきまして誠にありがとうございました。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、学習院大学では1月5日(月)から
一般入学試験の願書受付が始まりました。
詳しい情報はこちらから

これに伴い、現在、
西武池袋線池袋駅改札付近にフラッグ広告を展開しています。

150107_001.jpg
150107_002.jpg
150107_003.jpg
(写真)学習院大学のフラッグ広告

入試まで残り1ヶ月を切りました。
受験生の皆さんは風邪をひかないよう、体調に気をつけてがんばってくださいね!

なお、このフラッグ広告は2週間掲示されます。
お近くに立ち寄られる際はぜひご覧ください。

141226_001.jpg
(写真)目白キャンパス西5号館6階から望む富士山
    〔手前左:西2号館 手前中央:黎明会館〕


学校法人学習院は、
平成26年12月27日(土)~平成27年1月6日(火)の間、
年末年始につき、事務取扱をお休みとさせていただきます。

ご不便をお掛けいたしますが、どうぞご了承ください。


※一部休業期間の異なる部署がありますので、各部署のホームページ等でご確認ください。


今年も学習院をご支援いただきましてありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。皆様、良いお年をお迎えください。

2015年3月8日(日)、
第18回目白ロードレースが行われます。
現在、参加エントリー受付中です!

141216_02_001.jpg
(写真)昨年の様子①

目白ロードレースは、
豊島区立千登世橋中学校グラウンドをスタート地点に、
学習院南門から入構し、馬場横にある心臓破りの坂を登って、
構内→正門→目白通り→西門→椿の坂→南門→千登世橋中グラウンドに戻る周回コースで、
年齢ごとに1kmから5kmで争われます。

141216_02_002.jpg
(写真)昨年の様子②

【開催日時】2015年3月8日(日)午前8時~12時
【参加資格】豊島区在住・在勤・通学および近隣ランニング愛好家
【定員】1000名(先着順) ※傷害保険は大会実行委員会にて加入します
【参加費】小・中学生 1,500円、親子レース 1組1,500円、高校生以上 3,000円


《申し込み方法》
①ゆうちょ銀行または郵便局でのお申し込み
第18回目白ロードレースのチラシについている「払込取扱票」に必要事項を記入し、
参加費を添えてゆうちょ銀行または郵便局にてお申し込みください。
→応募締切:2015年1月16日(金)消印有効

②インターネットからのお申し込み
ランニングポータルサイトRUNTES( http://runnet.jp/)からお申し込みください。
「第18回目白ロードレース」エントリーはこちらから
→応募締切:2015年1月30日(金) ※但し、定員になり次第締め切ります。

141216_02_003.jpg
(写真)昨年の様子③

目白ロードレースは、
地元の企業や団体の協力のもと、街の活性化と地域の人々との交流を目的に、
1998年から毎年実施されています。

学習院は社会・地域連携の取り組みの一環として第1回から後援しています。

当日はゲストランナーとして、
富士通陸上競技部の星創太選手、油布郁人選手が参加する予定です。

目白キャンパス周辺は自然にあふれ、
起伏に富んだ走り甲斐のあるコースです。
地域の方々も市民ランナーの皆さんも、ぜひご参加ください!

【お問い合わせ】
目白ロードレース実行委員会事務局〔株式会社デサント 東京人事・総務課内〕
TEL:03-5979-6070

学校法人学習院の社会・地域連携に関する情報はこちらから

12月24日(水)放送予定のラジオ日本「こんにちは!鶴蒔靖夫です!」に
内藤政武学習院長がゲスト出演します。

評論家の鶴蒔靖夫さんがパーソナリティを務めるこの番組は、
政界・財界・文化人をはじめ、各界で活躍する第一人者をゲストに迎え、
処世の信念や経済理念、専門的見地から見た各分野の諸問題について
語り合うトーク番組です。

内藤院長が『今、学習院が変わる』をテーマに、
幼稚園から大学までの一貫校である学習院の強みや、
18歳以下の人口減少により大学進学者が減ることが懸念されている「2018年問題」、
また、今後の展望や目標などについて話します。

141216_01_001.jpg
(写真)収録時の様子〔写真左:内藤院長、右:鶴蒔靖夫さん〕

12月24日(水)午前11時30分~11時50分の放送です。
ぜひお聴きください!

ラジオ日本「こんにちは!鶴蒔靖夫です」のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

12月1日(月)~13日(土)のメニューはこちらです!

141206_001.jpeg
(写真)タコライス 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
今期人気メニュー復刻版第2弾!
スパイシーなソースとまろやかなチーズが決め手!
一度食べたらやみつきになること間違いなし!

沖縄料理の定番「タコライス」、ぜひお試しください!
また、12月後半はクリスマスメニューを企画中とのこと、楽しみです!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学習院高等科2年生の総合選択科目「博物館を知ろう」という授業は、
学習院の高大連携・博学連携プロジェクトの一環として実施され、
大学史料館の助教や学芸員の指導のもと、
所蔵史資料の調査研究を行い、博物館の仕事を学んでいます。

その学びの成果として、現在、学習院大学史料館(北別館)内で、
高等科生によるミニ展示「近代学習院の理化学教材」が行われています。

141203_001.jpg
(写真)大学史料館内 展示の様子

今回展示されている資料の多くは、
主に旧制学習院時代の物理・化学・生物の授業で利用されてきた
実験用具や標本、視覚教材です。

141203_002.jpg
(写真)左:島津型トーションバランス〔製造元:島津製作所〕 右:アラゴ円盤〔伝来:島津製作所〕

これらの古い理科教材は、時代の流れとともに役割を終えたものですが、
高等科の倉庫で大切に保管されてきました。

141203_003.jpg
(写真)化学天秤〔製造元:大和製衡〕

倉庫の中にあってはただの古い理科教材ですが、
調査・研究という息吹を与えることによって、
「博物館資料」へとその価値を変容させ、再生することができます。

受講している生徒12名はそれぞれ1つずつ教材を選び、
その出自や歴史などを調べ、考察を深めてきました。

141203_004.jpg
(写真)マグナ顕微鏡〔製造元:東京工学機械〕

調査・考察を重ねていく中で、これらの実験器具には、
学習院が購入したもの、皇室から下賜されたもの、関係者からの寄贈によるものがあり、
どれも「教材」としては考えられないほどの、
当時最先端の技術で作られたものであることがわかりました。

上記写真の「マグナ顕微鏡」は、
1948年(昭和23)年に明仁親王(今上天皇)他82名が
中等科を卒業するときに寄贈されたもので、
当時5万円、現在の価値に直すと約37万円もする高価なものです。

『最先端の技術で作られた実験器具で、最先端の知識を得る』という、
かつての学習院における理科教育の姿をうかがい知ることができます。

141203_005.jpg
(写真)バルロー歯車〔製造元:島津製作所〕
フレミングの法則により回転する最古の電動機の一種。

それぞれの器具を紹介するキャプションも、生徒たち自身が考えて作りました。
研究の成果が凝縮された文章となっています。

展示では、生徒たちの研究レポートがパネルで紹介され、
また、冊子にもまとめられました。
大学史料館の展示室などで配布中です。

141203_008.jpg
(写真)「近代学習院の理化学教材」パンフレット

高等科生によるミニ展示「近代学習院の理化学教材」は
12月20日(土)まで行われます。

生徒たちが4月から取り組んできた調査・研究の集大成を、ぜひご覧ください!

【お問い合わせ】
学習院大学史料館 TEL: 03-3986-0221(代表)


学習院高等科のホームページはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院のオリジナルグッズを販売する学習院蓁々会(しんしんかい)から、
以前に発売し好評を博した「学習院ベア」再販売のお知らせです。

**************************************************

ふんわりとした優しい手触り
目が合うと微笑返したくなるような・・・

やんちゃな表情がとっても魅力的。
あなたを優しく見守ってくれるテディベアです。

いつも一緒にいられるマスコットサイズもあります。

141202_01.jpg
◆学習院ベア〔大〕3,800円(税込)  ◆学習院ベア〔小〕1,500円(税込)


大学売店(目白キャンパス輔仁会館2階)および
戸山売店(戸山キャンパス女子中・高等科本館1階)で販売しています。


【お問い合わせ】
学習院蓁々会 TEL: 03-5979-7767

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

11月17日(月)~29日(土)のメニューはこちらです!

141122_001.jpeg
(写真)和風ロコモコハンバーグ 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
TFTオリジナルメニューの人気ナンバー1!
ヘルシーな豆腐ハンバーグとまろやか卵の和風ロコモコ!!
食べたことがある方も、まだの方も、Let's try it!!!

今季売れ筋トップの和風ロコモコハンバーグの復刻版とのこと。
バランスの取れた栄養バッチリのワンプレートランチです。


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

日本で愛されているキャラクター、ムーミン。
アニメだけではない様々なムーミンの姿をお話しします。
そして、ムーミンと言えばフィンランド。フィンランドと言えば、ムーミン?
いえいえ、それだけではありません。
特徴ある教育制度や社会保障システムのほか、
フィンランドの音楽や映画、デザインなども今注目を集めています。
講演では、これらのフィンランド文化についてもお話しします。

141027_04_001.jpg
ポスター(PDF)のダウンロードはこちらから

日時:2014年11月18日(火)14:50 ~16:00
場所:中央教育研究棟-507教室
講師:奥田ライヤ先生(東海大学 非常勤講師)
定員:最大70名
※一般の方で受講を希望される場合は事前に学習院大学図書館までご相談下さい。
申込:不要(当日参加OK)

今話題の「ムーミン」「フィンランド」について、わかりやすく学べるチャンスです。
事前申込不要、当日参加OKのセミナーですので気軽にお越しください。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております!

セミナーの詳細はこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

11月4日(火)~15日(土)のメニューはこちらです!
141108_001.jpg
(写真)中華風雑炊 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
具材たっぷりホットな雑炊で体もお腹もホットに!

日に日に寒くなってきているので、あったかい雑炊で栄養もバッチリ!
風邪の予防にも良さそうです。


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学校法人学習院は、11月22日(土)、
愛知県名古屋市において、第76回学習院公開講演を
開催いたします。

141030_01_001.jpg

日時:11月22日(土)14:00~16:05
場所:ウェスティンナゴヤキャッスル(愛知県名古屋市)

《講演内容》
「放射能を正しく理解する:学生と共に取り組む福島の環境調査」
講師:村松康行 氏(学習院大学理学部化学科教授・学習院卒業生)

「世界の音楽事情と著作権」
講師:都倉俊一 氏(作曲家・日本音楽著作権協会会長・学習院卒業生)

〔総合司会〕CBCテレビ 南部志穂アナウンサー(学習院卒業生)

定員:500名 ※入場無料

聴講をご希望される方は事前のお申し込みが必要です。
詳しくはこちらの公開講演開催案内をご覧ください。

*********************************
【お問い合わせ】
第76回学習院公開講演事務局
TEL:0800-800-5661 FAX:0800-800-9252
メール: gakushuin@kosaido.co.jp
*********************************

この公開講演は、
学校法人学習院が有する知的資産を社会へ還元することによって、
広く市民の文化の高揚に寄与することを目的に
毎年行われています。

どなたでもご参加いただけますので、ぜひお申し込みください。
お待ちしています!

141030_01_002.jpg
(写真)名古屋城

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」11月号
特集
「学習院における女子教育について」

141102_001.jpg

いまを生きる女性にふさわしい品性と知性を身につけることを目標に掲げ、
社会に貢献できる人間を育成してきた学習院女子中等科・女子高等科。
6年間をひとつの流れとした独自の女子教育の中身について、
水谷真知子学習院女子中等科・高等科長が語りました。

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」はこちらから

文学部フランス語圏文化学科の中条省平教授と
書評家の豊﨑由美さんとの対談が、
雑誌「クロワッサン」(マガジンハウス刊)10月25日号に掲載されています。

取材は9月中旬に学習院大学図書館および
中条教授の研究室で行われました。

141027_03_001.jpg
(写真)取材を受ける豊﨑由美さんと中条教授

141027_03_002.jpg
(写真)学習院大学図書館での取材の様子

『ひとつのことをゆっくり話そう。』がコンセプトの「お茶の時間」というコーナーで、
本好きの2人が現代小説から古典まで読書の魅力を語り尽くしています。
読書の秋にぴったりの対談で本選びの参考になりそうです。
ぜひご覧ください!

※購入については最寄りの書店等へお問い合わせください
学習院大学図書館のホームページはこちらから

学習院の最新の取り組みを紹介する
YOMIURI ONLINE内の特設サイト「学習院TIMES」オピニオンを
更新しました。

学習院大学の井上寿一学長と学習院女子大学の石澤靖治学長が
それぞれ月に1度ずつ、最新時事からホットイシューを取り上げ、
独自の視点で語ります。

***************************************************

10月24日(金)更新
「ソフトパワーは日本の強みか」 石澤靖治(学習院女子大学長)

times_opinion_ishizawa2.jpg

※毎月第2金曜日に井上学長、第4金曜日に石澤学長のオピニオンを
掲載します。

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」はこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

10月20日(月)~31日(金)のメニューはこちらです!
141024_002.jpg
(写真)韓国風甘辛チキン 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
甘辛ジューシーチキンとさっぱりナムルの絶妙なバランス!
ぜひお試しください!!

白いごはんとの相性もバッチリで、どんどんお箸が進みます!
食欲の秋にぴったりのメニューです。


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
学食とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

10月6日(月)~15日(水)のメニューはこちらです!
141010_001.jpg
(写真)ナシゴレン 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
ちょっぴりスパイシー、
アジアンテイストな焼き飯料理を召し上がれ♪

4月から始まったTFTメニューの販売数は3000食を突破しました。
『おいしいランチで国際貢献』
学内でも少しずつ浸透しているようです。


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

学習院の最新の取り組みを紹介する
YOMIURI ONLINE内の特設サイト「学習院TIMES」オピニオンを
更新しました。

学習院大学の井上寿一学長と学習院女子大学の石澤靖治学長が
それぞれ月に1度ずつ、最新時事からホットイシューを取り上げ、
独自の視点で語ります。

***************************************************

9月26日(金)更新
「改めて日韓関係を問う」 石澤靖治(学習院女子大学長)

times_opinion_ishizawa1.jpg

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」はこちらから

※毎月第2金曜日に井上学長、第4金曜日に石澤学長のオピニオンを
掲載します。

学習院生涯学習センターでは、9月から秋講座が始まりました。

特別講座9講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」や「資格試験講座」、
「学習院【朝】大学」など全192講座が順次開講しています。

9月13日(土)、
秋期特別講座の初回となる「ローマとフィレンツェ -古代とルネサンス」が
としまコミュニティ大学(※)との共催で行われました。

学習院女子大学国際文化交流学部国際コミュニケーション学科の
根占献一教授が講師を務め、約60名の方が受講しました。

140917_01_001.jpg
(写真)講座の様子
140917_01_002.jpg
(写真)根占献一学習院女子大学教授による解説
根占教授はイタリアルネサンスの文化と思想を専門とする研究者です。

ルネサンスは14世紀にイタリアから始まった
古代ローマの文化や思想を復興しようとする文化運動あるいは
その時代を表す言葉で、フィレンツェはルネサンス文化の中心都市でした。

講座では、
永遠の都と呼ばれるローマとルネサンスの町フィレンツェの関係を、
過去の歴史やルネサンス期に活躍した人物、建造物などを
綿密にたどりながら考察し、古代ローマがフィレンツェにもたらした影響を
明らかにしました。

受講された皆さんは根占教授の解説に熱心に耳を傾け、
また、一生懸命にメモをとるなど意欲的に学びを深めていました。

140917_01_003.jpg
140917_01_004.jpg
(写真)受講生の様子

幅広い年齢層の方々が受講されていましたが、
「教わるのではなく、自分から学ぶ」という姿勢が見られ、
何歳になっても学びには終わりがないのだということを感じました。

学習院生涯学習センターでは、
多くの方々の「学びたい意欲」に応えるべく、
さまざまなジャンルの講座を開講しています。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

*************************************************************
今回特別講座を行った根占教授による全5回の講座
「イタリア文化講座 ローマとルネサンス-ローマ物語」(9月25日開講)も
現在申込受付中です。
http://open.gakushuin.ac.jp/course/detail/2014/B/039/
*************************************************************
秋期特別講座開催情報(各1回/受講料1500円)
11/15(土)「超高齢社会における医療・介護のゆくえ」
遠藤久夫教授(学習院大学経済学部長)
11/22(土)「明治以降の前田家」
前田利祐氏(加賀前田家第十八代当主、霞会館理事)
11/29(土)「学習院女子中等科・女子高等科の歴史を振り返って」
加川紀代子氏(前学習院女子中・高等科長)
12/6(土)「更級日記と源氏物語」
伊藤守幸教授(学習院女子大学国際文化交流学部日本文化学科)
*************************************************************
140917_01_004.jpg
《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040

★関連記事:【生涯学習センター】春季特別講座「西洋美術史」はこちらから


※としまコミュニティ大学は、
豊島区と区内6大学(学習院大学・女子栄養大学・大正大学・
帝京平成大学・東京音楽大学・立教大学)との包括協定により、
協働して事業展開している人つくり・活動づくり・地域づくりのための
総合的な学びの場です。

第2学期がはじまって1週間、
目白キャンパス輔仁会館の学生食堂にも
学生たちのにぎやかな声が戻ってきました!

学習院大学国際協力団体Anchor主催の「TABLE FOR TWO」も
活動を再開しています。

「TABLE FOR TWO」は、
私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

9月15日(月)~30日(月)のメニューはこちらです!
140922_001.jpeg
(写真)ヘルシー豆腐ハンバーグと雑穀米のランチプレート 430円


~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
夏に乱れた食生活、
ヘルシーで栄養満点の豆腐ハンバーグと雑穀米でおいしく健康に♪


学習院大学国際協力団体AnchorのHPはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

四大学運動競技大会(四大戦※)まであと1ヶ月を切りました!
今年は学習院大学が当番校にあたり、目白キャンパスが会場となるため、
学内はにわかに盛り上がりを見せています。

目白キャンパス中央教育研究棟1階のSUBWAY学習院大学店では、
四大学運動競技大会実行委員会とのコラボレーション企画
学生考案による「四大戦応援サンドイッチ」の第一弾の販売が始まりました。

140918_001.jpg
(写真)ビーフとチキンのダブルローストサンド 400円

140918_002.jpg
(写真)第一弾ポスター

「四大戦応援サンドイッチ」は、
四大学運動競技大会実行委員会の学生の皆さんが
学習院大学で行われる四大戦をPRし、
学習院大学を盛り上げようという目的で企画・考案した
オリジナルサンドイッチです。

20140918_003.jpg
(写真)7月に行われた企画会議の様子
関連記事:7/22掲載「【SUBWAY×四大戦】コラボレーションメニュー考案中!」はこちらから

期間中の昼休みは、実行委員会の皆さんが店内で
ワゴン販売をしています。

140918_004.jpg
(写真)四大学運動競技大会実行委員会の皆さん

第二弾・第三弾の販売も決定しています。
今後の展開も乞うご期待です!!


※四大戦・・・戦後新制大学として発足した大学のうち、
旧制高校時代の結びつきを持った四つの大学
(成城大学、成蹊大学、武蔵大学、学習院大学)が、
スポーツを通じ親睦を深め、技術向上を図ることを目的として
昭和25年から行っている伝統ある競技大会です。

今年は10月17日(金)、18日(土)、19日(日)に
行われます。

詳しい情報はこちら学習院大学学生センター学生課のホームページから

8月23日(土)、
「目で見る豊島区の100年」(郷土出版社)が発刊されました。
この本の制作に学習院アーカイブズが協力しており、
約20点の所蔵写真および資料が掲載されました。

140911_002.jpg
(写真)「目で見る豊島区の100年」 郷土出版社刊 9,250円(税抜き価格)

大正12年関東大震災被災時の学習院(目白校地)や
昭和34年学習院大学中央教室(ピラミッド校舎)建設中の様子、
現在の目白キャンパスにある国登録有形文化財などの写真が、
詳細な解説付きで紹介されています。

明治・大正・昭和という
激動の1世紀における豊島区の変遷とともに、
学習院の歴史もたどることができる、重厚な一冊です。

1,500部限定販売とのこと、詳しくは最寄りの書店まで
お問い合わせください。


学習院アーカイブズに関する情報はこちらから

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」9月号
特集
「学習院における幼児教育について
 ~学習院幼稚園~」

140910_02_001.jpg

学習院幼稚園は、幼稚園から大学までの一貫した教育理念のもと、
正しい価値観と自信を身につけさせる教育を行っています。
歴史と伝統を大切にしながら、時代の移り変わりとともに
新たな試みを取り入れてきた幼児教育の特長について、
高橋朗子・学習院幼稚園長が語りました。

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」9月号はこちらから

また、「学習院TIMES」学習院ギャラリーにも、
幼稚園の写真を掲載しました。
そちらも合わせてぜひご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/adv/gakushuin/gallery.html

********************************************************
学習院幼稚園では平成27年度募集要項の頒布を開始しました。
詳しくはこちらの学習院幼稚園ホームページをご確認ください。
********************************************************

140903_001.jpg
ポスター(PDF)のダウンロードはこちらから

確率論研究の先駆者であり、世界的に有名な数学者である
伊藤清先生(1915-2008)の研究の軌跡を、
ガウス賞、京都賞、ウルフ賞、文化勲章など、
生涯に受賞した数々の輝かしい賞と共にご紹介いたします。

伊藤先生は、京都大学教授ののち、
学習院大学理学部数学科教授として教鞭を執るなど、
学習院大学ともゆかりが深い先生です。


【会期】平成26年10月14日(火)~25日(土)
*日曜・祝日、10月17日(金)・18日(土)は休館します

【開館時間】平日:9時30分~17時30分 土曜日:9時30分~12時30分

【場所】目白キャンパス 学習院大学史料館(北別館) 内

《お問い合わせ》
学習院大学史料館 TEL: 03-0986-0221(代表) 内線6569
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/ua/

20140829_001.jpg

【Vol.4の主な内容】
■学習院中等科史資料の概要(中等科教諭 森内隆雄)
■東京大学文書館の設置について(東京大学文書館 特任准教授 森本祥子)
■戸田平橋と北条時敬院長(学習院アーカイブズ職員 桑尾光太郎)


※ニューズレターは、学習院アーカイブズの活動を
学内外の皆様にご理解いただくため、年2回(7月・2月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/archives/news.html


学習院アーカイブズのホームページはこちらから

毎日新聞社発行「サンデー毎日」(2014年8月31日号)の
特集記事「アノ有名企業に強いのは『コノ大学』」で、
メガバンクや航空業界への就職者占有率(※)ランキングにおいて、
学習院女子大学が上位にランクインしました。

これは、本学の就職者総数に対し、
メガバンクや航空業界への就職者数の占める割合が高いということを
表しています。


詳しい内容はこちらから(サンデー毎日に掲載された表を抜粋)


※占有率(%)とは、
就職者総数に占める当該企業への就職者の割合で、
「企業別就職者数÷大学全体の就職者数×100」で算出しています。
同率で順位が異なるのは、小数点3ケタ以下の差によるものです。
企業は日経平均株価指数の採用銘柄や、
大学生の人気企業ランキングなどを参考に選定されています。

20140829_01_003.jpg

学習院女子大学のホームページはこちらから

学習院生涯学習センターでは現在、
2014年度「秋講座」の受講受付を行っています。

140821_2_001.jpg
(写真)2014年度 秋講座パンフレット

秋講座では、
特別講座9講座を含め、
「教養」「語学」「趣味」「実務」や「資格試験講座」、
「学習院【朝】大学」など全192講座を、
9月から順次開講いたします。

受講資格は「学ぶ意欲」のみ。
年齢・性別など問わず、どなたでもご受講いただけます。

開講科目に関する詳しい情報や申込方法などについては、
こちらの生涯学習センターホームページをご覧ください。

また、生涯学習センターFacebookでは、
これまでの講座の様子などを紹介しています。
https://www.facebook.com/shogaigakushu.gakushuin

140825_002.jpg
《お問い合わせ》
学習院生涯学習センター TEL: 03-5992-1040

★関連記事:【生涯学習センター】特別講座「西洋美術史」はこちらから

140821_002.jpg

【第92号の主な内容】
■特集
いま、理数系がおもしろい! ―学習院の理数系教育―

■大学長就任ごあいさつ
学習院大学のグランドデザイン(学習院大学長 井上寿一)

■初等科長就任ごあいさつ
「わかる授業」は「楽しい授業」(学習院初等科長 酒井竹雄)

■幼稚園長就任ごあいさつ
心を繋いで(学習院幼稚園長 高橋朗子)

■学習院News 2014
各学校の最新情報を紹介

■史資料からみる学習院
開学記念日をめぐって

■Rookie's Voice
新入生・新社会人・新入職員など、いろいろな「1年生」の声を集めました!


※「学習院広報」は、
卒業生・在学生保護者・教職員・受験生・一般の方々を対象に、
学習院の魅力を伝えることを目的とした広報誌で、年2回(7月・12月)発行しています。
目白・戸山・四谷の各キャンパスで配布中です。

※Webでの閲覧も可能です。下記URLからご覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/ad/kikaku/koho/

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」8月号
特集
「学習院における初等教育について
 ~学習院初等科~」

140805_001.jpg

学習院初等科は
「真実を見分け、自分の考えを持つ子ども」の育成を目標に掲げ、
知育・徳育・体育のバランスの取れた教育を行っています。
近年のグローバル化の流れにも柔軟に対応しつつ、
伝統に培われた校風を大切にする初等教育について、
酒井竹雄・学習院初等科長が語りました。

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」8月号はこちらから

学校法人学習院および学習院大学、学習院女子大学は、
8月1日(金)~9月13日(土)の間、
夏季休暇期間となります。

140731_001.jpg
(写真)目白キャンパス ピラミッド広場


また、
【8月13日(水)~8月15日(金)】は
夏季一斉休暇期間となり、
事務取扱をお休みとさせていただきます。

※一斉休暇明けの事務取扱は
8月18日(月)からとなります。


ご不便をお掛けいたしますが、どうぞご了承ください。

大学・女子大学を除く各校の夏季休暇期間および
期間中の事務取扱については、こちら
をご覧ください。

いよいよ学期末試験がはじまりました!
目白キャンパス輔仁会館の学生食堂では、
学生センター教務課との共催で
試験に臨む学生たちを応援するための
「試験対策メニュー」を販売中です。


《テイクアウト/ 輔仁会館本館1階》
140724_001.jpg
★合格に丼弁当(5個角煮丼) 400円
販売期間: 7月24日・25日・28日・29日・30日・31日

★キチンと勝ピタサンド(チキンとカツのピタサンド) 300円
販売期間: 7月24日・25日・28日・29日・30日・31日

《カフェテリア杜/ 輔仁会館本館・西館1階》
140724_002.jpg
★これでいイカ定食 〔桜定食 430円・TFT桜定食450円〕
販売期間: 7月28日 ※限定販売


《ヌードルコーナー/ 輔仁会館西館2階》
140724_003.jpg
★冷静パスだ!!(冷製パスタ) 360円
販売期間: 7月24・25日 ※限定販売


学生の皆さん!これを乗り切ったら夏休みです!
しっかりとごはんを食べて、試験がんばってください!!

現在、
四大学運動競技大会(四大戦)実行委員会と
SUBWAY学習院大学店がコラボレーションし、
学生考案による「四大戦応援サンドイッチ」の販売企画が
進められています。

※四大学・・・成城大学、成蹊大学、武蔵大学、学習院大学

7月16日(水)、
1回目の企画会議が行われました。

20140719_002.jpg
(写真)SUBWAY学習院大学店〔目白キャンパス中央教育研究棟1階〕

今回のコラボレーションは、
この秋に学習院大学で行われる四大戦をPRし、
学習院大学を盛り上げようという目的で
企画されました。

ミーティングでは、
SUBWAYのさまざまな食材を試食しながら、
どんなオリジナルサンドイッチにするか、
どんな風に売り出していくかを、
実行委員のメンバー3名と、
SUBWAY担当マネージャーさんとで話し合いました。

20140719_001.jpg

今週から
四大戦応援メニューの予告PRを開始。
アイディアを出し合い、試作を重ね、
7月31日(木)にはメニューが決定するとのことです。

詳細が決定次第、
こちらのブログでも紹介したいと思います!

販売期間は
2014年9月22日(月)~10月18日(土)の5週間、
第一弾、第二弾と2種類を考案し、展開する予定です。

140722_002.jpg

※なお、四大戦予選会(学内大会)は
8月1日(金)、2日(土)、3日(日)に、

四大戦は、
10月17日(金)、18日(土)、19日(日)に
行われます。

応援よろしくお願いいたします!!!

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

7月14日(月)~31日(木)のメニューはこちらです!!

140714_02_001.jpg
(写真)黒酢仕立ての酢鶏丼 430円


~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
甘酸っぱいチキン!
玉ねぎシャキシャキ!
パプリカで鮮やか!
お腹いっぱいになる!!

ほどよい甘酸っぱさの黒酢のおかげで
夏でもモリモリ食べられます!


8月は大学が夏休みに入りますので、
TFTメニューもしばらくお休みになります。
後期からまた再開しますので、引き続きお楽しみに!


学習院大学国際協力団体AnchorのHPはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」7月号
特集
「学習院における国際化と女子教育について
 ~学習院常磐会~」

140707_001.jpg

学習院女子中等科・高等科の同窓会組織として、
119年の長きにわたってその発展を見守ってきた常磐会。
今、国際化の大きな流れの中で求められる学習院ならではの
国際化と女子教育の魅力について、
近衞甯子・常磐会会長に語っていただきました。


YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」7月号はこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

今回は新メニューを決定する
試食会におじゃましました。

140701_001.jpg

「TABLE FOR TWO」は
学食とのコラボレーション企画です。
新メニューの開発は、学食の店長さんとともに行います。

Anchorからは、北埜航太さん(法学部政治学科2年)と
中林恵莉さん(文学部哲学科2年)が参加しました。

あらかじめAnchorの学生たちから毎回、
新メニュー案のコンセプトを学食側に伝え、
学食の方で実現可能なメニューを試作します。

140701_002.jpg

今回のコンセプトは「夏でもツルリと食べられるごはん」です。
ごはんの上に冷たい豆腐、オクラ、細かく刻んだ大根、
しょうが、みょうが、ごまをのせます。

最初からごはんにのせて提供するか、
自分でのせられるような形で提供するか、といったことや、
青のりをまぶす?まぶさない?といったことを
実際に目で確かめながら決めていきます。

140701_003.jpg

メニューの見た目が決まったら、広報活動用の写真を撮ります。
輔仁会館横の大きなポスターや券売機のポップなどの制作物は
すべて学生の手作りです。
また、TwitterFacebookでも情報発信しています。


こうして決まった今週のメニューはこちらです!!
140701_004.jpg
(写真)豆腐とおくらのぶっかけ丼 430円
※Anchor北埜さん撮影

ツルリとしたのどごしがたまらないお豆腐に
しょうが、みょうがでさっぱり感を演出、
なによりオクラにしっかりとした濃い味がついていて、
カレー並みにごはんがどんどん進みます!
クセになりそうな一品です!

店長さんによると、オクラの味付けレシピは「ヒミツ」とのこと・・・
ぜひ実際に試してみてください!!!

今回取材にご協力いただいたAnchorの北埜さん、中林さんは、
「TFT(TABLE FOR TWO)のメニューを選ぶことが、
特別なことではなく、自然なことになればいい」と
話していました。

今後は広報活動にももっと力を入れ、
TFTの仕組みを伝えたり、活動の報告なども
活発に行っていきたいとのこと。

この試食会もオープンにして、
Anchorの学生だけではなく、いろいろな人に参加してもらい、
さまざまな意見をメニューに反映できればと
考えているそうです。


※学習院大学国際協力団体AnchorのHPはこちらから
※TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

今年5月、大学学生センター学生課の主催で、
この春リニューアルした輔仁会館西館3階フロア(学生談話室)の
愛称公募キャンペーンが行われ、
100通を超える応募の中から素敵な愛称が決定しました!

6月24日(火)、
西5号館6階の学習院大学学長室で、
愛称および当選者の発表と記念品贈呈式が行われました。

IMG_1371s.jpg
(写真)記念品贈呈式の様子
〔左〕石井孝輝さん〔右〕井上寿一学長


厳正なる審査の結果、選ばれたのは、
法学部政治学科3年生の石井孝輝さんが考案した
『めじろテラス』です。

記念品贈呈式では、井上学長から石井さんへ、
学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」のグッズが
贈られました。


140624_002.jpg
(写真)贈呈式後の記念撮影
右から井上学長、石井さん、常岡学生センター所長、赤塚学生課長


この『めじろテラス』の命名の理由として
石井さんは、
「目白地区、特に学習院は緑が多く、
その中でも開放感のある場所があるという意味で
この名前を考えました。
みんなに使ってもらえたらうれしい」と
話しました。

また、井上学長は、
「とても良い名前をつけてもらったので、
今まで以上に、より多くの学生に利用してもらうことを期待したい」と
述べました。

140625_003.jpg
(写真)輔仁会館3階『めじろテラス』

6月下旬からこの名称の使用が始まります。
学生の皆さんがゆっくりと過ごせる憩いの場になりそうです。

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

6月16日(月)~30日(月)のメニューはこちらです!
140623_001.jpeg
(写真)鳥きんぴら丼 430円

さっぱりとした味で、暑い夏にもおすすめの一品とのこと、
ぜひご堪能ください!

ところで、学食とのコラボレーションが始まって早3ヶ月。
TFTメニューの販売総数は1900食を超えたそうです!!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

5月17日(土)、
慶應義塾大学理工学部(矢上キャンパス)で開催された
第67回有機合成化学協会
関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)において、
化学専攻博士前期課程2年の堀口耕作さん(秋山研究室所属)が
「キラルリン酸触媒を用いたベンゾチアゾリンを水素供与体とする
1,5-ベンゾジアゼピン誘導体の不斉水素移動型還元反応」と題する
口頭発表を行い、若手講演賞を受賞しました。

※第67回有機合成化学協会
関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)の詳しい概要はこちらから 


【堀口耕作さんのコメント】
今回、このような賞をいただき光栄に思います。
この受賞は指導教授である秋山隆彦先生および
諸先生方のご指導のおかげです。
この場を借りて、感謝申し上げたいと思います。

20140617_004.jpg

堀口さん、受賞おめでとうございます!
今後のご活躍を期待しています!


学習院大学理学部のホームページはこちらから

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」6月号
特集
「学習院大学を見守り続け、いま新たな発展を期待する 
 ~学習院桜友会~」

20140610.jpg

学習院の同窓会組織として90年以上の歴史を誇る
学習院桜友会は、さまざまな形で母校を見守りながら、
その発展に寄与してきました。
本格的なグローバル時代を迎え、大学を取り巻く状況が
様変わりする中、学習院大学に寄せる期待を
内藤賴誼(よりよし)学習院桜友会会長が語りました。

YOMIURI ONLINE「学習院TIMES」6月号はこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

6月2日(月)~14日(土)のメニューはこちらです!
0602tft_image1.jpeg
(写真)豆腐ハンバーグロコモコ 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
ジューシーでヘルシーな豆腐ハンバーグとたっぷりの野菜。
ボリューミーだけど低カロリーで男性にはもちろん、女性にもオススメです!

0602tft_image2.jpeg
カウンター席の前には新緑の風景が広がっています。


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

現在、目白キャンパス北2号館1階で
平成26年度学習院大学史料館特別展
「馬 ―その歴史と学習院―」展が開かれています。

今年が「午年」であることにちなんで、
馬と学習院との関わりを軸とした数々の貴重な資料が
展示されています。

IMG_0086s.jpg
(写真)北2号館1階 大学史料館入口

IMG_0010s.jpg
(写真)左三ッ巴紋花鳥円文蒔絵鞍・鐙【個人蔵/馬の博物館寄託】

IMG_0014s.jpg
(写真)狩猟図【中国西安市陜西歴史博物館蔵】

IMG_0020s.jpg
(写真)唐三彩馬俑

IMG_0049s.jpg
(写真)学習院打毬の歴史

学習院は明治12(1879)年、
日本で最初に学生馬術教育が行われた学校です。
第10代乃木希典院長をはじめとした歴代の教員たちは、
馬術を通じて学生の精神面での教育も重視していました。

IMG_0038s.jpg
(写真)乃木号写真〔佐伯友文から乃木希典に贈る〕
【個人蔵/鳥取県立博物館寄託】

IMG_0033s.jpg
(写真)乃木希典院長所用長靴

IMG_0094s.jpg
(写真)乃木号骨格標本

IMG_0061s.jpg
(写真)学習院例規録【学習院アーカイブス蔵】
明治38(1905)年に改正された「馬術科規則」と
「馬術科学生心得」の草案


緑豊かな目白キャンパスには馬場があり、
明治41(1908)年に作られた厩舎を現在も使用しています。
※厩舎は国登録有形文化財に指定されています。

学習院は馬ととても身近な環境にあり、
100年以上にわたってその関わりが続いています。


取材をした5月24日(土)は、
一般社団法人日英協会ジュニアグループ主催の見学会が行われ、
駐日英国大使館職員の方や協会会員の外国人の方など
約20名が訪れました。

史料館の鎌田純子助教がガイドを務め、
日英協会理事で高等科馬術部OBの持留宗一郎さんが
通訳を担当しました。

IMG_0075s.jpg
(写真)見学会の様子

馬と学習院の関わりを知ることができる
「馬 ―その歴史と学習院―」展は、
6月7日(土)まで開催されます。

開館時間:平日・土曜日 10:00-17:00
休館日:日曜日・祝日 ※入場無料


※写真は全て5月24日(土)撮影
学習院大学史料館のホームページはこちらから

学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

5月19日(月)~31日(土)のメニューはこちら!
tft140519.jpeg
(写真)タコライス 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
トマトの程よい酸味とマイルドなチーズが
タコソースのうまみを引き立たせていてとっても美味しいです!
野菜もたっぷり!

なお、TFTメニューの総売上が5/13付で
880食に到達したとのことです!


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

この春、目白キャンパス輔仁会館西館3階フロア(旧学生談話室)が
リニューアルされました!

DSC01351s.jpg
(写真)リニューアル後の輔仁会館3階フロア

フローリングを張り替えて、広々とした明るい空間になっています。
真っ白なテーブルに3色のカラフルなイスを配置しました。

また、自動販売機の増設、弁当販売(昼食時限定)の開始と、
今まで以上に利用しやすくなりました。

今回のリニューアルに際し、大学学生センター学生課では、
この輔仁会館西館3階フロアの名称公募キャンペーンを、
下記の要領で実施いたします。

■応募期間■
平成26年5月7日(水)~5月31日(土)

■応募資格■
学習院大学学生・院生、学習院大学の専任教員
法人本部および学習院大学の専任事務職員

■応募方法■
【学生】G-Portよりご応募ください。
【教職員】応募用紙に記入の上、院内便にて学生課まで
※応募は1人1回まで
※採用決定者には、さくまサングッズを贈呈します

■選考方法■
応募いただいた名称から、選考委員会にて選考を行います。
採用された名称は6月下旬より使用を開始します。

image140512.jpg

詳しくは、
大学学生センター学生課(目白キャンパス中央教育研究棟1階)まで
お問い合わせください。

4月中旬から始まった、
学習院大学の国際協力団体Anchorが主催する
「TABLE FOR TWO」

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。
※詳しい内容は4/28掲載「TABLE FOR TWO、始動!」から

5月7日(水)~17日(土)のメニューはこちらです!
image140508.jpeg
(写真)ガパオライス〔鶏ひき肉のバジル炒めごはん〕 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
「第二弾はタイの定番料理、『ガパオライス』です。
バジルの風味がほどよく効いていて、
スパイシーだけど卵を絡めるとマイルドになって、
とってもおいしいです!」


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

現在、輔仁会館横の掲示板や学食の入口に、
あるポスターが貼られています。
目に留まった方も多いのではないでしょうか?

DSC02288s.jpg
(写真)「TABLE FOR TWO」のポスター①

DSC_0720s.jpg
(写真)「TABLE FOR TWO」のポスター②

これは、4月14日(月)から学食で始まった、
「TABLE FOR TWO」という取り組みです。
学習院大学の国際協力団体Anchorの学生たちが企画しました。

代表の田中泰隆さん(法学部政治学科3年生)と、
TABLE FOR TWO担当の松岡佑樹さん(経済学部経営学科3年生)に
お話をうかがいました。

DSC02573s.jpg
(写真)Anchorの松岡さん〔左〕、田中さん(代表)〔右〕

国際協力団体Anchorは、
「学生にもできる国際協力や社会貢献を、批判ではなく、
模索、提案、実践していく」ということを理念に活動している団体です。
2008年に創設後、その理念に合った取り組みを探していく中で、
この「TABLE FOR TWO」というプログラムに出会いました。
私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

TFT6.jpg
(図)TABLE FOR TWOの仕組み

学食で対象となるヘルシーランチを購入すると、1食につき20円が、
TABLE FOR TWOを通じて発展途上国の子どもたちに寄付されます。
20円は、発展途上国の給食1食分の金額です。

現在、世界の約70億人の人口のうち、10億人が飢えに苦しむ一方で、
10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいます。
TABLE FOR TWOには、この深刻な食の不均衡を解消する目的があります。

国際協力団体Anchorは5年前から
このTABLE FOR TWOを学習院大学でも取り入れたいと
働きかけてきました。
地道に関係各所への説得を続けた結果、協力を得ることができ、
今回、TABLE FOR TWOを始動できることになりました。

DSC02564s.jpg
(写真)マレーシアカレー(~5/2まで)430円

TABLE FOR TWOのオリジナルヘルシーランチは
Anchorの学生たちが考案しました。
現在販売中のマレーシアカレーは、5月2日(金)まで。
その後は2週間に1度のペースで
新メニューを考案、提供する予定です。

その他、定番の桜定食(和定食・日替わり)と
野菜たっぷりタンメンも、TFT対象メニューです。

DSC02563s.jpg
(写真)桜定食(和定食・日替わり)450円

DSC02569s.jpg
(写真)野菜たっぷりタンメン 390円

最後に、Anchorの2人からのメッセージです。
DSC02600s.jpg
「学生の皆さん、教職員の皆さん、
恥ずかしがらずにTFTメニューのボタンを押してください!!」


4月14日からの1週間ですでに300食が
売れたそうです。
TFTメニューのボタンは券売機の左上、
Anchorの皆さんが手作りしたポップが目印です。

DSC02605s.jpg


学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから

本日4月8日(火)、
讀賣新聞(全国版)朝刊36面に本院の広告が
掲載されました。

140408_0001.jpg
(写真)掲載広告


『卒業生も、新入生も、実りある日々を。彩りある毎日を。』


これは、この春卒業して新社会人となった皆さんへ、
そして、新しく入学された皆さんへ贈る
学習院からの応援メッセージです。

目白キャンパスに咲き誇る満開の桜とともに、
新生活を始められる皆さまを心からお祝いいたします。


また、こちらの広告には、
4月13日(日)に行われる「オール学習院の集い」
開催のご案内も掲載しています。
在校生から卒業生、一般の方まで、学習院での春の一日をお楽しみください。

「オール学習院の集い」ホームページはこちらから

ページの先頭へ