ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
6月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

今年の6月の戦場ヶ原は素晴らしい!の一言です。
地元の下野新聞でも「すみずみまでズミ...」と表現していましたが
上旬にはズミの白い花が一斉に咲き、中旬にはオレンジ色のレンゲツツジや
白いワタスゲが一面に咲き出し、私共も5年目を迎えますが
今までで一番の咲き具合に驚きです。

そんな春を求めて他県への移動自粛が解かれた首都圏からの車や
ハイカーが多く訪れ、奥日光も少しづつ賑やかさを取り戻してきたようです。

20200703_001.png
光徳沼からスタート。この辺りのズミの花は小振りに感じます。

20200703_002.png
北戦場ヶ原に入るとズミのトンネルに感激!

20200703_003.png
この日は天気があまり良くなくて、
男体山の頂上にはガスが架かっていました。

20200703_004.png
足元には今にも咲きそうなレンゲツツジの蕾。

20200703_005.png
三本松付近のズミ林と男体山。

20200703_006.png
ズミの木には1つが2㎝ほどの小さな花が目一杯ついて、
花が終わると小さい真っ赤な実が付きます。

20200703_007.png
こちらは、ズミにとても良く似ていますがエゾコリンゴの花です。
違いは樹肌がツルツルしています。

中旬にもなると光徳牧場や小田代ヶ原、国道沿いの戦場ヶ原ではクリンソウ、
レンゲツツジ、ワタスゲ等が咲き誇ってきました。

20200703_008.png
光徳牧場の裏手に咲くクリンソウの群生。

千手が浜のクリンソウが有名ですが道路工事で低公害バスが運行されず、
代わりに光徳牧場に多くの人が見に来ていました。

20200703_009.png
小田代ヶ原のレンゲツツジと奥に見える白樺の貴婦人

20200703_010.png
戦場ヶ原のレンゲツツジと奥には一面に白いワタスゲが見えます。

20200703_011.png
戦場ヶ原の国道120号線沿いでは所々にアヤメの群生が...。

20200703_012.png
同じく国道120号線沿いのマユミの実。

一つが5ミリも無い黄緑色の実ですが、秋になると
ショッキングピングになって可愛いいです。

20200703_013.png
小屋のドアーを開けると目の前に...、ズミの若葉を食べる小鹿が。

もうしばらくすると体に白い斑点の鹿の子模様になります。
最近は小屋の周りに来るシカさん達には、小屋の住人は害のない人間
と認識されたようで逃げる事が無くなりました。

これからの奥日光は夏の草花がお目見えし、気温は30℃を超えることは稀で
快適なシーズンとなります。少しでも早くコロナが収束して、
皆様が安心して来られることを心待ちにしています。

現在日光光徳小屋は、感染症拡大防止の観点から
ご利用時にご協力いただく項目を設けております。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1358

ページの先頭へ