ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
1月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

20200128_001.png

今年の冬シーズンは全国的に雪不足で各スキー場では
営業が出来ないと聞いていますが、奥日光では例年より
積雪が少ないものの何とか営業が出来る程度は積もり、
光徳クロスカントリースキー場や湯元スキー場では
子供たちのスキー教室が行われて私達もお手伝いをしました。

20200128_002.png

1月中旬、光徳クロスカントリースキー場では
都内の小学校から5年生100名の生徒さんが来て
クロスカントリースキー(歩くスキー)の教室が行われました。
先ずは広い平地となっている光徳牧場の中で歩き方を教えます。

20200128_003.png

平地での足慣らしが終わったら、林間コースに入りますが
下りの坂道では皆さんキャーキャー云いながら滑ったり
転んだりして楽しんでいました。

20200128_004.png

湯元スキー場では小学校から高校までのスキー教室が
頻繁に行われますが、この日は県内の保育園の
スキー教室があり小さい子供たち30名が来ていました。

20200128_005.png
こんな小さい子供達でも「ハの字」での滑りを教えると、
半日でリフトに乗れて初級コースをかっ飛ばすようになります。


今月は、奥日光に来て今まで見る事が出来なかったのですが、
地元の方から情報をいただきようやく念願の「オオワシ」
に会う事が出来ました。

カラフト方面から越冬のために冬鳥として南下して来て、
奥日光では11月頃から2月頃まで中禅寺湖の千手が浜
と菖蒲ヶ浜で見られます。
「オオワシ」は日本で一番大きいワシで、全長は1メートル
翼を広げると2.5メートルあり、全身は黒色で
菱形の翼前と尾羽と足の羽毛は白く、嘴の黄色で
遠くからもハッキリと見分けられます。

20200128_006.png
「オオワシ」は止まり木が決まっているそうで、
千手が浜の桟橋から500メートル対岸の
樅ノ木に止まっている姿を双眼鏡で探します。

20200128_007.png
私のコンパクトデジカメでは捉えきれませんが、
真ん中の樹のてっぺんに「オオワシ」の姿が見えて
黄色の嘴がハッキリと見えました。

20200128_008.png
菖蒲ヶ浜レストハウスの裏手にある樅ノ木のてっぺんも
「オオワシ」がいつも休む場所で、レストハウスのご主人から
貴重な写真データをいただきました。
立派な一眼レフと望遠レンズで撮った写真です。

20200128_009.png
この日は「オオワシ」に向かって2羽のトビが
向かってきて縄張り争いをしていたそうです。

20200128_010.png
樅ノ木のてっぺんで2対1の攻防が始まりました。

20200128_011.png
威嚇している時の「オオワシ」の形相は恐ろしい!
こんなタイミングの写真が撮れるのが羨ましいです。

20200128_012.png
トビを追い払い、「オオワシ」の勝ち誇ったようなポーズです。

今度はこんな「オオワシ」の姿を目の前で見たいものです。
レストハウスのご主人には今度見かけたら
連絡を貰えるようお願いをしておきました。

奥日光の冬には雪遊びだけではなく、厳しい冬の中でも
力強く生きている動物たちの様子を知る事が出来ます。
どうぞ白銀の奥日光にいらして下さい。


2月の奥日光のイベントをお知らせします。
《中禅寺温泉》
 ・2/8㈯・9㈰ 中禅寺温泉カマクラまつり

《日光自然博物館》
 ・各週末 スノーシューハイクの各種イベント、
時には雪上ナイトハイキングもあります

《湯元温泉》
・1/31㈮~2月上旬 奥日光湯元温泉雪まつり
・1/31㈮~氷が融けるまで 
第14回全日本氷彫刻奥日光大会
 ・2/1㈯   湯の湖畔「冬の花火大会」

《湯元ビジターセンター》
 ・2/9㈰、23㈰ スノーシューツアー
 ・2/22㈯  動物の痕跡を探そう!アニマルトラッキング

《光徳周辺》
 ・3/7㈯、8㈰ 第5回日光国際山岳スノーシューイング・レース

ホテルや旅館ではスキーやスノーシュー等の
雪遊びができる宿泊プランもあって色々と楽しむことができます。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1349

ページの先頭へ