ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
9月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

9月に入って一日中スッキリ晴れる日が夏の時期より多くなった気がします。
そして、気温は確実に下がりだして最高気温が20℃を切るようになり、
最低気温は10℃を切るようになりそろそろストーブの登場です。

小屋の周りでは白いシロヨメナの花が咲き、木々の上の方に
目を向けると山ブドウの葉が色づき始めました。
また、地元の方から天然物のマイタケをいただいたりして、
奥日光は確実に秋が深まっていく感じです。

先月ご紹介した「日本両棲類研究所」に新しい仲間が増えていました。
初めて見ましたが、何とも驚きの色具合をしたカエルで
手を出すと結構な力で噛みつくそうです。
共に南米産のツノカエル類だそうで10センチ程の大きさです。

20190927_001.png
名前は「ベルツノガエル」で肌は濃い緑で灰色の紋があります。

20190927_002.png
こちらは「クランウエルツノガエル」で
明るい緑に濃い緑の斑点がありました。
両生類マニアにはたまらないカエルの様です。

奥日光には中宮祠小中学校があります。
男体山を背後に標高1300メートルにあり
小中併設校では全国1位の天空に位置しているそうです。

中禅寺湖から湯元温泉までの地域の小中併せて
15名の子供たちと教員17名が通っていて、
そこで行われた運動会風景を撮ってきました。

20190927_003.png
男体山の麓に羨ましいくらい広い校庭があり、
自然一杯のこんな環境で子供を育てられたら良いでしょうね。

20190927_004.png
小中生徒に保育園児も含めて30名での入場。
保育園の子供達が張り切って行進する姿がカワイイ!

20190927_005.png
父兄達の演目が沢山あります。
絶好の運動会日和、家族総出で楽しまれていました。

日光白根山に登りたいと云う友人夫婦を連れて
久しぶりに山に登って来ました。
夏らしい日差しと秋らしい様子が見られ、
頂上からは富士山や南アルプスの北岳や甲斐駒ヶ岳、
八ヶ岳、北アルプスの槍ヶ岳や白馬岳まで遠望できて
楽しい山登りが出来ました。
高原ロープウェイを使って5時間ほどの行程です。

20190927_006.png
グングン上るロープウェイは約15分で
標高2000メートルの頂上駅に着きます。
遠くに尾瀬方面の山々が見えてきました。

20190927_007.png
山頂駅に着くと目の前に日光白根山がそびえています。

20190927_008.png
登山道はしっかり整備されていますが
思いのほか厳しい樹林帯の登り。

20190927_009.png
樹林帯を進んでいると足元には赤や白や茶色の
沢山のかわいいキノコが...。

20190927_010.png
樹林帯を抜けると登山道は一変して岩がゴロゴロ。
ザレ場です。

20190927_011.png
頂上はもうすぐ。ファイト~!

20190927_012.png
頂上は登山客で満員御礼状態!
頂上の標識だけ撮ってきました。

20190927_013.png
頂上から眼下に見える五色沼。

20190927_014.png
そこから右手に目を移すと男体山と中禅寺湖。
よく見ると遊覧船が見えます。

20190927_015.png
下り始めましたが、下からまだまだ大勢の人が登って来ます。

この日の2週間後にNHK・BSで放送中のグレートトラバースⅢで
田中陽気さんが日光白根山に登られていました。
同じ日に行っていればお会いできたのに残念でした。

丸沼高原は光徳小屋から車で35分で着きます。
ロープウェイやアスレチック、ツリーアドベンチャー、
オートキャンプ場、サマースキー・スノーボード等があり
アウトドアー好きにはおすすめです。

10月に入ると奥日光は紅葉シーズンに入り
観光客で賑やかになります。
いろは坂の渋滞は大変ですが紅葉の美しさは素晴らしく
是非とも見ていただきたいものです。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1340

ページの先頭へ