ホーム > 学習院公式ブログ

6月23日(日)、学習院大学ラグビー部と
慶應義塾體育會蹴球部(慶應義塾大学ラグビー部)との
記念試合が、慶應義塾體育會蹴球部の創部120周年の記念行事の
一環として、慶應義塾大学日吉グラウンドにて行われました。
沢山の両校OB、家族、関係者が集まり、試合観戦に熱が入りました。

20190708_001.jpg
(写真)試合前の記念撮影

慶應義塾にラグビーを伝えたのは、明治32(1899)年、
当時慶應の英語講師だった英国人のE.B.クラーク氏ですが、
日本でその普及活動に共に尽力し、情熱を持って指導に
あたった友人の田中銀之助氏は、ケンブリッジ大学に
留学をした学習院の出身者(学習院尋常中学校に在籍)です。

日本ラグビーのルーツ校と言われる慶應義塾とほぼ同じ時期に、
学習院にもラグビーが伝えられており、明治30年代、
学習院四谷校地グラウンドに於いて、田中銀之助氏による
学習院の学生へのスクラム指導を撮影した
貴重な写真も残されています。

またラグビーの指導を受けるために、学習院から慶應に
学生が出向いている記録が慶應に残されており、
学習院生の名前の中には、NHK大河ドラマ「いだてん」でも
取り上げられた三島弥彦氏(金栗四三氏と共に日本初の
オリンピック代表選手として、ストックホルムオリンピックに出場)
の名前もあります。

田中銀之助氏の功績を讃え、両校の強い繋がりを
記念しての今回の試合となりました。

20190708_002.jpg
(写真)田中銀之助氏(1873(明治6)年~1935(昭和10)年)
   ―明治38年頃、学習院で撮影-

20190708_003.jpg
(写真)明治30年代 学習院四谷校地での田中銀之助氏によるスクラム指導

20190708_004.jpg
20190708_005.jpg

試合は白熱した好ゲームとなり、学習院は38対42という惜敗でしたが、
田中銀之助氏への感謝を表す試合に相応しい、熱い戦いとなりました。

20190708_006.jpg
(写真)試合終了、両校の健闘を讃えて

20190708_007.jpg
(写真)両校ゲームキャプテン 
  左:慶應義塾大学・山口凱さん
  右:学習院大学・武内秀征さん
  (共に学習院高等科出身)

試合後のアフターマッチファンクションでは、
両校の記念のジャージと楯が交換され、
部員・OBによる部歌斉唱、両校の懇親など行われました。

今年9月からは日本各地で、アジア初となる
ラグビーワールドカップ日本大会が開催され、
関連のイベントなどが既に多く行われて盛り上がりをみせています。

日本にラグビーというスポーツが根を張ろうとする黎明期に、
学習院が大きな役割を担っていたということを思うと、
このワールドカップの日本での開催も大変感慨深く感じられます。

そして、日本ラグビーフットボール協会の初代会長もまた、
学習院出身の高木喜寛氏が昭和3年から22年までの長きに渡り
その任務にあたりました。
英国留学中のラグビー経験を生かして、日本ラグビー界の発展に
大きく尽力した功績は、更に深い繋がりを感じます。

慶應義塾と学習院、深く熱い歴史を持つ両校です。
ラグビーの「ノーサイド」の精神を持って、
お互いの今後の活躍を大いに期待したいと思います。

学習院アーカイブズに関するホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1337

ページの先頭へ