ホーム > 学習院公式ブログ

6月11日(火)、
目白キャンパスにて、学習院初等科6年生の
「学習院目白キャンパス史跡めぐり」が開催されました。

この行事は、
・目白キャンパスの国登録有形文化財などの見学を通して、
学習院の歴史と伝統、学校文化を感じること。
・学習院の学校生活の歴史的背景に興味を持ち、
学校文化を受け継いでいくことをねらいにしています。

まずは創立百周年記念会館に集合し、
姿勢を正して、講師である学習院大学史料館学芸員の方にご挨拶をします。

20190613_01.JPG

10時から東西組と南北組に分かれて見学が開始されました。
南北組は実地見学が先です。

学習院大学のピラミッド広場では、
昭和初期に作られた南1号館・西1号館について、関東大震災で被災した経験から、
地震がおきても崩れない建物として作られたことや、
スクラッチタイルという特徴的なタイルが外壁に用いられていることなどの
説明を受けました。

20190613_02.JPG

20190613_03.JPG

乃木館や御榊壇では、学習院の院長をしていた乃木希典が
学生達と一緒に生活していたというエピソードや、
御榊壇が当時の日本の国境から集められた石が使われて
作られていることについて説明を受けました。

20190613_04.JPG

御榊壇の番号がついた石を探して、銘板からどこの石かを調べました。

20190613_05.JPG

続いて東別館へ移動します。

20190613_06.JPG

かつての皇族寮である東別館の高いエントランスは、
皇族の通学が馬車だったときに、
その乗り入れのために高くつくられていると説明を受けました。
通常入ることのできない建物の2階も見学をしました。

20190613_07.JPG

正門も国登録有形文化財です。

20190613_08.JPG

実地見学の後は、学芸員の方から講義形式で
京都時代から続く学習院の文化や歴史を学びました。

20190613_09.JPG

前日の強い雨で外の見学が危ぶまれましたが、
梅雨の合間の気持ちの良い天気の中、
ユニークで貴重な文化・歴史の遺跡が残る学習院を見学し、
かつての学習院の足跡が、確かに現代へ繋がっていることを感じる一日でした。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1334

ページの先頭へ