ホーム > 学習院公式ブログ

5月18日(土)、やわらぎホールにて、英国の劇団ITCL
(International Theatre Company London)による
シェイクスピア劇『真夏の夜の夢』学習院女子大学公演が開催されました。

当日は駐日英国大使ポール・マッデンご夫妻も来校され、
学生たちと一緒に劇を鑑賞されました。

ITCLによる日本ツアーは今年で46回目を数えます。
学習院女子大学では、2007年公演の『動物農場』から
毎年ホスト校として受入に参加してきました。

シェイクピアを原語上演で見ることのできる希少な機会ということで、
やわらぎホールは今年も400名を超える観客で大入り満員となりました。

2019052801.jpg

2019052802.jpg

2019052803.jpg

2019052804.jpg

2019052805.jpg

2019052806.jpg
(写真)やわらぎホールでの公演の様子

学習院女子大学では、今後もITCLによる公演のホスト校として
日英の国際文化交流に協力していく予定です。
2020年度には、おなじくシェイクスピアの『オセロ』公演
が予定されています。どうぞご期待ください。

※学習院女子大学のホームページはこちらから


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1332

ページの先頭へ