ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
3月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

3月になってから雪の降る日が多く感じます。
雪もしっかり残り湯元スキー場は今月一杯滑走可能ですし、
「3/10日光国際山岳スノーシューイング大会」
も無事に開催されました。
とは云うもののこの時期の雪は積もり続く事は無く、
晴れた日は太陽が当たる場所から雪がどんどん融け出し
小屋周りでも地面が顔を出しています。

20190330_001.jpg
小屋前の道路も地面が出てきて冬の終わりを感じます。
...が、厄介な事に凍土となった地面が溶けて緩みだすと、
車の車輪が地面にのめり込んで走りづらくなるのです!
春が来ると喜んでばかりはいられません。

20190330_002.jpg
「3/10日光国際山岳スノーシューイング大会」のスタートの様子。
今年は雪が少なかったのでコースへの雪入れや
15キロコース折り返し地点のコース誘導等で
私達もボランティア参加しました。

まだ雪が残っている間に「光徳クロスカントリースキー場」
に行ってきました。コースの一部が小屋の近くを通る事もあり、
庭の中を散策する様な気分で楽しめます。

20190330_003.jpg
アストリアホテルの前にあるコース案内の看板。

20190330_004.jpg
アストリアホテルにはクロスカントリースキーや
スノーシューのレンタルハウスがあり道具一式が借りれます。

20190330_005.jpg
公認5キロコースへ向けてホテル裏からスタート!

20190330_006.jpg
カラマツ林の間から見える男体山がキレイ...まだ余裕があります。

20190330_007.jpg
コース案内の標識は500メートル毎に
設置してありますので迷うことなく安心です。

20190330_008.jpg
スキーの扱いにもだんだんと慣れ、樹々の間を
縫ってコースを進んでいると色々な鳥たちの
鳴き声やアカゲラのドラミングが聞こえます。

20190330_009.jpg
公認コースの4kmを過ぎた辺りから山コースに入ります。
そろそろお腹もすいて疲れが...。

20190330_010.jpg
山コースからチョット外れて一度光徳小屋に戻りランチです。

20190330_011.jpg
ランチ後は元気を取り戻し、小屋裏から湿地帯を抜けて
山コースに戻ります。奥の山は太郎山。

20190330_012.jpg
山コースを進むと光徳牧場の裏に出ます。
柵の向こうに太郎山、子真名子山、大真名子山。

20190330_013.jpg
更に進んで光徳沼と男体山。
ここまで来るとゴールのアストリアホテルは直ぐです。
光徳周辺の緩い登り下りの山の中を、
クロスカントリースキーで歩きながら鳥たちの声を聞いたり
アニマルトラックをしながら散策するのはとても楽しいです。
コース整備はしっかりとされていて初心者の方でも
安心して楽しむ事が出来ますので、
来年はどうぞ楽しまれてはいかがでしょう。

光徳に来てからゲレンデスキーとは違ったスキーを楽しむようになり、
スキー道具も地元の方からいただいたりして
お陰様で道具がめっきり増えてきました。
光徳付近の山や戦場ヶ原で使えるヒールフリー
(踵が上がり歩く様に動ける)のスキーです。

20190330_014.jpg
右側3本の背が高く細い板はクロスカントリースキー用で、
左の2本はテレマークスキー用で
ノーマル板と短めで太いウロコ板になります。

4月になると中禅寺湖や戦場ヶ原では観光客を迎える準備が始まり、
光徳小屋でも雪囲いの撤去や水出し作業、
業者による清掃等をして下旬にはオープンを迎えます。

山々の木々は新芽が出始めて春を告げる様相になり、
GW辺りにはアカヤシオが咲き、その後にシロヤシオ、
トウゴクミツバツツジ、アズマシャクナゲ、
クリンソウ等が続き花の奥日光が始まります。

どうぞ、光徳小屋にいらして下さい。
皆様のお越しをお待ちしています。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1327

ページの先頭へ