ホーム > 学習院公式ブログ

2015年度、学習院女子大学の「とうがらし応援隊」結成から始まった、
学習院での伝統野菜(内藤とうがらし、内藤かぼちゃ)の栽培、食育活動は
2016年から学習院各科とも連携し、現在も多様な活動を展開しています。

20190208_001.jpg
乾燥させたとうがらし

学習院高等科では、コンピューター室前で栽培した内藤とうがらしを使って、
2018年度の第3回と第4回の調理実習を行います。

20190208_002.jpg
とうがらしの苗をプランターに植え替え(2017年度)

20190208_003.jpg
赤く色づいたとうがらし(2017年度)

20190208_004.jpg
とうがらしの収穫(2017年度)

内藤とうがらしを使った2018年度の第3回
調理実習~前編~(1月30日実施)では、
内藤とうがらしクッキーの生地作りを行います。
第4回の調理実習~後編~では、冷凍庫でねかせた生地を焼き上げ、
クッキーが完成しますのでこちらも併せてご覧ください。

20190208_005.jpg
実習開始前に家庭科の森先生から、今回のポイントが説明されます。
プラスチックの資源ゴミの回収や、使用済みのまな板、包丁は
熱湯をかけてからしまうなど、調理以外にも大切なポイントが解説され、
みんな熱心に耳を傾けています。

20190208_006.jpg
クッキー担当の生徒たちが一斉に生地作りを開始しました。
やわらかくしたバターを、クリーム状になるまで混ぜます。

20190208_007.jpg
薄力粉、粉チーズ、ゲランド塩などの材料の後に、
いよいよ内藤とうがらしパウダーを加えます。
最初にすり切り1杯を入れて混ぜ、各班調整しながら
好みの辛さになるよう、味見しながら追加していきます。

20190208_008.jpg
クッキーの成形にはこちらのプレートを使用します。

20190208_009.jpg
所定の長方形にラップを折りたたみ、中に生地を入れて伸ばしていきます。

20190208_010.jpg
四隅までしっかり生地を伸ばせば、きれいに成形できました。

20190208_011.jpg
出来上がった生地に、クラスと班を記入し冷凍庫に保管します。

今回の実習では、メインの料理として手打ちカレーうどんを作りました。
20190208_012.jpg
太さもそれぞれの、味わいのある麺ができありました。

20190208_013.jpg
茹で上がった麺を、さらに出汁つゆに入れてひと煮立ちさせたら取り分けます。
作っておいたカレールーをかけて完成です。

最後に季節感たっぷりの、和菓子を作っていきます。
20190208_014.jpg
宮中で人手が足りない時に餅を丸める手間を惜しんで
引きちぎったのが始まりと言われる「引きちぎり」。
ざるを使ってあんを成形します。

20190208_015.jpg
今回のメニュー、カレーうどんと、和菓子の「引きちぎり」が完成しました。
春らしい色合いと、よもぎの香りが食卓を彩っていました。

20190208_016.jpg
先程のクッキー生地、よく見ると色がそれぞれ違っています。
次回、各班どんな味のクッキーができあがるでしょうか。

学習院高等科のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1322

ページの先頭へ