ホーム > 学習院公式ブログ

1月30日(水)から2月4日(月)まで、
第34回東京私立小学校児童作品展が、松屋銀座の
8階イベントスクエアで開催され、東京の私立小学校の
うち25校の児童作品が展示されました。

この展覧会は、当初から統一テーマを設けず、
またコンクール形式も排して、児童の自由な造形活動を
何よりも大切にしてきたとのこと。
広い会場は、子どもたち一人ひとりの個性豊かな、
色とりどりの作品で埋め尽くされました。

学習院初等科は、「ひらいてみたら」を統一テーマに、
1年生・3年生・5年生・6年生の全児童による
集合作品を展示しました。
学年ごとに相応しいサブタイトルを設け、
素材や表現方法も工夫された見ごたえのある作品でした。

◎学習院初等科作品「ひらいてみたら」
20190201_001.jpg

○1年生:せつぶんのとびら、ひらいてみたら
20190201_002.jpg

20190201_003.jpg

○3年生:心のとびら、ひらいてみたら
20190201_004.jpg

20190201_005.jpg

○5年生:ものがたりのとびら、ひらいてみたら
20190201_006.jpg

20190201_007.jpg

○6年生:夢のとびら、ひらいてみたら
20190201_008.jpg

20190201_009.jpg

※学習院初等科のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1321

ページの先頭へ