ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
12月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
今年の漢字一文字は「災」。
全国規模で今まで見た事もないような自然災害を目のあたりにしました。
これまで山に親しんできたことで自然の美しさや恐ろしさは知ってきた
つもりですが、奥日光でも中禅寺湖畔や戦場ヶ原の国道沿い、
光徳園地にある大木(まさか倒れるとは思えないような大木です)が
倒れ停電になったり...、今年は改めて自然の驚異を感じた一年でした。

光徳小屋で生活していますと1年の流れが速く感じます。
山の自然の中での生活パターンは太陽が昇ると始まり沈むと終わり、
晴耕雨読とまではいきませんが仕事も食料買い出しも趣味も全て天候に左右され、
四季折々の花や草や木、昆虫や動物たちの変化する様を見ていると
アッと云う間に12月になってしまいました。
ウインターシーズンを迎え、身の回りの様々なシーンをご覧ください。

《その1:除雪》
小屋から入り口ポストまでの730メートルの道路と
小屋周りの動線を確保するため除雪が始まりました。

20181226_001.jpg
道路の除雪は雪の下に砂利が隠れていて石を噛むこともあり結構難しいです。

20181226_002.jpg
小屋周りの動線確保には雪を捨てる場所を先ず決めてから開始です。

《その2:アニマルトラック》
雪が降りだすとあちこちに動物たちの足跡が残り、
何の足跡か探すアニマルトラックが楽しいです。

20181226_003.jpg
ヒメネズミの足跡。
雪面を注意していないと見逃すくらい小さく1センチ程です。

20181226_004.jpg
タヌキの足跡。3センチ程で前後に2つが並んで残ります。
ちなみにキツネの足跡は4つ足なのに一直線に並ぶモンローウォークです。

20181226_005.jpg
この足跡は20センチ近くのもので、小屋横の斜面から出て来て
道路を横切り小屋の前を通って川の方に歩いていました。
クマです!爪と掌がハッキリと分かり怖かったです。
まだ冬眠していなかったようで、小屋から外に出る時は
周りに注意しながら出ていました。

《その3:光徳牧場》
光徳牧場の牛たちは雪になると山王林道沿いの広い牧草地から
裏手の狭い場所に移動します。ちなみに山王林道沿いの広い牧草地は
クロスカントリースキーのコースになります。

20181226_006.jpg
牧場裏の牧草地で草をはむ牛たち。奥の山は右が男体山で左が大真名子山です。

《その4:日光湯元温泉スキー場》
日光湯元温泉スキー場がオープン。
初日に中宮祠二荒山神社による安全祈願神事や
オープンセレモニーが行われるので参加してきました。

20181226_007.jpg
快晴の青空の下で関係者によるテープカット。
奥に見える金精山が綺麗でした。

20181226_008.jpg
中宮祠二荒山神社の神主さんやインストラクターによるたいまつ滑降。
神主さんのスキーやボード姿は初めて見ましたが中々の腕前でしたよ。

20181226_009.jpg
オープン初日はリフトが無料開放でしたので初滑りをしました。
このスキー場は緩斜面が多く初心者向けのスキー場で、
男体山と湯の湖に向かって気持ちの良いスキーができます。
この日は10名ほどのお客様でまるでプライベートスキー場でした。

《その5:登り納め》
今年の登り納めで日光白根山に行ってきました。
先月と同じく菅沼登山口から出発ですが、今回は残念ながら
ガスと強風で写真を撮る余裕も無く、頂上に着いても
直ぐに下山と云う中々厳しい山行でした。

20181226_010.jpg
弥陀ヶ池に到着しましたが何も見えません。
先月の写真と見比べていただくと違いが分かります。

20181226_011.jpg
頂上はガスと強風のため三角点を踏んだら即下山し、
下る途中で弥陀ヶ池が見え始めた所でやっと写真を撮る事ができました。

今年も多くの学生さんやOB・OGの方々に光徳小屋を利用いただき、
また、光徳小屋のブログを見ていただきありがとうございました。
これからも色々な情報発信をしていきたいと思いますので
来年もよろしくお願いいたします。

20181226_012.jpg
皆さま、よいお年をお迎えください。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1319

ページの先頭へ