ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
11月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
今年は雪が遅いようです。初旬に1回降りましたが積もる事もなく、
下旬になってようやく1日中降って小屋周りも白くなりましたが
やはり2~3日で消えてしまいました。
天気予報でも今年は暖冬と云われているようで、
何となく今までより暖かい11月の様な気がします。

小屋では例年のとおり小屋の雪囲いや水抜き、
灯油をドラム缶に6本、プロパンガスは7本補充し、
砂利道には積雪時の目印棒を立てたりして冬の準備が整いました。

20181127_001.jpg
雪囲いをした光徳小屋。
下旬に降った雪も直ぐに融けて日陰に残るだけで寂しい気もします。

20181127_002.jpg
日の出前の光徳牧場裏からの男体山。
頂上付近は白くなり、雲はオレンジ色に染まっているのですが
拙いカメラではチョット分かりにくいですね~。

20181127_003.jpg
今年はシカが少なく小屋でもあまり見かけないのですが、
夕方に光徳牧場の前で車の前に突然現れた雄シカです。
近寄っても逃げる様子もなくしばらく車の中からニラメッコしていました。

今月は日光白根山の直下にたたずむ弥陀ヶ池と五色沼のお池巡りをお伝えします。
山は雪化粧を始めたばかりで積雪は5~10センチ程度でしたが
素晴らしい快晴の下で気持ちの良い山行でした。

20181127_004.jpg
早朝の金精道路を走っていると、金精山の上に白く光る月が目に入ってきました。

20181127_005.jpg
お馴染みの日光白根山に向かう菅沼登山口の駐車場。
他にも10台くらいの車が駐車していました。

20181127_006.jpg
登山道は10センチ程度の積雪。
日が差さず気温もかなり低いので手袋をしていても指先が冷たい!

20181127_007.jpg
2時間程で弥陀ヶ池に到着しました。
凍った弥陀ヶ池の後ろに日光白根山が白く輝いています。

20181127_008.jpg
5分ほど進むと峠から眼下に五色沼が見えてきました。

20181127_009.jpg
20分程度で五色沼に到着。
山の稜線に囲まれて盆地状の湖面は全面が凍り、
青い空、枯れた木々、白い雪に映えてとても綺麗です。
日差しが強く暖かく見えますが、氷の湖面を吹く風はとても冷たいです。

20181127_010.jpg
強い風と氷で作られる自然の造形。
湖面から突き出した岩の廻りの水しぶきがそのまま凍りついています。

20181127_011.jpg
こちらも不思議な氷。
四方が30センチ位で厚さも1センチはあるガラス板状の氷が
何枚も湖岸に風で打ち上げられていました。

20181127_012.jpg
五色山方面に登って行くと遠く尾瀬の山々が見えました。
雪を被って冬山の様相です。

20181127_013.jpg
稜線から見下ろす五色沼。

20181127_014.jpg
弥陀ヶ池まで戻ってきました。
今回はゆっくりと雪を楽しみながら6時間程の行程でした。
12月下旬には国道120号の金精トンネル(金精道路)が
積雪のため閉鎖されてしまいますので、日光側から菅沼登山口に
行かれるのもあと一か月となります。

これからの奥日光は観光シーズンも終わり
道路も半月山スカイラインや山王林道が閉鎖され、
赤沼自然情報センターや千手ヶ浜に行くシャトルバスも終わり、
レストハウスや茶屋も閉める店がでてきます。
春まで寂しくはなりますが、雪が降ってくるのを待ちながら
スノーシューやクロスカントリースキーの計画でもされてはいかがでしょう。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1316

ページの先頭へ