ホーム > 学習院公式ブログ

20181019_001.jpg
(永井さん(前列左から2番目)と柔桜会の皆様、本院役員)

10月16日、永井崇匡さん(大学理学部数学科4年)が、
インドネシアのジャカルタで開催された2018アジアパラ競技大会の結果報告のため、
柔道部OB会である柔桜会の皆さまと共に、内藤院長を表敬訪問しました。

20181019_002.JPG

永井さんは、視覚障がい者柔道73kg級に出場し、
獲得した銅メダルを院長や役員に見せながら、
現地の気候や食事、体調管理や試合について報告しました。
その後、東京オリンピック・パラリンピックへの思いをお話しました。

内藤院長は、永井さんの今後の活躍を祈念し激励、最後に固く握手を交わしました。

2015年度に結成された学習院女子大学の「とうがらし応援隊」は
新宿区の伝統野菜である内藤とうがらし、内藤かぼちゃの栽培を通して食育活動を行っています。
2016年からは学習院各科とも連携し、この活動をさらに広めています。
今回取り上げるのは目白キャンパス、学習院高等科です。

9月11日・12日、学習院高等科にて今年度2回目となる調理実習が行われました。
12日のこの日は、1年生の2つのクラスが実習を行いました。その様子をお伝えします。
生徒たちは1学期の被服実習で各自が制作したエプロンをつけて集合しました。
胸のデザインもそれぞれに型を作って染めたものです。

まずは家庭科の森先生から、事前に配付したレシピを元に、実際の調理手順が説明されます。
前回のコンロの使い方についての反省点を踏まえ、手際よく調理することができるでしょうか。

20181012_001.jpg

今回のメインは、内藤かぼちゃを丸ごと使った「内藤かぼちゃの宝蒸し」を作ります。
高等科では内藤かぼちゃの栽培は難しいため、農家にお願いし、
小ぶりの内藤かぼちゃを届けていただき、調理実習食材として使います。

初めて内藤かぼちゃを目にする生徒も多い中、前回の実習で使用した
西洋かぼちゃとの違いについて、「味や食感の違いを楽しんでください」と先生。
調理実習のお手伝いとして、高等科OBの大学生も3名参加して下さいました。

20181012_002.jpg

20181012_003.jpg
最初にかぼちゃの器を作っていきます。上部をふたのように切り取り、種とわたをスプーンで取り除きます。
準備しておいた蒸し器に入れて、10分間蒸します。

20181012_004.jpg

20181012_005.jpg
かぼちゃを蒸す間に、中に入れる具材を作っておきます。

にんじん、しいたけ、たけのこは全てみじん切りにします。
ちょっと手元がおぼつかなかった人も、最後はきれいにみじん切りにできました。
鶏のひき肉と下茹でした豆腐、とうもろこし、枝豆を加えて炒め、具材の準備は完了。

下蒸しが終わったかぼちゃに具材を詰め込み、再び蒸し始めます。
何分から蒸し始めたのか班内で確認しあいながら、竹串をさして堅さをチェックしていきます。
竹串がすっと通ったら、完成です。

20181012_006.jpg

20181012_007.jpg
内藤かぼちゃの形を活かした、見た目にも美味しそうな宝蒸しが完成しました。

最後は人数分に切り分けて、あんかけをかけて完成です。
西洋かぼちゃに比べると果肉が厚く、外皮が薄いので、皮までみんなきれいにいただきました。

20181012_008.jpg

20181012_009.jpg

調理実習を行う中で、生徒たちがチームワークを発揮し、
実習時間内においしい料理を完成させることができたようです。

家庭科の中でも最も楽しみな調理実習の時間ということで、
みなさんほんとうに活き活きと実習に取り組んでいました。
今年度は、学内で栽培している内藤とうがらしを使った実習も予定しているそうです。

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
9月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

9月も半ばを過ぎますと木々は紅葉の準備を始め、中には既に赤色や黄色になっている気の早い木もあります。
そんな初秋を求めて、2週続いた3連休の中禅寺湖や戦場ヶ原は多くの観光客やハイカーで賑わっていました。
光徳小屋でも日を追う毎に木々の葉の色が変わり、
夏の濃い緑が徐々に薄まって薄緑色や黄色になり森の中が明るく感じてきます。
小屋までの砂利道やその周辺で小さい秋を見つけました。
キノコの名前は分からないのですが可愛いのや気味の悪いのや色々ですね...。

20180928_01.jpg
光徳沼では朽ちた木にビッシリ生えたキノコ。

20180928_02.jpg
砂利道を歩いていると足元に可愛らしい1本。

20180928_03.jpg
小屋入り口のチェーンの脇に黄色く怪しげにワサワサと密集して生えているキノコ。
一応食べられるそうです!

20180928_04.jpg
小屋前のズミには赤い真っ赤な実が連なっています。
今年の春は見事なまでに白い花が咲いていましたので、
それがこの秋に沢山の赤い実となっているようです。

20180928_05.jpg
山王峠で見つけた三つ子のキノコ。

20180928_06.jpg
同じく山王峠のナナカマド。
実は既に真っ赤になり、これから葉が紅葉になります。

今月は初秋の社山(しゃざん)に行ってきました。社山は中禅寺湖の南岸に位置し、
標高は1,827メートルと高くはありませんが、男体山や中禅寺湖をズーッと眺めながら登れる人気の山です。
中禅寺湖スカイラインを利用して半月山駐車場まで行き、そこから半月山展望台を経て
半月峠、中禅寺山、阿世潟峠、社山へと向かう往復6時間程度のコースです。

20180928_07.jpg
中禅寺湖の北岸から眺めると、頂上から左側にスッキリとした稜線を構えた三角形の山が社山です。

20180928_08.jpg
中禅寺湖スカイライン終点の半月山駐車場にある登山口。
奥のなだらかな山が半月山ですが、登山が苦手な方には約20分で行ける半月山展望台がお勧めです。

20180928_09.jpg
半月山展望台からの男体山と中禅寺湖。
頂上に雲が掛かっていますがキレイでしょ!

20180928_10.jpg
中禅寺山の下りの途中から眺める社山の頂上と稜線。あそこまで行きます。

20180928_11.jpg
登り下りを繰り返すこと1時間半ほどで阿世潟峠。
ここから社山の頂上まで最後の登りです。

20180928_12.jpg
頂上方面に雲が出てきました。

20180928_13.jpg
右手を見ると...、苦しい登りも男体山と中禅寺湖に癒されます。

20180928_14.jpg
ミヤコザサで覆われたスッキリとした稜線...、頂上まであともう少し。

20180928_15.jpg
標高1,827メートルの社山の頂上です。ここまで約3時間、
残念ながら雲の中で景色は見られませんでした。

20180928_16.jpg
帰りは中禅寺湖や男体山を左に見ながら半月山
(奥に見える高い山です。)まで帰ります。遠いな...。
10月の奥日光は紅葉で黄色に赤色に染まります。
週末の日光やいろは坂の交通渋滞は大変ですが是非ともいらして下さい。

今月のゼミ・サークル紹介は「坐禅部」です。
5名で合宿予定でしたが、残念ながら都合で4年生が来られなくなり3年生一人、
2年生二人の3名で小屋を楽しんでもらいました。

20180928_17.jpg
今度は大勢で来て、男体山を眺めながらの坐禅や戦場ヶ原のハイキングはいかがでしょう。

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

ページの先頭へ