ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
6月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
今年の戦場ヶ原のズミは例年になく素晴らしいものでした。
戦場ヶ原一帯の木々はまるで雪が積もったように真っ白になり、
そんな風景に感激でした!

20180630_1.jpg
こんな可愛い花が戦場ヶ原一面に咲き、
私の拙いカメラの腕では伝えきれないのが悲しいくらいです。
ズミの花が終わり中旬ともなると、次にはオレンジのレンゲツツジと
白いワタスゲが目立ってきました。光徳小屋横の湿地帯でも真っ盛りです。

20180630_2.jpg
鮮やかに咲くレンゲツツジ。

20180630_3.jpg
湿地帯一面にホワホワのワタスゲ。

梅雨時の束の間の晴れ間、金精山に登ってきました。
今の時期はハクサンシャクナゲが見られるのと、
カモシカの目撃情報もあってそれを期待して行ってきました。
往復のコースタイムは2~3時間と短いのですが、
登山道は急斜面が続き荒れた個所もあり思いの他ハードでした。

20180630_4.jpg
湯の湖からの金精山。写真の奥の中央が金精山で右側の凹んだところが金精峠です。

20180630_5.jpg
栃木県側の金精トンネル入り口の脇が登山口で駐車場にもなっています。

20180630_6.jpg
登り始めからいきなりの急斜面!

20180630_7.jpg
フッと目を上げると、頭上には紅色のベニサラサドウダン。

20180630_8.jpg
1~2センチの花が釣鐘の様に房状になって咲いていて、急斜面の登りを和ませてくれます。

20180630_9.jpg
約30分、ひと汗かいて金精峠に着きました。爽やかな風にホッとします。

20180630_10.jpg
後ろを振り返ると真正面に男体山、眼下には湯の湖が見えています。

20180630_11.jpg
稜線を進んで行くと早速ハクサンシャクナゲが迎えてくれました。

20180630_12.jpg
登山道の脇にヒメイワカガミ。薄いピンクが混じった2センチ程の花で先が細く裂けています。

20180630_13.jpg
これはコミヤマカタバミです。10センチくらいの茎にハート形の小葉が3枚、
白地にピンク色のラインが入った花が1個つきます。

20180630_14.jpg
花ばかりに気を取られていると危険!荒れた登山道には所々壊れかけたハシゴが架かっています。

20180630_15.jpg
峠から40分程で金精山頂上に着きました。頂上は樹林帯の中で標高は2244メートルあります。

20180630_16.jpg
頂上からの栃木県側の見晴らしは良く男体山、大真名子山、子真名子山、
太郎山が、眼下には湯の湖、右手の奥に中禅寺湖が見えています。

20180630_17.jpg
頂上の木々の間から見える日光白根山。
短時間のハイキングで天気も良く数々の花を見ることが出来ましたが、
残念ながら期待していたカモシカには遭遇できませんでした。
秋の紅葉シーズンにでも再度挑戦してみたいものです。

日光100キロウルトラマラソンが6/17㈰に行われ、
早朝の中禅寺湖に応援に行ってきました。
今年はコースが若干変更になり、霧降アリーナを起点にいろは坂を
上がって中禅寺湖で折り返していろは坂を下り、鬼怒川温泉まで行って戻るコースとなりました。
約1,000名の人が出走し826名が完走との事、皆さんナイス・ラン!

20180630_18.jpg
早朝の中禅寺湖畔を走る選手達。

もうすぐ梅雨が明けると都会ではいよいよ真夏日が続き猛暑となる事でしょう。
光徳小屋は標高1,500メートルの山の中にあり涼しさ満杯で快適です。
どうぞ皆さんいらして下さい。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1304

ページの先頭へ