ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
4月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************
鳥のさえずり、木々の芽吹き、花のつぼみ...光徳小屋の周りは
ワクワクするような春の空気が満ちてきました。
奥日光ではGWの観光客を迎えるために遊覧船やスワンボート、
ビジターセンターやレストハウスも連日準備で大忙しです。
今年は全国的にも春の訪れは早いようですが、奥日光の雪が融けたばかりの初春をご覧ください。

20180508_1.jpg
いろは坂上り入口の馬返しの桜。バックは沢筋の雪も消えてしまった男体山です。

20180508_2.jpg
いろは坂下り入口付近で咲き始めたアカヤシオ。GWにはいろは坂一面が赤い花で染まります。

20180508_3.jpg
光徳沼の畔ではアズマヒキガエルが鳴きだしています。
体だけでも8㎝はある大きなアズマヒキガエルや孵化した
オタマジャクシ、ひも状の卵塊がウジャウジャ! 
GW前後の戦場ヶ原ではアズマヒキガエルの「ガマ合戦」が見られます。
これは産卵の為カップルになろうとメスを求めて多数のオスが
キックの応酬で蹴飛ばしたり裏返したりの肉弾戦となって団子状態になるそうです。

今月は中禅寺湖の千手ヶ浜を紹介します。
千手ヶ浜は4月の下旬には赤沼自然情報センターからシャトルバス(低公害バス)
が運行され、6月にはクリンソウを見に来る観光客で一杯になります。
今回はシャトルバスが入る前に、雪が融けて最初に咲く
タマザキサクラソウとミズバショウを目当てにマウンテンバイクで行ってきました。
シャトルバスがまだ走っていない事もあり、訪れるハイカーもまばらで静かな穴場スポットです。

20180508_4.jpg
千手ヶ浜に向かう道路は、まだ新芽も出ないミズナラ、雪の重みから解放されたばかりの
ミヤコザサに囲まれて景色は解放感タップリです。

20180508_5.jpg
弓張峠を超えて長い下り道の途中で倒木が目に付く所があります。
冬の間、ここは日光白根山から吹き下ろす風の通り道で、あまりの強風の為
カラマツやシラカンバが根っこから倒れるのだそうです。自然の力ってスゴイ!

20180508_6.jpg
少し下ると沢に沿った水溜まりにはヤマアカガエルの卵が...プルンプルン。

20180508_7.jpg
千手ヶ浜の船着き場と男体山。いつ来ても好きな景色です。自転車は此処までで、ここから先は歩き。

20180508_8.jpg
柳沢川に架かる吊橋、目指すはもう少し先です。

20180508_9.jpg
しばらくすると歩道の脇一面が濃い緑色の絨毯の様に広がっています。フッキソウです。
小さな白い花が付き、風が吹くと独特な香りが漂ってきます。

20180508_10.jpg
千手ヶ浜には「仙人庵」と称する家が1軒あり、日光輪王寺から
委託された伊藤様が住まわれていてこの一帯を管理されています。
この家の前に目指す花があるのです!

20180508_11.jpg
家の前に群生しているタマザキサクラソウです。紫、薄紫、白のボールがあちらこちらに咲いています。

20180508_12.jpg
高さは10㎝位、一つの花は2㎝で8㎝程のボール状になって咲いています。可愛いですよ!

20180508_13.jpg
柳沢川の支流がゆったりと流れ、家の脇の湿地帯にはきれいな水を好む植物が潜んでいます。
もう一月もするとこの辺りはクリンソウの群落でピンクに染まります。

20180508_14.jpg
そして、湿地帯にはひっそりとミズバショウが...。
千手ヶ浜ではこれから数々の花が咲きだします。
アカヤシオにシロヤシオ、アズマシャクナゲやトウゴクミツバツツジ、
そして大人気のクリンソウが川の両岸や湿地帯一面に咲き誇り楽しませてくれます。
赤沼からのシャトルバス(低公害バス)を利用すると
気軽に行くことが出来ますので訪れてみてはいかがでしょう。

光徳小屋からの嬉しいニュースです。小屋のトイレをリフォームいたしました! 
今まで「チョット狭いな~」「夏でも冷たいな~」等のお声がありましたが、
男女共に3つある個室を少し広げ、すべての便器をウォシュレットに替えて快適な環境になりました。
山桜会(学習院山岳部OB会)を中心に数多くの方々から
トイレ改修の為にご寄付をいただきありがとうございました。
トイレも新しくなり小屋の中や外回りもキレイにして皆様をお迎えしたいと思いますので、
これからも光徳小屋を大いに利用してください。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1296

ページの先頭へ