ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
2月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

今年の2月は昨年と比べて雪が少ないようです。
1月には腰辺りまで積もっていたのに、2月に入ってからは晴れの日が多く、
積雪は太もも位まで減ってしまいました。
その代わりに気温が低くマイナス20℃に届かんばかりの日もあり、奥日光の寒さが身に染みています。

中禅寺湖では冬のイベントとして、
2月17日(土)~18(日)に「中禅寺温泉カマクラまつり」が行われました。
日光自然博物館の前では甘酒の振る舞いや、カマクラや雪の滑り台、雪ん子衣装の貸し出し、
そして天然氷のスケートやクロスカントリースキーにスノーシューなどの
ウィンタースポーツ体験が出来るようになっていました。
都会のイベントと比べると人出は少ないのですが、訪れる観光客は雪の白さに感激しているようでした。

bl180228_001.jpg
中禅寺湖の入口、二荒橋前の交差点ではこんな雪だるまがお迎えです。
bl180228_002.jpg
藁靴や藁頭巾の雪ん子の衣装です。
bl180228_003.jpg
カマクラの前で雪ん子衣装を借りて写真に納まる観光客。

************

今月はスノーハイカーの間で密かに人気の奥日光にある「庵滝(イオリタキ)」の氷瀑をご覧ください。
赤沼から戦場ヶ原・小田代ヶ原の奥にある外山沢の沢筋を進み、
片道2時間半ほどの行程で幻想的な凍りついた滝を見ることが出来ます。
見頃は寒さが一番厳しい1月下旬から2月上旬の間で、極寒の中気合いを入れて行ってきました。

bl180228_004.jpg
赤沼をスタートして小田代ヶ原に向かいます。
ここら辺りはハイカーも多く雪道も登山靴のまま歩けます。
bl180228_005.jpg
外山沢に入るとモフモフの新雪。
先行パーティーのトレースもあって、スノーシューで快適に進んで行きます。
bl180228_006.jpg
右側の尖った岸壁の下に目指す庵滝があります。
bl180228_007.jpg
沢筋を進んで行きますので、水の中に落ちないように注意!
bl180228_008.jpg
先方に氷瀑が見えてきました。
bl180228_009.jpg
2時間半ほどで着きました。目の前に落差約25メートルの全面氷結した庵滝が現れました!
先行されていた人の姿が小さく見えます。
bl180228_010.jpg
右側の滝の落ち口からよく見ると岸壁沿いにわずかですが水が流れているのが分かります。
ここだけ少し白っぽい氷になっています。
bl180228_011.jpg
滝の中に入ってみると、右側の滝は横から見るとこんな感じ。
bl180228_012.jpg
滝の裏側から見る氷瀑。青く凍りついた氷は自然の凄さを感じます。
bl180228_013.jpg
左側の滝の裏側。
bl180228_014.jpg
冬は流れる水の量が少ないため滝つぼの水量も少ないです。
自然の作り出す景色は遠くから見ても、近くに寄って見ても飽きません!
帰りがけには何人ものスノーハイカーの方とすれ違いましたが、また訪れたいものです。

3月11日(日)には、アストリアホテルにあるXCカントリスキーコースを使って、
「第3回全日本山岳スノーシューイング・レースin日光」が、ここ光徳周辺で開催されます。
光徳小屋の近くがコースになっていることもあり、
今年もボランティアで選手たちのコース誘導や応援をする予定です。
スノーシューを履いたマラソン大会がどんなものか興味のある方はご覧になってはいかがでしょう。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。※現在は冬季休業期間中です。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1290

ページの先頭へ