ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
1月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

光徳小屋に赴任して2回目の冬、昨年の経験を生かして色々と事前対応をしてきたつもりでしたが、
年末の寒波で私達の住んでいる管理人棟の水道を凍らせてしまいました。
配管が浴室の中の側壁を通っているので、風呂場をストーブで暖めたり、
本棟から運んだ水で風呂を沸かしたりしましたが、まる一日出なくてどうなることかヒヤヒヤものでした。

翌日に地元の工務店さんに見てもらい、外の凍結した配管を電気で暖めてやっと水が出るようになり一安心。
地元の中禅寺の町や戦場ヶ原でも何軒かの家で水道を凍らせてしまったと聞きました。
この地では冬となったら水道は出しっぱなしにしなくてはいけません、油断大敵です!

今年の雪は昨年よりも早くて積雪量も多く、
光徳小屋周辺は雪が80センチほど積もり新年から除雪機が活躍しています。
国道120号線では数台の大型除雪車が未明から何回も往復して道路整備に大忙しです。

bl180131_001.jpg
小屋の屋根にも雪がたっぷり積もりましたが、中旬には1回全て落ちました。
bl180131_002.jpg
小屋入口のポストも雪帽子を被り可愛い姿に。
bl180131_003.jpg
冬の国道120号線は歩道との境にある杭をすべて取り外して幅広く除雪されます。
赤沼付近から三つ岳方面を望む雪の道路。
この場所は真っ直ぐ一直線で車もまばらで走っているには気持ち良いのですが、
冬はブリザードの名所でホワイトアウトになり通行止めになることもあります。

今月は冬の男体山を半周する遠望をご覧下さい。
それぞれ撮った日にちや時間は違いますが、見る方向で山の印象が随分と違って見えます。

bl180131_004.jpg
まずは、日光市街にある「日光だいや川公園」から見る男体山です。
頂上から斜め左下に走る沢に雪が詰まって3~4本の白い筋になるのが特徴です。
東南東の方向からの姿になります。

bl180131_005.jpg
中宮祠にあるストックヤード(ゴミ回収所)からの男体山。
頂上の右から白くゆったりとした肩の尾根が特徴で、南東の方向からです。

bl180131_006.jpg
華厳の滝の駐車場からの男体山ですが、日の当たり具合で頂上にある剣が光って見えることもあります。
右の白い肩がなだらかに見えてきます。南南東からの姿。

bl180131_007.jpg
立木観音駐車場の中禅寺湖畔からです。湖畔の枯れ木にあたる湖水が凍りつき、まさに厳冬の男体山。
南の方向からの景色で、頂上が丸くてきれいな三角錐になります。

bl180131_008.jpg
竜頭の滝上に上がる国道からの男体山。車を運転していると真正面に見えて自分の好きな景色です。
写真ですと分かりにくいですが、頂上右側に尖った小さな岩場が見えるのが特徴です。西南西の方向から。

bl180131_009.jpg
三本松茶屋を過ぎた辺りの国道120号線からの男体山。
頂上の先が尖り、左側の尾根が緩くなってきました。西北西からの方向。
左に並んでいるのは大真名子山。

bl180131_010.jpg
光徳小屋の横にある斜面からの男体山。右の尖がっている所が頂上で、なだらかに左肩から志津峠に下ります。
この左肩の尾根が男体山2枚目の写真にある白い右肩の裏側にあたります。
冬はこのなだらかな左肩から朝日が昇り小屋を射してきて、一番好きな男体山の姿です。北西からの姿。


このブログを作っている頃、テレビでは東京での大雪や寒さのニュースがしきりと報道されていました。
奥日光での生活が体に慣れてきたのかマイナス10℃は普通になり、
マイナス20℃近くなるとさすがに寒さが違うなと思うようになりました。
人間の適応力の強さに我ながら感心しています。

皆さまには体調管理をしっかりとされて風邪などひかれませんようにお過ごしください。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。※現在は冬季休業期間中です。
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1285

ページの先頭へ