ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
11月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

11月、日光光徳小屋はいよいよ白く雪化粧となりました。
赤や黄色の紅葉に染まっていた周りの景色が1か月で一変する様は、
2年目の冬を迎えますがその速さに驚くばかりです。

水回りの配水管の清掃と水止め、
電気系統と防災設備の点検等そしてプロパンガスや灯油の来春までの補充をし、
最後に小屋1階の外回りに雪囲いをしてしっかり冬支度を終えました。

bl171130_001.jpg
雪囲いを済ませた小屋。
bl171130_002.jpg
小屋の横の斜面ではそろそろスキーでも出来る頃かと・・・。

今回は、木々の葉も落ちて歩道も所々雪で白くなった初冬の西ノ湖(さいのこ)に行ってきました。
ここは奥日光の中でも訪れる人が少ない所で、戦場ヶ原の南に位置し大昔は中禅寺湖の一部でもあったそうです。
いくつかのハイキングコースがありますが、赤沼車庫からシャトルバスに乗り終点の千手ヶ浜から行くコースを紹介します。
なお、シャトルバスは12月から4月までの冬季期間は運行されませんので今シーズン最後のチャンスでした。

bl171130_003.jpg
赤沼自然情報センターの前からシャトルバスが出ます。
(千手ヶ浜までは一般車両は通行禁止なので、ここからシャトルバスになります。)

bl171130_004.jpg
西ノ湖に行く前に再築したばかりの千手堂に寄りました。木の香りが新しいお堂です。
bl171130_005.jpg
この辺りはクマも生息していて千手堂の近くの木の上にクマ棚を見つけました。
クマは木の上にドングリ等が付いた枝を持って登りここで食べるそうです。
地面には食べ散らかした殻が沢山落ちています。
bl171130_006.jpg
千手ヶ浜から西ノ湖までシラカンバや大きなハルニレの間を縫うように歩道が作られています。
bl171130_007.jpg
山の神との分岐。あまりにも静かなので時々鳥が鳴くとビックリしてしまいます。
ここの周辺にはオオワシも生息していて運が良いと見られるそうですが今回は残念でした。
bl171130_008.jpg
西ノ湖に向かう途中の柳沢川に架かる吊橋。
bl171130_009.jpg
この柳沢川は、秋にはマスの遡上が見られ川一面が婚姻色に染まった赤いマスで埋まるそうです。
来年は是非見たいものです。
bl171130_010.jpg
もうすぐです。
bl171130_011.jpg
西ノ湖に着きました。ここまで約40分。
この日は我々の他には誰もいなくて穏やかで風もなく、何時までもここに留まっていたい感じで、ちょっとティータイム。
bl171130_012.jpg
湖畔の岸は氷です。
bl171130_013.jpg
湖畔にある樹齢300年のミズナラの巨木。木の下に立っている私と比べるとその大きさが分かりますね。
それにしても扇のように大きく広がった枝が面白いです!

これから半年間、光徳小屋は極寒の雪の世界となりますが、
昨年の経験を生かして少しでも快適な生活をしていこうと思っています。
そして、奥日光での生活、色々なイベントや雪遊びもその都度ご紹介していきますので楽しみにして下さい。

***********

11月の桜友会栃木支部の懇親会に夫婦で参加させていただきました。
諸先輩や若い方々40数名の方々が宇都宮駅前のホテルに集まり、
挨拶の中で日光光徳小屋のPRもさせていただき楽しい一時を過ごしました。

bl171130_014.jpg
皆さんとの集合写真。幹事様、私共にも声を掛けてくださりありがとうございました。

*************************************************************

日光光徳小屋は、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究など、
多くの学生が訪れています。
※現在は冬季休業期間中です。詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1273

ページの先頭へ