ホーム > 学習院公式ブログ

4月20日(木)、
学習院大学理学部で初期消火訓練が行われました。

この取り組みは、授業などで数多くの実験を行う理学部の学生に、
万が一、火災などの事故につながってしまった場合に、被害を最小限に抑えるため、
初期段階での対応方法を身に付けてもらいたいという目的で毎年行われています。

理学部化学科3年生の学生を中心に、
理学部学生および教職員約200名が参加しました。

訓練に先立ち、理学部化学科の草間博之教授による、
薬品の取り扱いや産業廃棄物の処理についての講義が行われ、
火災を未然に防ぐための注意を呼びかけました。

その後、教室の外に移動し、
豊島消防署目白出張所の皆さんの指導のもと、
実際に消火器を使っての初期消火訓練を実施しました。

学生たちは緊張感を持ちつつ、熱心に実習訓練に取り組んでいました。
事故や火災が発生しないよう十分に注意して研究活動を行ってほしいと思います。

fb20170425_001.jpg

学習院大学理学部ホームページはこちらから
学習院大学ホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1234

ページの先頭へ