ホーム > 学習院公式ブログ

1月28日(土)、学習院女子大学にて、
日本文化学科の品川明教授によるJMOOC講座(無料オンライン講座)
「味わい教育 ~感じるとおいしくなる魔法」の「反転学習」として、
講座の受講者を対象にワークショップが行われました。

170202_001.jpg
(写真)ワークショップの様子
170202_002.jpg
(写真)品川明教授

反転学習とは、先にeラーニングなどで学習した内容を、
実際の対面式授業でより深め、学習効果を高める試みです。

この講座で学習し、改めて意識した「食べること・味わうこと」について、
参加者全員によるワークショップで実際に体感しました。

まずは、「煮干しの解剖」を通して、
生き物として、また、食物としての両側面を探りました。

170202_003.jpg
170202_004.jpg
(写真)煮干しの解剖の様子

煮干しは、生き物(カタクチイワシ)として、
生きるのに必要な骨格・筋肉・臓器を持っています。

その一方で食物としては、どの部位がどのような味わいをもたらしているのか
考察しました。

170202_005.jpg
(写真)品川先生による解説の様子

次に、解剖に使用した煮干しを使って
味噌汁を作る実習を行いました。

170202_006.jpg
(写真)味噌汁作りの様子
170202_007.jpg
(写真)試食の様子

班ごとに味噌を変え、味わいの違いを食べ比べました。
味噌だけでなく班ごとの作り方の違いにより、
それぞれ違った味わいになることを体験しました。

品川教授のユーモラスな語り口の中で、
参加者全員が意見を出し合い、協力して作業を行いながら、
アットホームな雰囲気の中ワークショップを終えることができました。

ワークショップ終了後には、参加した皆さんに、
品川先生から修了証書が手渡されました。

170202_008.jpg
(写真)修了証書授与の様子
170202_009.jpg
(写真)今回参加した受講生の皆さん

新鮮な発見・知的感動にあふれたワークショップは、
「大学の授業」というイメージからは異なるものだったかもしれませんが、
きっと参加者の皆さん一人一人の心の中に、
「食」についての思いを残すことができたのではないでしょうか。


学習院女子大学のホームページはこちらから
JMOOCについて詳しい情報はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1212

ページの先頭へ