ホーム > 学習院公式ブログ

学習院女子高等科2年鴨下さんが入選し、1月13日(金)に
皇居、正殿松の間にて行われた歌会始の儀に招かれました。

今年のお題は「野」で、
日本や海外から応募された約2万首の短歌から
入選歌の10首となりました。

鴨下さんの歌

 野原ならまつすぐ走つてゆけるのに満員電車で見つけた背中

「今まで会いたかったと思っていた人や
自分と遠くなった存在を電車などで見つけたときに感じる様な
もどかしさや切なさを詠みました。」(鴨下さん)

歌会始の儀では、鴨下さんは
古式に則り披講される歌会始の儀式を堂々とこなしました。

終了後、鴨下さんから
「足音しか聞こえないような厳粛な雰囲気にとても緊張しましたが、
一生に一度の経験で将来になっても名誉を感じることだと思います。」
「両陛下からお言葉を賜り、
皇后陛下が、私の制服を見て懐かしくお感じになられたり、
歌を褒めてくださいました。」
と感想やエピソードを述べてくれました。

20170116_001.JPG
(写真)鴨下さん

女子中・高等科では、課題として短歌や俳句を作っており、
それを楽しむ雰囲気があります。
河野裕子短歌賞などのコンクールにも多数入賞し、
頻繁に学校賞を頂くなど、盛んな取り組みをしています。

女子中・高等科ホームページはこちら

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1202

ページの先頭へ