ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋管理人の三樹さんから
12月のお便りが届きましたのでご紹介します。
***********************************************************
12月になり、奥日光では先月まで営業していたカフェやレストラン、
赤沼自然情報センターや日光湯元ビジターセンターが閉まり、
道路も山王林道は上旬に、金精道路も下旬には閉鎖して
来年4月の雪解けまでの長い長い冬が始まりました。

チョット寂しい感じもしますが、でもご心配なく!
冬の奥日光にはいろんなイベントが予定されています。
中禅寺温泉のカマクラまつり、奥日光では雪灯ろうまつりに花火に氷彫刻、
戦場ヶ原では星空観察等など...。

ウインタースポーツでは、湯元温泉スキー場や光徳クロスカントリースキー場があり、
また戦場ヶ原はスノーシューのメッカで多くのスノーハイカーが訪れます。

特にスノーシューは、3月に光徳で全日本山岳スノーシューイング大会が予定されています。
また、各ホテル・旅館ではスノーシューレンタル付きの宿泊プランもあって
温泉と奥日光の冬の大自然を楽しめます!

161222_001.jpg
(写真)光徳牧場の裏から見た男体山と冬でも元気な牧場の牛たち

161222_002.jpg
(写真)凍結の始まった湯ノ湖と金精峠方面


いよいよ雪山のシーズンがやって来ました。
今月は日光白根山からの「山のお便り」をお送りします。

群馬県側の菅沼登山口から日光白根山に登るコースで、
登山口の駐車場までは小屋から車で約30分で着きます。
既に雪道となった金精道路は金精トンネルを越えると更に雪の量が増えてきます。
夏のシーズンは、登山客で満車になる駐車場もさすがにまばらで10台ほどの車。

ここで身支度を整え、久しぶりの冬用のジャケットにオーバーパンツを着込み、
ザックにはピッケルやアイゼンを入れてスタートです。

161222_003.jpg
このあたりで積雪は5㎝位でしょうか。

161222_004.jpg
30分程登った辺りで積雪10㎝位になってきました。

樹林帯の中を2時間程登って弥陀ヶ池に着くと、目の前がパッと開けて日光白根山が現れます。
青空と白い雪がとても素敵です。

161222_005.jpg

頂上へは正面に見える尾根を右から登り、奥の陽の当らない岩場を越していくルートです。
ここで登山靴にアイゼンを装着しましょう。

161222_006.jpg
頂上に向かう尾根の上部では、陽の当らない北面の斜面で風が強いため積雪はあまりありません。
夏道をたどり、上に見える岩場と雪がミックスした狭い所がこのルートの核心部になります。

161222_007.jpg
核心部に着いて下を見るとこんな感じ!下の方に登山者がいるのが分かりますか?

岩場を越えて陽のあたる稜線に出ると、太陽の真下に日光白根山の頂上が見えます。
そして、太陽が体にあたると急に暖かく感じてきます。
ここまで登ると積雪は15㎝位になりました。

161222_008.jpg
標高2,578メートルの日光白根山の頂上です。

161222_009.jpg
今回も天気は最高!遠く北アルプスや八ヶ岳、南アルプス、富士山まで望めました。

161222_010.jpg
頂上を後にして下っていると、道標に付いたエビの尻尾が融けて氷になりキラキラ輝いていました。
奥に見えるのは男体山と中禅寺湖です。

161222_011.jpg
男体山一家(右から男体山、大間名子山、小間名子山、女峰山、太郎山)が揃って迎えてくれました。

161222_012.jpg
左下に見えた五色沼。一気にスキーで滑り降りたら気持ち良いでしょうね!

161222_013.jpg
五色沼まで下って来ました。全面凍結しています。

161222_014.jpg
振り向くと登って来た日光白根山が立派にそびえてます。

161222_015.jpg
もうすぐ登山口の駐車場です。
約7時間30分の行程でしたが最高のコンディションで楽しい山行でした。

帰りは金精道路を戻り、途中湯元温泉でゆっくり体を温めて帰りました。
これから1月、2月ともっと雪が積もるので、
次回はスノーシューやクロスカントリースキーを紹介出来たらと思います。

*************************************************************
学生の皆さん、ゼミや部活動などのレクリエーションや勉学の余暇に、
自然あふれる日光光徳小屋をぜひご活用ください!
(11月4日~4月20日前後までは、雪のため閉鎖となります。)

詳しいご案内はこちらから

12月6日(火)、
12月業界研究セミナー 第二回 「インフラの重要性とは」が
開催されました。
全6回、今後の社会現象やビジネス視点で必要な観点をテーマとして、
ワークショップ形式で共に学びます。

173A2839-2.jpg
(写真)会場の様子

今回はIT企業人事より講師をお招きし、
今後も発展する通信インフラに関してITやIoT化などの観点を含め考えました。
グループワークでは、
"社会に出てきてほしい「通信×○○」面白いサービスをクリエイティブに考える"
をテーマに議論を交わしました。

173A2843.JPG
(写真)チームでの話し合いの様子

173A2858.JPG
(写真)チームでの話し合いの様子(講師も交え)

173A2859.JPG
(写真)チームでの話し合いの様子(キャリアセンター職員も交え)

約20分間話し合い、各チーム発表を行いました。
学生ならではの柔軟なアイデアにあふれ、
社会のイノベーションを実現できる可能性を感じました。

173A2919.JPG
(写真)発表の様子

最後に講師の方より、
「就職活動では会社の求める人材像に合わせ、自分を変えるのではなく、
 ありのままの姿で就職活動を行い、
 自分に合った会社を見つけることが大切である。
 就職のその先を考えて頑張ってほしい。」
とのアドバイスもいただきました。

業界のビジネスフレームを学べるだけでなく、
グループワークを通して、
社会に出て働く上で必要となる能力を身につける、
また働くことについて考える良い機会になると思います。

学生のみなさん、
今後も大学キャリアセンターではさまざまなセミナーを開催します。
積極的に参加し、将来を考えるヒントを見つけてください。

※大学HPキャリア・就職ページはこちら

12月6日(火)、
学習院アーカイブズ講演会「現代社会におけるアーカイブズの役割」が
開催されました。

安藤先生.JPG
(写真)講演をする安藤教授

講師は、
人文科学研究科アーカイブズ学専攻の安藤 正人 教授で、
日本におけるアーカイブズの現状や情報資源としてのアーカイブズ、
アーカイブズの必要性などの話がありました。

173A2795.JPG
(写真)会場の様子

私たちの身近にある記録資料を保存し将来に伝えていくことが、
社会の中でどのような意味をもつのか、
実践例を挙げながら分かりやすくお話しいただき、
「記録を守り、記憶を伝える」ことの大切さを学びました。

※人文科学研究科アーカイブズ学専攻HPはこちら
※学習院アーカイブズHPはこちら

11月16日(水)、高等科で
先に行われた「工芸ワークショップA」に続き、
「工芸ワークショップB」が開催されました。
(※「工芸ワークショップA その1」「工芸ワークショップA その2」の記事はこちらから)

テーマは「鉋(かんな)とPlane(カンナ)」。
高等科と交換留学協定を結ぶセントポール校から
「教員交換プログラム」でいらしているダグラス・フィンケル先生と
高等科工芸担当講師の中村太先生との
コラボレーションのワークショップです。

今回は中等科、高等科、女子高等科の生徒20名が参加し、
日本とアメリカの「カンナ」の違いを体験しました。

161210_001.jpg

161210_002.jpg
(写真)日本の鉋

161210_003.jpg
(写真)アメリカのPlane

最初にフィンケル先生から英語で、中村先生からは日本語で
それぞれの国の「カンナ」の違いについてお話がありました。

161210_004.jpg

1つ目は「使い方の違い」。
アメリカのPlaneは押して使うのに対して、
日本の鉋は引いて使います。
これは主に使用する木材の堅さの違いのためで、
堅い木の多い地域では力がかけやすいよう
押して使う方向に発達しました。
それに対し、日本や東南アジアの一部の国のように
柔らかい木の多い地域では力の加減がしやすく、
きれいに削れるため引いて使う方向に発達しました。

2つ目は「刃の違い」。
Planeの刃は、硬い鋼のみでできているのに対し、
鉋の刃は鋼と地金でできているため研ぎやすく鋭利になり、
木材をきれいに削れるのだそうです。

161210_005.jpg
(写真)Planeの刃をみせるフィンケル先生

3つ目は「刃の調整方法の違い」。
Planeの方はいくつものパーツからできており、
刃はダイヤルで調整するようになっていて
誰でも合わせやすく合理的です。
一方、鉋の方は刃と台のシンプルな構造ですが
台を叩いて調整するため、使う人それぞれのカンが頼りです。

161210_006.jpg
(写真)鉋の刃を調整してみせる中村先生

それぞれの国の「カンナ」の違いについて話をうかがった後、
実際にPlaneと鉋を使ってみました。

161210_007.jpg

161210_008.jpg
(写真)鉋の刃は、台より0.5mm出るよう調整する

161210_009.jpg

161210_010.jpg
(写真)Planeを体験

161210_011.jpg

161210_012.jpg
(写真)鉋を体験

男子生徒は、中等科で鉋を使った経験があるというものの、
最初はどちらのカンナでも、なかなかスムーズに削れませんでした。
それがだんだん上手に、長く削れるようになると夢中になり、
先生が用意した用途の違うカンナにも挑戦していました。

161210_013.jpg

161210_014.jpg

161210_015.jpg

同じ用途の道具でも、それぞれの国の文化背景によって
異なった方向に発達してきたことはおもしろいことですね。

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院中等科のホームページはこちらから
学習院中等科facebookはこちらから

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

12月14日(水)、
国際社会科学部主催、Graduate Instituteジュネーブ(スイス)教授の
Richard E. Baldwin氏による特別講演
「The New Globalisation: Information technology and the Great Convergence
(新しいグローバリゼーション:情報革命と大収斂)」が開催されました。

20161214_001.jpg
(写真)講演会場入口

国際経済学の第一人者であるRichard E. Baldwin氏が、
新しいグローバル経済の展開について講演を行いました。
Richard氏は、ブッシュ政権における経済諮問会議のシニアエコノミストや、
欧州を代表する経済シンクタンクCEPRの所長を務めるなど、
第一線で活躍されています。

20161214_002.jpg
(写真)伊藤元重 国際社会科学部教授による司会の挨拶

20161214_003.jpg
(写真)Richard E. Baldwin氏による講演の様子

講演は全て英語で行われ、日本語への逐次通訳もありました。
チャートやグラフを使い、実例を挙げながらの講演で、
「グローバル化とはモノの流れではなく知識の流れである」ということを
分かり易くご説明されました。

会場は学生をはじめたくさんの人で賑わい、
熱のこもった講演に聞き入っていました。

国際社会科学部のホームページはこちらから

前回に引き続き11月11日(金)・14(月)・15日(火)に
行われた高等科の「工芸ワークショップA」の様子をお伝えします。
(※「工芸ワークショップA その1」の記事はこちらから)

前回ブログでは、型紙をおいて木材から
バターナイフの形を切り出したところまででした。
今回はさらに柄の部分を切り出すところからです。
刃となる部分は、ヤスリをかけるときの固定箇所とするため、
このときは切り出しません。

161209_001.jpg
(写真)柄を切り出す

ここからはひたすらヤスリがけ。
徐々に滑らかな柄が姿を現します。

ざっくりした形に、力を込めてヤスリをかけていきます。

161209_002.jpg

161209_003.jpg
(写真)全身を使ってヤスリをかける

161209_004.jpg
(写真)先生のアドバイスを受け、今度は別の角度から

懸命に磨き、柄の部分が滑らかにできあがりました!

161209_005.jpg
(写真)柄の部分が完成

最後に、刃の部分を切り出し、
柄の部分同様ヤスリをかけて磨いていくと
ついに完成です。

161209_006.jpg
(写真)先生のご指導の下、刃の部分を切り出す

161209_007.jpg
(写真)最後に全体を油で磨く

こちらがみなさんの作品です。

161209_008.jpg
(写真)完成した生徒の作品

作品を囲んで、先生から講評がありました。

161209_010.jpg

161209_009.jpg
(写真)講評会の様子

全3日間にわたる放課後のワークショップ、
初日は3日間で完成するのか心配でしたが、
生徒たちはとても熱心に取り組み、
それぞれ個性的でステキなバターナイフを完成させました。
また、オール・イングリッシュのワークショップでしたが
物怖じすることなく先生に質問をし、
しっかりコミュニケーションをとることができました。
このワークショップを通して、
日々の授業で培ってきた英語力もきちんと発揮することができました。

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院中等科のホームページはこちらから
学習院中等科facebookはこちらから

11月11日(金)・14(月)・15日(火)、
学習院高等科と交換留学協定を結ぶセントポール校の
ダグラス・フィンケル先生による
全3日間の「工芸ワークショップA」が開催されました。

セントポール校はアメリカ東部
メリーランド州にある私立の伝統校です。
高等科とは2000年より交換留学協定を結び、
高等科からは毎年1~2名の生徒を1年間派遣する一方、
セントポール校からは最大7名の生徒を
短期(3週間)・中期(3か月)で受け入れています。

2014年度からは互いの教員を1~2週間交換する
「教員交換プログラム」が始まりました。
ワークショップはその一環で、セントポール校の先生が
オール・イングリッシュで行うものです。

今回は、セントポール校で工芸(木工)を担当する
フィンケル先生のワークショップに
中等科3年生と高等科1年生を中心に
16名の生徒が参加しました。
この3日間で、バターナイフ作りに挑戦します。
最初にフィンケル先生から木について、構造やそれぞれの木材の特徴、
様々な用途などについて講義がありました。
講義はすべて英語でしたが、みなさんほぼ理解できているようでした。

161208_001.jpg
(写真)講義の様子。スライドの作品は先生によるもの。

その後、工芸教室に移動してバターナイフを作っていきます。
初めに先生から制作の流れについて説明を受けます。

161208_002.jpg
(写真)ダグラス・フィンケル先生

161208_003.jpg
(写真)先生の説明に真剣に耳を傾ける生徒たち

いくつかデザインを描いて制作するデザインを決め、
紙に描いていきます。
紙を切り抜いて型紙を作ったら、木から切り出します。

161208_004.jpg
(写真)型紙完成

161208_005.jpg
(写真)木からバターナイフの形を切り出す

161208_006.jpg
(写真)先生とのコミュニケーションはもちろん英語

ワークショップ初日は、ほとんどの生徒がこの工程までで終了。

完成までの様子はその2に続きます。

学習院高等科のホームページはこちらから

学習院中等科のホームページはこちらから
学習院中等科facebookはこちらから

11月26日(土)・27日(日)、四谷キャンパスの初等科で、
初等科祭が行われました。

教室では、硬筆習字・毛筆習字・図工科・
算数科・家庭科・情報科などの作品を展示しました。

161214_001_02.jpg
(写真)図工[1年生]           

161214_002.jpg
(写真)図工[4年生]

161214_003.jpg
(写真)図工[6年生] 

161214_004.jpg
(写真)家庭科[5年生]

正堂では、2年生の劇や3年生の音楽の発表、
演劇クラブや合唱部の発表がありました。

161214_005.jpg
(写真)合唱部の発表

校庭や体育館では、
運動系クラブがチャレンジコーナーを催すなど、
日頃の生き生きとした児童の活動を紹介していました。

161214_006.jpg
(写真)野球クラブチャレンジーコーナー

下級生たちは上級生の作品を見て、
自分たちもこういう素敵な作品を作りたい、と憧れを強く持ったようでした。

すばらしい秋空の下、校庭の大銀杏もきれいに色づき、
2日間にわたった初等科祭は、恒例のフォークダンスで幕を閉じました。

161214_007.jpg

学習院初等科のホームページはこちらから

10月11日(火)、
学習院大学理学部教員による、「ノーベル賞解説の会」が開催されました。

20161011_001.jpg
(写真)宇田川将文 物理学科准教授による物理学賞解説

「ノーベル賞解説の会」は、ノーベル賞の対象となった研究について、
専門の近い理学部教員が一般向けに解説するイベントで、
本学の学生・教職員に限らず、どなたでもご聴講いただけます。

2002年より、毎年行なわれています。

今年度は、
物理学賞について 宇田川将文 物理学科准教授が、
化学賞について 秋山隆彦 化学科教授が、
医学・生理学賞について 安達卓 生命科学科教授が、
それぞれ解説を行ないました。

20161011_002.jpg
(写真)秋山隆彦 化学科教授による化学賞解説

20161011_003.jpg
(写真)安達卓 生命科学科教授による医学・生理学賞解説

会場はたくさんの人で賑わい、難解な研究内容を分かりやすく
噛み砕いた解説に、皆さん熱心に聴き入っていました。

学習院大学理学部のホームページはこちらから

2017年のさくまサン年賀状ができました!!
皆さま是非ご使用ください。

今年は、一富士二鷹三茄子です!
161212_001.jpg
皆さまにとって2017年が、良い年でありますように。

学習院大学国際協力団体Anchorと
学生食堂とのコラボレーション企画「TABLE FOR TWO」。

私たちがヘルシーな食事をとることで、
自動的に発展途上国の子どもたちに、栄養価の高い学校給食を
プレゼントするというシステムです。

詳しい内容は、学習院大学のゆるキャラ広報大使「さくまサン」による
こちらの潜入レポート
をご覧ください。

12月12日(月)~12月24日(土)のメニューはこちらです!
161209_001.jpg
(写真)ビーフシチューと選べるパンorライス、サラダとケーキの豪華セット 430円

~国際協力団体Anchorからのメッセージ~
ビーフシチューの牛肉はとても柔らかく、シチューは味わい深くて美味しい!
チーズケーキが付いています!

豪華なランチで、クリスマス気分を味わえますね。
ぜひお試しください!

学習院大学国際協力団体Anchorのホームページはこちらから
TABLE FOR TWOの公式サイトはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

10月22日(土)、
学習院女子大学図書館の「ブック・セレクト・ツアー」を
取材しました。

同じ新宿区にある紀伊國屋書店新宿本店のご協力のもと、
図書館に置きたい本を学生自身に店頭の書棚から直接選んでもらうという
恒例企画の本年度第2回目です。今回は18名の学生が参加しました。

160726_001.jpg
(写真)紀伊國屋書店新宿本店
161201_002.JPG
(写真)選書の様子

18名の参加学生は地下1階から地上8階までの広い店内を2時間かけて回り、
自分が読みたい本、友達にも読んでもらいたい本などの視点で、
多くの本を選んでくれました。

今回は同じゼミに所属する
日本文化学科3年生の益原さんと渡辺さんの選書に同行しました。
1年生のときからこのツアーに参加している二人は豊富な選書の経験を生かして、
今回は「ゼミの発表に役立つ本」というテーマを自らに課して選書をしていました。

161201_003.JPG

3年生の二人は翌年に卒業論文の提出を控えているため
民俗学の書棚から調査や研究の参考になりそうな本を手にとって、
内容を確認し選んでいきます。

161201_004.JPG

選書ツアーにおける1人当たりの購入予算は、2万円までの設定です。
自分では買えないような高価な学術書を図書館の蔵書として選べることも、
このツアーの魅力のひとつです。

161201_005.JPG

選書後は書店のイベントスペースをお借りし、
それぞれが予算の範囲内で選んだ中から1冊を持ち寄って、
本の紹介を1人2分以内で語る「ブックトーク」を行いました。
今回から各自が紹介した本(全18冊)の中から一番読んでみたい本を投票で決める
ビブリオバトルスタイルで実施して、「チャンプ本」を選びました。

161201_006.JPG

「チャンプ本」や他のセレクターがビブリオバトルで取り上げた本などは、
図書館3階の専用コーナーに各セレクターのお薦め理由を書いたPOPと共に
配架されます。皆さん、楽しみにお待ちください。

161201_007.png

この取り組みは来年度も継続して行われる予定なので、
本が大好きで、ブック・セレクト・ツアーに興味を持った学生の皆さんや、
本の好きな仲間を作りたい皆さんはぜひ参加してみてくださいね!

161201_008.JPG

※学習院女子大学図書館のホームページはこちらから

※学習院女子大学のホームページはこちらから

★学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」が更新されました★

11月19日(土)、「第2回学校説明会」が行われました。
5年生以下、6年生を対象にしたそれぞれの説明会の様子が紹介されています。

161205_001.jpg
(写真)ブロックフレーテアンサンブル部とコーラス部による合同演奏の様子

ブログの続きはこちらの学習院女子中・高等科ホームページ「新着情報」から

「新着情報」では、
その他にも日々の様子が随時更新されていますので、ぜひご覧ください。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

学習院輔仁会音楽部より第60回記念定期演奏会について
ご案内がありましたのでご紹介いたします。

-----------------------------------------
皆さまごきげんよう。
輔仁会音楽部です。

この度、我々音楽部は記念すべき第60回の定期演奏会を開催する運びとなりました。
これもひとえに、みなさまの長年にわたるご支援ご協力のおかげと、
心より感謝申し上げます。

学習院輔仁会音楽部として、
管弦楽団と合唱団が合同で行う定期演奏会で我々が挑むのは、
大曲マーラー作曲 交響曲第2番「復活」。
大編成のオーケストラに加え合唱が加わる終楽章では、
他のどんな作品でも味わえない感動の音楽をホールの隅々までに響き渡らせます。

プログラム前半ではブラームス作曲「運命の歌」を取り上げます。
ブラームスらしい管弦楽と合唱の豊かな音色をお楽しみいただけます。
指揮には山下一史先生をお迎えし、
節目の演奏会にふさわしい壮大なスケールで演奏いたします。

部員一同、皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。

♪演奏会詳細♪
■学習院輔仁会音楽部 第60回記念定期演奏会
日時:2016年12月27日(火)
開場17:30 開演18:30
場所:東京芸術劇場 コンサートホール
  (池袋駅西口より徒歩2分・駅地下2b出口より直結)
指揮:山下一史
曲目:
●J.ブラームス/「運命の歌」op.54
●G.マーラー/交響曲第2番ハ短調 「復活」
チケット:
 全席指定 前売券500円 当日券1000円
 ☆東京芸術劇場ボックスオフィス(TEL:0570-010-296)
 ☆中高生・学生・65歳以上無料御招待実施中!
 詳しくは公式HP(http://ghongakubu.at-ninja.jp)をご覧下さい。
 公演に関するお問い合わせ:
  gh.ongakubu.ko.ho@gmail.com
 チケットに関するお問い合わせ:
  gho.ticket@gmail.com
 後援:学校法人学習院・学習院大学・学習院女子大学

161201_001.jpg

161201_002.jpg

ページの先頭へ