ホーム > 学習院公式ブログ

2015年に結成された学習院女子大学の「とうがらし応援隊」は、
新宿区の伝統野菜である内藤とうがらし・内藤かぼちゃの栽培を通して、
食育活動を行っています。

詳しい内容はこちらのプレスリリースから

今年からは学習院各科とも連携し、この活動をさらに広めています。

今回取り上げるのは戸山キャンパス・学習院女子中等科です。
女子中等科では、1年生が技術・家庭「栽培」の単元で内藤とうがらしを育てています。

6月18日(土)、
内藤とうがらしの支柱替えを行いました。

苗を植木鉢に植えて3週間、丈が伸びてきた内藤とうがらしの支柱を
これまでの割箸から園芸用に交換します。

まずは玄関前で作業の説明を受けます。

160712_001.jpg
(写真)玄関前で説明を受ける

その後、鉢の置いてあるテニスコート前に移動し、
班に分かれて作業開始です。

160712_002.jpg
160712_003.jpg
(写真)班ごとに集まって作業を行う

初めにこれまでの割箸の支柱を外します。

160712_004.jpg
(写真)割箸の支柱を外す

次に園芸用の支柱をさします。
根を傷つけないよう鉢の中心から少しずらしてまっすぐにさし、
麻紐でやさしく結びます。

160712_005.jpg
(写真)園芸用の支柱に交換

そして肥料とたっぷりの水をやり、支柱替え完了です。

160712_006.jpg
160712_007.jpg
(写真)水をたっぷり

中にはもう花が咲いたり、実が成っている鉢もありました。

160712_008.jpg
(写真)花実をつけた内藤とうがらし

夏休み中、内藤とうがらしの鉢は、生徒が家に持ち帰って大切に育て、
2学期に再び学校に持ってきます。

9月はちょうど内藤とうがらしの収穫時期。
夏休み明けには、赤く実った内藤とうがらしの鉢が並んで、
女子中・高等科に一面真っ赤なとうがらし畑が出現するでしょうか。
楽しみですね。

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1145

ページの先頭へ