ホーム > 学習院公式ブログ

6月30日(木)、目白キャンパスの学習院創立百周年記念会館で
初等科の芸術鑑賞会が行われました。

初等科では毎年、音楽や演劇、日本の伝統芸能など、
さまざまな分野から一流の演者の方々をお招きし、
ほんものの芸術に触れる機会を設けています。

今年は、「はじめて観る能狂言の世界」と題して開催され、
1年生から6年生までの全校児童が鑑賞しました。

160630_001.jpg
(写真)百周年記念会館の会場の様子

はじめに、能楽師で学習院初等科卒業生の
塩津圭介氏による、能の解説がありました。

160630_002_02.jpg
(写真)解説の様子

塩津さんは、
「作品を観て、『私はこう思った!』『僕はこんな風に感じた!』と、
どのように捉えてもいいのが能。自由に感じ取ってくださいね」
と呼びかけました。

その後、6年生の代表が面をつけたり、
お囃子の楽器(笛、小鼓、大鼓、太鼓)に触れたりして、能の世界を体験しました。

160630_003.jpg
160630_004_002.jpg
(写真)面をつける様子

能面は、実際につけると見える範囲がとても狭くなります。
会場の児童たちも、実際どれくらいの視野になるのか、
両手を使って体験してみました。

160630_005.jpg
(写真)両手で三角を作って、見える範囲を確かめてみる

160630_006.jpg
(写真)お囃子の演奏

160630_007.jpg
(写真)4人の児童がそれぞれ笛、小鼓、大鼓、太鼓を体験する

児童たちは、はじめて触れる楽器に
少し緊張した面持ちで取り組んでいました。

続く狂言の解説の後、半能「船弁慶」を鑑賞しました。
児童たちはじっと聞き入り、はじめて触れる能狂言の世界に
興味津々の様子でした。

学習院初等科のホームページはこちらから

******************************************************
9月10日(土)10:00~11:00 
学習院初等科の入試説明会を開催いたします。
詳しい情報はこちらから
******************************************************

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1147

ページの先頭へ