ホーム > 学習院公式ブログ

今年は第17 代学習院長山梨勝之進の50 回忌、
第18 代学習院長安倍能成の没後50 年にあたります。

これを記念し、
戦後学習院の出発と発展に大きく貢献した山梨・安倍両院長の事蹟を振り返る
展覧会「山梨勝之進・安倍能成 戦後学習院の出発」を開催いたします。

160603_001.jpg

山梨院長は、勤労動員・学徒出陣・疎開・空襲と続く戦時下の苦難の中で、
学習院の教育を守るために尽力しました。
また、終戦直後の混乱期に、GHQ 民間情報教育局(CIE)との交渉を重ね、
学習院を私立学校として存続させる道を切り拓きました。

安倍院長は、山梨院長の後を引き継ぎ、20 年にわたって学習院長を務め、
財政難に苦しみながらも、学習院大学の開設や幼稚園の再開園など、
教育研究の確立とキャンパスの整備に力を尽くしました。
そして、学生生徒には常に「正直」であることの大切さを説き、
現在も学習院各校で歌い継がれている「学習院院歌」の作詞をしました。

今回の展覧会では、
空襲直後、多くの木造校舎が焼失した目白キャンパスの写真や、
山梨院長がCIEとの交渉にあたり作成した学習院存続請願書の草案、
安倍院長直筆による学習院大学設立趣意書など
学内外に残る二人にまつわる史資料や写真を展示しています。

その史資料の多くは、戦中戦後の時代を反映して色褪せてはいますが、
両院長が注いだ学生生徒への愛情、
存続の危機にあった学習院を何としても残すのだという信念、
そして新たな出発を遂げた学習院への理想にあふれています。

戦後学習院の原点ともいえる貴重な史資料の数々を、
ぜひこの機会にご覧ください。

********************************************
開催日時:2016年6月6日(月)~6月18日(土)10:00~17:00
     *6月12日(日)は閉室
開催場所:北2号館1階 学習院大学史料館展示室
     *観覧無料
主催:学校法人学習院 共催:学習院大学史料館
********************************************

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1111

ページの先頭へ