ホーム > 学習院公式ブログ

現在、学習院大学史料館では、京都学習院開校170年目を記念し、
春季特別展「幕末京都の学習院」展を開催しています。
学習院大学広報大使のさくまサンと一緒に取材してきました。

160422_001.jpg
(写真)北2号館1階 大学史料館展示室入口
160422_002.jpg
(写真)展示の様子

学習院は明治10(1877)年に華族子女の教育機関として
東京の神田錦町で開校しましたが、
そのルーツは、弘化4(1847)年に京都御所の東側に設けられた、
公家の学問所「学習院」にあります。

今回の特別展では、孝明天皇より京都学習院に下賜され、
現在の学習院のシンボルとなっている勅額「学習院」のほか、
実際に教科書として使用されていた漢籍や和書など、
京都学習院に関連するさまざまな資料が展示されています。

160422_003.jpg
(写真)勅額「学習院」〔本学蔵〕
原本保護のため、現在は複製を展示しています。
勅額について詳しくはこちらの「調査レポート」から

京都学習院は、光格天皇(在位1779~1817年)が、
平安時代にあった公家の学問所「大学寮」の復興を望んだところからはじまり、
時間をかけて幕府との調整を重ね、弘化4(1847)年、孝明天皇の在位時に、
簡易の学問所として開設されました。

160422_004.jpg
(写真)光格天皇下賜 八景風炉釜・唐戸面黄銅八角風炉〔勧修寺寄託〕
山階宮晃親王〔1816~98〕が天保6(1835)年に光格天皇より拝領した品。
元治元(1864)年に起こった禁門の変で破損した箇所を、
鎹(かすがい)で修復した痕が残っています。

160422_005.jpg
(写真)孝明天皇下賜 黒塗松鶴蒔絵硯箱〔個人蔵〕 ※~4/28まで展示
公武合体を進めるため幕府に降嫁した皇妹和宮に下賜された品。
金銀の高蒔絵で吉祥の意匠が施されています。

160422_006.jpg
(写真)参考資料 『論語集註』〔個人蔵〕
紀元前に活躍した中国の思想家・孔子の言行を記録した『論語』の冒頭の一句、
「学而時習之(学びて時に之を習はす)」は、
「学習院」という名称の典拠となったと言われています。

京都学習院では開設当初から、こうした漢籍・和書などを講読する
「御会(ぎょかい)」と呼ばれる講義が行われていました。

同じく京都学習院の旧蔵書である、
漢籍『孟子』をデジタル化したタッチパネル展示もあり、
幕末当時の学問を疑似体験することができます。

160422_007.jpg
(写真)会場内に設置されたタッチパネル
このタッチパネルは学習院大学デジタルライブラリーのシステムを使用しています。


京都学習院開設から6年後の嘉永6(1853)年、黒船の来航により、
日本国内では尊王攘夷運動が活性化していきました。

そうした幕末の政治状況の中、京都学習院は一時期、
高杉晋作や木戸孝允(桂小五郎)、久坂玄瑞など、
長州藩出身者を中心とした維新志士が集まる政治的空間となることがありました。

これに関連し、多くの長州藩士を指導した思想家・教育家の吉田松陰が、
安政6(1859)年に獄中で詠んだとされる漢詩と和歌の掛軸を展示しています。

また、その隣には、
明治40(1907)年から大正元(1912)年に第10代学習院長を務めた乃木希典の遺品にあった、
京都学習院設立時に定められた「学習院学則」の書などの関連資料も紹介されています。

160422_008.jpg
(写真)右:吉田松陰筆「己未元旦獄中作」〔学習院大学史料館蔵〕
     左:乃木希典書「学習院学則」〔学習院アーカイブズ蔵〕

乃木希典は吉田松陰と親戚同士でもありました。
京都学習院での教育を、東京の学習院に引き継ごうとする乃木院長の意志を感じることができます。

その他、京都学習院で行われていた、
孔子をまつる式典「丁祭(ていさい)」に関する史料も展示されています。
丁祭について詳しくはこちらの「調査レポート」から


幕末ロマンを感じる数々の展示を通じて、学習院の歴史に触れる絶好の機会です。
ぜひご来場ください!


◆学習院大学史料館 平成28年度春季特別展「幕末京都の学習院」展
【開催日時】2016年4月2日(土)~5月28日(土) 10:00~17:00
【閉室日】日曜・祝日
【開催場所】学習院大学史料館展示室(東京都豊島区目白1-5-1)
       目白キャンパス北2号館1階
【アクセス】JR山手線目白駅より徒歩5分、東京メトロ副都心線雑司が谷駅より徒歩7分
【入場料】無料
【主 催】学習院大学史料館
【共 催】一般社団法人霞会館
【協 力】史跡足利学校、東洋文庫、学校法人学習院総務部、学習院アーカイブズ、
      学習院大学図書館、学習院大学文学部史学科

*************************************************
【関連講座】第79回学習院大学史料館講座
「京都の学習院 ―公家・幕府・藩の動向と関連させて―」
講師: 家近良樹氏(大阪経済大学経済学部教授)
日時: 2016年5月7日(土)14:00~15:30
会場: 学習院創立百周年記念会館正堂(目白キャンパス)
※入場無料、事前申し込み不要
*************************************************

また、5月21日(土)14:00より、
大学史料館研究員によるギャラリートークも行われます。

【お問い合わせ】
学習院大学史料館 TEL:03-5992-1173


学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1093

ページの先頭へ