ホーム > 学習院公式ブログ

石川県金沢市にある鈴木大拙館では、現在、
特別展示「両鏡相照(りょうきょうあいてらす) ―学習院時代の大拙・幾多郞―」が
行われています。

160202_001.jpg
「両鏡相照」開催告知ポスター

*******************

「両鏡」とは、
日本を代表する哲学者・思想家である鈴木大拙と西田幾多郎を指しています。

ともに明治3(1870)年、石川県に生まれ、10代の頃に出会って以来、
生涯を通じての親友でもありました。

ともに新しい西洋の文化・思想を吸収しながらも、
東洋の伝統的な考え方・生き方を大切にして、
東洋と西洋を結びつける新しい世界を開くことを追求しました。

その2人が同僚となった唯一の職場が、
明治42(1909)年の秋、当時目白に移転したばかりの学習院だったのです。

今回の展示は、昨年2月に学習院大学で開催された
特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」に合わせ、
1日限定で開かれた特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」を
再現したものです。

開催概要は下記の通りです。
-------------------------------
鈴木大拙館「両鏡相照 ―学習院時代の大拙・幾多郞―」
■開催期間:平成28年2月3日(水)~4月24日(日)
■開館時間:午前9時30分~午後5時
■入館料:一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料 *団体割引有り
■所在地:石川県金沢市本多町3丁目4番20号
■お問い合わせ:076-221-8011
■ホームページ: http://www.kanazawa-museum.jp/daisetz/
-------------------------------

学習院大学史料館・学習院アーカイブズからも多くの資料を出展しています。

また2月28日(日)には、当地にて、
大学史料館学芸員によるギャラリートークも行われる予定です。


昨年の特別講演会「矛盾を編集する力 -西田幾多郎と鈴木大拙-」および特別展示「西田幾多郞と鈴木大拙」のレポートはこちらから
学習院大学史料館のホームページはこちらから
学習院大学のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1039

ページの先頭へ