ホーム > 学習院公式ブログ

学習院女子大学図書館ではこの秋、
同じ新宿区にある紀伊國屋書店新宿本店のご協力のもと、
ブック・セレクト・ツアーを開催しました。

これは、図書館に置きたい本を、
学生自身に店頭の書棚から直接選んでもらおうという毎年恒例の企画で、
女子大学図書館では春と秋の年2回行っています。
今回は17名の学生が参加しました。

160112_01_001.jpg
(写真)紀伊國屋書店新宿本店

紀伊國屋書店新宿本店は、
地下1階地上8階からなる「本のデパート」です。
学生は広い店内を約2時間かけて回り、
個人または2~3名のグループで上がったり下がったりして、
気になる本をピックアップしていきます。

その中から、4年生の山﨑さんと3年生の山本さんのグループに密着し、
選書の様子を取材しました。

160112_01_002.jpg
2人は、話題の本から哲学、経済学など学問の入門書や専門書、
洋書、美術書、海外事情、就職関連、自己啓発関連など、
さまざまなジャンルの書棚を次々にのぞいていきます。

160112_01_003.jpg
たくさんの本の中から手に取るのは、タイトルに惹きつけられたり、
表紙のデザインや帯に書かれた推薦文が目を引いたものが多いとのこと。
もちろん内容もしっかりとチェックします。

160112_01_004.jpg
「これだ!」と思った本に印刷されたバーコードを、
書店から貸し出されたハンディターミナルで読み込みます。

1人当たりの予算は2万円まで。
自分では買えないような高価な本も、図書館の蔵書としてなら購入可能です。

160112_01_005.jpg
2人は自分の興味だけではなく、友達や他の学生のことも考えながら、
「こんな本が図書館にあったらいいな」
「みんなにも読んでもらいたいな」という気持ちで選んでいました。

160112_01_006.jpg
選書後は書店の会議室をお借りし、
それぞれが予算の範囲内で選んだ中から2~3冊を持ち寄って、
本の紹介と選んだ理由について語る「ブックトーク」を行いました。

160112_01_007.jpg
トークの制限時間は1人3分以内です。
「どうやったらこの本をよりたくさんの人に読んでもらえるか」
学生たちは選んだ本の魅力を精一杯伝えようと言葉を紡ぎました。

初めて参加した学生はとにかく一生懸命に、
経験のある学生は落ち着いた話しぶりでわかりやすいトークを展開しました。
それぞれ質疑応答の時間もあり、
興味を持った他の学生から積極的な質問が寄せられ、
大いに盛り上がりました。

160112_01_008.jpg
今回のブック・セレクト・ツアーでは、
全員で約200冊以上の本を選びました。

その中から、すでに図書館に置いてある本や
蔵書に適さない本などがあれば、図書館で選りわけます。

今回選ばれた本は約1ヶ月後に晴れて図書館に納品され、
たくさんの学生の手に届くよう配架の準備を整えました。

図書館では、
参加した学生が手作りしたPOPカードをつけて、
選書した本を紹介するコーナーが作られています。

160112_01_010.jpg
(写真)女子大学図書館 コーナーの様子

学生の感性で選ばれた本は、
やはり貸し出しされる回数も多いとのことです。

160112_01_013.jpg
この取り組みは来年度も継続して行われる予定なので、
本が大好きで、ブック・セレクト・ツアーに興味を持った学生の皆さんは、
ぜひ参加してみてくださいね!

******************************************************
今回学生たちが選んだ本の中から22タイトルが、
2月15日(月)~2月24日(水)の間、
紀伊國屋書店新宿南店に展示されることになりました!
学生が手作りしたPOPカードも添えられていますので、
お近くに立ち寄られた際はぜひご覧ください。
******************************************************

学習院女子大学図書館のホームページはこちらから
学習院女子大学のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/1031

ページの先頭へ