ホーム > 学習院公式ブログ

6月18日(木)、
学習院中等科2年技術(担当:佐藤健教諭)の授業を取材しました。
この日は、4月中旬に種まきした「バジル」の収穫を行いました。

150718_001.jpg
(写真)中・高等科校舎前にて

バジルはシソ科の一年草で、
イタリア料理によく使われるハーブのひとつです。

ポリポットに種をまき、
日当たりのよいコンピューター室の前で育成しはじめてから
約3ヶ月で、食べられるほどの大きな葉になりました。

150718_002.jpg
(写真)大きく育ったバジル

150718_003.jpg
(写真)バジルの香りを楽しむ

収穫後、根元の土をはらって、水でよく洗い流します。

150718_004.jpg
150718_005.jpg
(写真)バジル収穫の様子

この収穫したばかりのフレッシュなバジルを使って、
翌日の6月19日(金)、家庭(担当:森夏子講師)の授業で
調理実習が行われました。

150718_006.jpg
(写真)調理実習の概要説明

メニューはバジル料理の代表格、
スパゲッティジェノベーゼとマルゲリータピザ、
そして、デザートのカスタードプリンです。

4~5名の班に分かれ、
それぞれ役割分担を決めて調理します。

中等科生の皆さんは、レシピをもとに手順を確認し、
声を掛け合いながら進めていました。

150718_007.jpg
(写真)収穫したバジルを炒った松の実と合わせてミキサーにかける

150718_008.jpg
(写真)オリーブオイルを入れて、パスタ用のバジルソースを作る

150718_009.jpg
(写真)強力粉などをこねて作ったピザ生地をめん棒でのばす

150718_010.jpg
(写真)ピザ生地にバジルを混ぜたピザソースを塗り、
フレッシュバジル、チーズをのせて焼く

中等科生の皆さんが着用しているエプロンは、
1年生の時に被服の授業で製作したものです。
胸元のデザインは、それぞれオリジナルのものが刺繍されています。

150718_011.jpg
(写真)カスタードプリンを作る

また、今回の調理実習には、
現在高等科に留学中の生徒2名も参加しました。

150718_012.jpg
150718_013.jpg
(写真)留学生と一緒に調理をする様子

中等科生の皆さんは、留学生の2人に
身振り手振りで調理の手順を伝えたり、
簡単な英語で質問を投げかけていました。

慣れない調理に苦戦しながらも、
先生や大学生アシスタントのサポートを受け、
約2時間かけて、美味しそうなバジル料理が出来上がりました!

150718_014.jpg
(写真)中等科生の皆さんが作った料理
 左からスパゲッティジェノベーゼ、マルゲリータピザ、カスタードプリン

150718_015.jpg
(写真)試食の様子

自分たちで植えて育てたバジルを
自分たちで調理して食べるという一連の経験を通して、
中等科生の皆さんは、食べ物への関心を高め、
手作りの楽しさ、難しさを学びました。

学習院中等科のホームページはこちらから

***********************************************
学習院中等科のTwitterとFacebookでは、
日々の様子が随時紹介されていますので、
ぜひ「フォロー」&「いいね!」してみてください!
Twitter → https://twitter.com/chutoka
Facebook → https://www.facebook.com/chutoka
***********************************************

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/922

ページの先頭へ