ホーム > 学習院公式ブログ

4月23日(火)、目白キャンパスの学習院大学で
理学部初期消火訓練が行われました。

理学部では毎年、万が一の事態に備えるため、
授業の一環としてこの訓練を行っています。

学生および教職員約150名が参加しました。

まずはじめに、豊島消防署目白出張所の職員の方による
講義を受けました。

ここで、地震が発生した場合の身の安全の確保や、
避難・帰宅に際しての注意点を聞くことができました。

150423_01_001.jpg
(写真)講義の様子

その後、南2号館1階ピロティに移動し、
水消火器を手にして実際に訓練を行いました。

150423_01_002_2.jpg
(写真)消火器訓練の様子①

150423_01_004.jpg
(写真)消火器訓練の様子②

150423_01_002.jpg
(写真)消火器訓練の様子③

また、南2号館1階ピロティに設置してある
消火栓の扱い方についても説明を受けました。

150423_01_005.jpg
(写真)消防署職員の方による消火栓の説明

今回の訓練では、消火器などの扱い方以外にも、
日常生活において火の元に十分気をつけること、
また、万が一火事を起こしてしまった場合や発見した場合には、
一人での消火活動を考えずにみんなで協力をすることの重要性も学びました。

学習院大学理学部のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/862

ページの先頭へ