ホーム > 学習院公式ブログ

学習院が保有する校外施設のひとつ、
栃木県にある日光光徳小屋の管理人・堺 恵子さんから、
2月のお便りが届きましたのでご紹介します。

***********************************************************

「シカを見ないね」「小屋近くでも足跡はさっぱりです」
そして猟友会の方との会話はお天気にまでおよび、
「とにかく日差しが少なく、毎日のように風だったね。
4、5年前とは大違い。その昔の気候に戻っているみたいだ・・・」

そうなんです。本棟に積もった雪の一部はまだ一度も落雪していません。
かといって屋根との間の氷が厚くなるでもなく、つららさえ少ない今年は、
暖かい日差しが本当に少ないのです。
キ~~~ンと寒い夜空に満天の星空を見る機会も激減です。

150228_01_001.jpg
2日間30cmずつ降り続いた雪は148cmの積雪量を示し、
この雪に斜面の奥のウラジロモミは'Xmasツリーと言うより高山の樹氷のようで、
「重たいなあ」と日差しや風で雪が落とされるのをじっと我慢しているようでした。

150228_01_002.jpg
いろは坂の上は、半月山の道路も、金精道路も封鎖され、さらに狭く感じる雪の奥日光。
風景の色合いは何処を見ても同じようで、
それでは久しぶりに滝でも撮りに行ってみましょうと。
まずは華厳の滝。日本三名瀑に数えられる滝です。

150228_01_003.jpg
滝の途中、水流を囲むようにできた雪と氷の氷塊は、
美しいコバルト色を見せています。

150228_01_004.jpg
竜頭の滝の両脇の水流の音が響き、これって竜の声???

150228_01_005.jpg
結構な迫力の湯滝は、滝上付近にかわいい谷内坊主が数個ポコポコと顔をだして・・・
急流で押し流されないでね。

150228_01_006.jpg
穏やかな中禅寺湖。湖の藍色はかすかにグラデーションを作り、
山々の影に吸い込まれます。
うっすらと白いベールを身に着けた山々も存在感がありますね。

150228_01_007.jpg
戦場ヶ原農場の奥に太朗山。
雪の薙ぎがどうしてもハート形に見えてしまいます。

150228_01_009.jpg
さて、人が通れるように除雪をしている小道。
地吹雪でできた雪庇の上を、さらに小さな地吹雪が通り過ぎて行きます。

150228_01_010.jpg
昨シーズンから大雪に見舞われている日光光徳小屋、今シーズンも大雪です。
雪をどこへ捨てようかと四苦八苦。除雪機も悲鳴を上げています。

それでも季節は移ろうようで、ほんの少しづつ暖かくなってきています。
「春よこい!!」

***********************************************************

日光光徳小屋には、春夏秋の登山やハイキング、奥日光の自然探究などに
多くの学生が訪れています。(現在は雪のため閉鎖しています)
詳しいご案内はこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/817

ページの先頭へ