ホーム > 学習院公式ブログ

3月8日(日)、学習院目白キャンパス周辺を会場に、
第18回目白ロードレースが開催されました。

気温が低く小雨が降るあいにくのお天気となりましたが、
親子レースや性別・年齢別に1kmから5kmで設定した13種目に、
豊島区在住・在勤・通学および近隣のランニング愛好家870組がエントリーし、
721組が完走しました。

参加した皆さんが日頃鍛えた健脚を競った当日の様子をご紹介します。

150312_001.jpg
150312_002.jpg
(写真)開会式での準備体操

午前8時に豊島区立千登世橋中学校に集合し、
開会式が行われました。

ゲストランナーとしてご参加いただいた、
富士通陸上競技部の星創太選手、油布郁人選手と一緒に、
参加者全員で準備体操を行いました。

その後、学習院正門付近をスタート地点に、
西門→椿の坂→南門を経由し、千登世橋中学校までの1kmコースで、
親子レース、小学4~6年生の部が行われました。

150312_003.jpg
(写真)親子レースの様子
150312_004.jpg
(写真)西門前を走る親子ランナー
150312_005.jpg
(写真)学習院椿の坂を駆け下りる
150312_006.jpg
(写真)学習院生涯学習センター前
150312_007.jpg
(写真)千登世橋中学校グラウンド

2km~5kmで争われた中学生から60歳以上までの各種目は、
千登世橋中学校がスタート地点です。

学習院南門から目白キャンパスに入り、馬場横にある心臓破りの坂を登って、
構内→正門→目白通り→西門→椿の坂→南門から千登世橋中グラウンドに戻る
周回コースとなっています。

150312_008.jpg
(写真)南門から上り坂の階段が続く
150312_009.jpg
(写真)階段の後も急勾配の坂道が
150312_010.jpg
(写真)国登録有形文化財「東別館(旧皇族寮)」の横を走り抜けるランナー
150312_011.jpg
(写真)学習院正門から再び外のコースへ

レース終了後は千登世橋中学校で閉会式が行われました。
内藤政武学習院長もプレゼンターとして登壇、入賞者に賞状と記念品を授与しました。

150312_012.jpg
(写真)表彰式の様子
150312_013.jpg
(写真)表彰式後の記念撮影

学習院からは、学習院大学の広報大使「さくまサン」のぬいぐるみを
記念品として提供しました。

150312_014.jpg
(写真)入賞者に送られた記念品

目白ロードレースは、地元の企業や団体の協力のもと、
街の活性化と地域の人々との交流を目的に、1998年から毎年実施されています。
学習院は地域・社会連携の取り組みの一環として、第1回開催時より後援しています。

当日は地元の方々211人がボランティアとして参加し運営をサポートするなど、
目白地区の春の恒例行事として定着しています。

ご参加いただいたランナーの方々、沿道で応援いただいた皆さま、
地域ボランティアの皆さまはじめ運営に携わられた関係者の皆さま、
本当にお疲れさまでした!

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/825

ページの先頭へ