ホーム > 学習院公式ブログ

1月26日(月)~2月12日(木)の間、目白キャンパスの学習院大学で
「グローバル・キャンパス・アジア東京2015春」が行われました。

このプログラムは、海外の大学に在籍する外国人学生を対象に、
日本語学習の促進および日本の政治経済・文化などを
もっと知ってもらいたいという目的で毎年行われています。

今回はフランス10名、オーストラリア7名、イギリス1名、エジプト5名、
タイ6名、インドネシア4名の計33名が短期研修生として参加しました。
また、学習院大学の学生60名がボランティアとして各研修をサポートしました。

プログラムは基本的に午前中の日本語研修、
午後の課題探求型現地研修(アクティブ・ラーニング)で構成されています。
1月30日(金)の研修の様子を取材しました。

150206_02_001.jpg
(写真)日本語研修の様子

午前中の日本語研修では、
日本の年中行事についてのグループワークが行われました。

150206_02_002.jpg
(写真)グループワークの様子①

プロジェクターに映し出された年中行事の写真を見て、
いつ、どこで、誰が、何をするか、どうしてするのかなどを
日本語で話し合います。

150206_02_003.jpg
(写真)ワークシートに書き込む

みんなで考え話し合った内容をワークシートに書き込みながら、
日本の年中行事にはひとつひとつに行う意味があり、
願いが込められていることなどを学びました。

150206_02_004.jpg
(写真)グループワークの様子②

午後からの課題探求型現地研修は、
学習院大学から徒歩10分のところにある「目白庭園」に行き、
日本の文化に触れる体験をしました。

150206_02_005.jpg
(写真)目白庭園での研修

豊島区の国際交流ボランティア「Fam(ファム)」の皆さんにご協力いただき、
着物の着付けや書道、けん玉遊びなどに挑戦しました。

150206_02_006.jpg
150206_02_007.jpg
(写真)書道体験の様子

それぞれ「好きな漢字」を1文字ずつ選び、先生にお手本を書いてもらいます。
それを見ながら半紙で練習を重ね、最後に色紙に清書しました。

「愛」「幸」「羽」「強」「亀」
意味が好き、漢字の形が好きなど、研修生の個性があふれるセレクションとなりました。
中には、この日は朝から雪が降ったことから「雪」と書いている研修生も。

研修生の中にはこれまで雪を見たことがないという人もいて、
雪景色をとても喜んでいました。

150206_02_008.jpg
(写真)けん玉遊びにチャレンジ!

一度遊び方を教わると果敢に挑戦を繰り返し、
成功すると周囲から歓声が沸きました。

150206_02_009.jpg
(写真)着物の着付け体験

ご用意いただいた着物の中から学生たちが好みで色柄を選び、
Famの皆さんに帯との色の組み合わせや結び方など説明していただきながら、
着付けてもらいました。

150206_02_010.jpg
(写真)着物での記念写真

研修生の皆さんは初めての着物姿に興奮ぎみで、
携帯やデジタルカメラなどでたくさん写真を撮っていました。

また、2月7日(土)は報告会、8日(日)~10日(火)は京都・奈良での研修旅行、
11日(水)12日(木)は終日都内での研修が行われました。

150206_02_011.jpg
(写真)報告会の様子
150206_02_012.jpg
(写真)報告会後の集合写真
150206_02_013.jpg
(写真)奈良・東大寺大仏殿にて

18日間にわたって行われた「グローバル・キャンパス・アジア東京2015春」は
無事終了しました。
さまざまな日本文化に触れる充実した研修となりました。


学習院大学のホームページはこちらから
学習院大学国際研究教育機構のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/812

ページの先頭へ