ホーム > 学習院公式ブログ

11月14日(金)、
目白キャンパス学習院創立百周年記念会館で、
学習院女子中・高等科の平成26年度講演会が行われました。

141210_001.jpg
(写真)学習院創立百周年記念会館

この講演会は、
生徒たちが将来の進路を考える際の参考になればと企画されているもので、
社会で活躍する女子中・高等科の卒業生を講師に迎えて
毎年行われています。

今年は東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授の藤田香織さんをお招きし、
「地震と木造建築」というテーマでお話しいただきました。

141210_003.jpg
(写真)講師の藤田香織さん

藤田さんは現在、
木質構造の耐震、特に伝統的な木造建築の構造性能・耐震性能について、
調査や実験をもとに研究しています。

講演では、
伝統的な木造建築が地震の時にどのように動くのかといったことや、
古来より大きな地震が何度も起こっている日本にありながら、
壊れることなく現代まで受け継がれている「五重塔」の耐震性について、
ご自身の研究内容にも触れつつ、詳しく解説いただきました。

141210_002.jpg
(写真)講演の様子

また、後輩へのアドバイスとして、
「信じられる『何か』を見つけることが大事。
『これがあるから頑張ろう』と思えるものを見つけてください」と
お話しいただきました。

藤田さんにとって『何か』とは、『研究』であるとのこと。

生徒たちは、社会の第一線で活躍する先輩の講演を聞き、
自分が一生懸命に打ち込めるものを見つけることの大切さを
実感したようでした。

**************************************************************
この講演会の様子は、学習院女子中・高等科のホームページでも
紹介されています。
その他にも日々の様子が随時更新されていますので、ぜひご覧ください。
**************************************************************

学習院女子中・高等科のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/766

ページの先頭へ