ホーム > 学習院公式ブログ

8月23日(土)・24日(日)、
東京国際フォーラム地下1階ロビーギャラリーにて
大学の学びが体験できるイベント「マナビゲート2014」が行われました。

NPO法人「学びの支援コンソーシアム」が主催するこのイベントは、
子ども目線でアレンジした大学の学びを体験することで、
子どもたちが学びへの意欲を高め、
夢を育んでもらいたいという願いから始まったもので、
今年で10回目の開催となります。

学習院大学を含む17大学が、
子どものためにアレンジしたブースプログラムを出展しました。

140823_001.jpg
(写真)会場の様子

学習院大学は、『僕も、私も、化学の魔法使い』をコンセプトに、
「シリコーン反応を用いたスーパーボール作り」と
「着色料とブドウ糖を使った酸化・還元反応」の2つの実験を行うことによって、
化学のおもしろさ・不思議さを体験してもらうブースを展開しました。

140823_003.jpg
(写真)学習院大学のブース

理学部化学科の持田邦夫教授の監修のもと、
理学部の学生たちが「先生」となり、子どもたちと一緒に実験を行いました。

140823_004.jpg
(写真)実験の様子

また当日は、
東京私立中学高等学校協会主催の「東京都私立学校展(進学相談会)」も同時に開催され、
都内の私立中学校・高校422校の進学相談会および
私立小学校54校のパネル展示・進学相談会が行われました。

学習院初等科、中等科・高等科、女子中・高等科も参加しました。

140823_002.jpg
(写真)学習院中等科・高等科のブース

主催者発表によりますと、
2日間で約24,500人の来場があったとのこと。
学習院のブースにお立ち寄りいただきました皆さま、
本当にありがとうございました。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/681

ページの先頭へ