ホーム > 学習院公式ブログ

7月3日(木)、
学習院女子大学で、「国際機関で働くには」をテーマとした
キャリアガイダンスが行われました。

将来、国際機関で働くことを希望する学生に、
「具体的にどうすればいいのか、
今、何をしなければならないのか」を知ってもらうべく、
外務省総合外交政策局 国際機関人事センター職員の
小山奈々さんをお招きし、
国際機関で働くための基礎知識について
お話しいただきました。

140718_001.jpg
(写真)ガイダンスの様子

ガイダンスではまず、
国際機関への就職を希望する日本人が
少ないということが取り上げられ、
その理由として、
言葉の壁や資格要件が厳しいこと、
雇用慣行の違いや情報不足などが挙げられました。

国際機関の職員になるためには
ある一定レベル以上の学歴や職歴が必要で、
早い段階から意識して準備することが
大切です。

講師の小山さんは、学生時代にできることとして、
国際関係の授業をとること、
学生活動に参加すること、
積極的に留学生と交流すること、
英語の特訓をすること、
そして、世界に足を運ぶことに意識的に取り組んでほしいと
お話しされました。

140718_002.jpg
(写真)外務省職員小山さんによる説明


また、国際機関への就職情報をどのように得るか、
空席広告や国連事務局ヤングプロフェッショナルプログラムへの応募、
JPO派遣制度などについての説明がありました。


140718_003.jpg


外務省国際機関人事センターでは
国際機関で働くことを目指す人へ支援を行っています。
就職情報やインターン制度など、詳しくは
こちらの外務省国際機関人事センターのホームページをごらんください。


学習院女子大学のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/662

ページの先頭へ