ホーム > 学習院公式ブログ

5月17日(土)、
慶應義塾大学理工学部(矢上キャンパス)で開催された
第67回有機合成化学協会
関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)において、
化学専攻博士前期課程2年の堀口耕作さん(秋山研究室所属)が
「キラルリン酸触媒を用いたベンゾチアゾリンを水素供与体とする
1,5-ベンゾジアゼピン誘導体の不斉水素移動型還元反応」と題する
口頭発表を行い、若手講演賞を受賞しました。

※第67回有機合成化学協会
関東支部シンポジウム(横浜シンポジウム)の詳しい概要はこちらから 


【堀口耕作さんのコメント】
今回、このような賞をいただき光栄に思います。
この受賞は指導教授である秋山隆彦先生および
諸先生方のご指導のおかげです。
この場を借りて、感謝申し上げたいと思います。

20140617_004.jpg

堀口さん、受賞おめでとうございます!
今後のご活躍を期待しています!


学習院大学理学部のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/638

ページの先頭へ