ホーム > 学習院公式ブログ

レポートが遅くなってしまいましたが
さかのぼること約1ヶ月前の4月23日(水)、
中等科生物同好会の活動に密着取材してきました!

この日は新1年生の仮入部体験が行われ、
目白キャンパス内に生息している「タヌキ」の
足跡を採取するべく、馬場に集合しました。

DSC02540s.jpg
目白キャンパス馬場
土がやわらかいので足跡を見つけやすいとのこと。

DSC02535s.jpg
隣接する林と馬場の柵の境目に沿って探します。

DSC02520s.jpg
ガイドブックを手に足跡を探す中学生
上級生が新1年生に声をかけながら、一緒に取り組みました。

DSC02522s.jpg
くっきりとしたタヌキの足跡を発見!!

DSC02528s.jpg
石膏の粉を水で溶かし、足跡に流し込みます。

DSC02545s.jpg
石膏が固まるまで、30分ほど待ちます。

DSC02557s.jpg
ある程度固まったところで、周りの土ごと
大きくくり抜き、取り出します。

持ち帰って半日以上置き、乾かしてから
土を洗い流せば、タヌキの「足跡標本」の完成です。

IMG_0205s.jpg
(写真)完成したタヌキの足跡標本 ※5月30日撮影

生きている野性のタヌキには
なかなか遭遇することはできませんが、
このように足跡を取って標本にすることで、
タヌキの大きさや雌雄、年齢なども推測でき、
その生態を調査・検証することができます。

この日体験入部した1年生は、
「図鑑には知りたいことの半分しか載ってなく、
半分はやってみないとわからない。
実際に体験できてよかった」と
話していました。

DSC02550s.jpg

生物同好会は田中一樹教諭の指導のもと、
週1回のペースで活動しています。
「フィールド」へ出て、「体験」から学ぶことを大切に
子どもたちが興味を持っているところからテーマを決め、
昆虫や魚などさまざまな生物の調査・研究をしています。

今後は血洗いの池でプランクトンを採取したり、
夏休みには合宿も計画しているそうです。

DSC02553s.jpg
【おまけ】余った石膏で馬の蹄鉄(ていてつ)も取りました。


学習院中等科のホームページはこちらから

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/628

ページの先頭へ