ホーム > 学習院公式ブログ

10月1日より、
目白キャンパスにて、
毎週火曜日、全10回の「秋期 日本語教室」が開催されています。

tirasijpg.jpg
(写真)ちらし

これは、
1997年より続けられ、
主に豊島区在住・在勤の外国人の方で、
「日本人と話したい!日本人の友達が欲しい!」と思っている方を対象に、
豊島区と協力して開いているボランティアの日本語教室です。
授業は、
大学文学部日本語日本文学科の日本語教育系の
学生を中心とする有志が企画・運営を行っています。

DSC00153.jpg
(写真)授業の様子①

DSC00154.jpg
(写真)授業の様子②

DSC00158.jpg
(写真)授業の様子③

授業といっても堅苦しい講義形式というものではなく、
グループで協力して課題を達成したり、
あるテーマについて話しあいながら進めていくものがほとんどです。
学生と外国の方との国際交流の場にもなっています。

-------------
参加した外国の方と
企画・運営をする日本語日本文学科の学生たちにインタビューしました。

DSC00156.jpg
(写真)参加した外国の方たち

Q:参加したきっかけは?
A:「日本人の友達が欲しかった。また、日本語をたくさん話す機会が欲しかった。」
  「友人やルームメイトの勧めで。チラシも見ました。」

Q:受講した感想は?
A:「同じ世代の日本人学生とたくさん話せて、とっても楽しい。」
  「授業の内容も日常生活に役に立つもので、とっても勉強になります。」
  「グループワークが多く、たくさん話せて楽しい。雰囲気もとってもいいです。」

DSC00166.jpg
(写真)日本語日本文学科の学生たち

Q:日本語教室の企画・運営を通して感じることは?
A:「日本語を教えるだけでなく、外国の文化も学べます。お互いに学びあえます。」
  「大学では授業を受ける側だが、実際に授業をすることで苦労ややりがいを感じた。」
  「外国の方と友達になり、さまざまな文化に触れることで世界が広がった。」

Q:これから日本語教室に参加しようと考えている方へ
A:「みんな楽しんでくれています。ご参加、お待ちしてます。」
  「同世代の日本人とたくさん話ことができ、友達もたくさんできます。」
  「毎回、初めての方も参加されます。お気軽にどうぞ。」
-------------

学生と外国の方との国際交流の場となっている日本語教室。
教える側も教わる側もお互いに学びあう、成長の場となっています。
学生が考える学生目線の楽しい教室、ぜひご参加をお待ちしております。

詳しくはこちら(国際研究交流オフィスHP)をご覧ください。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/576

ページの先頭へ