ホーム > 学習院公式ブログ

11月27日より、
目白キャンパスの大学史料館(北別館)にて
平成25年度 学習院高等科生によるミニ展示
「学習院をささえた建築部材-旧き校舎の断片たち-」
が開催されています。

DSC00247.jpg
(写真)大学史料館

これは、
高等科と大学史料館とが連携したカリキュラム:総合「博物館を知ろう」
の受講生(高等科二年生)たちによる「ミニ展示」です。
受講生一人ひとりが博物館学的手法を学び、
ゼロから展覧会づくりを立ち上げていった成果となっています。
一貫教育の学習院ならではの取り組みです。

今年度のテーマは、
「学習院を支えた建築部材-旧き校舎の断片たち-」です。
それでは少しご紹介いたします。

DSC00248.jpg
(写真)展示の様子①

DSC00254.jpg
(写真)展示の様子②

DSC00251.jpg
(写真)展示の様子③


今回の展示では、「残された」校舎部材の断片から
かつての記憶や以前の学習院の姿を想像していただければと思います。
ご来場、お待ちしております。

 ■大学史料館
  平成25年度 学習院高等科生によるミニ展示
  「学習院をささえた建築部材-旧き校舎の断片たち-」
  会期:2013/11/27-2013/12/21
     開館日の平日9:30-17:30、土曜9:30-12:30
  会場:学習院大学史料館(北別館)

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/579

ページの先頭へ