ホーム > 学習院公式ブログ

現在、目白キャンパス北2号館1階にて
「アジアを学ぶ - 近代学習院の教育から- 」展が開催中です。

DSC08149.JPG
(写真)北2号館 入口ボード
 ※同展詳細はこちらをご参照ください。

今回の展示では、
教育をテーマに東洋学の歩いた道を振り返ります。
白鳥庫吉担当の「東洋諸国の歴史」が学習院高等学科に開設されたのは
明治23(1890)年のこと。
日本の東洋史教育はここから始まりました。
授業では「唐三彩鎮墓獣俑」・鉱物標本・家屋模型・ガラス乾板・絵葉書等の
実物教材が使用され、実地研修としてアジアへの修学旅行もおこなわれました。

DSC08045.JPG
(写真)展示場の入口

DSC08147.JPG
(写真)展示の様子(全体)

DSC08072.JPG
(写真)古来より中国で建築物に用いられてきた「磚」や「瓦」の一部

DSC08125.JPG
(写真)志賀直哉 編・発行 「座右寶」

DSC08130.JPG
(写真)「白樺」と東洋美術への関心


今回の展示では会場にタッチパネルを設置。
学習院の学生たちが修学旅行で訪れたアジアの各地の当時と現在の様子を、
写真で自由にご覧いただけます。

DSC08109.JPG
(写真)タッチパネル

また、
学習院・永青文庫・東洋文庫の
三館連携展示「東洋学の歩いた道」も開催中です。

79242-1.jpg  79243-1.jpg
(写真)チラシ

各館が連携し、
「東洋学の歩いた道」を共通テーマとして、
各館所蔵品による展覧会を開催いたします。
学習院大学史料館では、学習院における教育とその受容という視点から、
東洋学の歩いた道にせまります。

詳細は、各館のHPでご確認ください。
  【東洋文庫】
   「マルコ・ポーロとシルクロード世界遺産の旅 西洋生まれの東洋学」
    2013年8月7日(水)~12月26日(木)

  【永青文庫】
   「古代中国の名宝―細川護立と東洋学」
    2013年10月5日(土)~12月8日(日)

  【学習院大学史料館】
   「アジアを学ぶ―近代学習院の教育から」
    2013年10月5日(土)~12月21日(土)

 *三館と都立公園を巡るスタンプラリーも開催中。
  三館と一公園のスタンプを集めた方には、展覧会特製クリアファイルを
  プレゼントします。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/562

ページの先頭へ