ホーム > 学習院公式ブログ

2月19日、
全国の大学・短期大学・専門学校の学生を対象とした
「第2回学生観光論文コンテスト」の表彰式が開催され、
学習院大学法学部政治学科3年の岡本成敦さん・長谷川裕さんが
最優秀賞【観光庁長官賞】を受賞しました。

20130219_gakushuindaigaku1.jpg
(写真)受賞の様子 ※写真中央は観光庁 次長の志村 格 様

※「学生観光論文コンテスト」とは、
 財団法人日本ホテル教育センターが社団法人全日本シティホテル連盟の協賛を受けて、
 公益財団法人日本ナショナルトラストと共催で2011年度から開催。
 早い段階から観光事業に対する学生の興味関心を高め、
 大局から業界を見つめる視点を養ってもらうことが目的となっています。

%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg
(写真)募集チラシ

論文の募集テーマは以下の3つで、、
 1)観光立国で日本を元気にする方策について、私の提案
 2)観光資源保護におけるナショナルトラスト活動の役割について、私の提案
 3)新しい東北観光の在り方とその波及効果について、私の提案
総数61編の応募の中から岡本さん・長谷川さんは最優秀賞となりました。

受賞テーマは、
 「観光情報提供のありかた~設備としてのWi-Fiと情報の質としての
  Couchsurfing(カウチサーフィン)~」
です。

0285.jpg
(写真)岡本さん(右)・長谷川さん(左)の写真

岡本さん・長谷川さん、本当におめでとうございました!

※「第2回学生観光論文コンテスト」表彰式の詳細はこちら
 論文総評や受賞者コメントが掲載されています。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/502

ページの先頭へ