ホーム > 学習院公式ブログ

現在、目白キャンパス北2号館1階にて
「大正の記憶-絵葉書の時代」展が開催中です。

DSC02621.JPG
(写真)北2号館 入口ボード
※同展詳細はこちらをご参照ください。


北2号館に入ると、まず大きなボードが目にとまります。
こちらでは左側:「大礼奉献学習院写真」と右側:「絵葉書から見るアジア」と題し、
関東大震災前の学習院の姿や当時の授業風景、当時のアジアの風景や建造物など
それぞれ写真が紹介されています。

DSC02626.JPG
(写真)北2号館1階 ボード


展示室内に入ると、
数多くの絵葉書はもちろん、大正時代の貴重な収蔵物も展示されており、
当時のようすが伺えます。

DSC02629.JPG
(写真)多くの絵葉書

当時の絵葉書はその時起こった出来事を写しとったものが多く、
今日の旅先での思い出などとしての役割と大きく異なり、
報道メディアとしての役割を担っていたことに大きな驚きを感じます。

DSC02668.JPG
(写真)様々な収蔵物

また、
大正天皇の即位など当時を象徴する収蔵物から
当時の学習院の姿を伺える収蔵物まで様々なものが展示されております。


ここでのおすすめのコーナーをご紹介すると、

DSC02645.JPG
(写真)花電車

こちらでは、
当時祝祭の際に運行された花電車をミニチュア模型にて動かすことができ、
遊び心いっぱいの楽しいコーナーです。
この他にも、
透かし絵葉書(裏から光を当てると図が映し上がる仕掛けが施されている)が
展示されていたりと、おもしろコーナーもあります。

また、
アンケートに答えると史料館オリジナル絵葉書(全5種のうち1枚)を
もらえる特典もあります。


2012年で大正元年より満100年となります。
当時の絵葉書を通して、同時代を生きた人々と対話してみてはいかがでしょうか?
また違った感覚で今を感じられるかもしれません。


※写真は全て4月6日(金)撮影。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/442

ページの先頭へ