ホーム > 学習院公式ブログ

%E6%98%AF%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88.jpg
                                                                              
10月1日(土)より、北2号館1階の学習院大学史料館展示室では、大学史料館の
開館35周年を記念して、史料館収蔵品を紹介する “ 是(これ)!展 ”を
開催中です。

DSC01184.JPG
                                        
多くの古文書の他に、皇族・華族・学習院関係のものを中心に考古資料、絵画、
陶磁器、漆工品、染色品、金工品、写真資料、アジア関係資料、そして教材資料
など、多岐に渡る史料館の収蔵品の数は、なんと現在14万点を超えるものと
なっています。

今回の展示では、限られた展示スペースのために今までなかなか公開出来なかった
資料や、再度公開希望のリクエストを受けた資料など、史料館館員が「是(これ)!」
とピックアップした品がずらりと並んでいます。
その数は、35周年にちなんで、Ⅰ期・Ⅱ期合わせて35点。細かい細工が素晴らしい
工芸品や、美しい輝きのビーズ刺繍のドレスなどなど、眼をみはるものばかりです!

DSC01191.JPG 
「銀製雛道具」明治~大正(19~20世紀前半) 山階家資料                  
                                     
DSC01186.JPG
「高松宮妃喜久子殿下所用ビーズドレス」
昭和5年(1930年)頃   高松宮家資料 
DSC01201.JPG

DSC01196.JPG
「洛中洛外図掛軸」「洛中洛外図小屏風」江戸時代前期(17世紀)
学芸員資格取得事務室資料、史料館史料                                                                                               
                                      

また史料館は、昭和50年(1975年)の開館から現在までの間、46回の展覧会と
ともに、64回の講座をも継続して開催しています。
多くの方達へ、歴史について、また学習院についての新たな興味のもととなる
情報を提供し続けてきた史料館35年の歩みを、展示パネルでもご紹介しています。
どうぞごゆっくりとご確認ください。

DSC01197.JPG

                                      
展示はⅠ期、Ⅱ期に分かれており、会場中央で優しい光を放っている「高松宮妃
喜久子殿下所用ビーズドレス」や堂々と佇む「洛中洛外図小屏風」他数点は、
Ⅰ期のみの展示となっております。
Ⅱ期には具足など興味深い品々も更に登場となりますが、どうぞどちらもお見逃
しのございませんように。

DSC01194.JPG
※「是!ポイント」(=おすすめポイント)に注目。
 更に楽しめます。


長い歴史を経てきた品々は、それぞれにその姿自らが歴史を語っています。
何度でも気楽に足を運んでいただいて、沢山の刺激をお持ち帰りください!

史料館の歩みは、ますます力強く、これからもずっと続いていきます。
                                        


◇学習院大学史料館 開館35周年記念コレクション展
  「是!展」

 会期: 平成23年10月1日(土)~12月3日(土)
        Ⅰ期:10月1日(土)~10月31日(月)
        Ⅱ期:11月1日(火)~12月3日(土)
 時間: 平日 12:00~17:00  土曜日 10:00~17:00
      ※休館日: 日曜、祝日、10/17、11/4、11/5
 会場: 学習院大学史料館展示室(北2号館1階)

 *入場無料
                                                                               
DSC01207.JPG
明治42年に建てられた北別館(旧図書館)が大学史料館の建物ですが・・

DSC01206.JPG
展示室は隣の北2号館1階ですので、どうぞお間違いのないようにお越しください。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/410

ページの先頭へ