ホーム > 学習院公式ブログ

本院目白キャンパスに、宝飾品、とくに真珠で有名な株式会社「ミキモト」
より、里桜「関山」をご寄贈いただき、梅雨の晴れ間の6月4日(土)、
移植が行われました。

%E8%8D%B7%E9%99%8D%E3%82%8D%E3%81%971.JPG

%E8%8D%B7%E9%99%8D%E3%82%8D%E3%81%972.JPG

ミキモトでは、毎年春に中央区銀座4丁目の本店前「ミキモトガーデンプラザ」に
桜を展示、訪れる人々に春を感じてもらう空間を提供されており、約10日間の
展示期間終了後は、その桜を学校などの公共施設に寄贈してきました。
今年は寄贈先に学習院目白キャンパスを選んでいただきました。
場所は柔剣道場横です。


「ミキモト」市川広報宣伝部長(右)、本院宮村施設部長(左)による
鍬入れ

%E9%8D%AC%E5%85%A5%E3%82%8C.JPG

%E7%A7%BB%E6%A4%8D%E5%BE%8C.JPG

%E9%8A%98%E6%9D%BF.JPG

西門を入ってすぐ、学生・生徒・教職員等の目に触れやすいところに植樹が
完了しました。

この件を担当された「ミキモト」広報部の大野さんは、本院大学卒業生です。
(右端が大野さん)

%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

「卒業は2003年3月です。ピラミッド校舎はなくなりましたが、緑の多いキャン
パスの雰囲気の良さは昔のままでなつかしく、立派な中央教育研究棟はとても
素敵で新鮮でした。
ミキモトでは、真珠をはぐくむ自然との共生や四季折々の魅力を伝えていくべき
企業として、今後も桜の展示と寄贈を続けていきたいと考えています」


%E7%A7%BB%E6%A4%8D%E5%BE%8C%EF%BC%88%E5%BC%95%E3%81%8D%EF%BC%89.JPG


銀座4丁目から、目白キャンパスに新しく仲間入りをした桜。
来春は、濃紅色で八重咲きの大輪の花が私たちの目を楽しませてくれる
ことでしょう。


トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/393

ページの先頭へ