ホーム > 学習院公式ブログ

昭和26(1951)年4月、皇太子明仁親王(今上陛下)のために
目白キャンパス内に皇太子寮が新築され、その前月に閉鎖された
小金井の高等科生寮の名称を引き継いで「清明寮」と名づけられ
ました。

この建物は義宮(常陸宮)正仁親王の大学ご卒業(昭和33
(1958)年3月)をもって寮としての役割を終え、その後
昭和52(1977)年に中・高等科本館建設のために取り壊され
ましたが、この清明寮の食堂にあったピアノがこのたび中央教育
研究棟12階の目白倶楽部に置かれることとなり、本日搬入の
はこびとなりました。

DSC00654.JPG

元は香淳皇后から皇太子明仁親王の寮生活の徒然のお慰めに、
とお下げ渡しになられた由緒ある楽器です。

半世紀にわたる長い眠りから目覚めたピアノ。 
かつて寮生だったOBの方々にとっては青春時代の思い出の
よすがとなるものです。
このたび清水喜承・学習院名誉教授のご尽力と、本院卒業生団体
である桜友会のご厚意により修復され、自動演奏機能も整備され
ました。

DSC00663.JPG

この型の楽器は他に現存しない貴重なもののため、随時その音色を
お楽しみいただくことはできませんが、卒業生のみなさま、母校に
いらした折には目白倶楽部にて、まずはその優雅な姿をご覧ください。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/383

ページの先頭へ