ホーム > 学習院公式ブログ

12月20日(月)、大学国際交流センターにおいて、
「学習院大学海外ボランティア活動特別賞」の表彰を行いました。

 これは、今年度より新たに海外でのボランティア活動に参加した
学生を対象にした奨励金制度の一環で、一人当たり10万円を上限
として最大10名に支給を行った学生のうち、最も顕著な功績を残
した学生に表彰を行ったものです。

 今回表彰されたのは経済学科2年の望月遥さん。
kok1.png

 書類選考を経て、学生自身によるプレゼンテーションを学長や
各学部から選出された運営委員の前で行い、厳正な審査の結果、
特に望月さんのエチオピアでのボランティア活動に対して特別賞を
授けることとなりました。

 ボランティアの内容は、飢饉・紛争・貧困の結果たくさんの子供たちが
置き去りとなり、その孤児たちに対するケアプロジェクトであったとのこと。

 望月さんからは「多くの外国人がボランティアに参加するなか日本人は皆無で、
まだまだボランティアに対する意識が低いという現実を知り、今回体験したことを
多くの人に伝え、知ってもらうことが必要だと強く感じました。
また、そのためには語学力の必要性も感じ次なる課題も見つけることが出来ました。」
というメッセージをいただきました。
 
 詳細についての報告書は、他の9名のレポートとともに国際交流センターにて
閲覧することができます。高い志を持って、海外で活躍する学習院の学生たちが
これほど在学していることを大学側としても誇りとして、今後の学習院大学の
国際交流に繋げて行きたいと考えております。
 
 なお、同じ夏休みの時期に短期語学研修の奨学金支給制度も新たに始めました。
こちらは100名募集という大規模なもので他大学でも決して見られないような充実
した制度となっており、本年度も多くの応募者がありました。
 両制度は次年度も施行予定ですので、後期の授業が終わった現在、次年度の計画
として短期留学やボランティアの実施を検討している学生はぜひ参考にしてみたら
いかがでしょうか。

 詳細については国際交流センターのHPや窓口にてお問い合わせください。


kok2.png

国際交流センターの水野所長から表彰状を受賞する望月遥さん

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/369

ページの先頭へ