ホーム > 学習院公式ブログ

今回は、脚立や杭に続いて、沼津游泳になくてはならない「和船」を
ご紹介します。

IMG_0959.jpg

こちらは、昨年新造された和船です。
IMG_0952.jpg

脇には、学習院の桜の徽章が、
IMG_0953.jpg

船内には、平成二十年六月の文字が刻まれています。
IMG_0954.jpg

学習院の游泳訓練は、明治13(1880)年に開始された当初は、
隅田川で行われていたため、川游ぎを基本としていました。
その後、明治24(1891)年に片瀬の海、
さらに、大正2(1913)年に現在の沼津島郷(とうごう)の海にて行われるようになり、
海游ぎに対応する形となりました。
本来川游ぎを基本とする小堀流踏水術(こぼりりゅうとうすいじゅつ)の中にあって、
学習院の游ぎはまた特有のものとなっています。

沼津游泳で使用される和船も、
小型の船とはいえ、海で使われる船であるため、
川船とは異なり、どっしりとしています。
IMG_0974.jpg

IMG_0973.jpg

IMG_0975.jpg


教職員・学習院沼津游泳会の指導者を乗せ、
こどもたちの距離泳に付き添う和船。
今後も、学習院の夏を見守り続けていくことでしょう。

トラックバック
このエントリーのトラックバックURL: http://www.gakushuin.info/mt/mt-tb.cgi/272

ページの先頭へ